造山古墳で埴輪列を初確認 岡山 全国4位の墳丘|若旦那の遺志継ぎコスプレ|オマツリジャパンの毎週祭日 57 上臈道中は満腹の…|他

若旦那の遺志継ぎコスプレ

2020/11/29 17:41
若旦那の遺志継ぎコスプレ  ロイター

【オマツリジャパンの毎週祭日 57】上臈道中は満腹の敬意 お祭りフォトライター・枝広光則

2020/11/29 17:00
「しものせき海峡まつり」先帝祭(山口県下関市) 毎年5月、山口県下関市で行われる「しものせき海峡まつり」に足を延ばしてみた。開催場所は、源平最後の戦いの場となった赤間関壇ノ浦前。武者行列、船合戦、弓合戦、先帝祭、巌流島決戦などのイベントがあるので、多くの人が訪れる。
 その中でも特に人気がある「先帝祭・上臈(じょうろう)道中」は、豪華絢爛(けんらん)な振袖を着た太夫たちが稚児らを伴って市内を練り歩き、赤間神宮へ参拝する姿を見ることができる。祭りの名前にある「先帝」とは、壇ノ浦の戦いで崩御した安徳天皇を指しており、祭りの会場となる赤間神宮には、安徳天皇が祭られている。
 壇ノ浦の戦いの際、安徳天皇と一緒に使えていた女官たちも入水したのだが、中には地元の方々に助けられた女官がいた。助けられた女官たちが毎年先帝の御命日に威儀を正して礼拝を続けたのが上臈道中の起源といわれる。地元の方々が女官たちの意思を継いで参拝を続け、平安時代に宮中で行われた「五節舞姫」の形に倣い、女官に警護、稚児、禿が道中を行う様子は西日本随一と称される。
 きらびやかな姿で、花魁道中かと思ったが、上臈道中という名称にはそういった歴史があったのだ。上臈道中を行う豪華な衣装を着けた太夫は5人で、振袖太夫、二番太夫から三番太夫、四番太夫と続き、最後の5番目の太夫は傘留太夫と呼ばれる。……

【古都の名水散策 第5回】和泉式部も愛した日本三景「天橋立」の名水「磯清水」を訪ねる

2020/11/29 15:00
和泉式部が愛し和歌にも詠んだ、歴史ロマン溢れる「磯清水」この「磯清水」、和泉式部が和歌にも詠んだことでも知られています。
和泉式部の夫である藤原保昌が、丹後守としてこの地に赴任してきており、夫に随行してこの地を訪れた式部は「磯清水(長寿の霊泉)」と出会ったのでしょう。自らの長寿を願い、健康飲料水のように日々愛飲していたのではないでしょうか? そうした経緯から、和歌にまで詠んだと考えることができます。
和泉式部は平安中期の歌人、西暦1,000年頃の人ですから、「磯清水」は、1,000年以上湧き出ている歴史ロマン溢れる水ということになります。
井戸は、往時の佇まいが感じられる小屋の中にあり、梁には滑車が付けられ釣瓶が設置されています。
しかし残念ながら、この釣瓶は現在使用することができません。今は、ポンプで汲み上げており、ペットボトルを用意しておけば持ち帰ることが可能です。
和泉式部が「磯清水」を詠んだ歌は、側に立つ由緒、解説板に以下の様に紹介されています。ここでは、その全文を記載しておきましょう。

