プレスリリース 大分県立美術館 開館5周年記念事業…|調理も簡単 いま人気!鍋のテイクアウト|大阪市立大140年の歴史凝縮 記念展示室が一般公開|他

Contents

【プレスリリース】大分県立美術館 開館5周年記念事業「びじゅチューン!× OPAM なりきり美術館」開催のお知らせ

2021/01/21 11:58
なりきると、びじゅつがどんどん楽しくなる! そして、おおいたの芸術や文化をもっとみてみよう!
この度、公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団が運営する、大分県立美術館では、アーティストの井上涼さんが国内外の有名な美術作品をテーマに作詞・作曲・アニメ・歌のすべてを手がけたアニメーションNHK Eテレの人気番組「びじゅチューン!」とのコラボレーションによる企画展「びじゅチューン!× OPAM なりきり美術館」を開催します。
本展は、「びじゅチューン!」の発想の源となった作品や高精細の複製品、映像などを使った体験型のコンテンツのほか、大分の文化や芸術をより知ることができる機会となるよう、大分の熊野磨崖仏を題材にした「びじゅチューン!」作品「お互い擬態」に加え、富貴寺やケベス祭などの史跡や祭事、大分出身の田能村竹田や福田平八郎、髙山辰雄、宇治山哲平、生野祥雲斎などの作品を「びじゅチューン!」作品と関連付けてご覧いただきます。
日頃美術にあまり興味がない方や、美術はちょっととっつきにくそうと感じている方にも、気軽に足を運び、美術に触れていただくだけでなく、大分の芸術や文化、風土をより知る機会となり、さらには、大分県内各地へ足を運ぶきっかけになることを願い企画しました。多くのみなさまにご覧いただけますと幸いです。
【展覧会概要】
展覧会名 ……

調理も簡単 いま人気!鍋のテイクアウト

2021/01/21 10:44
専門店の鍋を自宅で味わえます。札幌市内のしゃぶしゃぶの専門店が始めたテイクアウト。そのこだわりは、江戸時代から伝わる製法で作った鰹節のお出汁です。
※詳しくは動画をご覧ください。

大阪市立大140年の歴史凝縮 記念展示室が一般公開

2021/01/21 10:00
 昨年で創立140年を迎えた大阪市立大(住吉区)が、その歩みを伝える記念展示室をつくり、今月から一般公開を始めた。2022年の大阪府立大との統合を前に、大学史資料館を設立する準備も進めている。
 展示室は昨年11月、国の登録有形文化財にもなっている杉本キャンパス1号館1階にお目見えした。広さ約160平方メートル。大学が収蔵する古文書数万点と縄文~江戸時代の人骨約800体などの中から、大阪とかかわりが深い約100点の資料を展示している。
 自然科学のコーナーでは、海にすむ原生生物・放散虫の研究を紹介している。放散虫の化石は地層の年代鑑定に貢献し、日本列島の形成史を書き換えた。このほか、大阪平野の地質を明らかにした地層調査、阪神・淡路大震災の被害調査なども展示されている。
 近畿の人類学研究をリードしてきた大学院医学研究科の収蔵資料からは、大阪市中央区の森の宮遺跡から見つかった縄文時代の男性と見られる人骨や、織田信長と大坂本願寺が戦った石山合戦(1570~80)で首を切られたとみられる頭蓋骨(ずがいこつ)が展示されている。
 大学の歴史を象徴する展示として、1969年の大学紛争で炎上した跡が残る建物の柱も。
 展示室の監修には、大学院文学研究科の岸本直文教授(考古学)や生活科学研究科の小池志保子准教授(住空間設計)ら6人がかかわり、20……

栽培した古代米を弥生土器で炊く 地元の遺跡学ぶ青谷高

2021/01/21 10:00
 【鳥取】学校近くにある弥生時代中心の集落遺構・青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡(国史跡)について学んでいる県立青谷高校(鳥取市青谷町青谷)の2年生が20日、自分たちで栽培した古代米を弥生土器で炊く作業をした。
 学校設定科目「青谷学」の中で「文学歴史」を専攻する生徒7人は、春から遺跡内の田んぼで古代米を栽培し、10月に自分たちで稲刈りをした。9~11月には弥生土器作りにも挑戦し、発掘調査にも加わるなど、一年を通して弥生文化について学んできた。
 各自一つずつ作った土器は、野焼きの段階で割れたり、完成はしたものの水漏れがしたりで、実際に火にかけることができたのは一つだけ。その一つも炊飯の途中で割れ、無事に米を炊けたのは県の遺跡整備室から借りた複製土器だけという残念な結果になった。
 生徒たちは、炊きあがった黒米を「赤飯みたい」と味わいながらも、自分たちの土器が「全滅」したことから「昔の人の技術はすごい」と感心していた。(東孝司)

