忍者がお出迎え 日光江戸村に屋外サイズ日本最大級のド…|青森・中世の館の展示室リニューアル by 陸奥新報|信長はブロックアウトの夢を見るのか(BEST TIM…|他

忍者がお出迎え 日光江戸村に屋外サイズ日本最大級のドライブインシアター、夏季限定で開催(ねとらぼ)

2020/06/30 11:45
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

青森・中世の館の展示室リニューアル by 陸奥新報

2020/06/30 10:44
 青森市浪岡の「中世の館」が第1展示室の一部スペースをリニューアルし、同市の国史跡高屋敷館遺跡と川原館遺跡の出土品や解説パネルなどを展示している。老朽化したスペースを改装し、平安時代前後の木製品や土器、鉄加工の技術がみられる「錫杖状鉄製品」など珍しい遺物を公開。本物の土器に触れられる体験コーナーも設けており、「開館以来の更新。浪岡の歴史に触れてみて」と来館を呼び掛けている。
 中世の館は1992年に供用を開始し、第1展示室にはビデオコーナーやパソコンコーナーがあったが、故障などにより使われなくなり、発掘調査が行われた両遺跡の出土品や歴史を紹介するスペースに改装した。
 高屋敷館遺跡は平安時代の壕と土塁に囲まれた環壕集落で、金属を加工したとみられる工房跡などが見つかった。展示スペースでは、内側に取っ手のようなものが付いた土器、宗教的な意味合いの強い道具と考えられている鉄製品や石製品を紹介している。
 川原館遺跡は浪岡城跡から南へ約300メートルの場所にあり、浪岡北畠氏に関連するものとみられている。遺構・遺物の時期は平安時代から近世までで、展示品は平安時代前後の庶民の暮らしを垣間見ることができる木製品や石器など。
 このほか、実際に発掘された土器の……

信長はブロックアウトの夢を見るのか(BEST TIMES)

2020/06/30 10:27
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

大仏に学ぶコロナ禍の暮らし 芥川賞作家・玄侑宗久さん

2020/06/30 09:35
 コロナ禍は世界的な人や物の往来を弱め、産業などにも大きな影を落とした。
 「行き過ぎたグローバリズム、外国人労働者に頼る経済、低下する一方の食料自給率とか、問題が噴き出している。大きな変化のチャンスですが、一番やっかいなのは覇権思想でしょう。国境を飛び越えるウイルスにとって、国同士が争う『自国ファースト』は最高のチャンスです。自国のためにマスクを囲い合うという騒ぎまであった。この機に覇権争いが解体すればいいなと思います」
ウイルスにとって最も困った状況とは ウイルスに対するあり方を考えるうえで注目するのは、奈良時代だという。
 「共同で緩い紐帯(ちゅうたい…

世界最大級露天風呂を公開 1日リニューアルオープン ハワイアンズ

2020/06/30 09:34
リニューアルオープンする広さ世界最大級の露天風呂  常磐興産は七月一日にリニューアルオープンする広さ世界最大級の露天風呂「江戸情話 与市」を報道機関に公開した。 与市は江戸時代の湯屋をモチーフにし、男女合わせた浴槽面積は千平方メートル。 …

きょうの潮流 2020年6月30日(火)

2020/06/30 09:28
2020年6月30日(火)
きょうの潮流 コロナ禍で臨時休館していた文学館や美術館、博物館が開き始めています。木々の緑が輝く梅雨の晴れ間、東京・小金井公園内にある江戸東京たてもの園で開催中の「ぬくもりと希望の空間 大銭湯展」に出かけました▼上京して下宿暮らしをした大学時代、銭湯通いは生活の一部でした。当時入浴料は200円前後。「横丁の風呂屋」の思い出を歌った「神田川」が大ヒットしたのはずっと前でしたが、モデルになった銭湯だといわれていました▼銭湯の起源は6世紀の仏教伝来で、僧侶が身を清めたり病を治癒するための寺院の温浴室が布教の一環として一般にも開放され広まったとか。江戸時代には交流と憩いの場ともなり、明治維新後、富国強兵策の下で国民の健康増進に入浴が奨励され、人口が集中する東京で銭湯は急増しました▼同園では東京・足立区で1929年から88年まで営業していた「子宝湯」の建物も保存・公開しています。神社仏閣のような壮大な構え。店先の欄間には七福神の彫刻。脱衣所と浴室は天井が高く爽快です。縁起物やおとぎ話を描いたタイル絵に、正面の壁には富士山と大海原のペンキ絵▼現在、東京の銭湯は最盛期の約2割、500軒ほどが営業しているといいます。緊急事態宣言下でも社会生活維持と公衆衛生の観点から休業要請は受けませんでした▼銭湯の歴史の一端に触れて、日本の文化や地域社会のあり……

