ホテル日航新潟 安田瓦を器に使用した和洋コースを提…|知ってる? 判官贔屓 の言葉の由来と正しい使い方|高品質レザーを使ったミニ財布 理 kotowari …|他

知ってる?「判官贔屓」の言葉の由来と正しい使い方

2020/11/25 17:35
TVの実況解説などで『判官贔屓』という言葉が登場し「どういう意味だろう?」と疑問に感じた経験はありませんか?珍しい四字熟語ですが、意味を知っておくと、見識の幅が広がる言葉です。正しい意味で使えるように、基本的な意味や由来、使い方について学びましょう。
判官贔屓の意味と読み方判官贔屓を正しく使うためには、言葉の意味をきちんと知ることが大切です。判官贔屓の意味と読み方を紹介します。
読みは「ほうがんびいき」または「はんがんびいき」判官贔屓は『ほうがんびいき』または『はんがんびいき』と読みます。『判官』とだけ書く場合は『はんがん』が正しいですが、判官贔屓に限っては『ほうがんびいき』と読まれるケースが多いです。
その理由については、言葉の由来となった人物が大きく関係しています。語源とともに後述しますが、読み方としてはどちらも辞書に載っており、どちらかが正しい訳ではありません。
弱い方を応援することを指す判官贔屓は、『弱い方に同情すること』を意味する言葉で、『弱いものを応援したくなる気持ち』を表しているといわれます。例えば、優勝経験の多い強豪校と初出場の無名校が甲子園で対決した場合、後者の方を応援したくなるような気持ちです。
また、『弱いもの』だけでなく『薄幸な人』『不運な人』に対して、同情したり応援したりするときにも使われます。実際に何かし……

高品質レザーを使ったミニ財布「理 kotowari mini」が登場

2020/11/25 16:30
小さなお財布を持ち歩く人が増えてきた昨今、「小さは当たり前。使いやすいものを」というコンセプトで誕生したのが日本製のミニ財布「理 kotowari mini」。手のひらサイズの小さくて薄いお財布の中には、さまざまなこだわりが詰まっています。
Video: 革のある暮らし/YouTube今回は、machi-yaでクラウドファンディングを開始したばかりの「理 kotowari mini」の特長をまとめてご紹介していきます。
ビンテージ感を楽しめる「たつのレザー」を使用Image: 革のある暮らし鎌倉時代から皮革素材づくりが盛んな兵庫県南たつの市。有名ブランドにも使われる日本製のレザーの品質は、世界的にも評価されています。「理 kotowari mini」は、そんなたつのレザーを使用。
手に馴染む「植物タンニンなめし」の革で、使えば使うほど変化する味を楽しめます。まっす
また、革のもつ質感を重視した作りにこだわり、1点1点革の色合いが異なるため、世界に同じものは1つとしてありません。これもまた、革製のお財布を持つ楽しみではないでしょうか?
薄くて小さい。だけどよく入るImage: 革のある暮らし「理 kotowari mini」は、縦90mm×幅88mm×厚さ15mm。ジーンズのポケットにも入る比較的小さなサイズで、二つ折りのお財布。その……

聖徳太子はどう描かれたか 神戸と大阪の香雪美術館で特別展

2020/11/25 16:30
 数々の伝説に彩られた古代史のスーパースター的存在で、仏教興隆に努めた飛鳥時代の政治家・聖徳太子(574~622年)を題材にした仏教美術や史料を集めた特別展が、神戸と大阪で催されている。近年のいわゆる ...

