巨大招き猫がお出迎え!愛知県の焼き物の町 常滑|文科省ダブスタ検定疑惑 教科書は大丈夫か 警備の…|美食と美酒のおもてなし!山形・赤湯温泉 御殿守 で贅…|他

Contents

巨大招き猫がお出迎え!愛知県の焼き物の町「常滑」

2021/01/13 11:51
登窯広場に隣接する登窯は1887年頃に築かれ、1974年まで使用されていました。現存する最大級の登窯です。高さの異なる10本の煙突が特徴で、1982年に国の重要有形民俗文化財に指定されました。登窯の周囲をぐるっと周ることができ、窯の中の様子も見学できます。
<登窯の基本情報>
住所:愛知県常滑市栄町6-208
アクセス:常滑駅から徒歩10分
お気に入りの焼き物や招き猫を探す旅!常滑ではポストの上にも招き猫がいたり、町の至る所に陶彫などの焼き物を見ることができます。陶芸家さんのギャラリーを覗きながら、ぜひ焼き物の町の散策を楽しんで下さいね。
2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
■関連MEMO
やきもの散歩道コース(一般社団法人とこなめ観光協会)
https://www.tokoname-kankou.net/contents/miru01-01.html

【文科省ダブスタ検定疑惑 教科書は大丈夫か】「警備の武士」はだめで「警備する武士」はOK…社で異なる対応 文科省は不…

2021/01/13 11:00
 文部科学省が、日本の学校で使う教科書について、事前に内容の審査を行っていることはよく知られている。「教科書検定」という。この検定で、ダブルスタンダートとしか思えない、審査が行われた疑惑がある。
 2019年度には、中学校で使用する教科書の検定が一斉に行われた。そのうち、私も執筆者として参加した「自由社」の歴史教科書が不合格になった。この検定で、他社と同様の表記・記述をしながら自由社は「×」を付けられ、他社は「◯」だったケースがいくつもあるのだ。
 「そんなバカな!」と、眉につばを付けた方は、以下の事例をとっくりとご覧いただきたい。
 【図1】(上)は、自由社が検定を受けるために文科省に提出した教科書(正式には「申請図書」と呼ぶ)の70ページに掲載されている図版である。
 「武士の台頭と院政」を学習するページに掲載された教材で、平安時代末期、院政を始めた白河上皇が、藤原氏の氏神を祀る春日大社に行幸(ご訪問)したときの様子を描いた絵である。
 「春日権現験記絵」という絵巻物の一部で、宮内庁三の丸尚蔵館に所蔵されている。真ん中の牛車に乗っているのが白河上皇で、貴族や武士がはべっている。キャプションは「春日大社に着いた白河上皇と、お供の貴族、警備の武士、僧兵たち」としている。

美食と美酒のおもてなし!山形・赤湯温泉「御殿守」で贅沢グルメ旅

2021/01/13 10:50
平安時代に発見された赤湯温泉。源義経ら戦いで傷ついた兵士がお湯に入ったところ、傷はたちまち治り、お湯が真っ赤に染まったことが赤湯温泉の名前の由来となったといわれています。上杉鷹山公もこよなく愛し、美肌の湯として知られていた赤湯温泉。御殿守は赤湯の源泉を今日まで380年余りの間、守ってきました。
御殿守には東湯と西湯、それぞれに露天風呂を含む6種類のお風呂が用意されています。毎朝男湯と女湯は入れ替わるので1泊だけでも、12種類のお風呂を体験できます。お湯は毎日入れ替え、衛生の管理も完璧!新鮮で清潔な温泉を存分に楽しみましょう。
注目のお風呂は東湯の重さ100トン余り、縦5メートル、横4メートル、高さ5メートルもの原石をくりぬいた大石風呂「竜神の湯」。日本一大きな石風呂です。また西湯には樹齢450年の青森ひばを使った丸太風呂や、消化器系によいとされる赤湯の飲泉を楽しめるお風呂などが用意されています。
歴史と伝統に育まれた美味の宿、上杉の御湯・御殿守御殿守の館内には戦国武将たちが身に着けた甲冑(かっちゅう:鎧やかぶと)のレプリカや、上杉家代々の公書があちこちに展示されています。また東北御巡幸で明治天皇が滞在された際の資料などもあり、まるで博物館のようです。
長い歴史に彩られる御殿守の380年の伝統を実感しつつ、山形の山……

