山形豪雨で続く断水 大石田と尾花沢のそば店受難(河北…|九州国立博物館 魅惑のなんだ!? コレクション …|喜多川歌麿 葛飾北斎 歌川広重…… 浮世絵のオールス…|他

Contents

山形豪雨で続く断水 大石田と尾花沢のそば店受難(河北新報)

2020/08/01 11:29
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

「九州国立博物館」魅惑のなんだ!? コレクション <後編>(ファンファン福岡)

2020/08/01 11:03
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川広重……「浮世絵のオールスター」が描いた“江戸っ子の日常”とは(文春オンライン)

2020/08/01 11:00
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

東京国立博物館『おうちで楽しむ博物館』 研究員の情熱と博物館の歴史が育む、充実のオンライン鑑賞【ネット DE アート…

2020/08/01 11:00
本動画では、東洋館に展示されている中国の青銅器コーナーから、東京国立博物館を代表する2つの青銅器を紹介しています。
《饕餮文瓿(とうてつもんほう)》と《饕餮文三犠尊(とうてつもんさんぎそん)》という、筆者もまったく聞き馴染みのない作品が取り上げられていますが、市元氏は言葉の意味を丁寧に説明しつつ、その上で「せっかく博物館に来たのだから、ここでしか考えられないこと、体感できないことをしてほしい」と強調します。インターネットや書籍で得られる知識ではない、生の鑑賞体験を味わうためには、どのように作品を見れば楽しめるのか。あらゆる情報をどこからでも得られる時代だからこそ、本物と向き合ったときに、作品を知るだけでなく体感することの重要性が、動画内で語られています。
「わかる・わからないという見方はやめましょう。すごいか、かっこいいか。どこが一番きれいに見えて、どの角度がかっこいいのか。作品を介して自分と対話するような形で鑑賞するのが楽しいのではないでしょうか」
作品と鑑賞者の距離をぐっと近づける市元氏の言葉に、心が軽くなります。
東博オリジナルぬり絵の配布や、広報誌のバックナンバーも公開中! 『おうちで楽しむ博物館』のコンテンツでは、ほかにも、春の恒例企画『博物館でお花見を』のワークショップで配布された桜をモチーフにしたぬり絵や、……

美術品100万件、電子公開へ 個人美術館を作る機能も(朝日新聞デジタル)

2020/08/01 10:56
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

【今日は誰のお誕生日?】8月1日がお誕生日の声優さんは?

2020/08/01 10:07
今日8月1日は、水の日。他にも花火の日や麻雀の日、肺の日、パインの日など色々な記念日になっています。また、学問の神様として有名な平安時代の政治家・菅原道真や、フランスが生んだ世界的ファッションデザイナー、イヴ・サン=ローランが生まれた日でもあります。
そんな8月1日に生まれた声優さんはこちらの皆さんです。

“ギルティー・プレジャー”という存在意義と消費行動 エディターズレターバックナンバー

2020/08/01 08:00
“ギルティー・プレジャー”という存在意義と消費行動 「そこに飛び火するんですか!」と思ったのが、下のリンクで紹介するジョンソン・エンド・ジョンソンのニュースです。BLM運動の高まりを受けて、アメリカで美白効果があるとされる化粧品の販売を中止します。
 記事にある通り、日本では「江戸時代から美白化粧品はブーム。 “色の白いは七難隠す”なんて言葉もあるほど、人種とかに関係なく美白は美意識にすり込まれたもの」などと考え、戸惑う人もいることでしょう。でもアメリカでは、大陸を発見したコロンブスさえ「先住民の虐殺を招いた人物」と捉えられ、像が破壊される状況です。私たちの意思が拠り所とする歴史観さえ白人中心に形作られたもので偏っていると言われてしまうと、「そうか……」以上の言葉が出てきません。いよいよ見解は千差万別で構わず、「各々が、それぞれの考えを主張できれば、それで良い」とさえ思い始めてきました。
 そんな時、メルマガ「ミレニアル マインド」の執筆者である北坂記者(通称エリー)に、面白い記事を教えてもらいました。“ハラハラ”ブランド「ブランディー メルヴィル」は、“ギルティー・プレジャー”という他媒体の記事です。ブランドも“ギルティー・プレジャー”もピンと来ない方にお伝えしますと、「ブランディー メルヴィル」は10~20代の女の子に向けたブランド(日本未展開)……

唐津市の黒岩前田遺跡から土器や粘土塊 古墳時代前期の土器?

