デカ盛りメニューも400円! *禍で苦境も お腹…|名勝庭園で開催される 北欧と日本の作家によるコンテン…|劇場型のお化け屋敷 ビジネスホテルの京都堀川インで開催|他

名勝庭園で開催される、北欧と日本の作家によるコンテンポラリーアート展

2021/04/19 17:03
コロナ禍で迎える2度目のゴールデンウィーク。まだまだ遠出を控えなければいけない状況も続いているが、せっかくの新緑がまぶしい季節。密を避けた庭園で開催される、スウェーデンと日本のアーティストが時代を超えてコラボレーションするアート展を訪ねるのはいかがだろうか。
園内に京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が配置された、神奈川県・横浜市の誇る名勝庭園「三溪園」で、スウェーデンと日本のアーティストの作品が時代を超えた異文化コラボを果たす、『アートの庭 - 北欧と日本の作家によるコンテンポラリーアート展』が、2021年4月28日から5月12日まで開催される。2010年からスウェーデンと日本で交互に行われているビエンナーレ展の第6回目となり、日本では2012年、2016年に続いて3回目となる。

劇場型のお化け屋敷 ビジネスホテルの京都堀川インで開催

2021/04/19 16:06
2021年4月19日(月) 配信
京都堀川インがお化け屋敷に⁉ 京都堀川イン(京都府京都市)は5月21日(金)から3日間限定で、ホテルのワンフロアを使用し、劇場型のお化け屋敷を開く。地域を盛り上げ、観光の活性化につなげることを目的に、子供も大人も楽しめる演出を用意する。
 同ホテルが主催し、ギャラリー幹(河野幹生代表)の企画運営で、お化け屋敷「䯛斩童子の怪(うできりどうじのかい)」を開催する。平安時代に京都の夜を脅かした妖怪䯛斩童子が、現代に封印から解かれ、京都のホテルで暴れているという設定。来場者は、5つの部屋のうち3つの部屋に隠されたお札3枚を制限時間内に見つけ出し、妖怪を封印しなければならない。子供向け(小学生以下)と大人向けの2種類の恐怖レベルを演出し、ミッションの達成により、異なるエンディングを用意する。参加は公式サイトからの事前予約制で、全日時時間指定。料金は子供が(小学校低学年)500円(税込)、大人が800円(税込)。
妖怪を封印するミッションをこなす また、期間中にホテル1階の会場で、お化けや妖怪好きな作家と交流できるマルシェを開催。多様な妖怪作品の販売や展示スペースを設ける。5月22日(土)には、同会場で“妖怪バル井戸端怪戯”を1日限定でオープンする。参加型の怪談コンテストを開催し、お酒を飲みながら怪談話をさらに盛り上げる。……

やじろべえ 消えゆく 若者「知らない」、中高年「見掛けない」

2021/04/19 14:18
 「やじろべえ」について各年代でどの程度知っているか取材してほしい―。滋賀県の50代男性から中日新聞社(名古屋市)の特命取材班にリクエストが届いた。男性の妻が会社で20代女性に聞いたら「それって何ですか。誰かの名前ですか」と言われたとのこと。
 倒れそうで倒れない、絶妙なバランスを保つやじろべえ。まさかと思い、近くにいた20代の若手記者に尋ねてみると「知らないです」「慣用句でしたっけ」と衝撃の返答が…。本当に忘れられてしまったのか、街で調べてみた。
 名古屋市の繁華街、栄で幅広い世代に声を掛けた。市内の男子大学生(21)は「見たことない。おもちゃかな?」。名前を教えると「アニメで聞いたことある」。思い出したのは、漫画「ドラゴンボール」のキャラクターだ。
 関西出身の女子大学生(19)も知らない様子。遊び方を伝えると「絶対おもんないやん」とばっさり。中高年世代も存在こそ知っているが最近は「見掛けない」と声をそろえる。
 やじろべえの歴史は江戸時代にさかのぼる。日本美術教育学会発行の「美術教育」(1998年)で、やじろべえに関する論文を発表したことがある滋賀大の新関伸也教授(美術科教育学)によると、享保(きょうほう)年間(1716―36年)には浮世絵に登場するという。
 一説には、現在の大道芸人のような門付(かどづ)けの「与二郎」がかさ……

【広尾 × 広尾ガーデンヒルズ × 吉川琴子【cowcamo MAGAZINE】(1/2)

2021/04/19 13:42
日々お客さまの家探しをサポートするカウカモエージェントにフィーチャー! 不動産のプロがオススメする、萌える街やマンションって? 実際に街を歩きながら、編集部がインタビューする企画です。
こんにちは、カウカモ編集部の本多です。今回は、渋谷区・広尾にやってきました。広尾といえば、都内有数の高級住宅地。江戸時代の大名屋敷を起源とした古くから格式の高い土地柄で、今では各国の大使館が建ち並ぶ国際色の豊かさが特徴的な街です。
そんな広尾を案内してくれるエージェントと駅前で待ち合わせ。実は “広尾初心者” の筆者、そわそわして待っていると……
おはよう!
《プロフィール》吉川 琴子(よしかわ ことこ)
カウカモ・エージェントチーム所属。前職では「衣」の観点からライフスタイル提案を行っていたが、より暮らしに重きを置いた「住」を扱う仕事がしたいと思い立ち、ツクルバにジョインしたそう。住まいを仲介して終わりではなく、長期的な関係性が築けるようお客様の心に寄り添うことがモットー。
エージェントの吉川は大阪への転勤経験もあり、西へ東へ住まいを移してきていろいろな街の魅力を発見することにハマったのだとか。
今日は、エージェントになってから一段と好きになったこの街を案内するね! 広尾は大きな公園や敷地が広々とした大使館が点在していて、都心なのにゆっ……