【石仏は語る】重厚感ある鎌倉後期の遺品 都島神社の三重宝篋印塔 大阪

2020/11/25 16:00
 淀川は度々、洪水を引き起こし、旧東成郡毛馬(けま)村(大阪市都島区)周辺の村々でも、治水活動が行われてきました。平安時代後期に、後白河(ごしらかわ)法皇が当地へ行幸(ぎょうこう)した際に被災を哀れみ、当地に鎮守社を置き、鎮めるために永暦元(1160)年には十五神(じゅうごしん)社を祀(まつ)り、さらに仁安3(1168)年には、その北辺に生母待賢門院(たいけんもんいん)を祀るため、母恩寺(ぼおんじ)を建立しています。
 花崗岩(かこうがん)製の石造三重宝篋印塔(ほうきょういんとう)は戦後の旧状では、基礎部が地中に埋もれ、三石材の屋根と後補の相輪が積まれたままでした。創建当初の石材は笠部と基礎だけでしたが、鎌倉時代の石塔が持つ格別な重厚感は、十分に備えている遺品です。
 笠部の初重目、二重目の軒には二段、上二段を刻出します。やや粗削りながら、隅飾が軒口から一体となった古式な作りであり、反りの無い垂直に立った馬耳型は大きく、鎌倉時代の様式をよく伝えています。
 隅飾の内側は一弧で、装飾のない無地です。三重目の軒は下二段の造り出し、上六段を刻出しています。基礎部には上二段を刻出して当初の石材の高さ約39センチ、幅約69・5センチを測ります。二重目下の軸部、三重目の軸部は欠失しており、やや物足りない感じがする後補の石材です。

居心地のいい時間を演出するアイテム〜灯りと香り

2020/11/25 15:43
優しい光が演出する落ち着く時間明るすぎない・枕元に置ける・使い勝手が良い。そんな三拍子の揃った照明が欲しかったのですが、しっくりくるものがなく困っていました。そんな悩みを解決してくれたのがBALMUDAの「The Lantern」。バッテリー内蔵の充電式LEDランタンです。
操作方法はとても簡単でつまみを回すだけ。右に回すにつれて光源の色合いが暖色系から温白系に変化していきます。
個人的にとても魅力的だと感じたのは暖色系の状態のときあらわれるロウソクのような光のゆらぎ。ゆらゆらと揺れる柔らかな光が自然とリラックスできる雰囲気を演出してくれます。

田中優子の江戸から見ると:学びの時間

2020/11/25 12:45
 今年度は世界中の大学が授業をオンラインに切り替えざるを得なかった。学生たちはその状況をどう受け止めているのか。アンケート結果が出はじめ、次第に明らかになってきた。
 約6000人を対象にした、ある国立大学のアンケート結果に見えるのは、課題が多すぎることや友人と交流できないことに悩む一方、今後もオンライン授業を授業形態に取り入れてほしいと回答した学生が「大変そう思う」と「そう思う」で合計80%に上ったことである。理由の筆頭は通学時間が不要になったことだ。
 本学のアンケートでも、オンライン授業はデメリットがある一方、自分の時間配分で学習できたことなどメリットがあるとした回答は70%に上った。自由記述から見えてくるのは、教員や他の学生との間にコミュニケーションがとれている授業を肯定的に捉えていたこと。一方的で質問ができなかったり、フィードバックがなかったりした授業には否定的だった。

企画展「きらきらでん(螺鈿)」根津美術館で

2020/11/25 12:20
企画展「きらきらでん(螺鈿)」が、東京の根津美術館にて、2021年1月9日(土)から2月14日(日)まで開催される。なお、入場は日時指定予約制となる。
螺鈿の魅力を探る樹下人物螺鈿硯屏 1基 木胎漆塗 中国・元〜明時代 14〜15世紀 根津美術館蔵螺鈿とは、貝の輝く“真珠層”を文様の形に切り抜き、はめ込んだり貼り付けたりして装飾する技法である。貝を使った工芸品は世界各地にあるものの、アジア圏では漆工技法にも取り入れられ、階調をなす貝の輝きと漆の艶は古来より人びとを魅了してきた。
楼閣人物螺鈿卓 1基 木胎漆塗 中国・元時代 14世紀 根津美術館蔵企画展「きらきらでん(螺鈿)」では、根津美術館の所蔵品を中心に、螺鈿の歴史と技術を紹介。日本における螺鈿の受容と展開をたどりつつ、影響関係にあった中国大陸・朝鮮半島・琉球での作例もあわせて、緻密な螺鈿技術を概観する。
日本における螺鈿の受容と展開をたどる紫陽花蒔絵螺鈿文箱(部分) 1合 木胎漆塗 日本・江戸時代 18世紀 根津美術館蔵日本における螺鈿の歴史は、唐から高度な技術がもたらされた奈良時代に始まる。厚貝の技法が日本国内で発達するなか、元の時代の中国では薄貝の螺鈿へと技法が移り変わっていた。本展では、色鮮やかな薄貝螺鈿で仕上げられた中国の「楼閣人物螺鈿卓」や「樹下人物螺鈿硯屏」などを展示する。……