2020/08/01 08:00
 佐賀県唐津市教育委員会は31日、相知町黒岩の黒岩前田遺跡の発掘調査で、住居跡から土器類や粘土塊などが出土したと発表した。土器と粘土塊は成分が類似しており、粘土塊は土器の材料である可能性が高いと分かった。市教委は「古墳時代前期のこのような出土例は佐賀県内で初めてで、九州でも類例がない」と話す。
 2018年7月から19年3月まで、圃場整備に伴い発掘調査が行われ、1700~2千年前の古墳時代前期中ごろから弥生時代後期の集落遺跡が見つかった。遺跡から6軒の竪穴式住居跡、倉庫跡3棟以上、溝跡5条以上を確認した。
 古墳時代前期中ごろの4号住居跡から状態のいい土器が多く出土した。跡地の一角からは意図的に縁や底を割った鉢類、近くに粘土塊、土器を砕いた赤色細片が出土した。住居内で土器を製作した可能性が高く、民間の分析会社が土器類と粘土塊を調査したところ、花こう岩、石英、長石などの成分が類似していた。
 市教委生涯学習文化財課の立谷聡明さんは「古墳時代前期の集落遺跡の発見は市内ではまれで、土器製作の工程を示す痕跡も貴重」と話している。
 市教委は8月4日から11月23日まで、発掘成果展を菜畑の末盧館で開く(月曜休館、月曜が祝日の場合は翌日休館)。入館料大人210円、小中学生100円。(成富禎倫)

邪馬台国九州説、出版相次ぐ 国際的情報を持つ強み 高島忠平・佐賀女子短大名誉教授

2020/08/01 07:45
 <土曜カルチャー>
 現在の日本の考古学界には、近畿説が大前提としてあり、それに沿った遺物・遺跡の解釈がされている状況だ。本来、邪馬台国の問題は、どのように古代の国家が成立していったのかを探る古代史の問題であり、「魏志倭人伝」はじめ史書など文字史料をしっかり読み解き、考古学資料と対応して論じていくべ…

古代の祈りと信仰、遺物から 特集展示「筑紫の神と仏」(福岡県太宰府市・九州国立博物館)

2020/08/01 07:45
 <土曜カルチャー>
 九州国立博物館(福岡県太宰府市)の開館15周年と大宰府史跡指定100年を記念した特集展示「筑紫(ちくし)の神と仏」が同館で開かれている。5章から成り、飛鳥~奈良時代の人々の祈りと信仰に焦点を当てている。国家宗教となった仏教が、日本古来の神への信仰と時に併存し、融合しながら各地に広がっていく過程を大宰府を中心とした筑紫の遺跡・遺物から探る。
 「遠(とお)の朝廷(みかど)」として対外交流の窓口であった大宰府は、時に疫病などの発生源ともなった。奈良時代に猛威を振るった天然痘も、海外から大宰府にもたらされ、各地に広がった。第5章の「神・仏・人」では、大宰府や高畑遺跡(福岡市)などで出土した人形(ひとがた)や馬形、人面墨書土器などを紹介。墨書土器には人の顔が描かれ、底面に小さな穴が開いている。悪気を器に吹き込み、川に流して沈め、穢(けが)れ…

