相模国分寺跡 の国史跡指定100年 海老名で記念展|みかわの名建築 (28)羽田八幡宮文庫(豊橋市)|久留米絣 を使用したビームスの カスリ を際立たせ…|他

Contents

「相模国分寺跡」の国史跡指定100年 海老名で記念展

2021/04/05 11:45
 中山と同じ海老名小教諭だった石井伴七(ばんしち)が精密に描いた、普段は公開されていない「相模国分寺金堂・七重塔之図」(縦1・3メートル、横約1・5メートル)も展示した。塔最上部の水煙の一部とみられる銅製品や瓦などの出土品、他の7カ所の国分寺跡に関するパネル展示などもある。
 コンピューターグラフィックス(CG)による動画「奈良時代の相模国分寺」(4分2秒)を湘南工科大の協力で製作。七重塔、金堂、回廊などが実物さながらに再現され、市ホームページからたどって見ることができる。同館は「100年前の史跡指定がなければ現在のような保存は難しかった。動画を通じて相模国分寺跡を多くの人に知ってもらいたい」としている。展示は12月5日まで。5月10日、7月12日、9月13日休館。入館無料。(石本 健二)

<みかわの名建築> (28)羽田八幡宮文庫(豊橋市)

2021/04/05 11:08
 豊橋駅からほど近い住宅地の一角に、近代図書館の先駆けとなった土蔵がある。間口五・四メートル、奥行き三・六メートル、高さ六メートル、平屋造りの羽田八幡宮文庫(豊橋市花田町)だ。一万冊がところ狭しと並び、江戸時代の町民の学習拠点となっていたという。貴重な資料は既に移され、文庫としての役割は終えたものの、十九世紀に建造された建物はほぼ当時の姿を今に伝える。...

「久留米絣」を使用したビームスの「カスリ」を際立たせるサステナブル素材「エコペット」の魅力とは? (PR)

2021/04/05 11:00
 ビームスのハウスブランド「カスリ(CATHRI)」の2021年春物は、帝人フロンティアのリサイクルポリエステル繊維「エコペット(ECOPET)」を使用したアイテムに注目だ。藍染めの美しいドレッシーなワンピースのほか、コレクション全体の約30%に「エコペット」が織り込まれている。
 同ブランドを立ち上げた佐藤幸子「ビームス プラネッツ(BEAMS PLANETS)」「カスリ」ディレクターは、「エコペット」の魅力をこう説明する。
 「私が担当しているハワイ州観光局とのプロジェクトで、4月に発売するアロハシャツの生地として環境に優しいリサイクル素材を探していた中で『エコペット』に出合った。サステナブルなだけでなく、ハワイのアーティストが環境をテーマに描いたカラフルなイラストを生地上で鮮明に再現できる機能性にも優れている。さらにシルクのように上質な光沢感が『カスリ』にぴったりだと感じた」。「エコペット」を使用したワンピースの価格は5万3900円(税込み)。
 「エコペット」は製造工程で発生したポリエステルくずや、回収された使用済みポリエステル製品、ペットボトル等から、マテリアルリサイクル技術もしくはケミカルリサイクル技術により再生されたリサイクルポリエステル繊維、原綿およびそれを使用した生地、製品のブランド。1995年に誕生し、今年25周年を迎えた。……

刀剣入門者にもオススメ!日本刀の基本が詰まった『刀剣画報 三日月宗近と日本刀入門』4月6日(火)発売

2021/04/05 10:58
「五箇伝」の枠を外し、刀剣初心者が興味を持つ刀工20名をピックアップし解説。
三条宗近、一文字則宗など平安・鎌倉時代から、水心子正秀、源清麿など江戸末期の刀工まで幅広く取り上げる。
さらに、現存する在銘作がなく、多くの謎に包まれた天才刀工・郷義弘の刀から代表的なものを掲載したページも。
◆三日月宗近と天下の名刀◆

