東大寺法華堂の秘仏 奈良時代の姿を完全復元…今秋以降…|マスク時代に開花する 香りの文化 香水サブスクじわ…|うるわしの江戸美人 浮世絵で 秦野市立図書館|他

東大寺法華堂の秘仏、奈良時代の姿を完全復元…今秋以降に公開へ

2021/05/03 17:59
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

マスク時代に開花する「香りの文化」 香水サブスクじわり人気

2021/05/03 17:04
関連記事トップYouTuberは誰? 4カ月で8億回超再生も 年間再生ランキング
影響力を増すYouTuberなどの動画インフルエンサー。最も影響力のあったのは誰だったのか。BitStar(東京都渋谷区)が、2020年に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルのランキングを発表した。あなたの会社がZoomではなくTeamsを使っている理由
「Zoom飲み」といった言葉をSNSでも度々見かけるほど、ごく普通に使われる、ビデオ会議ツールのスタンダードになってきたZoom。ところがついに自社にもWeb会議ツールが導入されると思ったら、ZoomではなくSkypeやTeamsだった――。その理由には、マイクロソフトのビジネスモデル戦略があった。楽天で相次ぐ“ポイント改悪”……それでも顧客は流出しない?
楽天ゴールドカードのポイント還元率が減少するまで、あと3週間を切った。楽天がポイントにメスを入れる背景には、国際会計基準(IFRS)ではポイント還元のカットは売上高を直接押し上げる効果があるからだ。一方で、このようなポイント還元のカットが今後幾分か重なったとしても、急激な顧客離れは起きにくいと考えている。なぜなら、顧客のスイッチングコストが大きいからだ。電通が史上最大の巨額赤字……高くついた「のれん代」の恐ろしさ
電通グループが15日に発表した202……

「うるわしの江戸美人」浮世絵で 秦野市立図書館

2021/05/03 14:30
 浮世絵の「美人画」に注目した企画展「うるわしの江戸美人」が秦野市平沢の市立図書館にある「はだの浮世絵ギャラリー」で開かれている。江戸時代後期から明治時代中期に描かれた作品37点を展示。髪形や着物、化粧など当時の流行を感じることもできる。
 「美人画」は茶屋の看板娘や遊女らがモデルとされ、歌舞伎役者を描いた「役者絵」と並んで、庶民の人気を博した。
 寛政期を中心に活躍し、それまで全身を描くことが基本とされていた美人画に、上半身のみを描いて髪の生え際まで繊細に表現する技法を確立した絵師喜多川歌麿の「吾妻美人ゑらみ 松葉屋内」などに、来館者は足を止めていた。
 色彩豊かな着物姿で、おしろいの袋を眺める若い女性を描いた江戸時代末期の絵師三代歌川豊国の「江戸名所百人美女 人形町」なども展示されている。
 市文化振興課の担当者は「美人画の着物や化粧品などは当時の流行を反映している。江戸時代の女性もおしゃれへの憧れが強く、今で言えばスマートフォンや雑誌の感覚で美人画を楽しんでいたのではないか」と話している。
 9日まで(6日は休館)で入場無料。(最上 翔)

「うるわしの江戸美人」浮世絵で 神奈川・秦野市立図書館

2021/05/03 14:30
 浮世絵の「美人画」に注目した企画展「うるわしの江戸美人」が秦野市平沢の市立図書館にある「はだの浮世絵ギャラリー」で開かれている。江戸時代後期から明治時代中期に描かれた作品37点を展示。髪形や着物、化 ...

