テレビアニメ 擾乱 THE PRINCESS OF …|太子信仰 根幹に利他の心|名古屋城 金鯱展 金鯱 16年ぶりに地上へ 名古屋…|他

Contents

テレビアニメ「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD」先行上映イベント チケット一般発売…

2021/03/01 11:30
先行上映イベントについて【日時】
2021年3月27日(土) 昼の部 開演 13:30/夜の部 開演 17:30
【会場】
科学技術館サイエンスホール
【出演】
三森すずこ、Raychell、大松裕(プロデューサー)、工藤進(監督)
【チケット販売URL】
https://www.cnplayguide.com/joran-premium-cn/
アニメ1~4話が最速で視聴できるイベントでございます。
アニメをご覧いただいた後に、雪村咲羽役三森すずこ、花風エレーナ役Raychell、大松裕プロデューサー、工藤進監督によるトークショーがございます。
テレビアニメ「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD」とは■あらすじ
時は、明治64年。
舞台は、徳川慶喜が絶対権力を維持し続けている、もう一つの日本。
国家は、独自のエネルギー源、”龍脈”を整備し、江戸時代と科学が混ざり合う、独特な発展を遂げた。
しかし、そんな華やかな都市の裏で、
革命の炎をくすぶらせ、政権打倒を目論む、反体制派組織クチナワが、うごめく。
その駆除を任された、徳川政府の闇組織、「鵺」。
幼い頃、家族を殺された雪村咲羽は、「鵺」の処刑人となり、その仇、蛇埜目を探し続けて……

太子信仰「根幹に利他の心」

2021/03/01 10:40
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

【名古屋城 金鯱展】金鯱、16年ぶりに地上へ。名古屋城に巨大アートギャラリーが出現。海と山に見立てた会場に金鯱が鎮座…

2021/03/01 10:32
名古屋城の金鯱は、徳川家康が日本最大の天守に戴いて以来、さまざまな災厄ににらみをきかせ、ずっと、このまちを守ってきました。江戸時代は尾張藩の苦境を助け、明治時代は名古屋城の命運をつなぎ、戦後は復興をすすめる市民の心の拠り所に。歴史を振り返ると、どんなときも私たちのそばに金鯱がいたのです。
令和3年3月、名古屋の守護神、地上へ降臨。400年の歳月を超えてなお、変わらぬ輝きを放つ金鯱が、踏み出そうとする人々の祈りと願いを受けとめます。
●特別企画「名古屋城 金鯱展 〜守り神降臨、海と山の祈り〜」
「海シャチ」「山シャチ」で会場全体が巨大なアートギャラリーに
名古屋城天守から降臨した本物の金鯱を「海シャチ」「山シャチ」としてお披露目。「海シャチ」は雌の金鯱を水盤に優雅に浮かべ、「山シャチ」は雄の金鯱が砂山の頂で光輝きます。金鯱展示の前には、鯱のルーツや、災厄と向き合ってきた鯱の仲間たちを、イラストレーター 2yang氏がこの企画のために独創的な絵図に仕上げます。
●会場案内「3つのコースをご用意」
[map1]​会場案内図: 名古屋城二之丸広場
【①スタンダードコース】
海シャチ・山シャチが織りなす世界観を体感できます。イラストレーター 2yang氏の絵図展示の後、全方向から鑑賞できる「山シャチ」と、水盤に浮かぶ「海シャ……

弥生3月。大地の潤いに草木出づれば、花は咲き鳥は歌い始めます

2021/03/01 09:03
渡り鳥が越冬を終えて春の渡りを始めるのが3月頃から。春の陽気が立つのを感じるのですね。旅立ちの前、白鳥や雁は刈り取ったあとの田圃で稲の落ち穂を食べて過ごすということです。北の繁殖地への長旅を前に準備に怠りはありません、新しい生命への旅立ちです。
学生たちの3月は1年の努力の成果とともに迎えます。進級と卒業、新しい門出へ向かう希望の月。社会人でしたら年度替わりで昇進や転勤とやはりドキドキしながら過ごす時ではないでしょうか。制服やスーツを新調したり買いそろえる品々を選んだりと、将来への夢が膨らみ、また新しい環境への緊張も感じることでしょう。
木々の芽吹きを感じ花の便りを聞きながら、いよいよ生き出づる「いやおひ」にならい、分厚いコートを脱いで新たな命へ一歩を踏み出す、それが弥生3月。まずは深呼吸、早春の空気を胸いっぱいに吸ったらさあ、不安を乗り越え前進です。

