日本初の 電線絵画展 ~なぜいま電線・電柱にスポット…|徳川家康が使ったかもしれない軍配など お宝がザックザ…|八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 の街区名…|他

日本初の「電線絵画展」~なぜいま電線・電柱にスポットを当てたのか(ニッポン放送)

2021/04/08 17:46
日本初の「電線絵画展」~なぜいま電線・電柱にスポットを当てたのか(ニッポン放送) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

徳川家康が使ったかもしれない軍配など、お宝がザックザク! 東海道1900年の歴史を誇る神社

2021/04/08 17:32
徳川家康が使ったかもしれない軍配など、お宝がザックザク! 東海道1900年の歴史を誇る神社  テレビ東京

「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の街区名称を「東京ミッドタウン八重洲」に決定日本の玄関口・八重洲に、第3…

2021/04/08 17:16
「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の街区名称を「東京ミッドタウン八重洲」に決定日本の玄関口・八重洲に、第3の「東京ミッドタウン」が2022年8月末竣工(予定):時事ドットコム  時事通信

加東市の山頂にあるお寺の境内にドッグランがオープン

2021/04/08 17:01
加東市にある標高およそ550メートルの山頂にある寺の境内に、愛犬と遊ぶことができるドッグランがオープンし、さっそく犬が飼い主と遊んで楽しんでいます。
今月3日にオープンしたドッグランは、およそ1400年の歴史があり、秋は紅葉の名所として知られる加東市の播州清水寺です。
施設は広さおよそ170平方メートルあり、高さ1.5メートルのフェンスで囲まれ、小型犬と中型から大型犬の2つのスペースに分けられています。
寺の住職が大の犬好きで境内での犬との散策を認めていて、その情報をSNSで発信すると話題になったことから、参拝客が訪れやすいようにと住民や支援者の協力を得て、2か月かけて整備しました。
施設は杉の木立の中に作られ、そばには江戸時代に作られた石垣がある趣のある雰囲気で、犬は暖かい春の木漏れ日を浴びて、飼い主と走り回ったりおやつを食べたりして遊んでいました。
西脇市からピーグルのオスの6歳、「りく」ちゃんと訪れた30代の夫婦は「自宅と違って広いので、いつもよりそわそわしています。密にならないのでよい場所です」と話していました。
寺の広報を担当する徳田康雄さんは「広い境内なので、犬と一緒にのんびり散歩に来てもらえたらと思います」と話していました。
ドッグランは無料で利用できますが、入山拝観料が必要です。
大人は500円、高……

ひやむぎとそうめんの違いとは

2021/04/08 16:32
両者に大きな味の違いはありませんが、麺の太さから現れる食感の差で好き嫌いが分かれることもありそうです。
ひやむぎとそうめんの歴史ひやむぎとそうめんの歴史を知れば、両者の違いがより理解できます。名前の由来や歴史的時代背景などをあわせて紹介しますので、違いを比較しながら整理してみましょう。
ひやむぎの歴史ひやむぎの起源は室町時代にさかのぼります。当時、細いうどんは「切麦(きりむぎ)」とも呼ばれ、冷えた状態で食べるのを「冷麦(ひやむぎ)」、温かい状態で食べるのを「熱麦(あつむぎ)」と呼んでいました。
やがて「熱麦」が少なくなり、現在のひやむぎ・冷や麦になったといわれています。
そうめんの歴史そうめんは、奈良時代に中国から伝わったものが起源です。「索餅(さくべい)」という唐菓子から作られ、僧侶の間食として食べられていました。
室町時代になると「索餅」が「索麺(さうめん・さくめん)」になり、江戸時代には「素麺(そうめん)」と名前が変化していったといわれています。
ひやむぎに色付き麺が入っている理由ひやむぎにはピンクやグリーンの色付き麺が数本だけ混ざっているものがあります。この理由はご存じでしょうか? この色付き麺の存在理由は「そうめんと区別しやすくするため」とされています。
昔はそうめんやひやむぎ、うどんなどが一緒に並べられて販売……