菊池ファンクラブ創設記念キャンペーン企画「九州国首都・菊池 代表総選挙」を2月1日より開催 ~全国34万人のきくちさ…

2021/01/21 09:30
一般社団法人菊池観光協会(所在地:熊本県菊池市)は、2021年2月1日に菊池ファンクラブを創設し、地域と多様に関わりながらまちづくりを支援していただける全国の菊池ファンの方々とつながることで、持続可能なまちづくりを推進する取り組みをスタートします。これに合わせ、会員募集を目的としたキャンペーン企画として、創設日から3月7日までの1ヶ月間、「九州国首都・菊池 代表総選挙」を開催します。
九州国首都代表総選挙_代表党首
キャンペーンURL: https://start.kikuchi-fan.com/
菊池市は、今から約650年前の南北朝時代に九州を征した豪族・菊池一族が治めたまちで、一時期は九州の中心地(征西府)として栄えました。菊池(地)姓の方は一族の子孫といわれ、全国に約34万人いるとされています。こうした歴史的背景を生かし、菊池市に縁ある人たちや、菊池市出身者、歴史ファンの方々と接点をつくり、ファンクラブへの入会を促すことにより地域振興に取り組んでいきます。

■キャンペーン内容
九州国という架空の国の首都を宣言した菊池市民有志が、国の代表を決めるために総選挙を行います。立候補するのは、(1)歴史・刀剣党(党首:藤原 武)、(2)食・グルメ党(党首:多部留 忠)、(3)自然・温泉党(党首:森谷 湯美)、(4)全国34万人の……

松本潤「NHK大河・徳川家康」で加速する「嵐の再結成」と「強烈逆風」!

2021/01/21 09:00
 同作は、脚本を『コンフィデンスマンJP』や『リーガル・ハイ』(いずれもフジテレビ系)など多数の名作を手掛けた古沢良太氏が担当。室町時代後期から江戸時代にかけて、家康の生涯を描く。嵐のメンバーで大河ドラマに出演するのは、松本が初めてとなる。
「大野智(40)は現在、芸能界を離れていますが、2020年末でグループとして活動を休止したものの、嵐メンバーは、これまでのレギュラーに加えグループの番組を引き継いだ櫻井翔(38)、相葉雅紀(38)、従来からのレギュラー番組がある二宮和也(37)は仕事が明らかになっていました。松本だけが2021年以降の仕事が未定とされていたんです。
 松本には、舞台の仕事をしたがっている、『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)の映画が製作されるなどの報道はありましたが、2023年と少し先の話ではありますが、今回の大河ドラマ主演報道で、ようやくはっきりしたソロ活動の予定が見えましたよね」(女性誌記者)

江戸のおしゃれ感じて 高知市オーテピアで企画展「装いと粧い」

2021/01/21 08:16
 江戸時代の人々が着た服や装飾品を集めた企画展「装いと粧(よそお)い」が、オーテピア高知図書館(高知市追手筋2丁目)で開かれている。陣羽織や錦絵、古書など約40点が並び、当時のおしゃれを伝えている。...

聖徳太子一四〇〇年遠忌 法隆寺、4月に法要 神輿行列や舞楽奉納 3~5日、斑鳩 /奈良

2021/01/21 07:15
 聖徳太子(574~622年)の創建と伝わる法隆寺(斑鳩町)は、太子の1400年遠忌の法要を4月3~5日に営むと発表した。達磨(だるま)寺(王寺町)や橘寺(明日香村)など聖徳太子にゆかりの寺院の僧侶らも参加する予定。
 法要は金堂や五重塔がある西院伽藍(がらん)で営まれ、神輿(みこし)の行列や、雅楽団…

鳥羽天皇寄進説、裏付けか 平安後期の遺物含む土層確認 舞鶴・松尾寺 /京都

2021/01/21 07:15
 西国三十三カ所二十九番札所・松尾寺(まつのおでら)(舞鶴市松尾)の仁王門(府指定文化財)付近で、遺物を含む平安時代後期にかけての整地した土層が確認された。寺伝では、鳥羽天皇が本堂などの七堂伽藍(がらん)を寄進したとされ、出土した仁王門の基壇(建物の下の石)跡とみられる土壇の時期とほぼ一致することから、鳥羽天皇が整備した可能性があるという。松尾寺初の発掘調査をしていた市が20日、発表した。【塩田敏夫】
 松尾寺は真言宗醍醐派。霊山として信仰を集める青葉山の中腹にある。威光上人が和銅元(708)年に開山し、平安時代末には観音霊場として知られていたとされる。江戸中期の明和4(1767)年に建立された仁王門の解体、修理に伴い、仁王門付近の60平方メートルを、市が2020年12月3日から調査していた。

