Ghost of Tsushima のコンセプトア…|秋のお月見と 月見団子|香川 地名 ケンミン性 樺川(=香東川)は良い香り…|他

Contents

『Ghost of Tsushima』のコンセプトアートを一挙公開! キャラクター、風景、建造物など、サッカーパンチ…

2020/10/28 17:55
※本記事は英語版PlayStation®.Blogの日本語翻訳記事です。
こんにちは、サッカーパンチ・プロダクションズでリードコンセプトアーティストを務めているイアン・ジュン・ウェイ・チュウです。本日は『Ghost of Tsushima』に開発当初から携わった私が、本作のコンセプトアートとその制作についてご紹介します。
『Ghost of Tsushima』は鎌倉時代の日本を舞台としているため、アメリカのシアトルにスタジオを構える私たちにとって、制作にあたり多くの課題もありましたが、同時に新たなビジュアルデザインを探求する、大変興味深い機会になりました。
本作の物語の主なインスピレーションの源は、蒙古襲来(いわゆる「元寇」)のうち、1274年に起こった「文永の役」です。主人公の境井仁は戦に敗れるも生き残り、故郷を守るために絶望的な状況に立ち向かっていきます。このあらすじがプレイヤーの体験する物語の核であり、スタジオの全員にとっての制作の指針となりました。制作にあたって、私たちはまず、鎌倉時代、日本文化、古い時代劇の映画、対馬への侵攻について、できるだけ多くの研究やコンテンツに触れることから始め、それがキャラクター、衣装、風景、建築などの最終的なデザインに繋がりました。収集した資料の多くは博物館の展示品や、対馬と日本本土で取材したスタジオのチー……

秋のお月見と、月見団子。

2020/10/28 17:30
現代日本の食文化の基本が形作られたといわれるのが江戸時代。季節ごとの食材や行事と結びついた江戸の食文化や料理について知れば、食事の時間がもっと楽しく、幸せなひとときになる。連載「今宵もグルマンド」をはじめ、多くのグルメ記事を執筆するフードライターの森脇慶子が、奥深い江戸の食の世界をナビゲート。今回のテーマは「月見団子」。お月見に団子を飾るようになった時期や、江戸っ子が愛でた十三夜など、月見団子にまつわるあれこれを紹介します。
雅な貴族の風習が、江戸時代に庶民にも浸透。秋の風物詩のひとつ“お月見”。俗に言う“十五夜“こと中秋の名月は、旧暦の8月15日の夜に出るお月様のこと。旧暦では7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋と呼び、その仲秋の真ん中の15日が中秋。現在の暦では、毎年9月7日〜10月8日の間が中秋で、今年の十五夜は9月7日。ちなみに来年は9月21日で、このように日付は毎年変わるため、うっかりしていると見逃してしまいそうだ。
月見団子を飾るようになったのは、江戸時代中期以降という。©GYRO PHOTOGRAPHY/a.collection/amanaimages
このお月見の風習が中国から日本に伝わったのは平安時代。貞観の頃というから、およそ1200年近くも前のこと。中国では唐の時代に始まったといわれている。当時は、もっぱら貴族社会のみで催さ……