矢田野エジリ古墳 埴輪の無料公開展 小松市埋文センター

2021/01/13 10:42
 同古墳は、一九八八(昭和六十三)年に発見され、古墳時代後期の前方後円墳とされる。古墳から出土した人物や馬をかたどった埴輪や円筒埴輪など計三十点を展示している。人物埴輪は、袈裟(けさ)を着て両手を合わせるみこや、馬の手綱を引く人、王冠をかぶった男性などが表現されている。北陸では同古墳以降三十年以上、人物埴輪の出土がなく「奇跡の発見」だという。

古代ロマンの窯造り、福山市神辺で歴史愛好家 古墳巡って土器焼こう

2021/01/13 10:22
へぇー! ほんと? なるほど、ほろり… 47都道府県の1万人の新聞記者が取材した、ホっとするニュース。津々浦々で日々おこっているびっくりするような話題や心温まるニュースなどを集約。

よみがえる幕末の長崎 長崎大で発見された古地図を複製

2021/01/13 09:30
 江戸時代末期の長崎の町並みを描いた10畳ほどの巨大古地図の複製が完成した。長崎大付属図書館経済学部分館(長崎市片淵4丁目)の書庫で、傷んだ状態の原本が見つかり、古文書の複製技術を持つ富士ゼロックス長崎が1年半がかりで複製を仕上げた。区画ごとの面積や石橋、井戸などが詳しく書き込まれ、長崎の当時の町並みをうかがうことができる史料だ。
 地図は縦3・5メートル、横4・5メートル。分館書庫で2017年5月に見つかったが、経年劣化のため破れたり塗料がはげたりしていた。そこで長大は富士ゼロックス長崎に複製を依頼。昨年6月に完成し、同12月にお披露目された。
 地図は1850年代のものとみられる。長崎市の中心部80町が4色に塗り分けられている。最大の特徴は、約60坪を一つの単位とした「箇所」の数が記載されていることだ。
 当時、対外貿易が盛んだった長崎には、貿易に携わった町人に対して「箇所銀・竈(かまど)銀」と呼ばれるボーナスを支払う独自の制度があった。ボーナスは箇所に応じて支払われていたため、給付のための資料として作られた可能性がある。
 地図は夏ごろにリニューアルオープン予定の図書館分館に展示し、一般公開される予定。地図を発見した宮脇英俊・学術情報部主査は「古い長崎に思いをはせ、現在との町並みの違いを楽しんでほしい」。分館長の南森茂太准教授(日本……

「徳次郎町」の読み方「とくじらまち」へ 住民が古い呼び名要望 栃木・宇都宮

2021/01/13 08:24
 宇都宮市は、同市北西部の徳次郎町(とくじろうまち)の読み方について、67年ぶりに「とくじらまち」に戻す。3月1日付。同市が町名の読み方を変えるのは初めてという。
 同市によると、1954年に徳次郎町地区を含む旧富屋村と同市が合併した際、読み方を「とくじろうまち」と決めた。しかし、地域では古くから「とくじら」と呼ばれているため、89年ごろから住民の間で「読み方を変更してほしい」という声が高まっていた。
 徳次郎町地区の7自治会が2020年4月に要望書を提出。受理した市は2回の審議会を経て、同年12月24日に告示した。今後、道路標識などの表記を改めるという。【渡辺佳奈子】
奈良時代が起源か  宇都宮市教育委員会文化課によると、徳次郎町の地名は、日光に勢力を持っていた久次良(くじら)氏の一族が、奈良時代末期の778年、日光山神社(日光二荒山神社)から千勝の森(現・智賀都(ちかつ)神社)にご神体を移し、日光の宗家・久次良氏に対して外久次良(とくじら)氏を称したことが起源と伝わっている。その後、宇都宮氏の家臣だった新田徳次郎が徳次郎城を築いたことから「徳次郎」の表記が広まったという。江戸時代には日光街道が整備され、徳次郎宿として栄えた。
 宇都宮市富屋地区市民センターの坂本智美所長(49)は「歴史的な背景があ……