「行基さん」近鉄奈良駅前に半世紀 実は初代の“生き写し”が2体…会いに行った

2020/11/29 15:00
 東大寺(奈良市)の大仏造立で知られる高僧・行基(668~749年)。地元では親しみを込めて「行基さん」と呼ばれ、行基像(高さ150センチ)が設置されている近鉄奈良駅前の広場は、住民や観光客にとって格好の待ち合わせスポットとなっている。この像、実は3代目で、しかも初代と同じ像が奈良県内にあと2カ所設置されているという。最初の設置から50年となる節目の今年、3人の行基さんに改めて会いに行ってみた。
 行基は奈良時代、布教の傍ら貧民救済に奔走し、各地に橋や道路を造るなど社会発展に尽力した。寺にこもる僧が一般的だった時代、活動は時に異端視されて弾圧を受けることもあったが、晩年には聖武天皇に大仏造立を任され、日本で初めて僧侶の最高位・大僧正の位を授けられた。
 近鉄奈良駅前に行基像が設置されたのは、駅前広場が完成した1970年のこと。奈良市によると、当時の市長だった故・鍵田忠三郎さんが「行基の精神を受け継ぎ、駅前のシンボルにしよう」と提案、広場の完成を記念して噴水の真ん中に設置した。
 像の制作を依頼されたのは、伝統工芸品・赤膚焼(あかはだやき)の窯…

【お歳暮】余計なものは使っていない 新潟の老舗味噌蔵がつくるフリーズドライ味噌汁

2020/11/29 14:16
【お歳暮】余計なものは使っていない 新潟の老舗味噌蔵がつくるフリーズドライ味噌汁  時事通信

<わたシガ名探偵!> 米原の松尾寺「飛行観音」の謎を追え!!

2020/11/29 13:58
 本尊は、いずれも高さ七・八センチの十一面観世音菩薩(ぼさつ)と聖観世音菩薩の二体で「空中飛行(くうじゅうひぎょう)観音」。一般に「飛行観音」と呼ばれている。秘仏のため、参拝者は江戸時代初期につくられたとされる、本尊そっくりの二体の御前立(おまえだち)の仏像を拝む。

小学6年の社会、神戸市立小では教える順番が違った 取材で見えた「深い事情」

2020/11/29 13:09
「政治」が目次で最初にある小学6年の教科書。手前は神戸市の副読本「しあわせ はこぼう」 Copyright(C) 2020 神戸新聞社 All Rights Reserved.
 「前の学校と社会の教え方の順番が違い、小6の子どもが取り残されました」。神戸市内の母親から、こんな声が神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」に寄せられた。小学校社会科は本年度から「歴史」の前に「政治」を学ぶよう変更されたが、2学期に転入した神戸市立小は従来通り歴史から学んでいるため、空白が生じた、という。取材すると「神戸ならではの深い事情」があった。(鈴木久仁子)
 神戸市の小6が使う「日本文教出版」の教科書。目次は、「わが国の政治のはたらき」「日本のあゆみ」-の順。確かに政治や選挙、憲法などについて学ぶ公民的分野が歴史よりも先だ。
 小学校では2020年度、新学習指導要領が始まった。若者の政治への関心が低いことを背景に、6年社会の学習順序は「政治→歴史→国際」となり、大半の教科書の構成が変わった。
 投稿を寄せてくれた母親は、兵庫県内の他市から神戸市に転入。前の学校でも同じ教科書を使っており、転校後もスムーズに授業に入れると思っていたところ、歴史の授業が進んでおりいきなり室町時代だった。教員に理由を尋ねたが、「事情はよく分から……

全国の消えた由緒ある伝統地名《47都道府県「地名の謎」》

2020/11/29 13:00
 日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
 地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
 読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・?
 日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
 ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️
■市町村の合併により失われた伝統地名 明治時代に行われた廃藩置県から始まった自治体の統廃合は市町村合併を推進する政府の方針を背景に近代までくり返された。そのたびに新しい地名が生まれる一方、歴史や伝統に彩られた由緒ある地名も消えてしまった。 
 以下の地名は自治体としては消滅したが、駅名や施設名には残っているものもある。

◉月夜野(つきよの)[群馬]:昇る月に感銘した平安の歌人にちなむ

<お湯と乳酸菌で洗う>「こんにゃくで出来た洗顔スポンジ」日本の伝統を繋ぎたい!:時事ドットコム

2020/11/29 12:16
<お湯と乳酸菌で洗う>「こんにゃくで出来た洗顔スポンジ」日本の伝統を繋ぎたい!:時事ドットコム  時事通信