記録が発見されるかも 室町時代の仁王像 160年…|(いにしえナビ)大きな姿の包容力に安心感|書道・なるほドリ:和紙の特徴は? 破れにくく 墨を吸…|他

Contents

「記録が発見されるかも」 室町時代の仁王像、160年ぶり修復着手 高知

2020/07/31 11:23
 修復に挑むのは岐阜県出身の仏師・吉田安成さん(45)。14歳で仏師を志し、関東などの修復・制作工房で働いた後、2017年に妻沙織さん(43)の故郷・東洋町に家族で移り住んだ。3年ほど前に前住職・小林玄徹さん(67)が吉田さんに香美市内の薬師如来立像の修復を依頼。それが縁で、仁王像の修復にも取り組むことになった。
 今回の仁王像修復にあたり、吉田さん一家は寺から車で約10分の集落に転居。仁王像は集落内の工房で修復するため、輸送費のカットや像への負担軽減につながるという。小林さんも「いつでも作業を見られるのは楽しみだ」と喜ぶ。

(いにしえナビ)大きな姿の包容力に安心感

2020/07/31 11:20
ワールド アスリート ボイス規制した五輪を覚悟 「中止だけは避けて」東京五輪の開幕が再び1年前を迎えた。開催を信じて日々練習に励む世界のアスリートたちの声を紹介する。
今こそ聞きたいDX外国語の上達術 40歳で再挑戦した國分功一郎氏の極意外国語習得は時間がかかり、ストレスがたまる。40歳ごろから英語を学び直した哲学者に学習法を聞いた。
T JAPAN草間彌生らアート界のスターの軌跡日本の現代美術をリードする草間彌生や村上隆ら6名の作品を集めた展覧会が開催に
&M田中裕二も思わず共感「パパママ川柳」4回目を迎えた「オリックス 働くパパママ川柳」。爆笑問題・田中裕二さんの心に残った作品とは?
&E当事者意識を育む学校作りとは教育現場を改革した工藤勇一さんに、生徒たちの自律性を高めるヒントをうかがいました
日本人好むコンドーム適切かいろいろだった恐竜の卵「死んでいい」政治の怖さ児嶋、渡部の近況を報告コロナ禍の大学、先輩お助け当時17歳の元ナチスに有罪

書道・なるほドリ:和紙の特徴は? 破れにくく、墨を吸いやすい=回答・笠井聡彦 /神奈川

2020/07/31 11:17
 なるほドリ 半紙はなぜ「半」なの?
 A 播磨(はりま)国(兵庫県)には奈良時代にすでに造紙技術がありました。そこから杉原紙が生まれ、江戸時代に全国的に普及しました。杉原紙を半分に切って使ったのが半紙の由来と言われています。平安時代の「延喜式(えんぎしき)」(法令集)で和紙の規格が定められ、その半分の大きさが半紙だという説もあります。

大阪城公園にひっそり残る化け物屋敷跡 豊臣秀吉の怨念説(産経新聞)

2020/07/31 11:13
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

古墳大国カードでPR 第2弾24種類、9カ所で配布 1日から

2020/07/31 11:00
 群馬県は30日、県内12の古墳を選び、各2種類計24枚の「ぐんま古墳カード」を製作し、県内9カ所で計2万4000枚を無料配布すると発表した。東日本最大の古墳大国である本県をアピールするとともに、古墳 ...

宮沢孝幸(京大ウイルス再生研准教授)が語る 新型コロナ「ファクターX」の正体(日刊ゲンダイDIGITAL)

2020/07/31 09:26
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

「竹島に上陸してみた」…韓国国民の領土に対する気概に日本は完全敗北していた(プレジデントオンライン)

2020/07/31 09:16
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

高崎だるま SNSで世界発信 8月9日の記念日にちなみ企画

2020/07/31 07:51
 七月分(三十一日まで)の応募では、自宅や旅先などで出合っただるま、親子で作った作品や子どもとだるまの写真、イラストなど多彩な投稿が並ぶ。コロナ禍によるインターハイ中止を受け、空手部員がだるまと一緒に整列し「七転び八起き」とのコメント付き投稿もあった。