侍は再び戦場を駆ける…時代劇オープンワールド『Ghost of Tsushima』最新トレイラー公開!

2020/06/30 09:00
編集部にメッセージを送る
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PS4対応オープンワールド時代劇アクションアドベンチャー『Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)』の最新トレイラー「嵐が、来る。」を公開しました。
鎌倉時代中期――モンゴル帝国による侵略行為「文永の役(元寇)」が起こった1274年の対馬を舞台に、侍の矜持を捨てても戦うことを決意した武士「境井仁(さかい じん)」の物語を描く本作。公開された映像では、モンゴル帝国の攻撃に一度は敗れた「境井仁」が、刀を手に再び戦場を駆ける姿が映されています。
侍らしく真正面から立ち向かう姿もあれば、誉を捨てた“冥人(くろうど)”として物陰から煙玉と共に奇襲をかける姿も。後半には、そこら中から黒煙の上がる大規模な戦いを繰り広げる様子も見られました。
「境井仁」の激しい戦いとその葛藤を描く『Ghost of Tsushima』は、7,590円(税込)で7月17日より発売予定。様々な追加アイテムをセットにした「デジタルデラックスエディション」は8,690円(税込)となります。
※6月30日11:10 UPDATE:トレイラーを国内版に変更しました。《茶っプリン》

平安時代の歴史物語「大鏡」の一節…

2020/06/30 07:20
 【越山若水】平安時代の歴史物語「大鏡」の一節。「おぼしきこと言はぬは、げにぞ腹ふくるる心地しける。かかればこそ、昔の人はもの言はまほしくなれば、穴を掘りては言ひ入れ侍(はべ)りけめ」▼高校古文の教科書にも登場し、ご存じの人もいるだろう。口語訳すればこうなる。思っていることを言わずにいるのは、本当に気持ちが悪い。だから古人は何か話したくなったら、穴を掘ってその中でしゃべったそうだ…▼あれ、どこかで聞いた覚えがある。そう、イソップ寓話(ぐうわ)でおなじみ「王様の耳はロバの耳」と瓜(うり)二つである。王様がいつも帽子をかぶっている理由を知ってしまった理髪師。固く口止めされたのに、こらえきれず井戸に向かって本当のことを叫んでしまう。洋の東西を問わず、秘密はいつか暴かれる運命にある▼昨年7月の参院選広島選挙区を巡る巨額買収事件。前法相の河井克行衆院議員、加えて妻の案里参院議員が同時に逮捕される前代未聞の不祥事である。ともに容疑を否認しているが、県議や首長ら計94人に約2570万円を渡し、票のとりまとめを依頼したとされる▼しかしここに来て、地元議員が相次いで現金受領を認める発言をしている。事の重大さに気づいたのか、良心の呵責(かしゃく)にさいなまれたのか、真意の程は分からないが、恐らく「腹ふくるる心地」だったに違いない。夫妻の外堀は確実に埋められている。

武士のふんどし

2020/06/30 05:15
 よく知られた浮世絵の歌川広重の「ヒロシゲブルー」も、葛飾北斎の「富嶽三十六景」の青い大波も、もとをたどれば武士のふんどし…こんな話、信じられます?◆江戸時代、参勤交代で江戸詰めになった独身や単身赴任の藩士のために、「貸しふんどし屋」があった。3日置きとか10日に1回とか、契約すれば洗い立てが届いた。使い古したふんどしは別の業者が買い取り、藍染めして野良着に仕立て直し、東北一円に売りさばいた◆ぼろぼろになるまで百姓が使った野良着は、再び買い集められ江戸へ運ばれた。布を水にさらして、うすでつけば藍色の成分が集まる。それを固めた顔料が浮世絵にも使われた(岩原俊「貸しふんどしの話」)。ふぅ、やっとつながった◆どうやら現代は江戸時代ほど資源の循環がうまくいかないらしい。新型コロナによる移動制限で、家庭の衣類ごみが東南アジアなどに運び出せず、国内でたまるばかり。このままでは収集をストップせざるを得なくなる、と佐賀市も「衣類ごみを出すのはしばらく控えて」と呼び掛けている◆豊かさとはこれまで、何かを「手に入れる」ことだった。それを「どう使うか」には熱心になれず、手放せばそれでおしまい。徹底した「使い方」を心得た江戸の昔に、これからの豊かさを学びたい。ふんどしを締め直して。こりゃ失礼。(桑)
下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