江戸時代から200年の歴史をもつ伝統織物「高島縮」でできた夏向け涼感マスクにSサイズ新登場。

2020/08/01 07:35
「新しい日本文化の創造」をコンセプトに国産地下足袋、和服、家具、雑貨の製造販売を手掛ける株式会社若林(京都府中京区)が運営する、京都のテキスタイルブランド「SOU・SOU」の「高島縮(ちぢみ)」の夏向け涼感布マスクに、「Sサイズ」が新登場します。
4月中旬から、通算20万枚を完売した大人気のテキスタイルマスクに、リクエストの多かった「Sサイズ」がラインナップされます。
盛夏〜残暑のニーズに向けて、オンラインで予約販売が開始されました。生地の凸凹が肌との密着を防ぎ、吸汗性や放湿性にも優れているため「体感温度はマイナス2℃」と言われる素材です。肌心地さらっと涼感たっぷり、日本の夏の強い味方。柄もサイズも選べて楽しい「高島縮」の布製マスクは登場です。
子どもや女性のリクエストから生まれた「小さいサイズ」
高島縮は、昔から肌着やパジャマ、ステテコなどに用いられ、親しまれてきた、日本の夏の強い味方の綿素材です。洗濯機で気軽に洗うことができるため、洗って次第になじむように少し大きめのワンサイズで作られている高島縮のテキスタイルマスクですが、「親子でつけたい」「小さいサイズが欲しい」というリクエストがあり、このたび「Sサイズ」が新登場します。2サイズ展開することになったそうです。日常のおしゃれに合わせやすい、マスク用の色柄が厳選されています。
「……

【柏市】いくつ読める?知っているようで意外と知らない柏市内の「難解地名」5つ

2020/08/01 07:30
知っているようで、意外と知らない柏市内の地名。あなたも見たことはあるけれど、「なんて読むんだっけ……」と頭を悩ませた経験があるのでは?
そこで今回は、柏市内で見つけた「難解地名」をピックアップしてみました! 早速チェックしてみましょう。
(1)十余二正解は「とよふた」
柏市周辺には、数字にちなんだ地名がたくさん! 1番目の初富(現・鎌ケ谷市)から、13番目の十余三(現・成田市)まで13カ所あります。このうち4番目は「豊四季」、12番目は「十余二」で、市内でも特に変貌の著しい地域だそうです。さらに詳しい解説は、こちらをチェック!
(2)呼塚正解は「よばつか」
国道6号と16号線が交差する交差点辺りのこと。手賀沼に注ぐ大堀川と水戸街道の交点にあった船着場の跡地。ちなみに呼塚の地名は、平安時代末期に活躍した名馬「生食(いけずき)」が葬られた塚があったことに由来しているそうです。
(3)篠籠田正解は「しこだ」
東武野田線豊四季駅を降りて、諏訪神社と逆方向に進んだ地域のこと。もともとは「迫田(せこた)」と呼ばれており、「迫」は「山や岡に挟まれた狭い谷のような所」の意味していたそう。こちらも合わせてチェックしてみて!
(4)若白毛正解は「わかしらが」
手賀沼の南に位置する地域のこと。この辺りには5世紀末の清寧(せいねい)……

西日本は牛肉、東日本は豚肉が主流な理由は歴史にあり チコちゃんが徹底解説

2020/08/01 07:15
■「西が公家、東が武士だったから」気になるチコちゃんの回答は、「西が公家、東が武士だったから」という。過去の日本の文化が肉についても大きな影響を及ぼしているようだ。
今からおよそ1400年前、飛鳥時代から平安時代まで日本の中心は奈良や京都で、公家が中心となる社会でした。西日本では、農耕や公家の移動を手伝う動物として牛が重宝されていた。
しかし、東日本へと行く際にはアルプスの高い山、静岡県の大きな川が弊害となっており、移動は困難だった。さらに、当時の関東は富士山の火山灰が降り積も土地だったため、大量の牧草を必要とする牛は育成が難しかった。
平安時代の後期から鎌倉時代に変わった段階で政治の中心は京都から関東に移っていった。この時、移動手段として利用されていたのは馬だった。そうした経緯があり、鎌倉時代の書物には馬の産地は東日本、牛の産地は西日本が多かったと書かれているようだ。
関連記事:東京と大阪、カレーにおける最大の違いは? 『ケンミンSHOW』の解説に反響

