白河焼再現挑む いかりや窯十三代目山田さん 浪江から…|本尊や千仏開眼|4月6日は 天塩 塩むすびの日 塩むすびの写真を投…|他

Contents

白河焼再現挑む、いかりや窯十三代目山田さん 浪江から避難、第二の古里に恩返し

2021/03/03 11:27
白河焼再現挑む、いかりや窯十三代目山田さん 浪江から避難、第二の古里に恩返し  47NEWS

本尊や千仏開眼

2021/03/03 11:02
 奈良市菅原町の喜光寺は今年で創建1300年を迎えたことを記念し、信者の先祖を永代供養する「佛舎利(ぶっしゃり)殿」を建立した。2日には本尊や千仏、「さとがえり」で仮安置された四天王像(奈良大学所蔵)などの開眼法要が営まれた。
 同寺は奈良時代の高僧・行基が養老5(721)年に創建した。佛舎利殿は鉄骨構造でチタン材こけらぶき。本尊はインドで製作された初転法輪像を安置し、同像前の仏舎利にはインドの貴石や砂石を納めた。
 壁面にまつった千仏は、阿弥陀三尊の金銅仏(1080体余り)が扉となり、内部に位牌や遺品などを納める永代供養室となっている。青垣霊園(天理市)には遺骨を納める合祀(ごうし)墓も建てた。
 四天王像は平安時代末から鎌倉時代前期の作。奈良大学が平成26年度から実施した解体修理で、胎内から「菅原寺(喜光寺)」の墨書が見つかった。明治時代の神仏分離令の影響で寺が荒廃した際に他寺に移されたとみられている。令和元年に約150年ぶりとなる同寺への「さとがえり」が実現したが、佛舎利殿の完成に合わせて再び仮安置された。
 開眼法要は2日の「行基会大祭」の中で営まれた。参列した信者らは本尊や四天王像などと縁を結ぶための五色の縷(る)を持ち、山田法胤住職が大きな筆で像に魂を込める儀式をした。
 法要後、山田住職は「創建1300年を記念して佛舎……

4月6日は「天塩 塩むすびの日」 塩むすびの写真を投稿して、豪華キッチン家電やAmazonギフト券が当たる! 塩むす…

2021/03/03 11:00
キャンペーンサイト:https://www.amashio.co.jp/cp/shiomusubi/
< 「塩むすび Instagramフォトコンテスト 概要>
■キャンペーン期間
2021年3月3日(水)~2021年4月6日(火)23:59
■プレゼント内容ゴールドグランプリ賞品 (バルミューダ製 オーブンレンジ)


・ゴールドグランプリ 1名
バルミューダ製 オーブンレンジ Amazonギフト券30,000円分
・シルバーグランプリ 1名
バルミューダ製 蒸気炊飯器 Amazonギフト券10,000円分
・アマシオ グランプリ 2名
バルミューダ製 トースター Amazonギフト券5,000円分
・グッドファイト グランプリ 42名
Amazonギフト券 1,000円分
■応募資格
日本国内にお住いの方で、利用規約(https://www.amashio.co.jp/studio/policy-instagram/)に
同意いただいた方。未成年の場合、利用規約の内容に保護者の方が同意していただいた場合は応募できます。
■応募方法
天塩スタジオ赤穂 公式アカウント「@amashiostudio_ako」をフォロー。
塩むすびに関する写真を撮……

岡田健史、『ウチカレ』雅な“殿様”ショットにネットうっとり「お内裏様みたい」

2021/03/03 11:00
 ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の公式インスタグラムが2日、岡田健史の“殿様”ショットを公開。既に公開された第8話の先行カットも併せて雅な姿を披露した。
【写真】岡田健史、お内裏様のような殿様ショット  この日、公式インスタグラムが「皆さんお待たせしました かぐや姫に扮した空に求婚する5人の殿!」と投稿したのは、岡田が平安時代の殿様に扮した雅なソロショット。「殿の光がかぐや姫空に求婚するために用意した宝とは…?」と思わせぶりな文言をつづり、本日22時から放送の第8話をアピールした。
 一つ前の投稿では他4人の男性陣がお披露目されたが、コメント欄には「他の四人には申し訳ないけど、オーラが違う!」「光の君様」「やっぱりとっても品があって素敵です」「お内裏様みたい」など、桁違いの歓声が殺到。今夜の放送を楽しみにしているファンも多数見受けられた。
引用:ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』公式インスタグラム(@uchikare_ntv)

