マスク時代に開花する 香りの文化 香水サブスクじわ…|情けは人のためならず の意味 間違えていませんか?|日本橋人形町エリア初 ミューラルアートプロジェクト始…|他

マスク時代に開花する「香りの文化」 香水サブスクじわり人気

2021/05/02 11:00
 マスク着用が常態化した新型コロナウイルス禍で、香水人気が高まっている。定額で高級品を少量ずつ試せるサービスが若い世代に支持されている。歴史をひもとけば、平安時代に貴族階級を中心にはぐくまれた香りの文化。どのように一般へと広がったのか、その変遷を追った。
 会員数は10倍以上に
 「ステイホームの気分転換に利用する人も多い」
 スタートアップ企業「High Link」のCEO、南木将宏さんは同社の香水サブスクリプション(定額課金、サブスク)サービスに手応えをみせる。
 「1瓶買うと使いきれない場合もあり、季節によって付けたい香りも変化する。気になる香水を1カ月単位で実際につけて生活すれば、自分の好きな香りに出会えるのではないかと考えた」
 平成31年1月から始めたサブスクサービス「COLORIA(カラリア)」は、月額1980円で、高級ブランド品を含む約500種類の中から好みの香水を一つ選ぶと、1カ月で使いきれる量を小さなスプレー容器に入れて自宅に届けてくれる。
 20~30代女性を中心に会員数は昨年4月から1年で約11倍に急増した。
 百貨店でも同様のサービスは人気だ。
 昨年11月、伊勢丹新宿店で開催された香水の催事「サロン ド パルファン2020」。国内最大規模を誇る同店の香水コーナーは連日大勢の人でにぎわった……

「情けは人のためならず」の意味、間違えていませんか?

2021/05/02 10:33
「情けは人のためならず」という言葉の意味を問われた際、「情けをかけるとその人のためにならない」といった解釈をされている方を少なからず見かけますが、これは誤りです。間違った使い方を続けていると、周りの人や取引先の人から知性がない人だと思われてしまうこともありますので、言葉の正しい成り立ちや意味を理解したうえで使いたいですよね。
そこで本記事では、「情けは人のためならず」の正しい意味や使い方、類義語などについて詳しく紹介します。
「情けは人のためならず」の正しい意味と用法を覚えましょう
「情けは人のためならず」の意味「情けは人のためならず」は、「人にかけた情けは巡り巡って自分のためになる」という意味のことわざです。「人のためならず」は「その人のためにならないのでよくない」という意味ではなく、「巡り巡って自分のためになる」という意味なのです。
古語の「情け」には「情愛」や「思いやり」といった意味があり、古語の「ならず」には「~ではない」という打ち消しの意味があります。現代語と意味が異なる言葉は多いので、由来や語源を理解して正しく使いたいところです。
「ならず」が誤解の原因?「情けは人のためならず」の意味が誤解されやすいのは、古語「ならず」の意味と現在の「ならず」の意味が異なるためと考えられています。古語の「ならず」には「~ではない」という……

日本橋人形町エリア初、ミューラルアートプロジェクト始動!:時事ドットコム

2021/05/02 10:16
日本橋人形町エリア初、ミューラルアートプロジェクト始動!:時事ドットコム  時事通信

河北春秋(5/2):米菓のあられは、乾かした餅を小さく切り、…

2021/05/02 09:36
河北春秋(5/2):米菓のあられは、乾かした餅を小さく切り、…2021年05月02日 09:36 米菓のあられは、乾かした餅を小さく切り、焼いたり揚げたりして作る。奈良時代に祝いの儀式で神様に餅を供えた後、割って焼いたのが始まりとされる。うるち米を使う煎餅とは製法が異なる▼もち米の「みやこがねもち」は、原料の最高ブランドとして名高い。宮城県が1958年に新潟県の育成品種こがねもちを導入して独自の名を付けた。宮城の風土と合致し、米のうま味の強いあられができるそうだ▼東京都江東区の米菓会社社長清水敬太さん(53)は、その魅力を受け継ぐ。祖父は専門店向けに受託生産する会社を設立し、みやこがねもちを採用。父の代で農薬や化学肥料を使わない有機米の農家と委託契約を結び、91年、大崎市古川に工場を建設した▼3代目の清水さんは通販で業績を伸ばしたが、東日本大震災で打撃を受けた。足立区の工場を閉鎖して一本化したばかりの宮城工場が被災し、生産が一時止まった。東京電力福島第1原発事故による風評被害が重なり、売り上げは急減した▼10年が過ぎ、有機米の安全性を発信して業績は持ち直したという。「あられは素材が命。みやこがねもちの素晴らしさを、地元の人にも知ってほしい」と清水さん。有機米を生産する宮城県加美町などの農家は、今月中旬に田植……