なぜ?“まん防”使わないで…気仙沼市が異例の要望

2021/04/05 10:56
 新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」を“まん防”と略す言い方について、宮城県気仙沼市が「“まん防”という略称の使用については慎重に判断頂きたく、切にお願いするものです」と、異例の要望書を出しました。
 気仙沼市で先月リニューアルオープンしたばかりの道の駅「大谷海岸」のトレードマークが、魚のマンボウとなっているため、マイナスイメージになりかねないと危惧したためです。
 しかし、道の駅「大谷海岸」の小野寺正道駅長は「私は、それほど悪いイメージはないのかなと思っています。むしろマンボウ自体は、まん延防止の対策にいいんじゃないかと考えている」と話します。
 実は、マンボウはアマビエのように「疫病退散」の願いをかなえる生物とも言われていて、江戸時代後期の木版画には、マンボウと見られる絵に「疫病除ケ」の文字が書き込まれています。
 和歌山市立博物館には「大阪などで『まん防』が始まる今こそ、展示を」との声が相次ぎ、4日、この木版画の展示を再開しました。
(「グッド!モーニング」2021年4月5日放送分より)

書道部の「挑戦」、教科書に 教諭指導に注目 埼玉・滑川総合高

2021/04/05 10:39
 「書の甲子園」の愛称で知られる「国際高校生選抜書展」(毎日新聞社、毎日書道会主催)で2017年度から4回連続で北関東地区の団体優勝に輝き、巨大な紙の上で音楽に合わせて作品をつくる書道パフォーマンスでも知られる埼玉県立滑川総合高校書道部。その活動と、顧問の石原裕子教諭(60)の歩みが、4月からの中学校の道徳教科書で紹介されている。
仮名にこだわり、独特パフォーマンス この教科書は東京書籍が出版した21年度の中学2年用「新しい道徳」。「伝統文化を継承し発展させていくために」という項目で、「書道パフォーマンスの挑戦」と題して、石原教諭が前任の県立松山女子高校書道部顧問時代から「仮名」にこだわった書のスタイルに取り組んでいることや、教え子の書道パフォーマンスについて5ページにわたって取り上げられた。全国の中学2年生のうち約3割が、この教科書で道徳を学ぶという。

聖火リレーでめぐる47都道府県【4月5日~】愛知県のルート&名所・観光スポット3選

2021/04/05 10:00
東京2020オリンピックの聖火リレーは、ギリシャの首都アテネで引き継がれた聖火が47都道府県をめぐり、日本を一周します。聖火リレーのルートに沿って、日本各地の名所・観光スポットをご紹介します!
愛知県のルートとランナーは?
聖火リレーは20201年3月25日(木)に福島県からスタート。4月5日(月)~6日(火)は愛知県を聖火ランナーが走ります。
●1日目(4月5日)
瀬戸市の深川神社を出発して名古屋市、春日井市、名古屋市、一宮市、犬山市、名古屋市、稲沢市、名古屋市、清須市、名古屋市の名古屋城・二の丸広場に到着します。
●2日目(4月6日)
豊橋市のこども未来館ここにこを出発し、半田市、豊川市、安城市、刈谷市、岡崎市、大府市、豊田市を経て豊田スタジアム・西イベント広場に到着します。
愛知県を走る有名人ランナーはこちら!
●元女子プロ野球選手・三浦伊織さん
一宮市を走行(4月5日)
●お笑い芸人・天野ひろゆきさん
岡崎市を走行(4月6日)
●タレント・松井玲奈さん
豊橋市を走行(4月6日)
見どころ・熱田神宮
名古屋市にある熱田神宮は、三種の神器のひとつである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)をまつる神社です。草薙神剣は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国征討で使用した神剣で、……

一人の浮世絵師が見つめた人物、歴史に触れる―新潟県立万代島美術館 企画展「芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」