初冬12月 湯坂路-きのこのチーズクリームスープ

2021/01/21 06:58
人数も多くて、気温も下がっているこの季節は下ごしらえはしっかりとしておくといい。それでも水が沸騰するのには時間がかかるので、保温水筒にお湯を持ってきたほうがさらによい。この山行の後ずっと欲しかったサーモスの山専ボトルを購入した。
スープだけ作るから主食は持ってきてねと伝えていたので、それぞれ小田原駅で鯵のお寿司を買ったり、おにぎりだったりパンだったり。
手作りのパウンドケーキやりんご、ほかにもお菓子やコーヒーなど持ち寄りも多くて、みんなでしゃべって食べて。青空ランチでお腹も心も満たされた。
芦ノ湖へ浅間山から千条の滝まで降りて、滝を眺めた後に鷹ノ巣山へ。
ここから飛竜の滝へ行くかどうか迷って、14時すぎだったので箱根石仏群経由で芦ノ湖に向かうことにした。山道とはお別れで一般道や遊歩道歩きなので、ちょっとつまらないかもしれないなと思いながら歩いていたのだけど、つぎつぎに石仏が現れて、案内を読んだり歴史に想いを馳せていたら、大きな岩に沢山彫ってある二十五菩薩や3メートルほどの大きな岩に摩崖仏がほられていて、これにはみんな感動。石仏・石塔軍保存整備記念館にも立ち寄り、さらに深く歴史を知ることができた。
思わず数えてしまった二十五観音像大きな摩崖仏に見入ってしまう箱根は何度も訪れていてもみんなこのエリアは初めてで、鎌倉時代からの信仰や文化が……

わかやま新報 » Blog Archive » 経塚に込めた願い 風土記の丘で出土品展

2021/01/21 06:57
和歌山県和歌山市岩橋の県立紀伊風土記の丘の資料館で3月14日まで、「奈良国立博物館所蔵品里帰り展 経塚(きょうづか)に願いを込めて」がスポット展示として開かれている。
自然災害や飢饉(ききん)、動乱が続いた平安~鎌倉時代、この世の終わりを説く末法思想が流行。人々は釈迦が再来する56億7千万年後まで経典を大切に保管しようと仏教の経典を書写し、巻物として地中に埋納した。その場所を経塚といい、県内では約40カ所で確認されている。
今回は里帰り展として、県内初展示の伝白浜経塚出土品など、県内の経塚から出土した12点を含む計22点を展示。
同館の瀬谷今日子主査学芸員(41)は、「1000年前の人々が埋めたタイムカプセルともいえる経塚出土品の美しさや価値はもちろん、コロナ禍で不安定な今だからこそ、未来に思いを託した当時の人々の思想や願いと重なる部分が見えてくるのでは」と笑顔でPRする。
入館料が必要(一般190円、大学生90円※高校生以下、65歳以上無料)。午前9時~午後4時半(入館は4時)。月曜休館。問い合わせは同館(℡073・471・6123)。

古墳石室の天井石がずれ、側壁の石のほとんど持ち去り…城の石垣に使用か

2021/01/21 06:40
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

前田公輝、演じる“鳥居”の人柄を苦手に感じつつも「“かまってちゃん”な一面は親近感(笑)」<江戸モアゼルインタビュー…

2021/01/21 06:00
前田公輝、演じる“鳥居”の人柄を苦手に感じつつも「“かまってちゃん”な一面は親近感(笑)」<江戸モアゼルインタビュー>(ザテレビジョン)  Yahoo!ニュース