スポーツプラスα 大相撲九州場所 会場が東京に 蓮華院誕生寺の川原宗務長「来年は土俵入り期待」 /福岡

2020/07/31 07:45
 大相撲九州場所として福岡で開かれる11月場所の会場が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため今年は東京・両国国技館に移されることになり、九州では落胆の声が広がっている。熊本県玉名市の蓮華院誕生寺では場所前に行われる恒例の横綱土俵入り奉納も見送りとなり、川原光祐宗務長(64)は「今年は疫病退散を祈願しようと思っていたが、力と健康の象徴である力士が来られないのは残念」と話した。
 大相撲はコロナ禍により今年大阪で開催された3月場所は無観客で実施され、5月場所は中止。例年、名古屋が会場の7月場所は両国国技館で実施されている。1957年に本場所となった11月の九州場所が、福岡で行われないのは初めてとなる。

<花に舞い踊る>朝顔 多様な女性に見立てて

2020/07/31 07:44
 さて、かつては天秤棒(てんびんぼう)で荷を担いで品物を売る商いがあり、常磐津「朝顔売り」もそうした風俗を映しています。「朝顔や朝顔」と呼び声をかけて売り歩く様にはじまり、朝顔の露を含んだ風情を、さまざまな年齢、境遇の女性に見立てて踊ります。たとえば紅色の朝顔は世慣れていない娘、薄い水色は夫を亡くした若い女性、白は尼僧といった具合です。そして、一人の女性の人生、少女期からやがて恋を知り、人の妻となり、男の浮気性と女心の切なさを紡ぎつつ、ふいに「はい、それまでよ」と初演当時(一九六三年)流行していたフレーズで砕け、有名な「三人吉三(きちさ)」の場面に移行して幕となります。

【金沢ミステリー】日本で唯一ともいわれる「ショウガの神社」が金沢にあった

2020/07/31 07:30
金沢のミステリー連載、今回はミステリーというよりも、神聖なんだけれどユニークでもある、不思議なスポットを取り上げます。
八百万の神がいる日本の珍しい神社
観光地として人気を誇る金沢。その郊外には、日本で唯一とも言われるくらい珍しい(実際は兵庫県豊岡市にも同名の神社がある様子)、ショウガを祭った神社があります。名前は波自加彌(はじかみ)神社。
御本社(奥宮)は小高い場所にあり、平野部の集落には里宮遙拝殿(さとみやようはいでん)もあります。遙拝殿とは難しい言葉ですが、「はるかかなたから、御本社を拝むための建物」です。本来なら山の奥宮へ参拝するべきところですが、山ろくの里にある社殿に参拝すれば、奥宮への参拝と同じ扱いになるといった場所です。
実は今回、記事を書くにあたって神社に再訪して、写真を撮ってこようと思いました。里宮遙拝殿に最初に行き、今度は近くの御本社に移動しようした矢先、カメラのトラブルによって撮影が続けられなくなりました。つまり、里宮遙拝殿の写真しかありません。
とはいえ、(もちろん強弁ではありますが)里宮遙拝殿は御本社(奥宮)と同等の場所です。里宮遙拝殿の写真も、御本社と同じくらいの意味があるはずです。引き続き、記事を楽しんでください(なんて、無理を言ってすみません)。
波自加彌神社の里宮遙拝殿
そもそも神社とは……

いつも行く散髪屋さんのドアが半開…

2020/07/31 07:20
 【越山若水】いつも行く散髪屋さんのドアが半開きになり、風鈴がつるされていた。「コロナ対策です。店内が密室にならないように」と店主。空気の動きを伝える風鈴には厄よけの意味合いもあり、今年は存在感を増している▼中国には竹の枝につり下げ、音の鳴り方で吉凶を占う「占風鐸(せんふうたく)」があった。仏教とともに日本に伝わり、寺院の屋根の四隅に掛ける風鐸になったといわれる。平安時代の貴族は魔よけとして屋敷の軒先につるしたらしい。風鐸がいつ風鈴になったのかははっきりしない。江戸時代までは金属製が多かったが後にガラス製や陶製も作られるようになった▼近年は窓を閉め切ったマンションやエアコンの普及もあり、その姿をあまり見かけなくなった。それでも、たまにチリンチリンと涼しげな響きを耳にすると心地よい▼越前町の越前古窯博物館では、越前焼の風鈴を並べたイベント「陶ふうりん」が開かれている。その数千個は北陸最大級。一つ一つ手作りで、おわん形や釣り鐘形などさまざま。音を鳴らす舌(ぜつ)と呼ばれる部分にも違いがあり、いろいろな音色を楽しめる▼福井市の足羽神社では願い事を記した木札を風鈴に掛け、成就を祈って奉納する「祈願風鈴」が行われている。中には、「コロナが早く終息しますように」と書かれた札も。やすらぎの音色と風にのって、疫病退散の切実な願いが届いてほしい。