2021/04/05 10:00
新潟県立万代島美術館(新潟市中央区)で3月20日(土・祝)から5月5日(水・祝)まで開催されている企画展「芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」の内覧会に行ってきました。
幕末から明治にかけて活躍した、最後の浮世絵師として知られる月岡芳年(つきおかよしとし)の芸術に迫る企画展となっています。
《文治元年平家の一門亡海中落入る図》嘉永6年(1853)©西井コレクション第一章は、江戸時代末期の浮世絵師・歌川国芳に弟子入りしてから3年後の、15歳の時に手掛けたというデビュー作から。中央に現れたヒーロー的人物を見て青ざめている武士たちが…。
カメラマークが付いている作品は写真撮影可能で、SNSにアップしてもOKだそうです。
《五代目板東彦三郎のすけの局
 二代目沢村訥升の源義経
 五代目大谷友右衛門の新中納言平知盛》慶応3年(1867)©西井コレクション芳年が、歌舞伎「義経千本桜」の「大物浦」を取材したときの作品。役者たちの格好や表情、背景の柄から、歌舞伎の華やかさを感じます。
《魁題百撰相 駒木根八兵衛》明治元年(1868)©西井コレクション第二章では芳年が目の当たりにした戦闘の画や「血みどろ絵」などが並びます。こちらは小さなお子さんや苦手な人は観覧を避けられるようになっていますのでご安心を。
《義経記五條橋之図》明治1……

四国遍路研究と世界遺産運動

2021/04/05 10:00
 四国遍路は、四国一円に広がる弘法大師(空海)ゆかりの八十八カ所霊場を巡る、全長1400キロにも及ぶ壮大な円環型巡礼です。その原型は1200年以上前に空海が行った厳しい修行に由来し、長い歴史のなかで変容と発展を遂げてきました。今もなお多くの人々を四国へ誘い、地域の人々もお接待で迎える、生きた四国の文化です。
 近年の研究では、四国遍路の成り立ちは段階的なものであったという説が有力です。平安時代、四国は都の南西海上にある聖なる島として信仰されていました。その山や海の険しい場所を「辺地(へじ)」と呼び、四国遍路の歴史は、僧侶たちがこの険しい地を歩いた「辺地修行」に始まります。
 鎌倉・室町時代になると、僧侶の修行は弘法大師の修行地を選んで行われ、「四国辺路(へんろ)」と呼ばれました。江戸時代には八十八カ所の札所が確立。庶民が歩く巡礼へと変化し、「四国遍路」が完成します。
 信仰の世界では、弘法大師が平安初期の815(弘仁6)年、四国霊場、あるいは八十八カ所を開創し、四国遍路が始まったとされています。四国八十八カ所霊場会や四国の自治体は2014年を「四国遍路開創1200年」と位置付け、記念行事を展開しました。
 実は史料上、この記録は見つけることができません。815年、伝承では大師が42歳の厄よけに遍路を行ったとされています。このことが翌年に高……

《沖田総司が所有していた菊一文字》を現実世界に! 菊一文字草子プロジェクト

2021/04/05 10:00
●久保 善博(くぼ よしひろ)刀匠について
2016年 広島県無形文化財指定
2019年 全日本刀匠会副会長 就任
久保さんは千葉大学園芸学部を卒業後、同大学院にてバイオ研究で素晴らしい成果を収め、周囲からは研究者になると期待されていました。そんな久保さんは、偶然観たテレビ番組で「鎌倉時代の名刀は現在の技術では絶対に作れない」と語る刀匠の言葉に「700年前に出来たことがなぜ出来ないのか?」と疑問を抱きます。
そして、鎌倉時代の刀を自らの手で再現したいと考え、刀匠の道を志しました。
研究者としてのスキルを活かして独自に製鉄技術を追究され、瀬戸内市で実施した「日本刀の聖地・長船 令和の名刀を活用した観光魅力拡大プロジェクト」では国宝「大般若長光」の写しを制作されました。
●ヨミトク会について
文化や歴史という言葉を聞いた時、多くの人は教科書や専門書に載っているような「私たちの生活から切り離されたもの」をイメージされると思います。
しかし、教科書や専門書に載っているような文化や歴史も、実はその国、その時代の生活の延長線上にあるものであり、同様に私分たちの生活の延長線上にもたくさんの文化や歴史があるのだと私は考えています。
そのような考え方に基づき、ヨミトク会は「文化と歴史をエンターテイメントで読み解く」をテーマに……