不妊を乗り越え

2021/01/21 05:20
 菅義偉首相は18日、就任後初めての施政方針演説で「来年4月に不妊治療の保険適用をスタートする」と決意を語りました。子どもを望んでいてもなかなか妊娠せず、不妊治療を受ける夫婦は増えています。
 ただ、不妊治療にはいくつものハードルがあります。体外受精などの高度な治療には、1回数十万円とされる費用がかかります。それだけでなく、治療や検査による体への負担や、通院にかかる時間的な負担、精神的な負担も深刻です。
 そこで今週は「不妊治療」について特集します。どんな治療法があるのでしょうか。取り組む夫婦はどんな思いをしているのでしょう。不妊治療で娘を授かったタレントのキンタロー。さんの体験談や、不妊治療の歴史、現状を示すデータなどを紹介します。
★初の共通テスト 問われた思考力
★世界の暑さ 史上2番目に
江戸時代から タイムスリップ
 グラビア面「PERSON」は、日本テレビ系のドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」に出演中の岡田結実さんが登場! 江戸時代から現代にタイムスリップしてきた花魁(おいらん)という難役にチャレンジしている岡田さん。役への強い思いがのぞくインタビューは必読です!
心霊探偵バディ 呪いの謎に挑む
 見開き面「ウラ撮り」は、22日から全国公開される映画「さんかく窓の外側は夜」を特集します! ……

厳かに「幸若舞」 みやま・大江天満神社

2021/01/21 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

悲恋の釣り鐘 里帰りへ

2021/01/21 05:00
京都→道成寺に17年ぶり 「安珍・清姫」
 日高川町の道成寺に今秋、修行僧・安珍と清姫の悲恋伝説で知られる釣り鐘が、所蔵する京都市の妙満寺から17年ぶりに「里帰り」する。鐘を寄進した地元の豪族逸見万壽丸(へんみまんじゅまる)の生誕700年に合わせて、道成寺が企画。妙満寺が快諾した。10月24日から約1か月間、一般に無料公開される。(森本寿夫)
寄進豪族生誕700年 10月から公開
 伝説では、平安時代、熊野詣に訪れた修行僧・安珍に恋した清姫が、失恋の痛手から大蛇となり、道成寺の釣り鐘の中に隠れた安珍を、鐘ごと焼き殺したとされる。この悲恋の物語は、歌舞伎「京鹿子娘道成寺」や能楽「道成寺」といった伝統芸能の題材に使われ、現代でも広く知られている。
 一方、万壽丸は、1321年6月、現在の山梨県で生まれ、南北朝時代の南朝方で武勲を上げて同寺周辺を含む矢田庄の領主となった。焼失したとされる鐘を復元し、同寺に寄進した人物でも知られる。
 万壽丸が寄進した2代目の鐘は、高さ約1・1メートル、重さ約300キロの青銅製で、復元後は、音がこもったり、疫病がはやったりしたことから、清姫のたたりと恐れられ、山中に埋められたという。1585年の豊臣秀吉の紀州攻めの際に戦利品として持ち去られ、妙満寺に納められたとされる。里帰りは2回目で、道成寺の秘仏開帳の記……

石室側壁持ち去られていた 大塚南古墳 内部調査で判明 : ニュース : 愛知 : 地域

2021/01/21 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

日本で「肉食がタブー」とされた意外な歴史事情(東洋経済オンライン)

2021/01/21 04:09
日本で「肉食がタブー」とされた意外な歴史事情(東洋経済オンライン)  Yahoo!ニュース

長年の謎、猫のマタタビすりすり…ついに解明

2021/01/21 04:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

【Web限定記事】八王子市郷土資料館 「牛」が疫病の守り神

2021/01/21 00:00
 牛が天然痘(痘瘡)の悪鬼を踏みつけ子どもを助ける「保赤牛痘菩薩」の口絵が描かれた書物―。江戸時代、天然痘が大流行したときに、小児医師・桑田立斎氏が牛痘苗(ワクチン)の接種を広めるために書いたものだ。書物は市内の個人が所蔵していたもので、現在、八王子市郷土資料館(八王子市上野町33)の企画展「八王子の天災と疫病」で展示されている。
 天然痘はウイルスによる子どもの罹患率と死亡率が高い伝染病のひとつ。牛痘(牛の天然痘)を接種し、体内に抗体をつくる手法は人類初と言われている。「口絵は当時、牛痘を打つと『牛になる』というデマも広がり、正しいワクチンの情報を広めるために桑田立斎氏が書いたものです」と話すのは企画した同館の学芸員、加藤典子さん。「子どもたちを守りたい気持ちが伝わりますね」とも。
 日本で初めて接種されたのは、1849(嘉永2)年、八王子での接種はその翌年だった。加藤さんは「比較的早く実現できたのは、接種を広めた伊東玄朴らの弟子と八王子の医師につながりがあったこと、八王子を治めていた代官が西洋医学に関心が高かったことも影響しています」と解説する。
 企画展には、疫病のほかに、江戸時代以降発生した八王子の洪水害など、気象災害をテーマとした資料も展示している。加藤さんは「飢饉が起こると疫病が流行り、疫病と気候は連動しています。天災と疫病の歴史か……