モデル・はな、奈良を満喫!

2020/11/25 12:05
旅好き・仏像好きで知られる、モデル・はなさんの連載「はなのたびたび旅日記」、略して「はなたび」。今回のはなたびは、9カ月ぶりに訪れた奈良の旅をご紹介します。
(文・写真・イラスト:はな)
奈良の宝物を拝みに日帰りでしたが、友達と秋の奈良を堪能してきました。
まずは、先日まで開催されていた「正倉院展」に向かいました。
毎年、楽しみにしている「正倉院展」。聖武天皇の時代、東大寺の境内に建立された正倉(宝庫)には約9000件もの宝物が収められていたと伝わります。今年で72回目を迎える展覧会では、コロナの影響もあってか「薬」が数多く展示されていました。奈良時代から残った薬の多くは植物や動物に由来しており、その中でもひときわ目立っていたのが、白い岩のように見える「五色龍歯(ごしきりゅうし)」。「龍の歯」と伝えられてきた薬ですが、実際は象の歯で、鎮静などの効果があったそうです。
薬以外にも武器や武具、きらびやかな装飾が施された箱や鏡、かわいらしい花模様がデザインされたフェルトの敷物が印象的でした。職人たちの技術が1200年以上経った今の時代でも輝き続ける……ロマンあふれる、素晴らしい展覧会でした。
おいしいものと鹿に癒やされる奈良を旅したのは11月上旬でしたが、紅葉も始まり、小鹿たちは落ち葉の上でのんびり。
さて、この日は興福寺に立……

【日本の美味探訪】心に残る神奈川県のご当地グルメ3選

2020/11/25 12:00
北から南まで全国47都道府県、日本には各土地の気候や文化に根付いたおいしいものがたくさんあります。この土地では何がおいしいの?ご自慢の郷土食は?旅に出たら、あなたの住んでいるエリアでは味わうことができない未知の美味を味わいたいですよね。あなたの旅がより楽しいものになるように、全国47都道府県各々のご当地グルメを3つセレクトしてみました。今回は神奈川県です。
横須賀ネイビーバーガー
神奈川県のおいしいものとは?
港町の風情を感じる横浜や古都鎌倉、湘南江ノ島など魅力的なエリアが人気の神奈川県。東京都に並ぶオシャレな感じに惹かれる人も多いですね。中華街の本格的な中華料理や横浜のベーカリー、海に面したエリアゆえ新鮮な海鮮や家系ラーメンなど個性的な食に恵まれています。
神奈川県のグルメはたくさんありますが、あなたがおさえておくべき美味とは。
三浦市
「まぐろ」全国有数の水揚げ量
全国有数のまぐろの水揚げ量を誇る三浦半島の三崎漁港。室町時代から漁業が始まった三崎では、昭和の初めにはまぐろ漁が活況を迎え、やがて「みさきまぐろ」として名を轟かせました。東京からは電車で約1時間とアクセスもよく、日帰りで気軽に出かけられます。
三浦市三崎はまぐろの町で、脂がたっぷりのったまぐろの大トロや中トロ、赤身の鮨や、ごはんが見えないほど切り身が……