狩野派と土佐派

2021/03/03 10:02
室町時代から江戸時代まで約400年にわたり、日本画壇の頂点に君臨した狩野派。同時期に成立し、一時は衰退するも宮廷の絵師として復活した土佐派。比較されることも多い両派は、その後の日本美術にも大きな影響を与えた特別な存在です。
館蔵の狩野派と土佐派の作品を中心に、幕府や宮廷の御用を務めた絵師たちの作品を紹介する展覧会が、根津美術館で開催中です。
会場入口
展覧会は4章構成で、第1章は「足利将軍家の御用」。中国の文化が珍重された室町時代、足利将軍家は中国画の技術に秀でた画僧を、御用絵師として召し抱えるようになりました。
代表的な存在といえるのが、相国寺の周文です。周文は多くの弟子を育てており、中には将軍家の御用を務める者も。狩野正信もその系譜に連なります。
伝 狩野正信《観瀑図》室町時代 16世紀 根津美術館 小林中氏寄贈
第2章は「戦国時代を生き抜く」。狩野正信の後を継いだ嫡男・元信は、父の画風を整理・発展させ、狩野派の画風を確立させました。
もともとの中国画をベースに、やまと絵の技法も取り入れた狩野派は、幕府はもとより戦国武将や有力寺院などからも支持され、その勢力は全国に拡大。元信は工房を率いて絵画を量産し、狩野派による画壇支配の構図が固まっていきました。
伝 狩野元信筆《四季花鳥図屏風》室町時代 16世紀 根津美術……

福井から若狭湾を眺め敦賀へ 旅行作家・下川裕治がたどる「奥の細道」旅15

2021/03/03 10:01
下川裕治さんが、松尾芭蕉の「奥の細道」の行程をたどる旅。前回は石川県の山中温泉で、足湯だけを体験し先を急いだ下川さん。今回は越前ガニが名物の、福井県の海沿いを進みますが……。
■本連載「クリックディープ旅」(ほぼ毎週水曜更新)は、30年以上バックパッカースタイルで旅をする旅行作家の下川裕治さんと、相棒の写真家・阿部稔哉さんと中田浩資さん(交代制)による15枚の写真「旅のフォト物語」と動画でつづる旅エッセーです。
(写真:阿部稔哉)
奥の細道を歩く・山中温泉から敦賀へ
「奥の細道」をたどる旅も大詰め。山中温泉から日本海に沿った道を南下し敦賀(つるが)に進む。山中温泉から芭蕉と曾良は別々に進むことになる。山中温泉を発ったのは芭蕉のほうが先だったが、那谷寺(なたでら)から小松に戻っている。曾良はそのまま福井へ。曾良と離れたため、芭蕉がどの道を進んだのかははっきりしない。しかし曾良には、進む道をだいたい伝えたようで、曾良はそのルートを先まわりするように歩いている。僕らもその道に沿って福井、そして敦賀へと進んだ。
「奥の細道」は、1689年、松尾芭蕉が約150日をかけ、東京(江戸)から東北、北陸などをまわった紀行文。馬や船も利用しているが、基本的には歩き旅である。発刊は芭蕉の死後の1702年。
短編動画
敦賀の気比(けひ)神宮で詠……

平等院で関白忌 震災復興、コロナ平癒も祈る

2021/03/03 09:30
 京都府宇治市の平等院を創建した平安時代の関白・藤原頼通(よりみち、992~1074)をしのぶ「関白忌」の法要が2日、鳳凰(ほうおう)堂で営まれた。春を告げる行事として知られる。
 頼通は父・道長の別荘を改めて、1052年に平等院を開いた。釈迦の教えが衰える「末法」が始まる年とされ、極楽浄土への願いが背景にあった。
 948回忌の今年は、新型コロナウイルス対策で平等院の僧らだけが参加。本尊の阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)の前で、ハスの花びらの形の紙をまく「散華(さんげ)」で仏を迎えた後、読経した。
 神居文彰(かみいもんしょう)住職(58)は「東日本大震災からの復興と、コロナで人々が苦しむことが早く収まり、日常の生活を取り戻すように祈りを届けたい」と述べた。(小西良昭)

コンパクトなだけじゃない!「つるし雛」の魅力ご存知でしたか?