聖徳太子一四〇〇年遠忌 30人読経、遺徳しのぶ 法隆寺で法華・維摩講 /奈良

2021/04/05 07:20
 聖徳太子が622年に亡くなってから今年で1400回忌となるのに合わせて営まれている「聖徳太子1400年御聖諱(ごしょうき)法要」の2日目の「法華・維摩講(ゆいまこう)」が4日、法隆寺(斑鳩町)であった。同寺のほか、東大寺、興福寺、西大寺、唐招提寺、薬師寺(いずれも奈良市)の僧侶ら計約30人が参列し…

先人が伝える日本の災害 江戸後期からの絵図など150点 東日本大震災10年、京都文化博物館で企画展 /京都

2021/04/05 07:18
 自然災害が頻発する日本列島に生きる私たちの先人は、惨禍や教訓をどのように伝えてきたのか。京都市中京区の京都文化博物館は、江戸時代後期にさかのぼる約150点の絵図や文書を同館2階で公開している。京都市中でたびたび起きた大火の焼失範囲を示した瓦版も多数展示し、“歴史上の災害”を身近なものにしている。東日本大震災から10年の節目の企画。5月16日まで(4月半ばに展示資料の入れ替えあり)。【南陽子】
 大阪に生まれ、旧同和火災海上保険の初代社長となる広瀬鉞太郎(えつたろう)(1880~1958年)が、1923年の関東大震災をきっかけに15年ほどかけて資料を収集した。大都市だけでなく、地方で起きたさまざまな災害の記録を網羅した1400点余りから成る。過去の活用は限られていたが「日本で最も大規模で重要な災害関係資料群の一つ」とされる。現在はあいおいニッセイ同和損保が受け継ぎ、2018年度に寄託を受…

「木が生い茂っているところはだいたい古墳」 イラストレーター山田全自動さ んが「堺市あるある」を紹介

2021/04/05 07:00
 大阪府堺市は、市の魅力を発信しようとコミカルな浮世絵イラストで知られるイラストレーター山田全自動(やまだ・ぜんじどう)さんとコラボしたイラストや動画などを作成、堺市ホームページなどで公開している。
 「堺市あるある」は10種類のイラストで構成。「住所が『〇丁目』じゃなくて『〇丁』」「出身を聞かれると『大阪出身』ではなく『堺出身』と答える」「木が生い茂っているところはだいたい古墳」といった堺市の“あるある”を山田さんのイラストとともに紹介している。
 山田さんが堺市を訪れ、線香などの工場見学や茶の湯体験を通じて感じた堺の魅力について日記風の漫画で紹介。「注染(ちゅうせん)編」「線香編」「茶の湯編」「環濠(かんごう)編」がある。
 「注染編」「線香編」「茶の湯編」「環濠編」は動画も制作し「ええやん、堺」としてユーチューブで公開している。
 また、ユーチューブでは山田全自動さんとのコラボとは別に、仁徳天皇陵(大山古墳)に代表される百舌鳥(もづ)・古市(ふるいち)古墳群が築造から世界遺産に登録されるまでの1600年をパラパラ漫画アニメーションにした物語「古墳とある街、堺」も公開している。

「感染広げては…」天皇陛下も自ら提案 令和式で新風景

2021/04/05 07:00
両陛下、300キロ以上離れた参加者に会釈 今年のお題は「実」。皇族方や入選者は「実り」「実験」「実習」など、様々な「実」を含んだ歌を寄せました。
 コロナ禍での開催となった令和3年の歌会始の儀。特別だったことは、大きく分けて二つあります。ひとつは歴史上で確認できる範囲では初めて1月に行われなかったこと(中止はあります)。もうひとつはその伝統様式にも大きな変化があったことです。
 写真をみるとわかるように、皇族方、職員、入選者ら出席者は全員マスクを着用。歌を詠み上げる講師ら声を出す6人はフェースシールドを着け、席には飛沫(ひまつ)防止のためのアクリル板が置かれました。6人と、その控えの人たちは事前にPCR検査も受けて儀式に臨みました。
 出席者の人数も、大幅に絞られています。
 例年は、「陪聴者」として政府関係者ら約100人が招かれますが、今年はなんと3人に。宮内庁関係者によると、天皇陛下は「皇室行事であっても、感染を広げるようなことはあってはいけない」と考えており、万全の感染症対策がとられました。
 そして、最も特徴的だったのは、緊張の面持ちで座る入選者たちの間に、1台のモニターが置かれていたことです。10人の入選者のうち、福井県の女性は本人の希望でオンラインで参加しました。
 モニターはほかの入選者の顔の位置と同じ高さになる……

