東京国立博物館・シャープ株式会社との共同研究による実…|フォト・リポート 特別展 きもの KIMONO 東…|ナチュラセラ ピュアナッツソープ ウォータリリーの香…|他

Contents

東京国立博物館・シャープ株式会社との共同研究による実証実験 8Kで文化財「ふれる・まわせる名茶碗」東京国立博物館にて…

2020/07/01 11:00
国立文化財機構 文化財活用センター〈ぶんかつ〉は、東京国立博物館・シャープ株式会社との共同により、8K画像を活用してあたらしい文化財鑑賞体験を可能にするコンテンツを開発しています。
事前予約制の限定公開による実証実験を7月29日(水)~8月2日(日)に東京国立博物館東洋館にて実施します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/217289/LL_img_217289_1.png
8Kで文化財「ふれる・まわせる名茶碗」
■ここに注目!新開発の鑑賞体験*
・高精細3D画像による臨場感あふれる鑑賞
70インチの大型モニターに8Kの3D画像を映し出します。本コンテンツでは、東博所蔵の名品「大井戸茶碗 有楽井戸」「青磁茶碗 銘 馬蝗絆(ばこうはん)」「志野茶碗 銘 振袖」を取り上げ、「有楽井戸をじっくりみる」「3つの茶碗を比較する」プログラムを体験いただけます。
【大井戸茶碗 有楽井戸(重要美術品)】
朝鮮 16世紀
ほんのり赤みを帯びたやわらかい枇杷色が特徴。有楽斎はじめ名だたる茶人が手にした。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/217289/LL_img_217289_2.jpg
大井戸茶碗 有楽井戸(重要美術品)……

フォト・リポート 特別展「きもの KIMONO」 東京国立博物館

2020/07/01 10:39
特別展  きもの KIMONO
2020年6月30日(火)~8月23日(日) 東京国立博物館
前期展示:6月30日(火)~7月26日(日)
後期展示:7月28日(火)~8月23日(日)
※会期等は今後の諸事情により変更する場合がある
 ◇
 中世以来の日本のモードの変遷と各時代の「きもの」の魅力を紹介する特別展「きもの KIMONO」が、東京・上野公園の東京国立博物館で開幕した。鎌倉時代の染織、安土桃山時代、江戸時代の華やかな小袖、振袖や近現代のモダン着物、さらに「きもの」を描きこんだ屛風や浮世絵など、国宝、重要文化財を含む約300件が東京国立博物館に集結した。
前期は7月26日まで。ただし前期の間にも小規模な展示替えがある。オンラインでの日時指定券事前予約制(日時指定券)。詳細は公式サイトで。
「きもの」、表舞台へ平安貴族の「小袖」は下着だったが、時代を経るにしたがって表着(うわぎ)となり、安土桃山時代には装いの表舞台に踊り出る。きものをまとった遊女たちはファッションモデルのような存在だったともいう。
安土桃山時代から江戸時代にかけてのモードを一望する重要文化財 縫箔 白練緯地四季草花四替模様 安土桃山時代・16世紀 前期展示6月30日(火)~7月26日(日) 京都国立博物館蔵国宝 婦女遊楽図屛風(松浦屛風……