2021/03/03 09:04
つるし雛の風習は、静岡県、福岡県、山形県の3つの地域が、歴史的な背景や由来・文献等の残るゆかりの地となっており、併せて「全国三大つるし飾り」とも呼ばれています。どの地域においても、その起源は江戸時代末期ではないかと考えられています。
・福岡県「さげもん」
福岡県では、袋物を下げるという風習があります。これを「さげもん」と言います。
つるし雛の一つひとつの飾りが袋物になっており、ここに縁起のいいものを入れて飾ります。多くのつるし雛は形を模した人形を飾ります。ですが、福岡県の「さげもん」は人形ではなく、吊るした小さな袋に本物を入れて飾るというのが通例となっています。
・静岡県「雛のつるし飾り」
つるし雛の多くは、紙細工や布で作った人形を飾るのが一般的。木工細工をつるし雛に吊り下げるのが静岡の特徴です。静岡県では、雛人形に使われる木工細工を多く作っていたためです。つるし雛に飾る際には、雛人形に飾るお道具を更に小さくした木工細工を作り、それを飾ります。ミニチュア版の細工も見ものです。
・山形県「傘福」
つるし雛は、木の枠組みにぶら下げたり、電灯の笠のような形をしたものにぶら下げたりして飾ります。山形県では傘にぶら下げて飾るのが通例で、これを「傘福」と呼び親しまれています。

歴代門跡のひな人形 法華寺で3月14日まで

2021/03/03 09:00
 奈良時代に総国分尼寺として創建された奈良市法華寺町の法華寺で、「古代雛(ひな)人形展」が開かれている。14日まで。 同寺の歴代門跡が持参した公家や皇室ゆかりのひな人形など約90点を東書院で展示。久我 ...

圧巻40mの大絵巻 芭蕉の生涯描く 大津で全巻初公開

2021/03/03 09:00
 【滋賀】総延長40メートルにもなる、江戸時代の俳人・松尾芭蕉(1644~94)の生涯を描いた絵巻「芭蕉翁(おう)絵詞伝(えことばでん)」(全3巻)が、大津市歴史博物館(御陵町)で展示されている。開館30周年の企画展「芭蕉翁絵詞伝と義仲寺(ぎちゅうじ)」だ。33の場面を描いた大作で、全巻公開は初めて。4月11日まで。
 絵巻は縦約38センチ。3巻で長さが計40メートルあり、四角い展示室の3辺の壁に沿って、広げて公開されている。墓のある義仲寺(大津市馬場1丁目)の門外不出の寺宝で、保存状態が良い。緑青(ろくしょう)や白群(びゃくぐん)などの顔料を贅沢(ぜいたく)に用いた色彩は鮮やかだ。
 絵巻は伊賀(三重県)出身の芭蕉が10代で出仕するところから始まる。後に江戸に構えた草庵(そうあん)には、俳号の由来となった芭蕉(バナナに似た植物)が庭に植えられている。
 「奥の細道」の旅では、白河の関(福島県)や松島(宮城県)など各所の風景を詳細に描写。晩年に訪れた京都の四条河原での納涼や琵琶湖の浮御堂(うきみどう、大津市)を写実的に描き、義仲寺の墓で終わる。
 市指定文化財で、一般公開は芭蕉の没後300年の1994年に一部の挿絵が展示されて以来となる。
 芭蕉の顕彰に生涯を捧げた文人僧・蝶夢(ちょうむ、1732~96)が11年かけ、芭蕉の99回目……