価値のある場の提供を。究極のサステナブル、和蝋燭の世界(Forbes JAPAN)

2021/04/05 06:54
価値のある場の提供を。究極のサステナブル、和蝋燭の世界(Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

あだ名は“ブリキのパンツを穿く男”……両陛下をサポートする新侍従長の素顔(文春オンライン)

2021/04/05 06:38
あだ名は“ブリキのパンツを穿く男”……両陛下をサポートする新侍従長の素顔(文春オンライン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

芦屋釜鋳物師が独立記念展 復元品や創作釜など14点 芦屋町・樋口陽介さん、「釜の里」で11日まで展示 /福岡

2021/04/05 06:32
樋口陽介さん(40) 室町時代を中心に作られた茶の湯釜の名器「芦屋釜」の鋳物師(いもじ)を目指して16年間修業し、今月独立した芦屋町の樋口陽介さん(40)の作品展が、同町山鹿の文化施設「芦屋釜の里」で開かれている。樋口さんが丹精込めて制作した復元品や創作釜など14点が展示されている。【奥田伸一】
 樋口さんは福岡市出身。福岡教育大在学中に鋳物に触れ、同大大学院修了後の2005年4月に釜の里の鋳物師養成員に。「和ずく」と呼ばれる鉄を使い、釜の厚さが2ミリと極薄の制作技術を追究してきた。視野を広げようと、中国の青銅器研究に参加し…

【日本民藝館・古屋真弓1】若者が長蛇の列「アイヌの美しき手仕事」展の仕掛け人が語る民藝の力

2021/04/05 06:30
民藝の意味は、ものそのものの美しさにとどまらず、それを生み出し、それを使って暮らす人たちを認めるということにつながっていく。それが民藝の本髄ではないかと古屋は言う。
「民族それぞれに素晴らしいものを持っていて、それぞれの民族が素晴らしい。そして自分たちも誇りを持つということ。他者を認めるということが民藝の根本にはあると思います」
これは大きく言えば世界平和なんです、と古屋は続けた。
「アイヌ工芸のすごくいい展覧会を見たなという記憶や、美しい衣装への感動が心に残っていれば、アイヌ関連のニュースを見たときに、アイヌが直面する問題は他人事ではなくなるでしょう。展覧会で心を動かされたという体験がいつかそんなふうにつながっていけばいいなと思います」
展覧会の準備期間には、作品調査のために北海道から研究員のグループが訪れた。古屋が収蔵室から日本民藝館のコレクションをひとつひとつ取り出して見せると、そのたびに研究員たちから歓声が上がった。アイヌの手仕事を敬愛する研究員たちの姿に胸があたたかくなる思いがしたという。
古屋が日本民藝館を初めて訪れたのは18歳、高校3年生のときだ。「わたし、ここが好き!」と直感した。それ以来、古屋にとっていつも民藝は生活における大切な価値観になった。それから日本民藝館の学芸員になるまでには、暮らしの中の民藝を実体験する……

「なめり」「てだこ」「YRP」不思議な駅名なぜできた 「源じいの森」爺さんじゃない?

