東京メトロ 銀座線各駅をリニューアル 日本橋・外苑前…|東福寺に安置された巨大な手 その持ち主の数奇な運命|塩尻の旧中村家住宅 中川の坂戸橋 重要文化財に 文化…|他

Contents

東京メトロ、銀座線各駅をリニューアル 日本橋・外苑前など5駅

2020/10/17 10:44
東京地下鉄(東京メトロ)は、銀座線の5駅をリニューアルした。
2012年から進行中の銀座線の全線リニューアルプロジェクトの一環。東京メトロは同路線の全19駅について、エリアごとにデザインコンセプトを行い、改装を進めている。これまでに神田、末広町、上野広小路、上野、稲荷町、田原町、浅草の7駅の改装が完了しており、今般、日本橋、京橋、銀座、青山一丁目、外苑前について、多機能トイレやエレベーターなどのバリアフリー設備やホームドア整備を含めたリニューアルを実施した。
日本橋駅のデザインコンセプトは「橋の街」。江戸時代から続く日本橋の歴史を伝え、にぎわいと活気が感じられる空間を演出した。ホーム壁面のアーチや壁天井の木調の仕上げが、かつての江戸の日本橋を表現している。
京橋駅のデザインコンセプトは「時のギャラリー」。歴史的建造物や美術骨董品のギャラリーが残る近代的な街、歴史と近代が共生する街のイメージを表現した。京橋は東京における「ガス灯発祥の地」とされていることから、駅の柱の照明はガス灯をイメージ。温もりのある落ち着いた空間を演出する。
銀座駅のデザインコンセプトは「憧れの街」。上品さ、優雅さ、高級感を表現するため、明るさや洗練さを併せ持った空間を演出している。銀座線のホーム側壁には一面に古き良き銀座の町並みを描き、電車を待ちながら銀座の歴史を感じ……

東福寺に安置された巨大な手 その持ち主の数奇な運命

2020/10/17 10:00
 藤原俊成・定家を祖とする和歌の家、冷泉家(れいぜいけ)。その蔵に長年しまわれていた人形が、コロナ禍の今年、特別公開される。
 足まである長い髪も、顔も、身にまとった装束も赤いこの人形。「猩々(しょうじょう)人形」という。猩々とは中国の想像上の動物で大の酒好き。日本では能の演目として知られ、人形は酒を酌み交わし、舞を舞う姿で表される。その赤ずくめの姿から疱瘡(ほうそう)(天然痘)よけの人形とされてきた。
 冷泉家に伝わる江戸時代後期のこの人形の箱書きにも、家督を継ぐ子どもが疱瘡を患った際、枕元に12日間置くと重症にならないと記されており、蔵に大切にしまわれてきた。(10月31日~11月3日)=京都市上京区(久保智祥)

塩尻の旧中村家住宅、中川の坂戸橋 重要文化財に 文化審議会答申

2020/10/17 09:03
 文化審議会は16日、旧中山道の宿場町「奈良井宿」(塩尻市)にある旧中村家住宅と、天竜川に架かる上伊那郡中川村の坂戸橋の2件を重要文化財に指定するよう萩生田光一文部科学相に答申した。近く指定される。県内の重要文化財は190件目(国宝10件含む)。
 旧中村家住宅は、江戸時代後期から明治期にかけ、くし問屋を営んだ中村利兵衛が建築。1837(天保8)年の大火で焼失し、現存する住宅は43(天保14)年ごろに建て直された。
 2階部分がせり出した「出梁(だしばり)造り」、1階の格子状の戸「蔀(しとみ)」など奈良井宿特有の構造が特徴。改修されているが、大部分が建築当初の状態で残る点や、宿場町の生業の様子を示す点が貴重―と評価された。
 坂戸橋は、1932(昭和7)年に完成した。鉄筋コンクリート造のアーチ橋で、長さ78メートル、幅5・5メートル。アーチの長さは70メートルで、戦前の道路橋として現存する中で最大となる。
 部材をなめらかな曲面で接合した丁寧な造りで、当時の技術的な到達度を示す建造物として評価された。
(10月17日)

江戸後期の望遠鏡、製作道具・部品を大量発見 科学者・国友一貫斎の試行錯誤うかがえ

2020/10/17 09:00
 滋賀県長浜市は16日、同市国友町出身で江戸時代後期に活躍した科学者で鉄砲鍛冶の国友一貫斎(1778~1840年)が、反射望遠鏡の製作時に加工途中だったレンズ止め、レンズの研磨台、砥石(といし)の製作 ...

