日本刀の魅力感じて 静岡市葵区にミニ美術館オープン|投資の技術よりも消費の感性を磨け(森本紀行)|なすは 油 で調理すると良い理由|他

Contents

「日本刀の魅力感じて」 静岡市葵区にミニ美術館オープン

2020/10/29 11:40
医療従事者らに吹奏楽のエール 静岡県外6高校、浜松商高OB発起人(2020/10/27 11:23)ミセス23人美の競演 静岡大会 小河さん(御殿場)ら全国へ(2020/10/26 09:40)井出ちよの ソロ新作は「高校生活のドキュメンタリー」(2020/10/25 10:03)風景画、秋の彩り 2展覧会開幕 曽宮一念の足跡たどる/静岡・駿府博物館 横山大観ら日本画並ぶ/浜松・平野美術館(2020/10/25 08:55)貴重な囲碁道具、都内で展示会 静岡県連合会名誉会長が出品(2020/10/24 09:40)広重、大観、ロダン… 沼津で県立美術館移動展(2020/10/23 16:00)30年来の夢かなう 浜松の朗読家・北島さん、絵本を出版(2020/10/23 09:50)狩野素川彰信の企画展、世界遺産センターで24日から 研究成果、初公開作並ぶ 富士宮(2020/10/22 20:48)集いの場、演奏でお祝い 「まちかど情報館」オープン 浜松・東区(2020/10/22 17:33)めぐるりアート2020開幕「現代美術 面白さ感じて」 静岡(2020/10/21 09:37)曽宮一念展 静岡・駿府博物館、24日に開幕(2020/10/20 10:30)歌声とピアノ聴衆魅了 静岡で日本製紙ニューウエーブコンサート(2020/10/19 10:20)新聞紙……

投資の技術よりも消費の感性を磨け(森本紀行)

2020/10/29 11:20
投資の技術よりも消費の感性を磨け(森本紀行) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

なすは「油」で調理すると良い理由

2020/10/29 11:10
夏野菜の代表格ともいえる、なす。煮る、焼く、揚げる、炒める等、いろいろな調理法があり、和洋中どんな料理にでも合う万能選手です。
今回は、なすの基本的なお話と栄養素、おすすめの食べ方などを解説します。
■なすの基本
なすの皮は鮮やかな紫色で、一見緑黄色野菜のように見えますが、実は淡色野菜の仲間です。
原産地はインドといわれ、日本でも奈良時代頃から食生活の中で使われてきました。
もともと熱帯性の植物なので暑さに強く、旬は7~9月ですが、近年ではハウス栽培によって一年中出回っています。
◇なすの種類
スーパーでよく見かけるのは中長なすですが、他にも日本各地では特徴のあるなすが栽培されています。大きな丸型をした京都の賀茂なすや、山形の小さな民田なす、アメリカの品種を改良した緑色のヘタを持つ米なすなどは有名です。
賀茂なすは煮物や田楽に、民田なすは漬物に、米なすは煮物や焼き物に向いています。
多くの品種は紫色をしていますが、緑色や白色の品種もあります。料理によってなすの種類を使い分けてみるのもまた面白いでしょう。
■なすに含まれる栄養素と効果
生のなす100g当たり(1本は約80g)の栄養成分を見てみましょう。
なすの90%以上は水分で、ビタミンやミネラルの含有量は比較的少ないですが、カリウムや食物繊……

開始6分で目標額を達成!貝殻とアートを融合した「螺鈿(らでん)アート」ブランドがクラウドファンディングに挑戦、目玉の…

2020/10/29 10:00
合同会社アクトウイング(本社:愛知県名古屋市、代表社員:荒木照子)が運営する、螺鈿アート雑貨ブランドPrint creative(プリントクリエイティブ)は、2020年10月8日(木)、ブランドとしては初のインテリア雑貨となる、置時計「アートクロック」の販売を、クリエイター活動の応援に特化した購入型クラウドファンディングサービスCreema SPRINGSにて開始しました。
▼ クラウドファンディングページ(Creema SPRINGS):https://www.creema-springs.jp/projects/printcreative
■奈良時代から続く装飾技法「螺鈿」を、身近なアイテムで現代のライフスタイルに
Print creativeは、貝殻とアートを融合した「螺鈿アート」というオリジナル技法で、雑貨やアクセサリーを制作するブランドです。螺鈿とは、奈良時代から伝わる日本の伝統技法。貝殻の内側の光沢部分を使用するのが特徴で、主に建築物、家具、食器などの装飾に用いられています。
螺鈿の持つ繊細な輝きを、より身近なアイテムを通じて楽しんでもらいたいという想いで誕生したのが、螺鈿アート。螺鈿細工に比べて簡易的な手法を用いることで、神秘的な光を気軽にライフスタイルに取り入れることを可能にします。
▼ 「Print creativ……