京都 神泉苑で新型コロナの終息祈願

2021/05/03 14:05
祇園祭の発祥の地とされる京都市の寺で、3日、疫病退散を願う祭事が規模を縮小して行われ、住職らが新型コロナの終息を祈願しました。
京都市中京区の神泉苑は、真言宗の寺で、本尊をまつる本堂のほか、池の中の島には龍神(りゅうじん)をまつる社があり、平安時代に疫病を鎮めるため、鉾(ほこ)を清めて厄払いをしたという言い伝えがあります。
疫病退散を願う祇園祭の発祥の地とされ、毎年、祭を控えたこの時期に神事が行われていますが、ことしは去年に続き新型コロナのため規模を縮小して行わました。
はじめに住職たちが小型の鉾を掲げて境内を歩いたあと、本堂で読経が行われました。
密集対策のため本堂内に入れるのは寺の役員などに限定し、地元の人たちは本堂の外で静かに手を合わせていました。
続いて龍神をまつる社で、どらを鳴らして祝詞をあげる神事を執り行い、新型コロナの一日も早い終息を祈りました。
神泉苑の鳥越英徳 住職は、「早く病気が収まって、皆さんが静かに過ごせるようになってほしい」と話していました。

幻の空中茶室「閑雲軒」か 石清水八幡宮が絵図入手、公開へ

2021/05/03 14:00
 絵図には瀧本坊の一角に、入り母屋造りで谷に突き出したような閑雲軒らしき建物が描かれている。一方、代名詞とも言える、建物を下から支える柱などは、はっきりしない。八幡市文化財保護課は絵図について「男山に点在した建造物が丹念に描かれている」と評するが、閑雲軒と続いていた瀧本坊の書院や、同宮の一の鳥居などは省略されている。
 絵図は男山を北側から見下ろして描いており、他に例がない構図という。鎌倉時代に成立した国宝の絵巻「一遍聖絵」をはじめ、東側から見た構図で描かれることが常だった。同宮は「洛中から来られる勅使(ちょくし)の視点で描かれたのが、今回の絵図ではないか」と推測。調査を進めるとともに修復し、今秋にも一般公開する予定という。

伊勢・津波避難タワーの下を泳ぐこいのぼり その目的は「いざという時のために」

2021/05/03 13:41
 こいのぼりは、津波避難タワーの避難スペースの下の空間を利用し、柱にロープで巻きつけて結びつけ、風が吹くと色とりどりのこいのぼりが元気よく泳いでいる。こいのぼりは地域住民が寄贈したもので、中には50年前の古いものもある。
 中村裕紀会長は「コロナ禍で下を向いてばかりなので、こいのぼりを見上げていただいて、明るく元気になってもらいたい。いざという時のために、津波避難タワーの場所を知ってもらう機会になれば」と話す。
 伊勢湾沿岸部では南海トラフを震源とする巨大地震発生時、大津波が襲来する可能性が指摘されている。これまでも室町時代後期の1498 年明応地震、江戸時代1605年の慶長地震、1707年の宝永地震、1854年の安政東海・安政南海地震、1944(昭和19)年の東南海地震など、度々大きな津波被害を受けてきた。伊勢市は、大湊町、二見町西、一色町、有滝町、東豊浜町、村松町、二見町今一色に津波避難タワーを設置する。

発掘品を間近に見学、親子ら歴史学ぶ いなべ・賀毛神社

2021/05/03 13:31
ゲーセンミュージアム
~この夏、博物館はゲームセンターになります。~
6/1~8/29まで、名古屋市博物館でゲーセンミュージアムを開催!展示する約70台のゲームはすべてプレイできます。

聖徳太子の人物像とその信仰世界に迫る、100年に一度の展覧会【聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」】

2021/05/03 13:07
本年、令和3年(2021)は聖徳太子の1400年遠忌にあたります。
これを記念した展覧会が開かれています。(6月20日まで)
本展では、法隆寺において護り伝えられてきた寺宝を中心に、太子の肖像や遺品と伝わる宝物、飛鳥時代以来の貴重な文化財を通じて、太子の人物像とその信仰世界に迫ります。

平安時代の歌人にゆかりのカキツバタの花 約3万本が愛知・知立市の寺で見頃(CBCテレビ)

2021/05/03 12:00
平安時代の歌人にゆかりのカキツバタの花 約3万本が愛知・知立市の寺で見頃(CBCテレビ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