国道16号線で日本史の「謎」を解く

2021/05/02 06:02
 ところが、日本史の謎を解く上で、太田道灌の存在がとても重要であることを、今年著者インタビューで取り上げた柳瀬博一著『国道16号線「日本」を創った道』(新潮社)を読んで初めて知った。
江戸は寒村だったのか? 謎は二つ。一つは、徳川家康は寒村だった江戸になぜ幕府を開いたのかということ。もう一つは、時代が遡って鎌倉時代。それまで長く続いた平安京から、源頼朝が突然関東の鎌倉に幕府を置いたのはなぜなのか。
 最初の謎に太田道灌が関わってくる。
 1457年、家康の江戸幕府開設の約150年前に道灌は、入間川・荒川・利根川の河口の岬に江戸城を築いた。かつて江戸氏が居を構えた場所で、同じ年に入間川(現、荒川)沿いに河越城、旧荒川(現、元荒川)沿いに岩槻城を一緒に築城した。
 江戸城を中心に2つの城を水運で結ぶ扇型の勢力圏を作った道灌は、群雄割拠する関東において頭一つ抜けた有力武将になった。
 だが、時代の行方を早く読みすぎたせいか、主君の扇谷上杉氏により1486年に暗殺される。
 「漁夫の利」を得たのは伊勢宗瑞(北条早雲)だった。早雲の後北条氏は、扇谷上杉氏などを滅ぼし関東最大の武家勢力となった。
 江戸湾の浅草湊、品川湊、六浦湊には鎌倉時代から諸国の船が集まり賑わっていたが、後北条氏時代にさらに江戸湊が加わり、江戸の地は関東の物資の……

【茨城新聞】鹿島神宮 伝統の流鏑馬、見物客を魅了 天下太平や五穀豊穣願う

2021/05/02 06:00
鹿島神宮の流鏑馬神事で的に狙いを定める射手=鹿嶋市宮中、大平賢二撮影 鹿島神宮(茨城県鹿嶋市宮中、鹿島則良宮司)で1日、天下太平や五穀豊穣(ほうじょう)を願う伝統の流鏑馬(やぶさめ)神事が行われた。境内を疾走する馬上で射手たちが豪快に矢を放ち、見物客を魅了した。
同神事は、奥参道につくられた約250メートルの馬場で執り行われた。平安時代の衣装に身を包んだ倭式騎馬会(東京)の射手たちが和種の馬6頭にまたがり、順番に発進。三つの的を狙いながら、馬場を駆け抜けた。見物客たちは射手が見事に矢を的中させると、拍手でたたえた。
今年は新型コロナウイルス感染対策で、見物客の検温や入場制限を実施した。同神事に先立ち、豊作を祈る御田植祭も執り行われた。
初めて同神宮の流鏑馬神事を見たという同市、会社員の大原真理子さん(59)は「的に当たった時のぱしっという音や射手の表情に迫力があった」と感心しきりだった。

【先取り「鎌倉殿の13人」】早くも話題沸騰。「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時とは何者なのか(渡邊大門)

2021/05/02 06:00
【先取り「鎌倉殿の13人」】早くも話題沸騰。「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時とは何者なのか(渡邊大門) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

<あいちの民話を訪ねて>(33) 竜宮の大蛇(安城市)

2021/05/02 05:00
 大蛇を倒した「坊さん」が、鎌倉時代後期に安城市野寺町の国史跡「本證(しょう)寺」を開いた慶円(きょうえん)上人だ。修行で各地を巡り、三河の地にやってきた慶円は、西尾市小島町の醍醐山(現大郷山)の麓に ...

神社に奉納の絵馬紹介 飯塚・歴史資料館 五月人形も並ぶ

2021/05/02 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

旧尾形家住宅元の姿に 茅葺き屋根伝統技術で修復 19年台風被害の国重文

2021/05/02 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……