ノスタルジックな秋の味覚 秋刀魚の匂いに誘われて|ネットの時代に 分厚い東京ガイドブック が売れている…|ポツンと一軒家 あのポツンと一軒家は今 北海道…|他

ノスタルジックな秋の味覚、秋刀魚の匂いに誘われて。

2020/09/27 17:00
現代日本の食文化の基本が形作られたといわれるのが江戸時代。季節ごとの食材や行事と結びついた江戸の食文化や料理について知れば、食事の時間がもっと楽しく、幸せなひとときになる。連載「今宵もグルマンド」をはじめ、多くのグルメ記事を執筆するフードライターの森脇慶子が、奥深い江戸の食の世界をナビゲート。今回のテーマは「秋刀魚(さんま)」。日本人が愛してやまない秋刀魚が、もとは食用と見なされていなかった理由とは?
江戸っ子の好みに合わない“猫またぎの魚”だったけれど……。「さんま、さんま さんま苦いか塩つぱいか」とは、詩人佐藤春夫の「秋刀魚の歌」の一節。この詩にも描かれているように、秋刀魚は日本人にとって、どこか郷愁を感じさせる秋の味覚。庶民の味として親しまれてきた。だが、ここ数年の不漁続きで値段が年々高騰。今年7月の初競りでは、北海道の市場でなんと1キロ約40,000円で取り引きされたとか。鮮魚店での売り価格は一尾約6,000円。すっかり鯛も顔負けの高価な魚になってしまった秋刀魚だが、昔は食用と見なされていなかったようだ。江戸時代になって、ようやく人の口に入るようになるが、それでも鰯と並ぶ下魚扱い。猫またぎの魚だった。
秋刀魚漁の様子。北海道・根室にて。
それが証拠に、江戸時代の料理本にその名を見かけることはほとんどない。当時の料理本の多くが料理人向けに……

ネットの時代に「分厚い東京ガイドブック」が売れている理由(FRIDAY)

2020/09/27 13:02
ネットの時代に「分厚い東京ガイドブック」が売れている理由(FRIDAY)  Yahoo!ニュース

<ポツンと一軒家>「あのポツンと一軒家は今」 北海道で1万匹のコイを飼育する男性、東京で林業を受け継ぐ男性は?(MA…

2020/09/27 12:15
<ポツンと一軒家>「あのポツンと一軒家は今」 北海道で1万匹のコイを飼育する男性、東京で林業を受け継ぐ男性は?(MANTANWEB) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

皆川博子の幻の長編、待望の文庫化! 江戸時代に魂を削って名作を生み出した天才絵師の心震える生き様『写楽』

2020/09/27 12:01
 本書『写楽』は、第二の系統に属する作品と言えるだろう。初刊本の「あとがき」にあるように、もともとは劇場用映画の脚本として依頼されたものを、著者が改めて小説化した、という成り立ちを持っている。いわゆるノベライズではなく、シナリオ版と小説版が互いに独立した双子のような関係なのだ。
 そもそも脚本を書く作家自体が少ないので、こうした特殊な作例は、ほとんど聞いたことがない。連続テレビドラマ「スパイキャッチャーJ3」のためのシナリオをベースに都筑道夫が大人向けに連載したスパイ小説『暗殺教程』が、わずかに思い浮かぶ程度だ。
 ちなみに、あとがきに(シナリオを)書いたことは一度もなかった、とあるのは映画の脚本に限った話で、実際には児童劇の脚本をいくつか手がけている。確認できた限りでは、最初の単行本『海と十字架』の刊行に先駆けて、一九七二年一月に「風の王子とツンドラ魔女」(劇団新児童)が朝日生命ホールで上演されている。これは同劇団のシナリオコンテストに投じて入選したもの。
 九一年一月には「妖精パックの冒険」(劇団新児童こども劇場)が、やはり朝日生命ホールで上演されており、こちらは依頼を受けて執筆したものだろう。九二年に映画「写楽」のシナリオを引き受けたのは、これらの経験あってのことと思われる。それにしても、『みだら英泉』を読んで、この人はシナリオが書ける、……

ピカソをも魅了 江戸の“ゆるキャラ”「大津絵」とは?

2020/09/27 12:00
 江戸時代、旅人相手に土産物として売られ、庶民に親しまれてきた大津絵。ユーモラスな姿は、江戸時代の妖怪、アマビエもびっくりする“ゆるキャラ”ぶり。20世紀を代表するスペインの巨匠、パブロ・ピカソ(1881~1973年)も所有していたというから驚きだ。いま東京・丸の内の東京ステーションギャラリーで大規模な展覧会が開かれ、鑑賞者を楽しませている。(文化部 渋沢和彦)
一番人気は「鬼の念仏」
 大津絵は江戸時代初期から東海道で栄えた大津周辺で土産物として旅人を中心に売られていた。力を抜いたのびのびとした線で簡潔に描写。熟練した絵師によって、大量生産された。人気キャラクターは鬼で、「鬼の念仏」は代表的な画題。僧衣をまとった鬼が、念仏を唱えて歩く姿を描いた。まん丸の大きな目を持つ赤ら顔。怖そうだがどこかユーモラス。壁に貼ったりしておくと、子供の夜泣きがなくなると信じられた。
 大津絵は素朴さが魅力で、絵柄はわかりやすく明快。「猫と鼠」は、ネズミがネコに勧められ酒を飲む酒盛りのシーンがコミカルに表現され、屈託がない。これと同じ構図のものをピカソが所有していた。入手経緯はわかっていないが、日本美術の研究者で大津絵に詳しいフランス国立極東学院のクリストフ・マルケ学院長によると、「壁に飾るために額装し、最後まで手元に大切に置いていた」という。天才をも惹きつけた魅……