お茶の歴史、歩いて感じよう 31日、1日にシールラリー 藤枝・上伝馬商店街周辺

2020/10/29 09:28
野球でまちを元気に 11月に交流大会「ザ・島田シリーズ」 静岡県内外の社会人4チーム参加(2020/10/29 12:45)「天空の茶の間」で会議 静岡市長、茶業関係者と意見交換(2020/10/28 12:40)ビオトープ集まれ生き物 静大付属幼稚園、「おやじの会」が整備(2020/10/28 09:28)JA藤枝工場で季節の野菜販売 荒茶風緑茶の袋詰め商品も人気(2020/10/27 13:00)園児、大道芸にくぎ付け 芸人4人、静岡市内37園巡業へ(2020/10/27 10:38)地元食材使用のカレー発売 田子重と藤枝北高生が共同開発(2020/10/26 09:50)静商高生、医療従事者や商店応援でパレード 静岡駅北口中心街(2020/10/26 09:45)エスパルス金子、西沢選手に児童質問次々 静岡でオンライン交流(2020/10/25 16:30)刀剣10点輝き再び 静岡・久能山東照宮、3年がかりで修復(2020/10/25 09:07)「五和駅」93年間ありがとう 大井川鉄道が記念乗車券販売(2020/10/24 09:45)新展望テラスでお茶体験 島田・茶の都ミュージアム(2020/10/24 09:30)あいさつ、由比の自慢に 小中学生と園児が主導、静岡・清水区で運動出発式(2020/10/23 13:33)「輝く富士山」写真展 愛好家山下……

「信長期の石垣」裏付けへ 岐阜城で本年度調査始まる

2020/10/29 08:41
 岐阜市の金華山の山頂近くで岐阜城の発掘調査を進める市は28日、天守の土台(天守台)周辺と一ノ門で本年度の調査を始めた。昨年度の調査では、天守西側で戦国武将織田信長の時代に築かれた可能性がある石垣が見つかっており、本年度は石垣の調査範囲を広げてその裏付けを進める。
 一ノ門は江戸時代の絵図や記録に出てくる山頂付近の門で、現在は巨石や石垣が一部残る。山県市の大桑城の岩門も、巨石や石垣を使っている点で構造が似ており、今月から岩門の発掘調査を始めた同市と情報を共有しながら、岐阜城と大桑城の関連性にも迫りたい考えだ。
 天守台周辺の石垣調査は西側の約260平方メートルを予定。掘る範囲も昨年度の4倍以上の約22平方メートルになるとしている。石垣の積み方の特徴は、信長が入城する前の城主斎藤家の時代と違いがあることが分かっており、構造や築造時期を詳しく調べる。調査面積は一ノ門と合わせて計約440平方メートル。
 市は2018年度から山頂部で本格的な調査に入り、本年度は1月中旬までを予定。調査の様子はツイッターで随時紹介するほか、一ノ門の調査は登山道から見学できる。天守台周辺は場所が狭く危険なため、見学会は行わない。
 初日は作業員5人が天守台西側の雑草を取り除き、調査の準備をした。
 柴橋正直市長はこの日の会見で「岐阜城の本来の姿がどういうものか……

江戸時代の「日光社参」振り返る 企画展「宇都宮の宿場と街道」

2020/10/29 07:56
 市内には雀宮宿、宇都宮宿、徳次郎宿、白沢宿があり、昨年十二月には、雀宮宿の芦谷家仮本陣が市の認定建造物になった。仮本陣の模型も展示され、位の違いによって休む部屋の工夫も施されていた様子が分かる。仮本陣の役目を終えた後も、明治天皇の休憩の場所にもなっていたという。