【コロナと向き合う】今こそ日本人の創造力を問う「近代日本医学のふるさと」北里柴三郎記念館を訪ねて《荒井広幸のふるさと…

2021/01/13 08:09
【コロナと向き合う】今こそ日本人の創造力を問う「近代日本医学のふるさと」北里柴三郎記念館を訪ねて《荒井広幸のふるさと青い鳥》(BEST TIMES)  Yahoo!ニュース

酔いしれて山陰:/7止 鳥取 兎ッ兎ワイナリー ワインも人も育てたい /鳥取

2021/01/13 07:37
 平安時代に因幡国庁が置かれ、のどかな田園が広がる鳥取市国府町。ブドウの栽培から醸造までワインを一貫生産する「兎(と)ッ兎(と)ワイナリー」がある。社長の前岡美華子さん(54)は風土と人の縁を大切にしながらワイン造りに励んでいる。
 2005年に夫の出身地の当地に転居。「農業を通じて人のつながりを作りたい」との憧れがあり、さらに同町がブドウの産地だったこともあって、2年後に義父が所有する耕作放棄地でブドウ農園を始めた。09年に初収穫し、兵庫のワイナリーに委託して初めてワインを製造。その後も三重や岡山にブドウを送ってワインを造ってもらったが、収穫と醸造の期間が空くことで品質が落ちるジレンマがあった。
 一方、鳥取市などが国の「果実酒特区」に16年に認定。酒造免許の最低製造数量が引き下げられたのを受けて、敷地内に醸造所を建て、小規模ながらワイナリーが誕生した。今では約1・5ヘクタールの農園で十数種類ものブドウを育て、販売まで手がける6次産業化に力を入れている。

これって方言? 「言わずもがな」の本当の意味

2021/01/13 07:10
「言わずもがな」は、若い世代の間ではあまり使われることがないので、方言かと思う人もいるかもしれません。
しかし、「言わずもがな」は方言ではなく標準語で、日本古来の大和言葉の1つです。
また、古風な響きの割には認知度が高く、平成30年度に行われた文化庁の『国語に関する世論調査』では、「聞いたことがある」と答えた人が7割以上でした。
聞いたことがあるけれど意味はちゃんと知らない、という人も多いのではないでしょうか?
今回はそんな「言わずもがな」の意味や使い方について、紹介します。
■「言わずもがな」の意味
「言わずもがな」を辞書で引くと、次のように書かれています。
いわずもがな【言わずもがな】(「がな」は願望を表す助詞)(1)言わない方がいい。(2)言うまでもない。(『広辞苑 第七版』岩波書店)
このことから、「言わずもがな」には2つの意味があると分かります。
また、「もがな」の意味は次の通りです。
もがな体言、形容詞の連用形、副詞などの連用成分に付き、その受ける語句が話し手の願望の対象であることを表す。……があるといいなあ。……であるといいなあ(『広辞苑 第七版』岩波書店)
「もがな」は、その前にある言葉を受けて「〜があるといいなあ」「〜であるといいなあ」という意味を表します。「言わずもがな」では、……

“古典的微笑”の仏像も 菩薩半跏思惟像など「奈良 中宮寺の国宝」 九博で26日から特別展 /福岡

2021/01/13 07:02
 太宰府市の九州国立博物館は26日~3月21日、奈良県斑鳩(いかるが)町の中宮寺が所蔵する国宝などを展覧する特別展「奈良 中宮寺の国宝」を開く。昨年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で長期間の休館があり、2020年度唯一の特別展。【桑原省爾】
 中宮寺は飛鳥時代に尼寺として創建され、鎌倉時代の信如による復興を経て近世には宮家の皇女を迎える尼門跡寺院となった。特別展では古典的微笑(アルカイックスマイル)の典型として知…

<スポーツ探偵>鬼ごっこ「ことろことろ」 「鬼滅」につながる童遊び 親が鬼から子を守る

2021/01/13 06:59
 疫病という恐ろしい鬼を倒してほしい。強い存在がきっと守ってくれる。日本人はそう考え、遊びの中に残してきた。なぜ、コロナ禍の日本で「鬼滅の刃」がここまでヒットしたのか−。古の鬼ごっこの物語が、忘れていた私たちの記憶に反応したからだと考えれば、合点がいく。羽崎さんは今、「自分より弱い人を守ることは当たり前だと学べる。この素晴らしい遊びを途絶えさせてはいけない」と、ことろことろの復活と普及に力を入れている。