知っておきたい日本の歴史=徳力啓三=(8)

2020/08/01 07:06
 戦国大名は、領国内の武士を家来に組み入れ強力な家臣団を作り、他の大名との戦いに備えた。主君への反逆や謀反は機敏な行動として評価されることもあり、必ずしも不名誉とはされなかった。戦国大名の出自はさまざまで、甲斐の武田信玄は守護大名、越後の上杉謙信は守護代、安芸の毛利元就は国人から戦国大名となった。
 戦国大名が、従来の幕府を背景にした守護大名と異なる点は、領国の経営の実力を備えることが求められたことである。実力が無ければ、家臣や領民に見限られ、別の実力者に首がすげかえられることもあった。
 戦国大名は、守りのかたい山や丘に山城を築き、一の丸、二の丸、三の丸と幾重にも守りを固め、濠をめぐらしして合戦に備えた。ふもとの平地に屋敷を構え、その周囲に家臣団や商工業者を住まわせて、城下町とした。城下町は、領国の政治、経済、文化の中心になった。
 また、戦国大名は、領国を豊かにするために、大規模な治水工事をし、耕地を広げて農業を盛んにした。鉱山の開発や商工業の保護、交通制度の整備などにも力をそそいだ。家臣の取りしまりや、領民の保護と支配のために、掟書などの名称で呼ばれる独自の法律「分国法」を定めた例も少なくない。
 戦国大名の領国支配が強まるにつれ、荘園は衰退していった。このようにして、各地で実力を養った戦国大名が勢力をのばし、互いに激しく争った約 ……

【art】「画家の中の画家」による日本初の個展がついに開催

2020/08/01 07:00
幅3メートルを超える彼の大型作品は、映画やおとぎ話の一場面を彷彿とさせる具象画だ。たとえば広大なダムの門前に、時代がかった衣装を身につけた2人の男性が立つ《ガストホーフ・ツァ・ムルデンタールシュペレ》。神秘的なエメラルドグリーンの世界に、どこまでも続くカラフルな塀のある小道、降りそそぐ光の粒が、夢幻的世界を作り出している。本作を構成しているのは、実際のダムを写した20世紀初頭の古い絵葉書と、作家自身が友人と舞台衣装を着て撮影した数十年前の写真からのイメージであるという。画面にノスタルジックな雰囲気が漂う理由のひとつかもしれない。
またドイグの作品には、ゴーギャンやマティスなど、近代画家たちの構図やモチーフが潜んでいる。トリニダード・トバゴの街角にライオンが現れた白昼夢のような《ポート・オブ・スペインの雨(ホワイトオーク)》は、背景の鮮やかな黄色の建物にフィンセント・ファン・ゴッホの《黄色い家》などのイメージが重なる。ドイグの作品を観て、「初めてなのに懐かしい」と感じてしまうのは、写真、映画、絵画などあらゆる視覚の記憶が呼び起こされるから、といえそうだ。
ーーーーー

日本のポンペイ!? “ヨロイの古墳人”が語る古代群馬の謎に中山卓也が迫る 『世界ふしぎ発見!』

2020/08/01 06:30
世界各地の“ふしぎ”をミステリーハンターがリポートし、クイズとトークで解き明かしていく番組「世界ふしぎ発見!」。2020年8月1日(土)放送分[TBS系 21:00〜21:54]は、「日本のポンペイ!? ヨロイの古墳人が語る古代群馬の謎」を展開していく。
西暦79年、ヴェスビオ山の噴火で押し寄せた火砕流により、一瞬にして消え去った街ポンペイは、古代ローマのタイムカプセルともいうべき存在。今なお、当時の人々の暮らしがわかる遺物が次々と出土されている。
一方、日本にも今から1500年前、ポンペイと同じように火山によって埋まった幻の都市があった。群馬県では、古墳時代の人骨が、ひざまずき、うつ伏せの姿勢で出土。火山による火砕流で埋もれたその男は、鉄のヨロイを身に着けていた。“ヨロイの古墳人”、そして、その謎に迫ると浮かび上がってくる“空白の古代史”を紹介する。
【出演者】草野仁、黒柳徹子、野々村真、出水麻衣(TBSアナウンサー)、土田晃之、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、岡田圭右(ますだおかだ)
【ミステリーハンター】中山卓也
■日立 世界ふしぎ発見!|TBSテレビ https://www.tbs.co.jp/f-hakken/