ナチュラセラ「ピュアナッツソープ」ウォータリリーの香り1,000mL ,445 (税抜) 2020年7月12日新…

2020/07/01 10:30
スッキリ洗えるのに、しっとりうるおう!!メイクも落とせる
“オーガニックオイルソープ”ナチュラセラ「ピュアナッツソープ」
ウォータリリーの香り1,000mL ¥4,445 (税抜)
2020年7月12日 新発売!
URL: https://www.marna-shop.com/
化粧品製造販売、および輸出入を手掛ける、(株)マーナーコスメチックス
(本社:千葉県市川市 代表取締役: 井田勝康)は、1本で「クレン
ジング」「洗顔」「泡パック(毛穴ケア)」「角質ケア」「毛穴ケア」
「ボディソープ」「バブルバス」「頭皮クレンジング」の多機能ソープ、
ナチュラセラ ピュアナッツソープ ウォーターリリーの香りを新発売いたします。
製品コンセプト
■製品特徴
ナチュラセラ ピュアナッツソープ ウォーターリリーの香り
1000mL  ¥4,445(税抜)
(1)100%天然由来洗浄成分!!オーガニック・ソープナッツエキス
ソープナッツは、エコ先進国ドイツで人気の天然洗浄剤。日本では
無患子(むくろじ)として奈良時代から親しまれてきました。不要
な汚れだけをOFFするのでつっぱらない!
(2) 主役級の3種のオーガニック美容オイルを贅沢に配合
アルガンオイル+ホホバ……

【話の肖像画】作家・阿刀田高(85)(11)日本語が生んだ「しゃれ文化」

2020/07/01 10:00
 《国の文化審議会国語分科会の委員も務め、平成17年には文化審議会の会長に就任した》
 国立国会図書館勤務時代に、アルバイトで外国人に日本語を教えていたこともありましたし、国語に興味がありました。
 私が就任したときは、とんでもないことに「審議会が多すぎる」と国語審議会が整理され、文化審議会の分科会の一つにされてしまっていたんです。後に文化審議会の会長も務めましたが、著作権や文化財については分からない。それぞれかなり高い専門性が求められます。本来一緒にしてはいけないものをまとめてしまっていました。
 国語分科会では、文部科学相の諮問を受け、これからの時代に求められる国語力について議論しました。大臣になる人にはそれくらい知っていてほしいというのが率直な思いですし、「読書をしろ」というのがその答えです。言葉が美しくなければ考えが美しくならない。言葉がちゃんと理にかなっていたら、考えは理にかなっている。そのためにはやはり、読書がいい。語彙は増えるし、感性も磨かれる。
 敬語についても話し合いましたが、難しかった。敬語はケース・バイ・ケースのことが多いのです。専門家の意見を聞き、なんとか答申をまとめました。ただ、敬語について学術的に示すことは重要なのですが、だからといって一般の人が敬語を楽に使えるようにはならない。
 たとえば、会社で役員が……

島根県、6年連続日本遺産に 新たに益田・大田の2件

2020/07/01 09:41
2020年7月1日(水) 配信
萬福寺本堂(益田市) 文化庁の2020年度日本遺産認定結果が6月19日に発表され、新たに21件が認定された。このうち、島根県益田市と大田市がそれぞれ申請したストーリー計2件も入り、これまでの認定分と合わせ同県の日本遺産は7件となった。同県の認定は文化庁が事業を始めた15年度から6年連続。
 新たに認定された2件は、益田市が申請した「中世日本の傑作 益田を味わう―地方の時代に輝き再び―」と、大田市の「石見の火山が伝える悠久の歴史~“縄文の森”“銀(しろがね)の山”と出逢える旅へ~」。
 山陰地方の西端に位置し、日本海を隔てて中国や朝鮮半島に近い益田市は、今から800―400年前の中世時代、日本海交易を積極的に行い、経済的繁栄を遂げた。領主・益田氏の菩提寺の1つ、「萬福寺」や城跡「七尾城跡」など26件の資産で構成する。江戸時代の城下町として再整備されず、中世の町並みを現在に伝えることが特徴だ。
 大田市の「石見の火山―」は、活火山・三瓶(さんべ)山の火山活動によって、約4千年前の縄文時代の森が当時の姿のまま地中に埋もれた悠久の歴史や、火山によって誕生した世界遺産・石見銀山遺跡などを伝える。
埋没林の展示(大田市)