Yoshikiのヨシキモノが東京国立博物館に展示、鎌倉時代から現代まで紹介する特別展に出展

2020/06/30 04:42
 アーティストYoshikiの着物ブランド「ヨシキモノ(Yoshikimono)」が、東京国立博物館平成館で開催される特別展「きもの Kimono」に出展する。会期は6月30日から8月23日まで。
Yoshikimono 2020 SS Collection
 「きもの Kimono」では、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康などが着用した着物をはじめ、尾形光琳直筆の小袖、着物が描かれた国宝の絵画作品など約300点を用意。鎌倉時代から現代までの着物に関する作品を紹介する。
 ヨシキモノのアイテムは、現代を代表する作品として展示。Yoshikiは出展について「海外からのオファーをいただくことも多くなりましたが、着物文化発祥の地である日本、 そして格式ある東京国立博物館に展示されることを本当に光栄に思っています」とコメントしている。

日本に2度も敗退した「元寇」要因は元軍に足りないチームワーク

2020/06/30 02:53
写真拡大 (全5枚)
日本に奇跡的な勝利をもたらす「神風」とは?日本が奇跡的な勝利をおさめたときに、よく耳にするのが「神風が吹いた」という言葉です。
第二次世界大戦で出撃した日本軍の特攻隊も「神風特攻隊」と呼ばれました。この「神風」という言葉は、元々は鎌倉時代に日本に攻め込んできた「元王朝」が2度にわたり敗退する要因となった台風を指しています。
しかし、強大な元の軍隊が日本に2度も敗退した理由は、台風という自然災害が偶然やってきたことだけではなかったのをご存知でしょうか?
実は元軍は、それ以外にも「敗退につながる大きな要因」を持っていたのです。
そうだったの!?「元寇」の経緯
元王朝は、1271(文永8)年〜1368(南朝:正平23/北朝:貞治7)年まで、中東アジア地域から東ヨーロッパまでの広範囲を支配していた、モンゴル人による「征服王朝」です。
高麗(朝鮮)などの周辺国も属国として従え、全盛期には「史上最大の国」と呼ばれるほどの勢力を持ちました。
1266(文永3)年、そんな元の皇帝フビライ・ハーンから日本へ、こんな内容の国書が届きました。
「私が皇……

東京おでかけ日和:町田・鶴川駅周辺 白洲夫妻の暮らし感じて 奈良、平安期遺跡も点在 /東京

2020/06/30 02:03
 実業家、白洲次郎さん(1902~85年)と妻で随筆家の正子さん(10~98年)が住んだことで知られる小田急線鶴川駅(町田市)の周辺はかつて鶴川村と呼ばれ、農村地帯だった。白洲夫妻ゆかりの施設や奈良、平安時代の遺跡を訪ね、この地で連綿と続く人々の暮らしに思いはせた。
 鶴川駅から住宅街に沿って15分ほど歩き、「旧白洲邸 武相荘」に着いた。白洲夫妻が43年から暮らし続けた家を活用し、2001年にオープンした記念館だ。元は養蚕農家の住まいで、江戸末期から明治初期に建てられた。原形に近い形で残り、重厚なかやぶき屋根に圧倒される。
 第二次世界大戦敗戦後、当時の吉田茂首相の要請を受け、次郎さんは連合国軍総司令部(GHQ)との交渉役を担当。「従順ならざる唯一の日本人」といわれた。次郎さんが外務省担当者らに書き直しを命じたサンフランシスコ講和条約受諾演説の原稿の複製などが展示されている。