海をテーマにしたひな人形展

2021/03/03 07:43
3月3日は桃の節句です。
港町・神戸では、海をテーマにしたひな人形を集めた展示会が開かれています。
神戸市中央区の神戸海洋博物館で開かれている展示会には、岐阜県出身の人形作家、後藤由香子さんが制作した海をテーマにしたひな人形が展示されています。
このうち、「夜明けのシンフォニー」は、平安時代からの伝統的な文様をあしらった青を基調とした衣装が特徴で、びょうぶや台座にはカモメや波が彫られています。
シンフォニー=交響曲という名前のとおり、人形は笛や琴を手に、譜面台に向き合っています。
また、「MANA」と題された作品は、淡いブルーの衣装に、波に見立てた文様がほどこされ、小道具には貝殻が使われているほか、和紙でできたびょうぶにはさざ波が光に照らされている様子が表現されています。
神戸海洋博物館の藤田茜さんは「海をテーマにしたものは珍しいので、一般的なおひなさまとはまた違った表情やかさねの色合いなどの作家のこだわりを見てほしい」と話していました。
展示会は、3月14日まで開かれています。

やまと・民俗への招待:人夫のアミダクジ /奈良

2021/03/03 06:51
 奈良市田原の岡井稲郎さんに久しぶりにお会いした。田原地区自治連合会や伝統芸能保存会の会長などを務め、その後も地元の歴史や民俗文化を生かしたさまざまな活動を行い、最近は自家の「叩き番茶」を普及しようと考えている。
 岡井家は中之庄で造り酒屋を営んでいたが、祖父の代から運送業を始めた。当時の看板や激しい労働でつぎはぎだらけになった厚手の木綿の法被などが残されているが、「人夫のアミダ」というものが残っている。
 田原はさまざまな物資運搬の中継地点であった。都祁方面で、寒冷な気候を利用してかつて盛んに作られていた凍り豆腐や柴やワルキ(割木)などが奈良方面へ運ばれ、反対に小倉(旧都祁村)や波多野(山添村)方面へ、雑貨・肥料・農具・日用品などが運ばれていた。こうした荷は、牛か馬に一本梶(かじ)の荷車をつけて馬方が曳き、田原地区内の荷は、台八車を人が肩で曳いていた。馬方が集まる岡井家に、ロープを束ねたクジ(籤)…

城陽・芝山遺跡 埋蔵文化財調査研究センター、古墳7基を確認 「蛇行剣」も /京都

2021/03/03 06:48
 城陽市東部の丘陵地帯に広がる芝山遺跡・古墳群(同市富野)について、府埋蔵文化財調査研究センターは2月24日、2020年度の発掘調査で7基の古墳と、府内3例目となる「蛇行剣」2振り、中国製の銅鏡などが見つかったと発表した。遺跡の調査は20年度で終了するが、4世紀終盤(古墳時代前期末)~6世紀後半(同後期)の計37古墳を確認した。【鈴木健太郎】
 同遺跡の調査は、新名神高速道路建設工事に伴い15年から実施。20年度は4月から三つのエリアで行った。

宇治から鎮魂祈り 平等院・関白忌 /京都

2021/03/03 06:48
 世界遺産・平等院(宇治市)を創建した平安時代の関白・藤原頼通(992~1074年)をしのぶ「関白忌」が2日、国宝・鳳凰堂内で営まれた。春を呼ぶ行事として知られるが、東日本大震災から10年となる2021年は震災からの復興と犠牲者の冥福や、新型コロナウイルス禍の早期収束も祈願した。
 堂内で行われる唯一の行事で、今回は頼通の948回忌に当た…

個性さまざま、ひな人形250点 川俣で展示会 /福島

2021/03/03 06:28
 絹織物でかつて栄えた川俣町の息吹を伝えるひな人形展が、同町の「かわまたおりもの展示館」で開かれている。江戸時代から現代までのひな人形など約250点を展示している。28日まで。
 会場は、天井からつり下げられた色鮮やかなつるしびなや大小さまざまなひな人形が飾られている。町内の子どもたちが手がけた愛らし…

ひな祭りの定番「ちらしずし」、五目ずしとは何が違う? ばらずしもあるけど…(オトナンサー)

2021/03/03 06:10
ひな祭りの定番「ちらしずし」、五目ずしとは何が違う? ばらずしもあるけど…(オトナンサー)  Yahoo!ニュース

貴族の景色 一番乗り 熊野川舟下り始まる

2021/03/03 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

出雲国府跡に「前殿」遺構

2021/03/03 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

江戸から現代優雅に

2021/03/03 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

なぜ、ひな祭りのお吸い物に「蛤(はまぐり)」を入れるの?