博多松囃子 稚児舞を奉納 例年の4割程に規模縮小 3・4日に150カ所以上まわる 福岡市

2021/05/03 12:00
博多どんたくの源流とされ、国の重要無形民俗文化財に指定されている「博多松囃子」の一行が、福岡市の櫛田神社で稚児舞を奉納しました。
博多松囃子の一行は3日朝、博多の総鎮守・櫛田神社を訪れ、稚児東流の子供たちが神前で伝統の舞を奉納しました。
室町時代から続くとされる博多松囃子は、博多どんたくの源流となった民俗行事で、珍しい夫婦の恵比須や大黒天といった三福神が家々を祝って回ります。
新型コロナの感染拡大で、2021年のどんたくはパレードや演舞台での行事が2020年に続き中止となりましたが、博多松囃子は例年の4割程に規模を絞って実施されています。
博多松囃子振興会 堀武志会長
「博多の街中が元気になる様に、来年こそは松囃子も山笠も普通通りにできる行事になりたいなと思っています」
一行は例年同様、3日と4日の2日間で、企業など150カ所以上をまわるということです。

レトロな丸型ポスト 各地で修復進む 手がけるのは現役郵便局員

2021/05/03 12:00
 かつては全国で見かけた赤色の丸型郵便ポスト。そのレトロでどこか人なつっこいたたずまいを守っていこうと、現役の郵便局員たちが修復・保存活動に取り組んでいる。4月には栃木県内で現在も使用されている戦前製の丸型ポストの修復作業が行われた。日本の郵便制度誕生から150年、東京・日本橋に初めて赤色の丸型ポストが設置されて120年の節目の今年、栃木県内現役最古というポストには塗料が丁寧に塗られ、製造された大正時代の鮮やかな赤色が蘇った。
 修復に取り組んでいるのは、佐倉郵便局(千葉県佐倉市)に勤める小沼隆行さん(53)ら有志。10年前の東日本大震災で同県沿岸部も津波による大きな被害があったことから、「地元を勇気づけられないか」と考え、丸型ポストの修復・保存活動を思い立った。
 今から150年前の明治4(1871)年4月に始まった日本の郵便制度。郵政博物館(東京)によると、制度開始当初に使用されていたのは、江戸時代の目安箱のような形をした木製の四角いポストだ。丸型ポストは34(1901)年に東京・日本橋に設置されたものが第1号。ポストの位置が目立つよう赤色に塗られ、素材は火事に強い鉄製、通行の邪魔にならないようにという配慮から円筒状の丸型が採用された。
 その後、赤色の丸型ポストは全国で設置が進んだが、昭和40~50年代ごろから次第に減少。29年に登場した……

敷地面積は約30㎡! 超ミニマムな住宅ならではの豊かな暮らしとは?

2021/05/03 12:00
「6坪(約20㎡)は、2人暮らしには広い」。妻の保坂恵さんの発言に、建築家の保坂猛さんは驚いたという。当時住んでいた自邸は、2005年に設計した2階建て、広さ約38㎡の「LOVE HOUSE」。10年暮らし、事務所を東京に移転するのをきっかけに、2回目の自邸「LOVE2 HOUSE」を計画した。
坂の途中にある敷地は、長屋の名残を感じさせる場所で、敷地面積は約30㎡。当初は2階建てを検討していたが、恵さんが本で江戸時代の庶民の長屋は9尺2間(約9.6㎡)でそこに4人家族が住んでいたことを知り、前述の言葉を口にしたのだ。
再度、練り直した平屋のプランはダイニング、キッチン、寝室が連なるワンルーム。延床面積は18.84㎡。風呂はなんとテラスにある。シャワー派だった恵さんは「露天風呂の気持ちよさを知って、いまでは毎日入っています」と笑う。
さらに驚くことに、住まいの中には300枚ものレコードがある。「小さいからといって、なにも持たないミニマリズムなのではなく、いろんなものが“ある”空間にしたかった」と猛さんは言う。
小さな家に不安がなかったわけではない。しかし「引っ越した翌日、目を覚ますと、トップライトから見える雲の動きに目を奪われた」と恵さん。トップライトは、空間を広く感じさせるだけでなく、都会に自然があることも教えてくれた。「LOVE2 H……