【香川「地名」ケンミン性】樺川(=香東川)は良い香りをたたえて流れる川から由来《47都道府県「地名の謎」》

2020/10/28 17:30
■何度も変遷のあった讃岐国
豊作を祈願して行われる、江戸時代から続く小豆島の伝統行事「虫送り」。提供/香川観光協会" />
《香川県の由来》
良い香りをたたえて流れる川 江戸時代後期に記された『全讃史』によると、昔、香川の奥山に「樺川(かばかわ)」というところがあった。
 その地にはたくさんの「樺の木」が生えていたため、そこから流れる川の水は、樺の良い香りをたたえながら流れていたという。
 ここから「香川」という呼び名が広まり、地名になったとされる。
 またこの川は、現在も香川県中部を流れている「香東川(こうとうがわ)」とされており、川の名前から地名が生まれたとも。
 現在の香川県が成立したのは明治13年(1880年)である。
《地名の由来》◉坂出(さかいで)坂を出た先には村が 江戸時代、赤穂の藩政に耐えかねて、当地に移住してくる人が多かった。 
 これを見た隣村の人が「坂(田尾坂)を出るといつの間にか所々に家が建ち、村ができている」と驚き伝えたことから、「坂出」になったという。
◉紫雲出山(しうでやま)玉手箱から出た紫の煙 浦島太郎伝説にちなんだ地名。玉手箱を開けたところ、立ち上る白煙が紫色の雲になって山にたなびいたことから、名づけられた。 
 近隣には、乙姫から送られた宝物を積んだことに由来し……

【石仏は語る】在家尼僧による生前供養 加古川黒岩磨崖十三仏 兵庫・高砂

2020/10/28 17:00
 日笠山東側に「黒岩さん」と称される磨崖仏(まがいぶつ)があります。伝承では、遍照山時光寺の開基である時光坊が文永10(1273)年に堂宇を建てて阿弥陀如来を祀(まつ)り、百日座禅を組んで、刻んだといういわれがあります。しかし、実際は在家尼僧らが逆修(ぎゃくしゅ)供養(生前供養)のために刻んだものと思われます。
 山麓の天川に面した住吉神社の石段南面に、黒岩とよばれる巨岩壁があり、自然に露出した岩壁に仏像が刻まれます。その一面を、幅約180センチ、高さ約67センチの長方形に彫りくぼめて上下二段として、判読しがたい像容があります。
 下段は右から、不動明王▽釈迦如来▽文殊菩薩▽普賢菩薩▽地蔵菩薩▽弥勒菩薩▽薬師如来▽観音菩薩-という八仏を刻んでいます。いずれも蓮華(れんげ)座上にあり、不動明王の火焔光背(かえんこうはい)以外は、すべて円光背を負っています。
 また、上段には蓮華座上に円光背の勢至菩薩、阿弥陀如来、阿しゅく如来。そして求聞持(ぐもんじ)の法をとる虚空蔵(こくうぞう)菩薩は、その像容の右手に焔火(ほむらび)の生ずる剣を持っているようです。次の蓮華座上に円光背を負う大日如来は、智拳印(ちけんいん)を結んでいるようで、この五仏が並んでいます。
 これら上下十三仏は半肉彫りで刻まれ、像高はいずれも約22~30センチの坐像です。十三仏は……

江戸時代の宿場の雰囲気を楽しむ信州小諸の宿「粂屋」が“古くて新しい旅”の各種プラン提案開始

2020/10/28 16:10
小諸市市町の旧北国街道沿いにたつ「粂屋(くめや)」は令和元年(2019年)7月、小諸宿・旧脇本陣の建物をリノベーションし、宿やカフェを備えた宿として新たに生まれ変わりました。脇本陣は本陣に次ぐ格式のある宿舎で、参勤交代の際、大名や家臣が宿泊し、また一般向けの旅籠(はたご)としても大いに賑わいました。粂屋はそうした江戸時代の宿場の雰囲気をそのままに、オープンして1ヶ月半で67組、173名の宿泊を記録。「粂屋を小諸観光の起爆剤に」という期待を受け、上々の船出を果たしましたが、今年に入り世界的に感染拡大したコロナ禍のなかで、他の宿と同様にインバウンドの失速や首都圏などからの旅行者の減少に大きな打撃を受けました。
そこで小諸観光を活性化させるべく、地域とともに各種プランを企画し提供を開始しました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/232238/LL_img_232238_1.jpg
「粂屋」正面玄関
「粂屋」公式サイト: https://www.kumeya.com/
【脇本陣の宿 粂屋】
江戸後期の建築とみられる旧脇本陣。木造2階建て延487m2。切り妻造りの屋根や出梁(だしばり)造り、渡り廊下で繋がる離座敷や漆喰塗りの土蔵、中庭、裏庭など、往時を偲ばせる設えを極力残し改装。客間は5部……