下関で海峡の裏町文化塾 詐欺や公文書かいざん、そんたく… 「幕末の騙り」面白おかしく /山口

2020/10/29 07:54
 あまり知られていない地元の歴史や文化について語り合う「海峡の裏町文化塾」が、下関市中之町の亀山八幡宮儀式殿で開かれた。市立歴史博物館の古城春樹館長が「幕末の騙(かた)り」と題して講演し、約40人が聴き入った。【反田昌平】
 古城館長は、開国と攘夷(じょうい)で揺れる幕末、福原〓之助(りんのすけ)と名乗る男が幕府から派遣されたと告げて、長府藩士に西洋の兵学や医学を教授すると申し出た事実を紹介。男は徳山藩や九州の中津藩などでも大小銃の撃ち方やイオジウム(ヨウ素)の製造法などを伝授し、荒稼ぎしていた。しかし、男が幕府役人とい…

作り手の「もの・わざ・おもい」を 文化財、模造38点 来月15日まで 元興寺法輪館 /奈良

2020/10/29 07:52
 文化財の模造品38点を展示する元興寺文化財研究所の秋季特別展「もの・わざ・おもい―復元模造の世界―」が、奈良市の同寺法輪館で開かれている。11月15日まで。
 展示の目玉は、明治時代に東大寺大仏殿で見つかった奈良時代の「金鈿荘大刀(きんでんそうのたち)」(長さ約87センチ)の模造品。国宝「東大寺金堂鎮壇具(ちんだんぐ)」の一つで、製作開始から完成…

聖徳太子で観光振興 4市町など委員会旗揚げ /滋賀

2020/10/29 07:51
 聖徳太子没後1400年にあたる2022年に向け、東近江市、近江八幡市、日野町、竜王町が26日、観光キャンペーンを始動した。太郎坊宮参集殿(東近江市小脇町)に4市町、地元寺社、商工団体の代表が集まり、事業推進の委員会を旗揚げした。
 この日はまず、日野町のアマチュアバンド・シュガーヒルが「天子の雫(しずく)」と題したテーマソングを披露した。続いて元安土城考古博物館副館長の大沼芳幸さんが、県内にある聖…

学びたい子の夢を応援 市民団体と連携、無料の学習塾 川越の最明寺、困窮の小中学生に寺子屋 /埼玉

2020/10/29 07:47
 鎌倉時代に建立された川越市の古刹(こさつ)、最明寺に、無料の学習塾「寺子屋」が開かれ、経済的苦境にある家庭の子どもたちが学んでいる。副住職の千田明寛さん(32)が市民団体と連携。「新型コロナウイルスの影響で教育格差が広がった。勉強したくてもできない境遇の子が、夢をつかめるよう応援したい」と話す。
 仏教画が飾られた一室で8月末、中学生5人が国語や数学の問題集と格闘していた。ペンを持つ手が止まると、向かい合う講師が「問題文をよ…

<新型コロナ>「密」回避へ 商店街の底力 横浜・生麦で「まつり」 31日から

2020/10/29 07:40
 昨年十一月の第一回は商店街周辺を歩行者天国にし、地域の約三十店舗が路上にテントを立てて出店。訪れた客に主に食べ歩きを楽しんでもらった。今年は倍となる約六十店舗が参加するが、テントは出さず、各店舗が店内で対応。昨年は一日限りだったが、期間を七日間にして人出が集中しにくくする。

飛鳥京跡苑池 池のほぼ全容判明

2020/10/29 07:09
奈良県明日香村にある国内最古の本格的な庭園跡の発掘調査で、石を階段状に積み上げて造った中国などにはない形状の池の護岸などが新たに見つかり、専門家は「庭園文化がどのように日本風に変化したかを考える貴重な資料だ」と話しています。
明日香村の「飛鳥京跡苑池」は、1300年余り前の飛鳥時代に天皇の宮殿のそばに造られた国内最古の本格的な庭園の遺跡です。
県立橿原考古学研究所が庭園にあった池の発掘調査を進めた結果、最大50センチほどの石を7段から9段ほど階段状に積み上げた護岸が新たにおよそ20メートル分、見つかりました。
護岸は、これまでに見つかったものも含めると、池の周囲、およそ140メートルにわたり、池のほぼ全容が明らかになりました。
さらに池の内側は、中心に向かって緩やかに傾斜をつけるように土が盛られていることもわかったということです。
階段状の護岸は、当時の中国・朝鮮の庭園の池にはほとんどなく、池の中心にむかって傾斜をつける構造は、後の日本庭園にも通じるものがあるということで、飛鳥時代の歴史に詳しい東京学芸大学の木下正史名誉教授は、「海外から伝わった庭園文化がアレンジされていたことが伺え、庭園文化がどう日本風に変化したかを考える貴重な資料だ」と話しています。
今回の発掘現場は、今月31日、午前10時から一般公開されます。