大規模な屋敷跡 長崎遺跡で新たに 銅銭・青磁など遺物も 坂井 /福井

2020/07/31 07:16
 県埋蔵文化財調査センターは30日、坂井市の長崎遺跡から新たに見つかった室町時代の大規模な屋敷跡などを報道各社に公開した。鎌倉時代後半~室町時代の銅銭、青磁、瓦質土器など貴重な遺物も発見された。同センターの櫛部正典主任は「豊富な種類の遺物があったことから、経済力があり社会的に立場の高い武家や商人が生活していたのではないか」とみている。
 同センターは長崎遺跡(推定5万~6万平方メートル)の調査を2016年度から進め、屋敷跡などは20年5~9月の予定で行っている調査(約4000平方メートル)で見つかった。

疫病退散!桃に願掛け 特許技術で皮にイラスト JAフルーツ山梨

2020/07/31 07:03
[新型コロナ] 緊急宣言下「バタ-不足」 消費者の疑問相次ぐ 酪農理解へSNSさらに発信  コロナ禍での外出自粛で家庭での菓子やパン作りが増えて家庭用バターが一時的に品薄となったことを背景に、酪農・乳業の理解に向け、生産者や自治体などがインターネット交流サイト(SNS)などでの情報発信の重要性を再認識している。「牛乳の需要は減ったのに家庭用バターがなぜ足りないのか」という消費者の疑問や批判の声が相次いだからだ。今、品薄感は解消しつつあるが、コロナ禍で今後の情勢が不透明な中、専門家は、分かりやすい情報発信の必要性を指摘する。(望月悠希)生産者 ネット上の誤解理解求めて投稿 春先から、コロナ禍で家庭用バター需要が急増し、首都圏や関西圏などでは、店頭で入手しにくい状況になり、消費者からは疑問の声が相次いだ。 東京都在住の会社員の30代女性は「新型コロナ禍で牛乳が余っているという話は聞くので、バターにしてくれたらいいのにと思う。供給を工夫できないのか」、別の30代女性も「牛乳は不足しないのに、バターが不足するのが不思議」と話す。 SNSでは「バター不足は人為的に作り出しているのではないか」「なぜ増産しないのか」など批判の声も。「バター不足いつ解消されるのよ?」と、牛乳需要分をバターに仕向けることを促す投稿に900件以上のリツイート(……

「海抜ゼロm」「木密」対策~大都市・東京の整備計画とは(1):【公式】データ・マックス NETIB-NEWS

2020/07/31 06:30
【治水対策】東京の洪水対策 近年、1時間50mm超のゲリラ豪雨による浸水被害が増えている。昨年の台風19号による大雨では、都内1,344棟の家屋に被害が出た。
 振り返ってみると東京の防災の歴史は、治水の歴史でもある。江戸時代から沿岸部を埋め立ててきた東京では、都市部に多くの河川が流れ込むという地勢のため、治水対策を余儀なくされてきた。水上交通で栄えてきた江戸川は、東京湾に注いでいた利根川を千葉県銚子に注ぐようにした1594年から、60年におよぶ河川改修工事で生まれたものだ。明治時代以降になると、かつての荒川(現・隅田川)周辺で産業の発展とともに増加した工場などが浸水し、深刻な洪水の被害を受けた。このため1911年、水害を防ぐ放水路として東京東部低地帯を流れる「荒川放水路」(現・荒川)の開削工事事業に着手し、1930年に完成している。
 また、明治時代末期から1970年ごろにかけて、工業の発展にともない地下水揚水が増加したことで、東部低地帯では地盤が沈下。最も地盤が沈下した江東区南砂2丁目では、約4.57m(1982年当時。現在は沈下していない)も沈下した。こうした地盤沈下した場所の多くは今でも海抜0m以下の低地となっており、いったん洪水で氾濫すれば、とくに甚大な被害の発生が懸念される。

「足立区・西新井」再開発で評判アップ、憧れの街に変貌…か?