【大和文華館】活気に満ちた時代の息吹を感じられる「桃山・江戸文化の輝き」展を開催します

2021/04/08 16:09
近鉄グループの文化事業である大和文華館では、4月9日(金)から5月16日(日)まで、「桃山・江戸文化の輝き」展を開催いたします。
戦乱の世が終わり、天下統一へと進んだ桃山時代には、天下人の美意識を反映し、絢爛豪華な絵画や工芸が制作されました。また、都市が再興する中で経済活動が活発化し、庶民も力を持ち、風俗画や素朴な画風など新しい絵画の題材や表現も展開します。この時代の特徴として、初めての西洋文化との出会いや、茶の湯の隆盛なども挙げられ、エネルギーに満ちた新たな造形が生み出されました。
徳川将軍を頂点に抱く政権が長きにわたって続き、泰平の世となった江戸時代には、伝統ある狩野派や土佐派が権威を持つ一方で、人や物資、情報の往来がさらに活発化し、求められる絵画が多彩となり、様々な出自の個性的な絵師たちが活躍しました。美しい食器や装身具など、生活を彩る工芸も多様化し、広い階層で用いられるようになります。江戸時代後半には、西洋文化が再び流入し、中国の明・清時代の文化も積極的に学ばれ、海外からの刺激が増加することで、また新しい文化が展開し、成熟していきました。
本展観では、美術作品を愛好する層が広がり、多様な文化が育まれた桃山・江戸時代の絵画や書、工芸を展示します。活気に満ちた時代が生み出した文化の粋をお楽しみください。
画像1: https://ww……

新体制スタートの西友(3)改革できるか?行き過ぎた本部集中仕入:【公式】データ・マックス NETIB-NEWS

2021/04/08 16:02
 新体制が取り組まなければならない課題の1つが地域のニーズへの対応だ。ウォルマートは経営権を掌握すると、子会社の地方スーパーを西友本社に統合し、それまで子会社ごとに行っていた仕入れを本部に集中した。
 九州では福岡市中央区平尾のサニー平尾店2階にあった商品部は生鮮部門を除き東京赤羽に移転した。かつて大勢の取引先で賑わったサニー本部はいま、西友九州事務所の看板がかかり、わずかな従業員がいるだけだ。
 地場での仕入れが多かった和日配まで東京に移り、地場業者は商談に赤羽までいかなければならなくなった。コスト高につくので東京に営業拠点のある鶏卵問屋は商談を東京で行い物流だけ九州で行うように切り替えた。小規模なこんにゃく業者は電話でやり取りしている。
※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

燃料電池革命!? FCモジュールでトヨタが見据える未来とは?

2021/04/08 16:00
 さてFCモジュールである。写真を見ていただけるとわかるように、縦型と横型の2タイプ。 内部に燃料電池本体やインバーター、水素やエアポンプなど組み込み済み。外部から水素と空気を送り込み、冷却水パイプを繋いでやれば発電できるというもの。
 カーボンフリー発電機だと思えばOK。出力は82馬力と109馬力の2種類が用意されるようだ。
 重量&大きさは、100馬力級のディーゼルエンジンと同じくらい。船舶用だと105馬力のヤンマーの「4JH3-DT」で289kg。ディーゼルエンジン搭載しているスペースに109馬力のFCモジュールを置き、取り出した電力でモーター(スクリュー)を駆動させるということ。今や大型客船の大半がモーター駆動になって ます。
 真面目な話、小型漁船やプレジャーボートのパワーユニットをどうしたらいいか、今や大きな課題といってよい。搭載した電池の電力だけで走るのは無理。軽油100L分のエネルギーを貯めようとすれば、リチウムイオン電池だと船体重量の半分以上に相当する1500kgくらいになってしまう。100馬力級のフネ、エンジン込みで2000kgくらいです。
 港にクルマと両方対応できる水素ステーションを作っておけば燃料補給は問題なし。
 最悪の水素切れは、トウモロコシなどから作るバイオメタノール燃料(カーボンフリーという分類にな……