2021/04/05 06:20
「長泉なめり」「てだこ浦西」「阿仁マタギ」など、鉄道の駅名には「それ何?」と思ってしまうひらがなやカタカナが混ざっているものがあります。どういう意味で、なぜその名が付けられたのか、それぞれに納得の理由がありました。
誰でも読めるようひらがな表記 日本の鉄道駅名は、その駅が立地する地名、付近の施設名などに由来することが大半です。表記は多くが漢字のみですが、中には漢字とひらがな、時にはカタカナが混ざっていて、知らない限り一見では意味がつかめない駅名もあるでしょう。そのような不思議な駅名を取り上げてみます。
長泉なめり 静岡県長泉町のJR御殿場線の駅には、「長泉なめり」という駅があります。「長泉」は町名ですが、では「なめり」とは何なのでしょうか。
 実は「なめり」も地名です。漢字で「納米里」と表記します。これは、同地の地表が溶岩台地の上にありながら滑らかだったことに由来します。ちなみに付近にある「土狩」(とがり)という地名は、地表が複雑な起伏を成し尖っていたことに由来します。
長泉なめり駅は、静岡県長泉町納米里(なめり)にあるJR御殿場線の駅(画像:写真AC)。てだこ浦西 沖縄都市モノレール(ゆいレール)の東の終点駅が「てだこ浦西」です。「てだこ」とは沖縄の方言で「太陽の子」を意味します。駅が立地する浦添市によると、琉球王朝の第2王統「英祖王」……

ピンクの船でスイーツ、テイクアウト天丼いかが‥‥ 風評に苦しんだ屋形船、春の巻き返し 換気の良さもアピール

2021/04/05 06:00
 首都圏などへの緊急事態宣言の解除を受け、東京湾の屋形船が客足を呼び戻そうと懸命だ。昨年春に新型コロナウイルス感染が広がり始めたころは団体客から感染者が出て風評に苦しみ、行楽シーズンの今も影響は続く。各船宿は船体のデザイン一新や新商品の投入、換気の良さをアピール。屋形船の文化を絶えさせまいと奮闘している。(吉田通夫、嶋村光希子)

華やぐ春、古墳彩る菜の花畑…大阪・羽曳野市

2021/04/05 06:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

地球に生きる 第15部富士山 日本の最高峰 秘めた猛威、防災対策を 1200年間で10回程度 最後の噴火は江戸時代に

2021/04/05 05:23
 日本最高峰の標高3776メートルを誇る富士山。古来より文学作品にその名をとどめ、近年は気象観測の拠点となった一方、火山として猛威を振るってきた。火を噴けば都市機能をまひさせ、周囲を「灰色の世界」に一変させる威力を秘めている。最後の噴火とな...

国の安泰 厳かに祈る

2021/04/05 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

〈41〉長堀 龍馬や弥太郎も歩いたか

2021/04/05 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

忍びの魅力 磨き発信

2021/04/05 05:00
 自称「ただの忍者オタク」。だが、旧家の主(あるじ)で2000年代に古文書を確認した渡辺俊経さん(83)が転居に際し、今後の活用を含めて屋敷を託しただけあって、その知識と見識は半端ではない。
 2018年、地元の甲賀忍術研究会が主催する「甲賀流忍者検定」で上級に合格。同年春から3年間、三重大大学院修士課程の忍者・忍術学コースで学んだ。最初の2年間は週1回、東京から始発に乗って通い、この3月に修了してコース2人目の学位を得た。
 修士論文のテーマは、江戸時代に書かれたとされる忍術秘伝書「万川集海(まんせんしゅうかい)」の成り立ちだ。各地に残る写本を比較研究して系譜をたどり、三重県伊賀市に残る巻物風の書物を元祖と推定。その上で「伊賀から甲賀へと受け継がれたのでは」と結論づけた。
 幼い頃から人気漫画「落第忍者乱太郎」のファンだったが、「がっつりはまった」のは意外にも社会人になってから。東京で外国人向けに忍者体験プログラムを提供していた道場で手裏剣の使い方などを習い、とりこになった。
 全国の忍者愛好家と知り合い、伊賀で市民講座があれば夜行バスに乗って駆けつけた。東京・日本科学未来館で16年に開かれた忍者企画展では、三重大教授らの解説をむさぼるように聞いて刺激を受けたという。
 「現代人がイメージする、黒装束で秘術を駆使する忍者像は、江戸……

奇に満ちた恋人の聖地

2021/04/05 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……