人気のスクラッチアートや塗り絵の新作、続々登場!『ホラグチカヨの花とどうぶつたちの楽園』『粋な浮世絵』『枕草子』発売

2020/10/28 15:16
人気のスクラッチアートや塗り絵の新作、続々登場!『ホラグチカヨの花とどうぶつたちの楽園』『粋な浮世絵』『枕草子』発売  時事通信

【アート・ウォッチング】人々を導く聖なる雲鹿 名和晃平の個展「Oracle」

2020/10/28 14:00
作品が大集合
 明治神宮(東京都渋谷区)本殿へ通じる南神門をいま、金銀2つの鳳凰(ほうおう)が飾っている。彫刻家、名和晃平の「Ho/Oh」(11月3日まで展示)。京都の仏師らとの協働により制作した木彫漆箔仕上げの作品で、明治神宮の鎮座100年を記念し特別展示されている。
 この他にも、神宮の杜の内外でいま、名和の作品を堪能できる。一つは、境内の「明治神宮ミュージアム」前に置かれた神秘の鹿「White Deer」(12月13日まで)。もう一つが、表参道のGYRE GALLERY(ジャイル ギャラリー)で開催中の個展「Oracle」(オラクル=信託などの意)だ。
「物質に振り付けをする」
 今回の個展では、代表作の一つ「PixCell」から新しい試みまで、9シリーズが一堂に集合。すべて今年の新作で、互いに響き合う構成になっている。「海外渡航が難しくなり、スタジオで過ごす時間が増えれば増えるほど、実験や新しい試みに注力できた」と名和は振り返る。
 人の感覚に訴える彼の作品は、ペインティング一つとっても複雑で一筋縄ではいかない。「Black Field」は一見、黒一色のミニマリスム絵画のようだが、日々変化を伴う作品という。油絵具と特殊な油を混ぜることで、空気に触れた部分から酸化と硬化が進行、シワやひび割れがあらわになってゆく。
 まる……

「承和昌宝」を発掘

2020/10/28 13:46
山口県山口市は、「周防鋳銭司跡」の発掘調査で見つかった貨幣の一部が、平安時代の「承和昌宝」とわかったと発表した。
今回、発見された「承和昌宝」は外側にごつごつとした出っ張りが確認できる。これは鋳型の隙間に溶けた銅が入り、余分に固まったもの鋳バリとよばれるもので、つまり完成品では無く、鋳造に失敗した「鋳損じ銭」という。「承和昌宝」の鋳損じ銭が見つかったのは全国で初めて。2018年度に山口大学と山口市が協働で行った第4次発掘調査でみつかり、ことし7月、X線とCT撮影で「承和昌宝」でとわかった。平安時代に設置された官営の銭貨鋳造所「周防鋳銭司」では8種類の貨幣が作られたとされていて、今回の発見は2種類目となる。また、敷地内では大型の建物の跡も発見されていて、貨幣を造っていた工房以外にも倉庫や宿舎があった可能性が高まったという。市では来月1日に一般も参加できる現地説明会を行うほか、承和昌宝の特別展示を鋳銭司郷土館で行うことにしている。