【10月17日付編集日記】ランキング:編集日記:福島民友新聞社 みんゆうNet

2020/10/17 08:42
 日本人がランク付けを好むようになったのは、ここ最近のことではない。江戸時代には相撲の番付表のように、さまざまな事柄に順位を付けた1枚刷りの「見立番付」が各地で発行され、庶民に親しまれた
 ▼料理店や山海の産物、名所や温泉地など、大関を最高位に順位付けを楽しんできた。「一つの価値判断を伴う情報伝達の方法。遊び心を背景にしたものが多数を占める」。棚倉町出身の歴史学者、青木美智男さんが「番付で読む江戸時代」(柏書房)で解説している
 ▼民間シンクタンクが都道府県の魅力度ランキングを発表した。1位は12年連続で北海道、7年連続で最下位の茨城は情報発信を強化し、42位に上昇した。本県は33位で順位を八つ下げた
 ▼インターネットで約3万人から認知度、観光や居住への意欲など84項目を調査し、点数化した。最下位は隣県の栃木だったが、「魅力を測るための適切な指標なのか疑問を感じた」と語った知事の気持ちは分かる
 ▼ちなみに江戸時代にも都市番付があり、名古屋や熊本、福岡、仙台などが上位に入ることが多かった。都市の魅力は、実際に住んで分かることがある。ランキングを楽しむ人の遊び心に響くような、魅力を見つけよう。

仏像から金色のミニ不動明王

2020/10/17 08:37
ホームNYニュースニュース記事IN THE STREETdailyphotoWorldUSニュースWorldニュースPick upNYニュース Worldニュース USニュース JPニュース Pick UpPICK UP plus コラムトランプ大統領のつぶやき山田順の「週刊 未来地図」大石育子のうつわに恋して飯島真由美 弁護士 Legal CafeJayシェフ もう一度ニッポン〜20年ぶりの日本の生活〜Dr.高田洋平 FuncPhysioの気になる体のはなし弁護士スティーブン・エプステインの知ってて安心! 法律指南Tax Specialist羽山 徹の税金をはじめとしたお金の話あれこれUchida Ryuji Rebirth Room 〜キレイのヒミツ、教えます〜紀伊國屋書店 NY本店プレゼンツ“もう読んだ?”売れ筋BOOKランキング偏愛的劇場論ニューヨークにっぽん人もようアーカイブGulliver USA 車の豆知識Dr. 石谷三佳 なるほど!ザ・カイロDr.ロバートコレス Dr.Bobのグッド・ヘルス・グッド・ライフZoni ニューヨーカーになるための英会話サプリDr.クララ・リー Dr.リーのデンタル日記Be Fluent NYC"もっとFluentに話そう!"英会話ワンポイ……

4灯台、現役初の重文に 千葉・銚子、山口・下関、北九州 明治初期建設

2020/10/17 08:13
 国の文化審議会は16日、疫病退散を祈願する祇園信仰の総本社である八坂神社(京都市)の本殿を国宝に、犬吠埼(いぬぼうさき)灯台(千葉県銚子市)など16件を重要文化財に指定するよう萩生田光一文部科学相に答申した。近く指定される。現在も使われている灯台を重要文化財に指定するのは初めて。建造物の重要文化財は2523件(うち国宝228件)となる。
 八坂神社は平安時代に造られたとされ、現在の本殿は火災で焼失後の1654年に建立された。両側面と背面にひさしがあるのが特徴。建物としての価値に加え、祇園祭を担…

最古の日本地図など寄贈 福山市出身・守屋さん、歴史博に資料1350点 /広島

2020/10/17 07:45
 福山市出身で元メリルリンチ日本証券会長の守屋寿(ひさし)さん(79)=東京都=が収集した古地図や古文書などの資料1350点が、県立歴史博物館(福山市西町2)に寄贈された。室町時代初期の14世紀中ごろに描かれたとみられる最古の日本地図「日本扶桑国之図」などを含み、同館は「質、量ともに国内最大級のコレクション」と評価。記念の企画展を11月20日~12月6日開き、主要な資料を紹介する。
 守屋さんは海外勤務していた40代半ばから、古地図の収集を始めた。2014~19年にかけてコレクションのうち1226点を寄託の形で同館に預け、特別展などで公開されてきた。20年6月ごろ、寄贈の意向が守屋さんから伝えられ、これまでの寄託分に追加資料124点を加えた計1350点の寄贈契約が10月1日に結ばれた。