2020/07/31 05:12
連載データから紐解く「住みやすい街」
【第1回】「新宿勤務・手取り20万円」の1人暮らし…住みやすい街は? 2019/11/05 【第2回】手取り25万円の「丸の内OL」…安心して住める意外な街とは? 2019/11/12 【第3回】「六本木勤務」の20代独身男性…手取り23万円でどこに住む? 2019/11/19 【第4回】新丸子、日吉…渋谷勤務の20代、東横線沿いならどこに住む?  2019/11/26 【第5回】手取り25万円、品川勤務の30代男性…京急線沿いで住むなら? 2019/12/03 有料【第6回】都内勤務の会社員…20代でも住める「山手線沿線の街」は? 2019/12/10 【第7回】都内勤務30代会社員が「小田急線」で住みやすいのは何駅か? 2019/12/17 【第7回】飲み会で遅くなっても気にしない…「終電利便性」の高い駅は? 2019/12/24 【第8回】渋谷勤務の会社員…「座って通勤」できる最強駅はどこだ? 2020/01/07 【第9回】通勤地獄の「田園都市線」…渋谷系女子が住みやすい街は? 2……

デビュー45周年の細川たかし、日本酒イベントアンバサダーに「大役うれしい」(サンケイスポーツ)

2020/07/31 05:00
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

(天声人語)宙に浮く8千万枚:朝日新聞デジタル

2020/07/31 05:00
 カギよし、財布よし、スマホよし。以前ならこの三つを確かめれば外出できたのに、当節はマスクも欠かせない。駅に向かう途中、忘れたと気づけば、慌てて取りに駆け戻る▼柄も素材も進化が著しいいまのマスクだが、江戸時代には、針金の枠に絹を張り、柿の渋を塗っていた。堀井光俊著『マスクと日本人』によると、鉱山労働…

お経をライブ配信 「安堵とご縁のつながりに」

2020/07/31 00:00
 宮前区内唯一の浄土真宗本願寺派浄照寺の加藤孝充(こうじゅう)住職が、読経のライブストリーミング配信(生配信)をしている。
 同寺は、宗派の推進事業により1993年に都市開教寺院として開かれた、比較的新しい寺院だ。門徒(=檀家)を持たず、加藤住職は「ふるさとを離れた人の受け皿として、またご縁をつなげていくために」と、法話会などを行ってきたが、コロナ禍で開催することができなくなった。加藤住職は「せっかくつないできたご縁を途切れさせてはいけない。つないでいかなくては」と、思いついたのがウェブでの生配信だ。
 読経は1日2回、午前6時30分から約20分と午後8時30分から約10分。同寺のウェブサイトで見る事ができる。ほかに「ハウトゥーお経」として、念仏の発音や焼香の作法とタイミングなどの動画もアップされている。加藤住職は「(宗祖の)親鸞聖人の生きた鎌倉時代も疫病が蔓延したが、お念仏の声が絶えることはなかった。一刻も早い収束を願っている。コロナ禍の中に、お経の生配信で安心できる何かを見つけてくれたら」と話している。

柿生文化を読む 第2回 シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【2】 文:中西望介(戦国史研究…

2020/07/31 00:00
 麻生川の源流域(地元では神川と呼称)にあたる稲城市平尾町杉山神社付近の発掘調査では、平安時代の建物跡から祭祀に使用されたと考えられる「四万」「酒?」と書かれた墨書土器が出土している。遺跡出土の墨書土器は、村落内の神仏に対する祭祀、儀礼行為などの際に、土器に一定の字形を記したものと言われている。したがって、平尾出土の墨書土器は祭祀に関連するものとして大過ないであろう。鶴見川は生活用水や農業用水として恵みを与えてくれる存在であるとともに、洪水や干害などの自然災害をもたらす畏怖すべきものでもあった。このため水源において「水」や「河川」の神を祀ったと考えられる。

 有馬川の源流域にあたる川崎市宮前区有馬の堂尻谷戸からは、鎌倉時代末期の元亨3年(1323)銘板碑をはじめ多数の板碑片や常滑焼の蔵骨器などの中世墓が出土している。この墓地は14世紀前半から16世紀まで引き続き使用されている。そうしてみると、この付近に中世村落があり、墓地を営み板碑を造立して常滑の陶器を入手できるほどの財力を持った有力者の存在が浮かび上がってくる。有馬川流域はこのほかに正福寺所在建武4年(1337)銘板碑をはじめ多くの板碑が集中する地域である。川崎市中原区小杉御殿町にある西明寺は、鎌倉幕府を主導した最明寺入道北条時頼の伝承が伝わる古刹であるが、元は有馬川の左岸の西明寺跡にあった……