お餅の新しい形態「深絞りフィルム」でやわらかさ長持ち 新しい生活様式を取り入れた和菓子「匠壽庵 白姫餅」を11月1日…

2020/10/28 13:08
株式会社 叶 匠寿庵(かのうしょうじゅあん 本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:芝田 冬樹)は、深絞りフィルムから出してすぐに食べられる衛生面に配慮したパッケージで、いつでも出来たてのやわらかさを楽しめる「匠壽庵 白姫餅/しょうじゅあん しらひめもち」を11月1日(日)よりジェイアール名古屋タカシマヤで先行販売し、11月12日(木)より、叶 匠壽庵 全店で販売します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/232138/LL_img_232138_1.jpg
匠壽庵 白姫餅 イメージ
■器に盛り付けない「コロナ禍に生まれた和菓子」開発の経緯
「和菓子にも新しい生活様式を」という想いから、緊急事態宣言中の2020年4月から開発は始まりました。これまで当社は、器や懐紙に盛り付けることを前提とした和菓子を販売してきましたが、衛生面に配慮しつつ出来たてのお餅を楽しんでいただくことをコンセプトに、一般的に和菓子では使用しない「深絞りフィルム」を採用。手を汚すことなく食べることができ、在宅ワークのお供やご自宅でのおやつタイムにも気軽に手を伸ばしていただける餅菓子を開発いたしました。やわらかな羽二重餅にあっさりと炊き上げた北海道産小豆を包み、蓬は滋賀県伊吹山のものを使用しています。
■地元 滋賀大津の伝承……

「レキシルとくしま」で古代体験 弥生時代の技術で銅鐸作り

2020/10/28 13:03
 鋳造のため、溶解炉の中の合金温度が1100度以上になる。鋳造を体験した田川睦珠さん(中学1年)は「思ったより重くなかった。やかんを注ぐようにできた。けど、穴から漏れないか失敗しないか心配だった」と振り返った。
 参加者は、鋳型の温度が下がると型から作品を取り出し、余分な部分を切り落とし、やすりやペーパーで周囲を磨き仕上げる作業を行った。自分の作品の出来上がりを見ていた、小松島市から参加した夫婦は「銅鐸体験で好奇心がかき立てられた。図工の授業のようで楽しかった。帰宅してどのように飾るか楽しみ」とほほ笑む。
 徳島県埋蔵文化財センター専務理事の湯浅俊彦さんは「毎年10月末には古代体験まつりを開いているが、今年はコロナ禍で3密を避けられないため断念した。現在の名工である小泉さんに協力いただきイベントを開いた」と話す。
 鋳造実演として小泉さんは、徳島県で出土した安都真銅鐸をモデルに高さ約25センチ、厚みが1.8ミリの銅鐸と長岡京で出土した和同開珎を製作した。実演で作った2点は、製作技術などの情報を知ってもらうため研磨などをして完成させず鋳造したままで展示する。イベント終了後、「皆さまに楽しんでいただけてうれしい」と小泉さん。
 開館時間は9時30分~17時。入館無料。月曜・祝日と年末年始は休館。

デジタルネイティブ世代が独自の目線で長野市の人気観光スポットの魅力を発掘「Go To 長野市 デジタル世代のススメ」…

2020/10/28 13:00
 長野市は、四季折々に色彩を変える街なみや豊かな自然を誇り、歴史や文化を身近に感じられる観光スポットが人気で、新幹線や高速道路による首都圏、中京、関西方面からのアクセスの良さから、毎年約1,000 万人の観光客が訪れます。
 このたび、Go To トラベル事業で幅広い世代で旅行・観光が注目されるなかで、長年親しんで来訪していただいている方だけでなく、新しく訪ねてくださる若者世代の皆様にも長野市の魅力を知っていただけるように 「Go To 長野市 デジタル世代のススメ」プロジェクトがスタートいたしました。
 本プロジェクトでは、デジタルネイティブ世代と呼ばれ様々な流行を発信する若者世代から人気を集める複数のゲストに協力していただき、若者独自の視点で長野市の人気観光スポットの魅力を発信します。
 プロジェクトの第一弾は、人気YouTuberの関根りささんが、創建約1400年の歴史を持ち年間約600万人の人々が参拝する長野の人気スポット「善光寺」を訪問します。
 善光寺は、長野県を代表する観光名所であり、さまざまなご利益があることでも知られています。
「開運スポット」としても名高い善光寺は、近年、神社やお寺を参拝し御朱印を集める「御朱印女子」たちの間でも人気の地となっています。また、善光寺には39の宿坊があり、宿泊しながら写経や座禅体験を……