出世より趣味を選んだ藤原京家の始祖・麻呂の子孫(JBpress)

2020/08/01 06:01
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

春日で出土、209点紹介 須玖タカウタ遺跡など きょうから「市指定化記念展」 /福岡

2020/08/01 05:47
 春日市の須玖(すぐ)岡本遺跡坂本地区と須玖タカウタ遺跡から出土し、市指定文化財になった遺物209点を紹介する「市指定化記念展」が1日、奴国の丘歴史資料館(春日市岡本)で始まる。31日まで。
 坂本地区では弥生時代後期の石製鋳型や坩堝(るつぼ)などの青銅器生産関連遺物が多数出土し、奴国の官営工房ともいわれる。タカウタ遺跡からは最古級の青銅器生産関連遺物がまとまって見つかり、九州ではほとんど例…

8月1日から全面オープン 小野・堀井城跡ふれあい公園

2020/08/01 05:30
 室町時代の平城「堀井城」の跡地を活用した兵庫県小野市河合西町の「堀井城跡ふれあい公園」で1日から、芝生のグラウンドゴルフコースの利用が始まり、全面的な開園となる。4月に一部が利用可能となっていた。
 地元自治会の要望を受け、市が約3億3200万円で約1万5千平方メートルを整備。園内には400メートルの外堀園路と330メートルの城内園路があり、ウオーキングやジョギングにも活用できる。
 4月1日には土の多目的広場(2080平方メートル)で、グラウンドゴルフ8ホールの利用が始まっていた。天然芝の8ホールとともに無料で使うことができる。天然芝のコースは傾斜やカーブがあり、愛好家好みの設計となっている。
 予約は原則的に不要だが、20人以上の場合は小野八ケ池自然公園管理事務所(河合中町)に申請書を利用日の7日前までに提出する。受付開始日は、市内在住者が利用を希望する日の前月1日からで、市外在住者は利用希望日の前月15日から。利用時間は午前8時~正午と午後1~5時の2区分がある。
 無休だが、芝生のコースは養生のため日曜日は使えない。同事務所TEL0794・66・5550
(笠原次郎)

台風19号の砂アートに

2020/08/01 05:00
 堀田さんは東京芸術大大学院を修了後、昨年9月に東御市に移住。協力隊員として活動を始めて約1か月後に台風19号を経験した。市内は千曲川の支流が増水し、7か所の橋が崩落するなどした。400世帯以上が一時断水した。堀田さんも避難所に身を寄せ、不安な夜を過ごした。堀田さんは7年ほど前から砂像を制作し、協力隊の業務として市民講座も開いており、「作品として残すことで復興を応援できるのではないか」と思ったという。
 昨年12月から制作に着手。今年4月、市役所北御牧庁舎近くの駐車場に堆積(たいせき)した土砂約30トンを使用し、馬を優しく抱き寄せる女神(高さ、奥行き、幅いずれも2メートル40)を完成させた。同市の北御牧地区が奈良~平安時代にかけて朝廷に献上する馬の産地だったことに着想を得た。
 7月15~24日には、疫病を封じると信じられた妖怪「アマビエ」の砂像を制作し、市中央公民館入り口など市内4か所に設置した。いずれも高さ約70センチで、1体あたり約180キロの土砂を使った。20日には、しなの鉄道田中駅で作業を始め、2日間をかけ作品を完成させた。アマビエには帽子をかぶせ、駅名の入ったパネルを持たせている。
 堀田さんは「台風被害の象徴である土砂が復興への象徴になるだけではなく、コロナ禍の収束を願う希望にもなってくれるとうれしい」と願っている。