エイチエムピー・シアターカンパニーが舞台『死者ノ書』を俳優が劇場とオンラインに分かれて上演

2020/07/01 09:40
2020 年7 月17 日(金)~ 19 日(日)大阪市にある表現者工房において、エイチエムピー・シアターカンパニーが『死者ノ書』を上演する。原作は折口信夫の『死者の書』で、演出をエイチエムピー・シアターカンパニーに所属する笠井友仁が手掛ける。
エイチエムピー・シアターカンパニーは、5 月に行った公演で、必要に迫られリモート・クリエイション(遠隔稽古)に取り組んだが、今回はその経験をもとに、「リアル」と「オンライン」のベストミックスを追求した上演となる。
劇場にいる「リアル」な俳優と「オンライン」で演技する俳優が共演し、また観客は、「リアル」な劇場と、「オンライン」の仮想劇場を選択できる。この試みは様々なシチュエーションでの可能性を示せるのではないかと考えている。
エイチエムピー・シアターカンパニーは、2001年に「h.m.p」で活動を始め、ハイナー・ミュラーの作品を中心に発表。2008年に現在名に変更し、現在は『「再」発見』を劇団のミッションとして、忘れられていたことを掘り起こす、見過ごされてきたことに焦点を当てることを軸に、常に実験的精神の元、創作活動を行っている。
演出・笠井友仁コメント 【『死者ノ書』の上演にむけて】
街に人が増える一方で、様々な理由から他人と会えない人もいます。
他人に会えな……

YOSHIKI:着物ブランドが東博の特別展に登場 信長や秀吉着用の着物や国宝絵画とともに

2020/07/01 09:18
 人気ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんがデザインを手がける着物ブランド「YOSHIKIMONO(ヨシキモノ)」が、東京国立博物館平成館(東京都台東区)で6月30日に開幕した特別展「きもの KIMONO」に、現代を代表するきもの作品として展示されている。
 YOSHIKIさんは「デザイナーとして、このブランドを立ち上げて10年以上の月日がたちました。現在、海外からのオファーをいただくことも多くなりましたが、このように着物文化発祥の地である日本、そして、この格式ある東京国立博物館に展示されることを本当に光栄に思っています。いつも応援してくれているファンの皆さんのおかげだと思っています。ぜひ、見ていただければうれしいです」とコメントを寄せている。
 本展では、信長・秀吉・家康・篤姫など歴史上の著名人が着用したきものや、尾形光琳直筆の小袖に加え、きものが描かれた国宝の絵画作品、さらに現代デザイナーによるきものなど約300件の作品を一堂に展示。鎌倉時代から現代までを通史的に総覧するかつてない規模の展覧会となる。
 呉服屋の長男として生まれ育ったYOSHIKIさんがデザイナーを務める「YOSHIKIMONO」は、現代女性や外国人にも似合うきものを目指し、テーマに掲げるのは『伝統と革新の融合』。きものという伝統的な日本の衣装形態を継承し、そ……

文月は、神話の火の神と関わりあり?和風月名「文月」考

2020/07/01 09:08
「水無月」の解釈でもふれましたが、植物の「実」は、既に初夏から見られるようになります。重要な食料源であるさまざまな草木の実りを、古代人が見逃しているはずがありません。
二十四節気の「芒種」も、イネ科の草が穂をつける頃という意味です。長い狩猟採集中心の生活の中で培われてきた感覚からすると、より広く自然の変化を感じ取っていたはずです。
稲穂の「穂(ほ)」とは、高く飛びぬけたもの、形をあらわしますが、「ほ」という音は古語では「火」をもあらわします。炎(ほのお)は「火(ほ)の穂」です。火は本来熱源そのものを意味し、炎はその熱源からめらめらとたちあがる、いわゆる「火」のことでした。
日本書紀・神代上・第五段・一書の第八には、以下のような記述があります。
(書八)
一書に曰はく、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、軻遇突智命(かぐつちのみこと)を斬りて、五段(いつきだ)に為す。此各五(これおのおのいつつ)の山祇(やまつみ)と化成(な)る。一は首(かしら)、大山祇(おおやまつみ)と化為(な)る。二は身中(むくろ)、中山祇(なかやまつみ)と化為る。三は手、麓山祇(はやまつみ)と化為る。四は腰、正勝山祇(まさかやまつみ)と化為る。五は足、しぎ山祇と化為る。是の時に、斬る血激越(そそ)きて、石礫(いしむら)・樹草に染(そま)る。此(これ)草木・沙石(いさご)……