見聞録:クラフト工房シックパパ(橿原市) 精巧極めるドールハウス 遠い記憶呼び起こす /奈良

2021/01/13 06:47
 「紙半」の屋号で江戸時代に財を成した紙半豊田家所蔵の貴重な古美術品、書画などが楽しめる「紙半豊田記念館」(橿原市今井町3)。その向かいに約260年の歴史を誇る本宅がある。昨年12月下旬、江戸時代の本宅の再現を試みたドールハウスが納品され、本宅の公開スペースで展示されている。制作したのは、市内に工房を構えるドールハウス・ミニチュア作家の「シック・スカート」こと植田定信さん(58)だ。【姜弘修】
 「ここまで精巧なものを作っていただき大満足です」と、同館を管理運営する一般社団法人「紙半」の事務局を務める福井真也さん(41)。ドールハウスはミニチュア模型の一種で、建物の外観のみならず内装や小物などを含め、12分の1のスケールを基準に作品を仕上げる。

伊都国の歴史に見る糸島半島の今昔(中):【公式】データ・マックス NETIB-NEWS

2021/01/13 06:30
伊都国という歴史 旺盛な開発需要に支えられ、活気づく糸島半島。近年、急速に地域ブランドの構築が進んだようにも見えるが、その歴史を振り返ると、実は古来より人と文化の交流拠点であったことがわかる。
 糸島半島は、玄界灘を挟んで朝鮮半島や中国大陸に近いという地理的特性から、古代から大陸との接点として重要視され、とくに紀元前後の弥生時代中~後期にかけては、倭国内の国の1つである「伊都国(いとこく)」として栄えていたとされている。中国・三国時代の魏を中心に書かれた歴史書「魏略」には、伊都国について「1万戸以上の家があり、王は皆女王に属している」との記載がある。一方、日本側の文献では、奈良時代の歴史書「日本書紀」において「伊覩縣主(いとのあがたぬし)」の表記でその存在が確認できる。
 海に面した地域であることが功を奏し、早くから大陸と交流・交易をもてた優位性は高い。当時における最先端の文明や技術が大陸から伝わったことで、伊都国の生活水準の向上に大いに役立ったはずだ。
 余談だが、大陸からもたらされた最先端の文明や技術が伊都国に繁栄をもたらしたという構図は、九州大学における最先端の研究成果が糸島半島にさらなる発展をもたらすという現代の構図と、似ていなくもない。その一例として、九大の基礎研究を企業らとともに実用化・事業化する研究機関群「サイエンスパーク構想」は……

「徳次郎町」読み方変更へ とくじろうまち→とくじらまち 住民が古い呼び名要望 3月から宇都宮市 /栃木

2021/01/13 05:44
 宇都宮市は、同市北西部の徳次郎町(とくじろうまち)の読み方について、67年ぶりに「とくじらまち」に戻す。3月1日付。同市が町名の読み方を変えるのは初めてという。
 同市によると、1954年に徳次郎町地区を含む旧富屋村と同市が合併した際、読み方を「とくじろうまち」と決めた。しかし、地域では古くから「とくじら」と呼ばれているため、89年ごろから住民の間で「読み方を変更してほしい」という声が高まっていた。
 徳次郎町地区の7自治会が2020年4月に要望書を提出。受理した市は2回の審議会を経て、同年12月24日に告示した。今後、道路標識などの表記を改めるという。【渡辺佳奈子】

だるま市 今年は足早に 青梅

2021/01/13 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

満開の花餅 妻籠宿に彩り 小正月で

2021/01/13 04:53
妻籠観光協会女性部のおかみさんたちが毎年この時季に手掛ける。新型コロナウイルス対策で、この日は女性部役員8人のみで作った。「ビンカ」と呼ぶイヌツゲの小枝に繭玉を付け、ササの枝には、花を見立てて紅白の餅を付けた。無料休憩所・ふれあい館と観光案内所に飾った。
 軒先を彩ってもらおうと、花餅は土産店や飲食店などにも配った。女性部長の藤原恵子さん(66)は、コロナ禍で観光客との交流もままならない現状を憂いつつ「私たちにできる最小限のおもてなし。目で楽しんでほしい」と話していた。節分のころまで飾る。