【ホテル縁道 × KAWASAKI MURAL ART PROJECTがコラボレーション】アーティスト・イン・レジデ…

2021/03/01 08:46
【ホテル縁道 × KAWASAKI MURAL ART PROJECTがコラボレーション】アーティスト・イン・レジデンスルーム完成:時事ドットコム  時事通信

須知城と笑路城、光秀の関わりは? 明智光秀の城番外編(3)

2021/03/01 07:00
日本の城を知り尽くした城郭ライター萩原さちこさんが、各地の城をめぐり、見どころや最新情報、ときにはグルメ情報もお伝えする連載「城旅へようこそ」。今回は京都府の須知(しゅうち)城と笑路(わろうじ)城です。二つの城は、明智光秀に関連して共通点があるのですが……。
(トップ写真は須知城主郭東面の高石垣)
須知城の石垣、在地国人が独自に積んだか?本連載でも紹介したように、黒井城(兵庫県丹波市)、福知山城(京都府福知山市)、周山城(京都市)などには明智光秀が丹波支配の際に積んだ石垣が残っている。いずれも信長の城の石垣との共通項が見出せる。しかし丹波には、光秀による改修と伝わる一方で、在地の国人が独自に積んだと考えられる石垣もある。その例が、須知城(京都府京丹波町)や笑路城(京都府亀岡市)だ。
須知城は、南北朝時代に地元の国人である須知氏が築いたとされている。1579(天正7)年、光秀の丹波攻めにより落城。その後光秀が改修したと推察され、城内に残る石垣は光秀によるものと考えられてきた。
しかし、須知城の石垣には信長や家臣の城の石垣とは異なる特徴があり、光秀による改修ではないとする指摘もある。それを示すのが、最大の見どころになっている主郭東面の高石垣だ。人の頭ほどの大きさの石が積まれた野面積(のづらづみ)の石垣で、高さは約4メートルに及び丹波地方の城で……

諫早の四面菩薩坐像や越高遺跡の土器など4件 県指定文化財に /長崎

2021/03/01 06:59
 県教委は、諫早市の「天祐寺の木造四面菩薩(ぼさつ)坐像(ざぞう)」=有形文化財(美術工芸品)▽対馬市の「越高(こしたか)遺跡」=史跡=など4件を新たに県指定文化財に指定すると発表した。県指定文化財は計390件となる。
 四面菩薩坐像は1705(宝永2)年に造られ、現在は諫早家菩提(ぼだい)寺である天祐寺が所蔵。古事記の「国生み神話」に登場する一身四面神に由来し、雲仙岳の神として信仰さ…

金剛力士像「男前」に 奈良博で修理終え展示 奈良・金峯山寺 /奈良

2021/03/01 06:38
 奈良国立博物館(奈良市)での修理を終えた金峯山寺(吉野町)の2体の木造金剛力士立像(国重文)の特別公開が2月23日から、館内のなら仏像館で開かれている。像の本来の安置場所である金峯山寺仁王門(国宝)の修理が完了(2028年度予定)するまでの間、展示される。
 「阿形(あぎょう)像」と「吽形(うんぎょう)像」はそれぞれ、南北朝時代の1338、3…