【7月1日付編集日記】棚田:編集日記:福島民友新聞社 みんゆうNet

2020/07/01 08:53
 丘陵地の傾斜した土地を使った稲作は6世紀後半の古墳時代には行われていたとする説がある。古文書に「棚田」という言葉が登場する室町時代は石積みの技術が進み、斜面に階段状の田んぼを設ける棚田づくりが広がった
 ▼担い手不足などで休耕地が目立つ中、棚田が近年、見直されている。昼夜の温度差が大きく、おいしいコメができるほか、保水効果による災害防止や郷愁を誘う美しい景観づくりなど多彩な機能に関心が高まっている(中島峰広著「日本の棚田」)
 ▼県は本年度、棚田を軸にした地域活動を後押しする振興計画づくりを進めている。棚田を地元の財産として守りながら、地域活性化に役立つ新たな活用への道を切り開いてもらうのが狙いだ
 ▼県と市町村の提案をもとに、国が定める指定棚田地域が主な舞台となる。地元住民が棚田の保全やグリーンツーリズムなどの観光推進に向けた活動プランに知恵を絞り、自然や歴史が息づく古里づくりを目指すという
 ▼県内には都市部の人が稲作の体験を通じて住民と交流する「棚田オーナー制度」を展開し、全国から注目を集める地域もある。先人から受け継いだ棚田に光を当て、地域を元気にする魅力の発信につなげたい。

相模国の前方後円墳-古墳巡りの楽しみ

2020/07/01 08:07
私の趣味は中世の城跡探訪ですが、ここ数年はさらに時代が千年程遡って古墳巡りにもはまっています。これまでにこの風見鶏には、群馬の八幡塚古墳(保渡田古墳群)、大阪・堺市の大山古墳(仁徳天皇陵)、大和・纏向の箸墓古墳の探訪記を書いてきました。古墳巡りの楽しみの第一は何と言っても静けさです。訪問者はほとんどいませんし人が集まる観光施設は何もありませんので、新型コロナウイルス感染の心配はまったくありません。訪れた古墳を眺めて周囲を巡り、立ち入ることが出来れば墳丘に登り最も高くなっている後円部からの景色を味わうことが最上の喜びとなります。築造当時の風景や被葬者と作り上げた人々の生活や思いを想像すること、まだ文字のない時代の出来事を古墳の大きさと形状、出土物などから推定することなど数多くの楽しみがあります。日本全国には15万以上の古墳があると言われ(未発見・未確認のものも数多くあるのでもっと多い?)、城跡の約5万はもとより、各地にあるコンビニよりも圧倒的に多い数が存在します。私はその中でも日本特有の形式であり、国内各地に広がった前方後円墳に強く惹き付けられます。大和王権はもとより、それ以前の倭国・邪馬台国の時代から日本の各地に伝播した前方後円墳の形と墓制には生前の思いや死後の世界に通ずる何かを為政者(族長・首長)や人々は共有していたのでしょう。前方後円墳は倭国統合と大和王権成……

見聞録:藤岡家住宅(五條市) 国文化財、江戸期の庄屋屋敷 発見の連続、不思議空間 /奈良

2020/07/01 07:44
 五條市近内町に江戸時代の庄屋屋敷で国登録有形文化財の「藤岡家住宅」がある。金剛山(1125メートル)のふもとの緩やかな斜面に森が点在するこの一帯は、万葉歌に出てくる狩猟場「宇智の大野」。屋敷は現当主によって復元され、NPO法人「うちのの館」が管理・運営している。2008年から一般公開されているが、12年を経た今も「屋敷は不思議空間で発見の連続」と話す館長の川村優理さん(62)を訪ねた。【萱原健一】
 「水琴窟が見つかったんです。見ますか?」。川村さんが案内してくれた庭には大きな手水舎(ちょうずや)があり、地面に置かれた石をずらすと穴がある。2019年10月、穴の下に陶器の甕(かめ)が埋まっていることが分かり、水を流すときれいな音がした。反響音を楽しむ「水琴窟」だ。今年5月には二つ目が見つかった。