嵯峨谷の神踊り、後世に 大阪芸大生ら撮影 橋本 /和歌山

2020/10/17 07:43
 橋本市高野口町嵯峨谷地区で大阪芸術大の学生ら約10人が11日、地域に伝わる県無形民俗文化財「嵯峨谷の神踊(こおど)り」の様子を撮影した。総務省に採択された地域活性化プロジェクト「過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業」の一環。
 この日は、地域住民ら10人が、地元の若宮八幡宮で嵯峨谷の神踊りを奉納した。室町…

やまと人模様:生駒市文化財保護審議会長・今木義法さん(87) 地元の歴史、もっと知って /奈良

2020/10/17 07:40
 「さまざまな講座の講師や調査の仕事が次々とあって、『朝起きて、今日何しようか』と考えることがない。それが健康の秘訣(ひけつ)でしょうか」。9月18日、生駒ふるさとミュージアムの「生駒の歴史と文化入門講座」で1時間半、話をした後、疲れを感じさせることなく穏やかな笑顔を見せた。
 新興住宅地のイメージが強い生駒市で、伝承されてきた風俗や習慣、伝統を丹念に聞き取る活動を続ける。その成果は、2019年12月に発足40年を迎えた生駒民俗会の記念誌や市教委の調査報告書などで発表してきた。民俗会の活動について「例会を欠かしたことがない。我ながらよくやってきたなあと思います」と振り返…

女性配偶者をなんて呼ぶ? 「妻」以外の知られざる意味をチコちゃんが紹介

2020/10/17 07:40
■妻以外には別の意味が「嫁」は、「自分の息子の妻」を指すのだという。鎌倉時代に息子と結婚した「良い娘」から「よいめ」、「よめ」と変化していった。
「女房」は、平安時代に身分の高い人々が、使用人の女性を家に住まわせていることが多かった。使用人の「女」が住んでいる部屋「房」をあわせて女房と呼ぶように。使用人の女性という言葉である女房は妻とは少し意味合いが違うといってもいいだろう。
■「奥さん」「カミさん」「家内」室町時代には、身分の高い男性の妻を「奥方」と呼んでいた。それが変化し奥さんとなったが、奥さんという言葉は使用人が使う言葉であるため、パートナーの呼び方としては不適切であるとした。
「カミさん」は「神」「上」からきている言葉であり、パートナーと対等な関係を築くという現代社会では、やはり不適切ではないかと指摘。明治時代にできた呼び方である「家内」は、男性は外で仕事、女性は家の中で専業主婦として支えるという形がメジャーとなり生まれた。
全て女性のことを指すが、それぞれに意味が違う呼び方であるようだ。今では同じ意味で使われていることから使い分ける必要はないものの、豆知識として覚えておくといいかもしれない。
・合わせて読みたい→娘の夫に謎の嫌悪感 孫まで嫌いになり虐待加えた女が逃走
(文/しらべぇ編集部・Aomi)

わが町にも歴史あり・知られざる大阪:/540 東高野街道/36 /大阪

2020/10/17 07:35
 ◆東大阪市
 前回に引き続き、枚岡神社を山根真人祢宜(ねぎ)に案内していただく。
 巽参道を抜けると、ふたをされた井戸があり、「楠正行公縁(ゆかり)の井戸」と説明がある。ここは後ほど、じっくりと。
 その先に枚岡梅林があるはずだが、梅の木は1本もなく、大阪平野が見晴らせる。なんでも病気にかかって、2016年に500本の梅を全部切ったそうなのだ。「今年の冬から植樹して、再来年の春には花を見ることができます」とのこと。
 元はお寺があったが、明治になって廃寺となった跡に、氏子でもあった地元有志が土地を寄付し、梅を植えた。1881(明治14)年、近郷の豪農60人によって拡大・整備され、梅見の名所となった。「昔は、春事(はるごと)といって、農繁期前の4月に梅林に集まってお酒を飲んだりする習慣があったんです。農業の行事の一つだったんですが」と山根さん。

