北海道と北東北の縄文遺跡群 岩手県一戸町の御所野遺…|北黄金貝塚で縄文人の生活学ぶ|劇場アニメ 銀魂 THE FINAL の入場者プレゼ…|他

「北海道と北東北の縄文遺跡群」岩手県一戸町の御所野遺跡でイコモス現地調査

2020/09/15 21:23
来年の世界遺産登録を目指す「北海道と北東北の縄文遺跡群」。15日、ユネスコの諮問機関・イコモスの調査員が、一戸町の御所野遺跡の現地調査を行った。
(吉岡伸剛記者)「多くの報道陣の注目を集める中、イコモスの調査員が、関係自治体、そして文化庁の担当者の説明を受けながら調査を行っています。」
北海道と北東北3県は計17遺跡で構成する縄文遺跡群を来年、世界遺産に登録することを目指している。ユネスコの諮問機関・イコモスの調査員は4日から各地の遺跡を回り、最終日の15日、御所野遺跡の調査を行った。調査は30~100人の専門家の意見を聞いて「価値」を調べるものと、現地で「保全状態」などを視察する調査がある。御所野遺跡を訪れたオーストラリア国籍の調査員は、縄文時代中期の暮らしぶりが分かる遺跡内で、唯一復元されていない集団墓地「配石遺構」の説明を、文化庁や関係自治体の職員から受け、保全状態などを確認した。御所野縄文博物館と地域が一体となって保全活動を行ってきただけに期待も大きくなっている。
♪御所野縄文博物館・高田和徳館長「世界遺産登録されたことが地域に波及し、その地域が元気になることを町民の皆さんは期待している」
例年通りであれば、イコモスが来年5月頃、世界遺産にふさわしいかをユネスコに勧告し、夏の世界遺産委員会で登録の可否が決まる。しかし、ことし夏に予……

北黄金貝塚で縄文人の生活学ぶ

2020/09/15 19:23
胆振の伊達市にある縄文時代の遺跡、北黄金貝塚を地元の小学生たちが授業で訪れ、縄文人の生活を学びました。
伊達市の北黄金貝塚は、噴火湾に面したおよそ6000年から5000年前の縄文時代前期の遺跡で、世界文化遺産の登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の一つです。
この地域の歴史を学ぼうと、地元の小中一貫校、大滝徳舜瞥学校の5年生3人が宿泊学習のため北黄金貝塚を訪れました。
子どもたちは学芸員による説明を受けながら貝塚を見学し、ハマグリやカキといった貝類のほか、人のお墓も見つかっていることから、墓地としての性格を持っていたことを学びました。
この後、子どもたちは縄文人の生活習慣を学ぼうと、黒曜石のナイフづくりを体験しました。
黒曜石の塊を扱いやすい大きさに砕いたあと、シカの角を使って刃の部分を鋭く削っていきます。
そして仕上げたナイフで笹を切って、切れ味を確かめていました。
子どもたちは「かたくて難しかったけれど、きれいにできてうれしかったです。昔の人の知恵はすごいなと思いました」と話していました。

劇場アニメ「銀魂 THE FINAL」の入場者プレゼントを決める名エピソード総選挙スタート

2020/09/15 19:00
劇場アニメ「銀魂 THE FINAL」の入場者プレゼントを決める名エピソード総選挙スタート 2020年9月15日 19:00
アニメ版「銀魂」全エピソード367話と劇場版2作から77話を厳選(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
[映画.com ニュース] 2021年1月8日公開の劇場アニメ「銀魂 THE FINAL」の入場者プレゼントの絵柄を決める、投票企画「アニメ銀魂 名エピソード総選挙」がスタートした。
同企画では、アニメ版「銀魂」全エピソード367話と劇場版2作から77話を厳選。ファンからの投票で選ばれた上位25エピソードの名場面が「フィルム風シール」になり、「銀魂 THE FINAL」の入場者プレゼントとして配布される。なお、このほかにも異なる入場者プレゼントの配布が予定されている。
開催期間中は特設ページ(https://wwws.warnerbros.co.jp/gintamamovie/scene_vote/)から毎日1回の投票が可能で、結果は「銀魂 THE FINAL」公開77日前の10月23日に発表予定。すべての始まりとなったテレビアニメ第1話「てめーらァァァ!! それでも銀魂ついてんのかァァァ!(前編)」や、実写ドラマでも同じシーンが描かれた第153話「寝る子は育つ」、衝撃的な最終回をむかえた第367話「悪役にもやっ……

正倉院展、今年は10月24日から コロナ禍で入場制限

2020/09/15 18:20
窓夕暮れのとしまえんで見た景色四半世紀前の記憶をたどった。レトロな明かりに照らされた、あの一画は残っていた。
考 次期政権の課題改憲「私の手で」 露骨だった首相主導進まぬ憲法改正議論にしびれを切らした首相。憲法記念日に出したメッセージがあだになりました。
T JAPAN連載 新・東京ホテル物語Vol.62せきねきょうこが選ぶ東京のホテル。今回は、温かな“もてなし”の真髄を極める「山の上ホテル」
アエラスタイルマガジン大丸松坂屋グループが考える百貨店とは大丸松坂屋百貨店が行う社会貢献活動「Think LOCAL」とはなにか?百貨店の新たな役割とは?
アエラスタイルマガジンCLUBMANが彩る大人の男の休日俳優・演出家の岸谷五朗が、MINI CLUBMANをモチーフに二つのショートストーリーを綴る。
三浦春馬さんドラマ開始アミューズ、中傷対策強化へ小林聡美、2年振りの舞台キキ&ララ45周年コロナ禍、変わる入試芦名さん「相棒」出演予定

広島で「熊野バーチャル筆まつり」開催へ 「筆まつり」はコロナで中止

2020/09/15 18:07
 新型コロナウイルスの影響で主要イベントが中止となった「第86回筆まつり」に代わる「熊野バーチャル筆まつり」が9月22日~27日、オンライン上で開催される。
 江戸時代から伝わる筆の生産を産業の中心として栄えてきた広島県安芸郡熊野町では、書道筆や画筆、化粧筆をはじめとするさまざまな筆がそろう。筆の生産量は国内シェア80%を占める「筆の都」で、例年、秋分の日に「筆まつり」を開催してきたが、今年は新型コロナウイルスの影響で開催を断念した。