山笠はなくても疫病退散の願いを込めて 博多・櫛田神社に今夏唯一の飾り山が登場

2020/07/01 07:20
 櫛田神社の飾り山のテーマは、表が「加藤清正の虎退治」、背面の見送りが「桃太郎の鬼退治」で、表と見送りに共通するのは「退治」です。疫病退散を連想させますが、これは偶然で「誰が見ても分かりやすいものを」と、1月に決めていたテーマなのだそうです。
 しかし、おのずとコロナ収束を願いながらの作業になりました。「鎌倉時代と似たような状況で仕事を託され、常々口にする『人形師は祈りを込める仕事』という言葉を実感しています」。人形制作が佳境に入った6月上旬、信喬さんは工房で汗をぬぐいながら、今年の飾り山にかける思いを語りました。

伝統の「キツネ踊り」中止 大分

2020/07/01 07:03
 大分県姫島村は30日、新型コロナウイルス感染防止のため、「キツネ踊り」で知られる伝統の「姫島盆踊り」の中止を決めたと明らかにした。8月に開催予定だった。村によると、例年約3千人の観光客が訪れ、島に渡るフェリーなどで「3密」が避けられないことなどが理由。中止は初めてという。鎌倉時代の念仏踊りが起源とされ、キツネの格好をした子供たちが軽やかな舞を披露。平成24年には国の選択無形民俗文化財に指定された。

織田信長の《天下布武》に幕府再興の意味はない!?(JBpress)

2020/07/01 07:02
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

【サンライト帳】古代の病院・続命院

2020/07/01 07:02
 「遠(とお)の朝廷(みかど)」と呼ばれていた古代大宰府には、九州諸国や海外から多くの人々が集まり、さまざまな感染症も流行した。遠方から納税などの所用で来た人たちの中には、長い滞在を余儀なくさせられ、病や飢えで命尽きる者も多かったという ▼そこで人道的な計らいをした大宰府の高官がいた。平安時代初め、次官だった小野峯守(おののみねもり)は、彼らの療養施設を設置したのだ。施設の名前はずばり「続命院(ぞくみょういん)」。建物7棟からなり、病人を癒やし、食料を与えた。運営財源をまかなうための広大な水田もあった。病院の始まりといっていいのかもしれない ▼では、続命院は、どこにあったのだろうか。大宰府政庁跡の周辺に位置する福岡県筑紫野市に「俗明院(ぞくみょういん)」という地名があり、郷土史家は「ここだ」と力説する。ただ、福岡藩の学者、貝原益軒も現地調査をしたが、すでに施設の跡などはなかったという。「地名は歴史の生き証人」という言葉がある。あとは遺物さえ出れば、医学史上の画期的な発見となるのだが…。(九州総局 永尾和夫)