「蒙古襲来」や「秀吉の大返し」を科学的に解明した 『日本史サイエンス』

2020/10/17 07:01
 出たばかりの本だが、ネットで高評価が並んでいる。『日本史サイエンス』(講談社ブルーバックス)。日本史にはさまざまな謎があるが、「蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和」の真相について科学の目で迫り、実はこうだったのではないかと解き明かしている。理系のブルーバックスだが、歴史ファンにとっても見逃せない一冊だ。
船に関わり続ける 「蒙古襲来」は「元寇」とも呼ばれ、1回目は1274年の「文永の役」、二回目は1281年の「弘安の役」として知られる。かつては、「神風」が吹いて、蒙古軍が撤退したといわれていた。戦前の日本では、最後は「神風」が吹く先例として語られ、国民を鼓舞する材料になっていた。
 本当に「神風」が吹いたのか――。近年、歴史家の間でも検証が続いている。BOOKウォッチで紹介済みの『蒙古襲来と神風』(中公新書)も定説に疑問を提起、そもそも文永の襲来では嵐が来ていないこと、弘安の襲来ではたしかに嵐は吹いたが、合戦はその後も続き、相手が劣勢になったから撤退したと見ていた。
 本書も同じく、合戦で「神風」が吹いたのではない、という説だ。さらにその理由を科学の目で検証しているところが新しい。
 著者の播田安弘さんは1941年生まれ。父は造船所経営、母の実家は江戸時代から続く船大工の棟梁。三井造船(当時)に入社し、大型船から特殊船までの基本計画を担当……

普段は非公開の展示品一堂に 相模川流域の仏像50体 県立歴史博物館 /神奈川

2020/10/17 06:58
 県立歴史博物館(横浜市中区)で、特別展「相模川流域のみほとけ」(同博物館主催、毎日新聞横浜支局など後援)が開かれている。相模川流域に所在する約30の寺から集めた約50体の仏像などを展示している。
 流域は古くから他地域との交流が盛んだった。学芸員の神野祐太さんによると、平塚市では、奈良県などで出土した奈良時代のものと同じ銅鏡が見つかり、当時から中央政府とのつながりが強かったと考えられるという。
 その後の時代も、船を使った山梨県などとの交流で、有力者や寺が集まった。鎌倉時代に源頼朝が既存の寺を重宝したこともあり、現在まで多くの寺や仏像が保存されてきた。

平塚の武将、創作落語に 立川志遊さんと地元有志 /神奈川

2020/10/17 06:58
 平安時代末期の平塚の武将、真田与一をテーマにした創作落語「源平盛衰記外伝 石橋山の合戦相模武士の誉 真田与一編」が完成した。落語家の立川志遊さん(53)が、地域で落語会を開催する「湘南百番落語会」や地元で真田与一にまつわる遺跡の発掘や調査をする「真田与一の郷づくり協議会」と協力して台本を作成した。
 石橋山の合戦は平家物語の異本「源平盛衰記」の中にあり、源頼朝と真田与一らが平家の軍勢と戦い真田与一は討ち死にする。ご当地落語を作ろう…

ドローン開発にアクセルを踏む「韓国政府」 ブレーキをかける「国民」の恥ずかしい低モラル(デイリー新潮)

2020/10/17 06:00
ドローン開発にアクセルを踏む「韓国政府」 ブレーキをかける「国民」の恥ずかしい低モラル(デイリー新潮)  Yahoo!ニュース

新たに16件の重要文化財指定へ

2020/10/17 06:00
 国の文化審議会は16日、疫病退散を祈願する祇園信仰の総本社である「八坂神社本殿」(京都市)を国宝に、関門海峡をにらむ丘に立つ明治初期建設の「部埼(へさき)灯台」(北九州市門司区)、筑豊の炭鉱王と呼ばれた伊藤伝右衛門の豪邸「旧伊藤家住宅」(福岡県飯塚市)、日本初の海峡横断橋として知られる「西海橋」(長崎県佐世保市、西海市)など建造物16件を新たに重要文化財に指定するよう萩生田光一文部科学相に答申した。近く指定される。建造物の国宝・重要文化財は2523件(うち国宝228件)となる。
 八坂神社は平安時代に造られたとされ、現在の本殿は1654年に建立。江戸期の建築ながら平安時代の様式を持ち、疫病退散を願う中世の祇園信仰を伝える建築物として知られる。
 部埼灯台は「日本の灯台の父」と呼ばれる英国人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンの指導で建設され、1872年に初点灯。高さ10メートルの石造灯台で、歴史的価値が評価された。
 旧伊藤家住宅は明治後期に建設が始まり、昭和初期まで増改築が重ねられた。書院座敷や洋風の重厚な応接室などが目を引き、優れた意匠の和風住宅として文化的価値が認められた。
 西海橋は佐世保市と西海市を結ぶ全長316メートルのアーチ橋。1955年に完成し、高い技術力を誇る日本の長大橋建設の出発点となった。戦後の土木施設として初の指……