ガラス窓、和紙で障子風 水で貼るだけ「糸落水」開発 市川三郷の老舗、金長特殊製紙 /山梨

2021/03/01 06:17
 障子紙の産地として知られる市川三郷町の老舗和紙メーカー「金長(きんちょう)特殊製紙」が、伝統技法と独自の技術を組み合わせ、水だけで窓ガラスに貼ることができる和紙を開発した。障子のように、適度に外部の視線を遮り、自然な光を取り込む。専務の一瀬浩基(こうき)さん(42)は「和室がなくても、『和』の魅力を楽しんでほしい」と話す。
 「糸落水(いとらくすい)」と名付けた和紙は、すき込んだ格子状の糸と、不規則な濃淡が特徴だ。「時間や立ち位置によって、違う表情を見せてくれるのが面白い」と一瀬さん。和紙をすく過程で、雨のように水滴を落として穴を開ける「落水」と呼ばれる技法を取り入れ、遮光フィルムよりも自然に光を通すことができる。

曽我墓所遺跡、水鳥模した水がめに興味津々 新潟で報告会、ファン130人 /新潟

2021/03/01 06:15
 新潟市中央区の市民プラザで28日、2020年の遺跡発掘調査の報告会があり、曽我墓所遺跡(江南区横越)から、水鳥を模した足のある水がめ「環状瓶(へい)」が全国で初めて見つかったことなどが報告された。考古学ファンら約130人は会場で興味深そうに聴き入っていた。
 報告会では、平(秋葉区小口)▽古津八幡山(同区古津)▽道正(江南区割野)▽岡崎(同)▽曽我墓所――の5遺跡について、市文化財センターの担当者4人が発掘方法や見つかった遺構、出土品について説明。集落の様子や出土品の年代や…

物流最前線/業務止めずに「ニッポン上げろ!」 地盤沈下防ぐアップコン工法

2021/03/01 06:00
<実際に傾いた倉庫の様子>
倉庫の傾きは大きなデメリット――  業務を止めずに沈下した床を修復する画期的な工法ということで、松藤社長が書かれた「不良品が多い工場の原因は地盤が9割(幻冬舎)」を拝読しましたが、物流倉庫についての事例が数多く掲載されています。
松藤  これは、倉庫も工場も店舗も同様ですが、「傾いた床」のままで作業を続けていても決して良いことはないということです。床の傾きと同様に事業も傾くということで事例を多数挙げて説明したものです。倉庫の場合、荷崩れ発生の危険性が増しますし、そうなると商品の破損や保管量の減少にもつながります。フォークリフトの先端部分が平行にパレットに入らず破損するような場合もあります。いずれにせよ、作業効率が落ちるわけですし、さらには床の傾きやたわみにより、人間の三半規管や自律神経に影響を及ぼすこともわかっており、従業員の健康面からも床の平面性は大切なことです。
――  事例を読むと、思わず今いる場所の床や地盤はどうなのだろうと考えますね。床の沈下がどれだけ仕事の効率性や生産性を奪い、さらには人間の健康面まで左右するのか、ちょっと恐ろしくなりました。
松藤  これはほんの一例です。床の傾きにより、倉庫に収納する商品が破損したり、荷崩れが起きるため、保管量が減ったりすることは経営上のマイナスです。さらに、この……

河北春秋(3/1):あめの起源は古く、『日本書紀』(720年…

2021/03/01 06:00
河北春秋(3/1):あめの起源は古く、『日本書紀』(720年…2021年03月01日 06:00 あめの起源は古く、『日本書紀』(720年)には水あめが登場する。当時は貴重な甘味料。江戸時代以降、お菓子として広まる。手軽な栄養源でもあり、戦時中は軍隊の携行食として重宝された。あめは元気のもと、というわけだ▼ミズキの枝に付けられたあめは素朴で懐かしい味がした。2月13、14日、大館市であった大館アメッコ市。感染防止で規模が縮小され、「この日にあめを食べると風邪をひかない」との言い伝えが、今年ほど身に染みたことはないだろう▼刈和野の大綱引き(大仙市)や犬っこまつり(湯沢市)など個性豊かな秋田の小正月行事は中止が相次いだ。参加者同士の接触が避けられない、観光客数が多いといった事情を考慮したという▼横手のかまくら(横手市)は観光イベントがなくなり、地域の伝統行事として静かに行われた。「見せるかまくら」から、水神を祭り、雪遊びを通して子どもの成長を願う「祈るかまくら」へと原点回帰した▼中止や縮小は地域経済への影響が心配だが、祭りの在り方を再考する機会にもなった。昨年中止となった秋田竿燈まつり(秋田市)は今夏、従来の竿燈大通りか、八橋運動公園での開催案が浮上している。どんな形になるにせよ郷土の誇りと活力を取り戻す、元気……