【テレビ黎明期支えた 巨星こぼれ話】西のサムライ・山像信夫さんの口癖は「理屈よりロマン」

2020/07/01 07:00
 日本のテレビ黎明期を取材すると、よく耳にするのが「昔は各局にサムライがいた」という話。
 たとえばNHKなら和田勉さん。後に「芸術祭賞男」とも言われた名物ディレクターである。そのはじめの一歩ともいえるドラマ「石の庭」(1957年)に主演したのが、今年96歳で亡くなった久米明さんだ。
 物語はNHK大阪局の一番大きなスタジオに造られた室町時代の龍安寺の石庭を中心に進む。現在、NHKのアーカイブに残る映像(当然モノクロ)を見ても、庭石が作り物とは見えない。精巧な美術に久米さんも感心したという。
 その後、北大路欣也主演の大河ドラマ「竜馬がゆく」の演出などを手がける。退局後、タレントに転向すると、豪快な笑い声から「ガハハおじさん」とも呼ばれたが、当時から笑い声で居場所が分かったそうだ。
 白いスーツで出社し、マンガばかり読みながら劇画タッチの時代劇「三匹の侍」をヒットさせたのはフジテレビの五社英雄さん。ジャズマンらしい音楽センスと大人の遊び心を生かし、「シャボン玉ホリデー」や「11PM」を作った日本テレビの井原高忠さん。竜雷太、松田優作、中村雅俊らを見いだした日本テレビ青春ドラマの名プロデューサー岡田晋吉さん。「時間ですよ」で悠木千帆・堺正章らのアドリブの面白さを追求し、著名脚本家とたもとを分かつことになったTBSの久世光彦さんなど個性的なク……

忍たま原作者のリハビリ奮闘記「“すしざんまい”が良い運動に」

2020/07/01 06:00
「悲観しても仕方がないし、もともと能天気な性格。普通は暗い話になるかもしれませんが、私にとって、倒れた後は自分の人生が新しい展開に入っただけなんです」
そう語るのは『落第忍者乱太郎』の作者である漫画家の尼子騒兵衛さん(61)。
「忍者学園」を舞台に、一流忍者を目指す忍たま(忍者のたまご)の乱太郎、きり丸、しんべヱが中心となって繰り広げられるギャグ漫画『落第忍者乱太郎』は、’86年に「朝日小学生新聞」で連載が始まり、’93年からはNHKで『忍たま乱太郎』としてアニメ化もされている国民的な人気漫画だ。
ところが昨年11月、コミックスが65巻で急に完結。33年間続いた朝日小学生新聞の連載も終了した。尼子さんを病魔が襲ったのだ。
彼女を襲ったのは脳梗塞。脳の血管が詰まってしまう病気で、処置が遅いと命を落とすことも少なくない。30代から子宮筋腫や乳がん、脳動脈狭窄などの大病を患ってきた尼子さんでも、発症したときは「これで人生が終わった」と思ったという。
一命をとりとめた尼子さん。2カ月後には急性期病院からリハビリ病院へ。転院直後は後遺症で、利き腕である右腕と右足がまったく動かなかったという。
「リハビリは、鉛筆を握るところから。ただ握れても力が入らず、線1本すら書けなかった。紙をなでるだけなので、色鉛筆を使っても色がつかなくて。連載を続……

池田教授がせっせと育てても、朝の食卓にキュウリが並ばないワケ

2020/07/01 02:58
老人閑居して野菜を作るコロナ騒ぎが始まった頃は、講演も会合も皆、中止になってしまい、毎日、昆虫標本の整理をしていたが、少しは外に出ないといけないかな、と思って、庭で畑仕事をすることにして、キュウリ、ナス、トマト等の苗を買って庭に植えた。
畑を耕し、新しい野菜の培養土を入れ、元肥を投入し、苗を植えて水やりをして、花が咲いて実が付くのを楽しみに、毎日雑草抜きをしたり、トマトの芽欠きをしたり、キュウリ用のネットを張ったりしていた。品種改良した野菜は、人間の好みに合わせて無理に作ってあるものだから、病害虫に弱く、面倒をみないとあっという間に、うどん粉病になったり、アブラムシが付いたり、ウイルスにやられたりする。
キュウリはインド北部が原産地で、ナスはインド東部が原産地らしい。日本に渡来したのは古く、奈良時代から平安時代だと言われている。1200年以上も前である。江戸時代まではキュウリは熟したものを食べるのが普通だったようだ。熟したものは黄色くなり、黄色の瓜ということで黄瓜と呼ばれた。当時の文人たちには評判が悪かったようで、徳川光圀や貝原益軒は小毒があって体に悪いと酷評している。江戸時代の末期に、未熟なうちに食べれば、瑞々しく歯ごたえが良い品種ができて、一気に人気野菜になった。