2021/03/03 04:52
ひな祭りの行事食として欠かせない蛤を私たちが食べるようになった歴史は古く、縄文時代まで遡るとされています。
「『蛤』の名前の由来は諸説ありますが、『はま(浜)のクリ(石の意)』=『浜栗』という説が有力だそうです。
古くは縄文時代より日本人に好まれ、『日本書紀』(720年成立)にも登場しています。『日本書紀』の景行天皇五十三年の条で、磐鹿六鴈命(いわかむつかりのみこと)が、天皇へ『白蛤(うむぎ/蛤の古名)の膾(なます)』を献上したところ、天皇は大いに賞味され、このきっかけで天皇の料理人になったというのです。また、これが日本最古の料理の記録とされています。
さらに、江戸時代になると、東海道・桑名の焼蛤が名物となり、『その手はくわなの焼蛤』という言葉が流行って知名度は抜群だったようです。
蛤は美味しいだけではなく、16世紀に明で編まれた『本草綱目』には、「肺を潤し、胃を開き、腎を増し、酒を醒ます」とあり、身体にも良く、左党にも嬉しいものでした」(北野さん)
4月頃までが旬とされている蛤。ひな祭りではもちろん、これからの春の時期には、古くから伝わる旬の風味を味わってみてはいかがでしょうか。
>>〔関連記事〕ひなまつりのお供え物の意味
>>お天気ニュース記事一覧

糸井重里さん「ほぼ日の判断基準は平安時代の人でもよろこぶか」

2021/03/03 02:20
中竹竜二さん(以下、中竹):『ウィニングカルチャー 勝ちぐせのある人と組織のつくり方』という本を執筆しています(取材は2020年夏に実施)。文化とは、英語で言うと「cultivate」。「耕す」という意味です。組織文化とは、外部からパワフルなリーダーが来て、何らかのツールを活用して劇的に変わるようなものではなく、少しずつ、長い年月をかけて耕していくものだと考えています。
 そういう意味では、糸井さんの経営するほぼ日はまさに「cultivate」しているように感じました。ほぼ日のカルチャーは、誰もがまねしたいと思っても、まねのできない境地に至っています。そんな組織文化をつくり上げた糸井さんに、組織文化についてお聞きしたいと思います。
糸井重里さん(以下、糸井):組織で仕事をするのは、時間をどれだけ会社に捧げているかが基準になります。そして、捧げた時間が価値あるものだと認定されると、給料が上がります。
 でも、本当はそれだけでは、うまく整合性が取れませんよね。
 フリーランス時代、ぼくは無償の仕事を請け負ってきました。時間を使うことに対してお金を発生させないのは、まさに「知の蕩尽(とうじん)」です。でも、それがおもしろかったんです。
 価値があるとされることにお金をたくさん払ってもらうと、無償のことをする余裕が出てきます。ぼくは自分の原……

ひな祭りの特別ゲスト?ひな人形に飛鳥時代の歌人・柿本人麻呂が飾られる理由とは

2021/03/03 00:33
ひな人形の勢ぞろい。Wikipedia(撮影:David Wiley氏)より。
ここに人形メーカーがオリジナリティを出そうと特別ゲストを登場(追加)させるのですが、以下の組み合わせが多いようです。
一、三賢女(小野小町、清少納言、紫式部)
一、鶴と亀(能の演者)
一、三歌人(小野小町、柿本人麻呂、菅原道真)
女の子のお祭りなので、賢く美しい女性に育って欲しいとの思いから三賢女は解ります。健康成就を祈る意味から、鶴と亀も納得です。
でも、三歌人(和歌にすぐれた三人)はどうして雛祭りに登場するのでしょうか。
小野小町(おのの こまち)は絶世の美女と言われましたから、美しく育って欲しいとの願いを込めて、菅原道真(すがわらの みちざね)は学問の神様として現代でも信仰されていますが、柿本人麻呂(かきのもと ひとまろ)はちょっと道真とキャラがかぶっている気がします。