秋ナス嫁に食わすな の真意とは? 栄養はある? 旬…|小さな町から発信 持続可能なまちづくり SDGs を…|縄文遺跡群 イコモス現地調査|他

小さな町から発信 持続可能なまちづくり「SDGs」を通じて“豊かさ”を育む【岩手発】(FNNプライムオンライン)

2020/09/13 19:01
小さな町から発信 持続可能なまちづくり「SDGs」を通じて“豊かさ”を育む【岩手発】(FNNプライムオンライン)  Yahoo!ニュース

「縄文遺跡群」イコモス現地調査

2020/09/13 18:54
ユネスコの世界文化遺産への登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の1つ、伊達市の北黄金貝塚にユネスコの諮問機関「イコモス」の専門家が訪れ、現地調査を行いました。
「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、北海道と青森、秋田、岩手の東北3県に点在するあわせて17の遺跡で構成され、世界文化遺産の国内候補地として来年の登録を目指しています。
この遺跡群の1つである伊達市の北黄金貝塚に、13日、世界遺産にふさわしいかどうかを評価するユネスコの諮問機関イコモスからオーストラリア人の専門家が訪れました。
北黄金貝塚はおよそ6000年から5000年前の縄文時代前期の遺跡で、貝類をはじめオットセイやクジラの骨、さらには埋葬された人骨も見つかり、墓地としての性格を持っていたことも示しています。
専門家は、自治体の担当者から説明を受け、メモを取ったり写真を撮ったりしながら、30分ほどかけて遺跡を見て回りました。
調査は遺跡群すべてを対象に今月4日から始まり15日までに終了する予定で、イコモスは調査結果を踏まえ来年には世界遺産にふさわしいかどうかの勧告を行う見通しです。

型崩れしにくい!見る角度で玉虫のように色が変わる近江屋の博多織「霞」キャップ

2020/09/13 18:42
[近江屋]博多織「霞」キャップ型崩れしにくいしっかりした仕上がりを見せる。内側にサライオリジナルの証、らくだマークが付く。
 博多織(福岡県)は、経糸に太い緯糸を打ち込んで作る絹織物。その起源は13世紀にまで遡る歴史のある織物だ。そんな博多織でサライオリジナルのキャップを作った。6面でつながれた本体とツバは、見る角度で玉虫のように色を変える。絹織物の帽子ゆえと和風になるかと思いきや、これまで見たこともない色と質感を湛える品に仕上げている。
「色の変化が楽しいね!」
 帽子好きのサライ世代に加えていただきたい、当店のみのまたとない逸品である。
本体は6面で構成、見る角度により、それぞれの面の色合いが微妙に違う表情を見せる凝った作り。サイズ調整ベルトが付く。
高級絹織物として知られる博多織。鎌倉時代に宋へ渡った博多商人が、現地で習得した織物の技法が起源。国の伝統的工芸品に指定。
[『サライ』×近江屋(日本)]
博多織「霞」キャップ 17,600円初回限定 50
適応サイズは55~61cm前後。シルク(本体)、ポリエステル(裏地)。ツバの長さ約7cm。日本製。洗濯不可。
■関連情報はこちら
文/DIME編集部