今夜は十三夜。土曜日(31日)は46年ぶりのハロウィン満月。(森田正光)

2020/10/29 05:00
今夜は十三夜。土曜日(31日)は46年ぶりのハロウィン満月。(森田正光) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

如来像を特別開帳

2020/10/29 00:00
川口町の長楽寺
 川口町にある長楽寺で10月22日、薬師如来像の特別開帳が執り行われた。
 如来像はおよそ760年前、鎌倉時代中期の建立とされている。これまでおよそ75年間にわたり一般公開されてこなかったがこの夏、4日間のみ「ご開帳」した。
「共有良かった」
 今回は地元老人会による拝観イベントとして特別の開帳となった。八王子芸者衆による奉納の舞の披露もあり、参加者を喜ばせた。取りまとめた秋山勝男さん(上川町在住)は「地元以外からも参加いただき同じ思いを共有することができて良かった。ただ、三密を避けるため、すべての人を招くことができず申し訳ない部分もありました」と振り返った。貴重な機会とあって、市の関係者も様子を見守っていた。
 長楽寺の創建は1187年で市内最古の寺院と言われている。如来像は都の有形文化財に指定されている。

「GoTo伊豆」区民に好評? 「自然、温泉楽しめる」との声

2020/10/29 00:00
 国の観光業者支援策「GoToトラベル」が好評のようだ。国によると、事業が始まった7月から9月15日までの利用人泊数は少なくとも約1689万人。相模原でも同事業を活用し旅する人が増えているようで、その中の人気スポットの一つが伊豆。中央区から車で約3時間程度のこの観光地は新型コロナ禍の今、区民にとって「向かいやすい」スポットのようだ。

 中央区に伊豆ファンは少なくない――。

 その一人が昨年、上溝で天ぷら処を開いた望月真也さん。「お客さんに美味しい魚を食べてもらいたい」と自身で釣った魚を店で出すことにこだわっている望月さんにとって「伊豆の海」は「仕入れ先」の1つという。

 「主に西伊豆。半島の先端付近の下田や熱海の海に行く時もありますが、どの場所も、千葉県など他の『仕入れ先』よりも観光地だから華やか。豊かな自然に温泉も楽しめます」と望月さん。

 釣り後には、沼津市(静岡県)の香貫山を上り下りするロープウェイに乗車したり、春先に河津桜(同河津町)を見に立ち寄るなど、時間が許す限り伊豆を堪能しているのだという。「もちろん、当店でも伊豆の魚を楽しめます。天ぷらに入れても美味しいですが、刺身が一押しです」と望月さんは笑う。

 また、伊豆好きを公言するのが、区内に住む、鉄道模型の愛好会……

大岡地区センター 「写経で心を元気に」 弘明寺副住職招き、初講座

2020/10/29 00:00
 大岡健康プラザに入る大岡地区センターは新型コロナウイルスの影響で気持ちが沈みがちな人を元気付けようと、自主事業「写経の時間」を10月16日に開催した。同センターでの写経は初の取り組みで約50人が参加。講師は弘明寺観音の副住職・美松寛大さん=人物風土記で紹介=が担当。参加者は息を整え、心を清めながら一筆に思いを込めた。
 写経は般若心経などのお経を書き写すもの。奈良時代に僧侶の修行の一環として行われたことが起源とされているが、現在は日常生活におけるストレス軽減などを目的に行う人も多い。一人でもできることから、密を避けた開催形式が求められるコロナ禍に適しているとされる。
つながりを紡ぐ
 コロナ禍、同センターでもイベントが相次いで中止となった。8月には同じ建物に入る南スポーツセンターと大岡地域ケアプラザと合同で行う納涼会も中止となり、住民からは残念がる声が相次いだ。
 そんな中、大岡地区センターは「住民に楽しみを与えたい」と密を避けることができるイベントを模索。横浜市内最古の寺院で「弘明寺のランドマーク」として、住民から親しまれている弘明寺観音の美松副住職に講師を依頼し、開催が実現した。
 初心者が多かった同講座では、美松副住職が仏教の歴史や考え方、写経の意義や作法を一から解説。参加者は心を清め、集中力を高めながら「般若心経」の全文約……