田中優子の江戸から見ると:菊の節句

2020/10/28 12:26
 今年は10月25日が旧暦の9月9日で重陽の節句、つまり菊の節句の日であった。しかし、この重陽の節句は、3月3日、5月5日、7月7日に比べ、忘れられている。
 菊は奈良時代の日本にはなかった。平安時代に中国から薬用として輸入されたことがわかっている。中世で広まっていったが、なんと言っても盛んに栽培されたのは江戸時代に入ってからだ。17世紀末には250種の菊が栽培されていて、コンテストが大好きな江戸人はさっそく「菊合わせ」という品評会を始めた。これは全国に広がり、現在でも数々の菊花展として続いている。
 菊は家紋としても使われた。中世では武士階級が、明治以降は天皇家が家紋に使っている。ところでヨーロッパの紋章には動物が多いが、日本の家紋の35%ほどが植物紋だ。27%ほどが笠(かさ)、扇、帆などの道具類、17%ほどが文字や幾何学紋、鳥を含めた動物紋は14%ほどだ。そして7%ほどが月や星など天文地理関係である。それらが極めてシンプルに抽象化されている。家紋のデザイン感覚は日本独特のもので、簡素で美し…

浜松城の古絵図見つかる

2020/10/28 12:22
これまで知られているより50年近く古い江戸時代初頭の「遠州浜松城図」が発見され、浜松市博物館で一般公開されている。この絵図は、浜松市が進めている浜松城公園歴史ゾーン整備事業で、城の古い写真や図面等の提供を市民に呼び掛けた処、寄贈の申し出があったものだ。大きさは縦63cm、横69cmで美濃和紙に岩絵の具で江戸時代初頭の浜松城の姿が描かれている。これまでの浜松城絵図には無かった、こけら葺建物が瓦葺建物と描き分けられている。この「遠州浜松城図」は来月29日まで浜松市博物館で一般公開されている。

弘前で企画展「災害を読み解く」 疫病流行の紹介も

2020/10/28 12:14
 テーマ別に資料を展示し、噴火コーナーでは岩木山の噴火を取り上げ、飢饉コーナーでは津軽エリアの供養塔の場所を記した地図や拓本を同展のために用意した。疫病流行コーナーでは、江戸時代に2回あった天然痘などの疫病が流行した資料を公開する。澁谷さんは「準備中に新型コロナウイルスの感染拡大があり、当時の厳しい様子がより分かった」と話す。
 ロビーでは大正・昭和時代に起きた災害を紹介するパネルを設置。1975(昭和50)年に発生した岩木山百沢土石流災害を取り上げたほか、大正時代の富田の大火や昭和時代の岩木川の氾濫も紹介する。
 澁谷さんは「館内は撮影自由。感染症対策をしっかりとしてお越しいただければ」と来場を呼び掛ける。
 開館時間は9時30分~16時30分。観覧料は、一般=300円、高校・大学=150円、小中学校=100円。第3月曜休館。12月20日まで。

11月号 「百太夫」にちなみ 西宮に夢を

2020/10/28 12:06
室町時代、西宮神社の北側、散所村(現在の産所町)には、「傀儡子(くぐつし)」と呼ばれる人形遣いが多く住んでいました。彼らの操り人形が淡路に伝わって人形浄瑠璃に、さらに大阪の文楽に発展したことから、西宮は「人形操り発祥の地」であると言われています。
今回は、そんな歴史のある阪神西宮駅周辺を、芸能・芸術・文化の拠点にしようという壮大なプロジェクトのお話です。想像を膨らませながらお聴きください。

【「祖先」のルーツ】名字の8割は「地名」に由来! 自分の名字は❶地名❷地形❸方位❹職業❺下に「藤」でわかる‼️《47…

2020/10/28 12:00
【「祖先」のルーツ】名字の8割は「地名」に由来! 自分の名字は❶地名❷地形❸方位❹職業❺下に「藤」でわかる‼️《47都道府県「地名の謎」》(BEST TIMES)  yahoo.co.jp