江戸・明治のひな人形展示 日光・鬼怒川温泉駅で3日まで

2021/03/01 05:09
 【日光】東武鬼怒川温泉駅構内で、江戸時代から明治時代にかけて作られたひな人形が展示されている。3日まで。
 鬼怒川・川治温泉旅館協同組合女将(おかみ)の会が鬼怒川温泉街で開催している「きぬ姫まつり」の一環。観光客をおもてなししようと設置した。
 展示場所は同駅構内のコンコースの一角。江戸時代中期、明治時代の初期、中期、後期それぞれの時代を映す高さ30センチほどのひな人形が4組飾られ、近くの改札などを行き交う利用客の目を楽しませている。
 SL「大樹(たいじゅ)」が乗り入れる同駅の廣長正義(ひろながまさよし)駅長(50)は「新型コロナウイルス禍が続く中、大樹やひな人形を楽しんでもらい、目の保養や癒やしとなればいい」と話している。
「ひな人形」の記事一覧を検索

美しい古墳、カレーで再現 大田原・湯津上村民食堂、縮尺も正確5千分の1

2021/03/01 05:04
 【大田原】湯津上の上・下侍塚古墳(国指定史跡)をPRし、地域活性化につなげようと、同地区のレストラン「湯津上村民食堂」が新メニュー「日本一美しい古墳カレー」を開発し、28日に試食会を開いた。皿に盛られたご飯は、下侍塚古墳の姿を正確な縮尺で再現したという。地元産の野菜を使ったルーには、同店こだわりの薬膳も取り入れた。2日から提供を始める。
 両古墳は4世紀後半の築造とされる前方後方墳。1692年、徳川光圀(とくがわみつくに)の命で、日本考古学史上初めての学術的な発掘調査が行われた。発掘後には松が植えられ、その美観から下侍塚古墳は「日本一美しい古墳」とも称される。
 県は新年度、当時の調査の実態解明や、埋め戻された出土品の掘り起こしを目的に、再発掘事業を計画している。これに合わせ、同店代表の久田晃史(ひさだこうじ)(58)さんは「食を活用し、地域をさらに盛り上げるために何かできないか」と地元の人々と話し合い、古墳カレーを考案。試作を重ねて2月末に完成させた。
 こだわったのは墳丘の形の忠実な再現だ。県立博物館の協力を得て、同古墳の3次元計測データを3次元プリンターを使って5千分の1サイズに縮尺し、ご飯の型を作成した。専用の器として、周溝を再現した小砂焼の皿も用意した。
 老若男女が楽しめるよう、ルーはトマトをベースにして甘みを引き出し、クミ……

「ふくつ古墳馬車」で春の新原・奴山古墳群をパッカポッコ旅

2021/03/01 05:02
オーロくんはなぜ福津へ? 馬車はコース半ば、22号墳の手前で折り返します。「ここから馬の話をしましょう」と増田さん。オーロくんは北海道帯広市の「ばんえい競馬」で優勝歴もある競走馬でした。おとなしい性格のため早く引退し、長崎県のハウステンボスで馬車を引いていたそう。2011年に縁あって、増田さんが勤めていた乗馬クラブへ。3年前に独立した増田さんは古墳周辺の農地を借り、「ふくつ古墳馬車」を始めました。

県内作刀工の技 県立歴史館

2021/03/01 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

保存・活用の最前線として

2021/03/01 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……