GEN GEN AN 幻「峠の茶屋」4月17日(土)・18日(日)からGinza Sony Park地上フロアで毎月…

2021/04/08 15:00
お茶の持つ伝統と現代カルチャーの融合を具現化するGEN GEN AN 幻の新たな取り組み「峠の茶屋」。毎月限定メニューを開発し、第一回目の4月は、黒糖寒天入り枇杷の葉焙じ茶ラテ、緑茶甘酒に加え、こだわりのお茶と塩蔵キノコを組み合わせたお茶屋のお茶漬けや、話題のタイ料理店「CHOMPOO」の森枝幹シェフ監修のお茶を使ったコンブチャ、ゼリーのような食感の愛媛県産みかん「紅まどんな」と有機レモンを組み合わせた蜜柑薪火晩茶のアイスクリームなど、旬の食材を使用した限定メニューを提供します。
Ginza Sony Park地上フロアにフードトラックが登場し、その周囲を野点傘(のだてがさ)や床几台(しょうぎだい)が彩る、銀座の真ん中に出現する「峠の茶屋」。都会の中の非日常的な空間で、季節とお茶をぜひお楽しみください。
■「峠の茶屋」開催にあたって ― GEN GEN AN 幻
 江戸時代初期、広く多くの人々にお茶の本来の可能性を伝え、伊藤若冲を始めとした文化人たちに愛された煎茶道にも繋がる取り組みをしていたとされる、煎茶の祖・「売茶翁(ばいさおう)」。
 彼が21 世紀の今の時代に生きていたら何を見、何を感じたのだろうか?
 偉人が晩年最後の時を過ごしたとされる京都・蓮華王院の南にあったと伝わる"幻々庵”から由来して生まれた「GEN GEN AN……

益子焼 素朴な味わい魅力/つがる工芸店

2021/04/08 14:15
益子焼 素朴な味わい魅力/つがる工芸店|生活お得情報|Web東奥  東奥日報

第四十二回 上野東照宮 春のぼたん祭

2021/04/08 14:00
開苑当時からの大株や、緑色に咲く『まりも』など110種600株以上
期間中、日本、中国、アメリカ、フランスなど110種600株以上のボタンが咲き誇ります。中には開苑当時から咲き続ける大株や、中国品種と日本品種の自然交配による緑色の花が珍しい『まりも』などもお楽しみいただけます。[苑内風景※昨年のイメージ]
[まりも]
今回ご覧いただける希少品種
[ジパング]
黄色の千重咲きのボタンで上向きに咲く唯一のボタン。とても上品な香りと共にお楽しみいただけます。
[赤銅の輝]
黄色に桃色がかった橙色の花弁でとても珍しい品種のボタンです。花弁一枚一枚が際立ち、上向きに咲くのも特徴です。
■『ボタン』とは
ボタンの花は「富貴」の象徴とされ、「富貴花」「百花の王」などと呼ばれています。
日本には奈良時代に中国から薬用植物として伝えられたとされ、江戸時代以降、栽培が盛んになり数多くの品種が作り出されました。中国文学では盛唐(8世紀初頭)以後、詩歌に盛んに詠われるようになり、日本文学でも季語として多くの俳句に詠まれ、絵画や文様、家紋としても親しまれてきた花です。[紫紅殿(しこうでん)]
[黄冠(おうかん)]
『旧寛永寺 五重塔』をはじめとする本格的な江戸建築とボタンを楽しむ
苑内からは旧寛永寺五重塔や東照……

箱根神社の見どころ徹底ガイド!関東総鎮守の歴史ある神社をお参りしよう【コロナ対策情報付き】

2021/04/08 14:00
神奈川県足柄下郡に位置する箱根神社は、本年御鎮座1264年を迎える神社。箱根大神(はこねおおかみ)を御祭神としてお祀りしていて、境内には九頭龍神社の新宮や曽我神社などの複数の神社が鎮座する。古くは、関東総鎮守箱根大権現と尊崇されてた名社であり、開運厄除、心願成就、交通安全に御神徳の高い、運開きの神様として崇敬されてきた。境内には箱根神社の歴史ある宝物を展示する宝物殿があるほか、神前で結婚式を行うこともできる。

【見どころ1】境内のご神木は迫力満点!
立派な安産杉は必見 箱根神社の境内に佇む「安産杉」は、古代山岳信仰の名残りを留める幸運の栄木といわれている大杉。その由来は「遠い神代の高天原から……

江戸時代の酒造りの「秘伝書」、岩手で発見 再現プロジェクト始動

2021/04/08 13:38
 7日に南部美人で行った仕込みでは、江戸時代の製造法に近づけるため、東北地方に古くからある米「亀の尾」をほとんど精米せずに使用。蒸した米を自然の冷気にさらした後、職人が木おけに移した。久慈社長は「江戸時代と今とでは酒の味も違う。現代とはかけ離れた個性的な酒になるのではないか」と話す。布施さんは「地元の人たちのために、地元の酒を造りたい」と意気込んでいる。
 完成した酒は西大野商店や南部美人で販売する予定だ。江戸時代と同じ米を栽培し、酒造りに生かす構想もふくらむ。【安藤いく子】