新鮮新選 見過ごされてきた日常 切実だった江戸の「性」

2020/10/17 05:14
 江戸時代と「性」という取り合わせはさほど珍しいものとは感じられないかもしれない。絢爛(けんらん)豪華な装いの吉原の花魁(おいらん)道中をはじめとして、江戸の世は「色」にまつわる話題には事欠かないからだ。だが、こうした「色ごと」の要素が強調...

市川猿之助、昔なら早替わりは『半沢』の登場人物「江戸時代ならやっていたでしょうね」

2020/10/17 05:00
 歌舞伎俳優、市川猿之助(44)が16日、東京都内で行われた歌舞伎座11月公演「吉例顔見世大歌舞伎」(11月1~26日)の取材会に出席した。
 第1部「蜘蛛の絲宿直噺(くものいとおよづめばなし)」で五役を演じる猿之助は「早替わりの先陣を切るならウチかな」とお家芸に気合。
 続けて「本当に客を入れようと思ったら早替わりは伊佐山、大和田、渡真利、中野渡頭取…。絶対入る。スーパー歌舞伎にしてね。江戸時代ならやっていたでしょうね」と自身が伊佐山部長役で出演した大ヒットドラマ「半沢直樹」の登場人物にからめ、笑わせた。

京都 八坂神社が国宝に指定へ

2020/10/17 00:42
「祇園祭」でも有名な京都市の八坂神社の本殿が国宝に指定されることになった。「八坂神社」は、疫病退散を祈願する祇園信仰の総本社として知られ、本殿は、江戸時代に四代将軍・徳川家綱によって建立された。国宝への指定をめぐっては、平安時代の建築法と
室町時代のまつり方が受け継がれ、祇園祭を担う人々によって維持されてきたことに、深い文化的意義が認められると評価された。今年は新型コロナウイルスの感染拡大で、祇園祭のハイライトである
山鉾巡行が中止となるなど異例の夏となったが、京都の地元には、喜ばしい知らせとなった。

点をつないで歴史を紐解き一本の線へ 『剱岳 線の記』

2020/10/17 00:01
 
新田次郎は『劒岳 点の記』を創作した。次いで、髙橋大輔はその延長線上にある、立山の古代山岳信仰にまで言及した。それが本書だ。
探検家の視線は、剱岳山頂に聖の残した錫杖頭、および鉄剣の二つの遺物に注目し、その来歴を検証しようとする。そのアプローチは多岐にわたり、それを十章にまとめている。
第一章では剱岳の初登頂者は誰か、目的は何かと疑問を投げかける。かつて、それを提起したのは佐伯邦夫。佐伯は平成11年12月10日に県立図書館で講演した。演題は『剱岳に登った人々』である。講演要旨に「五つの謎」が載る。①これらを遺したのは何時代のいかなる人物か ②錫杖と槍の穂は同一人によるものか別人のものか ③別人とすれば同時代人か異時代人か ④何故これらの品物を遺したのか ⑤遺したのではなくて風雨の変によって遭難死したものか(富山県郷土史会「郷土の文化」第25号)である。しかし、著者はそれ以上に剱岳へ至るルートにこだわりをもち、詳述される。
第二章では、二つの遺物の置かれていた位置、剱岳の絶頂とはどこかを検証し、それを「謎のZ地点」と呼称する。富山県埋蔵文化財センターが平成26年度に行なった「立山・黒部山岳遺跡調査」では、遺物の置かれていた位置を推定し、その地点を頂上の竪穴状岩屋の北面右隅としている。著者は剱岳絶頂の大岩が盤座であり、そこが錫杖等と鉄剣を……