吉田 勉さん

2020/07/31 00:00
鈴虫にロマン馳せ
 ○…「彼女」「彼ら」と呼び、愛情込めて慈しむのは鈴虫。「日本人は平安時代から美しい鳴声とかわいらしい姿を楽しんできた。この音色は人間には出せません」とうっとりと語る。その魅力に取り付かれた仲間が集まり、45年前に鈴虫愛好会を結成。1年をかけ手塩に育てた鈴虫を配布し続けてきた。
 ○…鈴虫飼育の”沼”にはまったのは10数年前。母親が育てていた鈴虫の声に惹かれ「ほんの数匹」持ち帰ったところ、翌年卵を産み50匹以上に増え驚いた。小さなケージの中に広がる自然の摂理に感銘を受け、今では1人で2000匹ほどを育てる。飼育にかける熱量は、よりよい鈴虫の食事を求め庭で無農薬野菜の畑を始めたほど。「育てるだけなら簡単。でも、手をかけるほどに、季節を迎えると美しい鳴声と健康な卵で応えてくれる奥深い、終わりなき世界」と語る。
 ○…元々生物の飼育に関心があったわけではない。新潟県で育ち、放課後は帰宅部ならぬ「”母ちゃん手伝い部”で家の手伝いをしていた」と笑う。大学で経営学を学んだ後、オイレス工業に就職。営業職や子会社経営などに携わってきた。定年を迎え、水彩画やゴルフなど精力的に趣味の範囲を広げるが、6月に孵化してから秋に成熟するまでの期間は「”鈴虫命”の生活ですよ」と胸を張りつつ「家族からは毎年、熱意を不思議がられる」と照れ笑い。
 ○…愛……

8月16日まで 広重作品でGo To江戸 川崎浮世絵ギャラリー

2020/07/31 00:00
 JR川崎駅北口近くにある「川崎浮世絵ギャラリー〜斎藤文夫コレクション〜」で『広重と巡る名所江戸百景』の後期展が8月16日(日)まで開かれている。
 江戸時代後半の浮世絵師歌川広重の「名所江戸百景」は、安政3年から同5年(1856〜58)にかけて制作された最晩年の大作。広重による118枚、図案家梅素亭玄魚による目録、二代広重作とされる図を含めた揃物である。
 広重は江戸とその郊外の風景を様々な角度からとらえ、縦長の画面に遠近法の視点を大胆に用いて、近景に様々な事物を極端に大きく描く奇抜な構図の数々で「見る者に驚きをもたらした」と同ギャラリーの学芸員・蛭田裕紀子さん。また、高度な彫りや摺りの技法が多く見られたことから、「彫師摺師の研ぎ澄まされた技術がこの名作を支えていることが分かる」とも説明する。「大はしあたけの夕立」や「亀戸梅屋舗」といった作品は、ゴッホやホイッスラーをはじめ19世紀ヨーロッパの画家たちに大きな影響を与えたことでも知られる。
 今回は「名所江戸百景」秋・冬の部を公開。翼をひろげる大鷲が洲崎の広大な埋立地を俯瞰する様子を描いた『深川洲崎十万坪』をはじめ、浅草寺雷門から眺める境内の雪景が美しい名作『浅草金龍山』など60点を展示する。
有名作の見どころ
 蛭田さんによると「名所江戸百景 深川洲崎十万坪」(安政4年 魚屋栄吉……

30年の歩み展は今日まで 桜土手古墳展示館あすから休館

2020/07/31 00:00
 開館から30年。明日から改修工事のため一時休館する桜土手古墳展示館(秦野市堀山下)で今日まで「桜土手古墳公園と展示館の歩み」企画展が開催されている。
 7月26日には展示館内でフロアレクチャー(解説)が行われた。午前の部と午後の部に開催され、合わせて28人が参加した。同館の大倉潤館長が講師を務め、桜土手古墳群の発掘調査から公園の整備、展示館の開館から今日に至るまでの歩みを写真と資料で解説。館長の当時の思い出話や専門家からしか聞けない考古学情報に、参加者らはメモを取りながら熱心に耳を傾けた。
 この企画展は本日7月31日が最終日。写真や資料の展示のほか、古墳公園や展示館の思い出、新たに整備されるはだの歴史博物館への期待のメッセージを寄せるコーナーも設けられている。午前9時から午後5時、入館は午後4時半まで。入場無料。明日8月1日(土)からは休館となり、11月に「はだの歴史博物館」として新たに開館する予定。(問)同館【電話】0463・87・5542へ。