徳島・鳴門市の大代古墳 一般公開|土器や土偶の人気ナンバーワン決める 縄文ドキドキ総選…|工芸品 薩摩ボタン 師弟作品展(MBC南日本放送)|他

徳島・鳴門市の大代古墳 一般公開

2021/11/23 20:12
国の史跡に指定されている鳴門市の大代古墳が、23日、一般公開され考古学ファンらが集まりました。公開されたのは鳴門市大津町にある国指定史跡・鳴門板野古墳群の大代古墳です。高松自動車道のトンネルの上にあり、鳴門市が1年に1回、一般公開しています。大代古墳は、3世紀中頃から4世紀末の古墳で3基あります。このうち、最も大きな古墳は南北の長さが54メートルある前方後円墳です。21年前、後円部頂上の石室から石棺が発見されました。調査で発見された刳抜式舟形石棺のレプリカや埴輪のミニチュアも展示され、鳴門第一中学校の生徒3人が説明を行いました。見学者は「大きくて、こんなところに古墳があるとは驚いた。自分が立ってるところに歴史があるというのが魅力」と話していました。見学者は、古代のロマンを感じながら古墳に見入っていました。

土器や土偶の人気ナンバーワン決める「縄文ドキドキ総選挙」1位&2位が山梨出土品

2021/11/23 20:06
土器や土偶の人気ナンバーワン決める「縄文ドキドキ総選挙」1位&2位が山梨出土品2021.11.23 21:08
縄文時代の土器や土偶の人気ナンバーワンを決める総選挙が行われ、山梨の出土品が1位と2位を独占しました!全国の遺跡から出土した縄文時代の土器や土偶がエントリーした「縄文ドキドキ総選挙」。
全国から40件の応募があり、インターネットなどで投票が行われていました。
1位となったのは、南アルプス市の鋳物師屋遺跡から出土した「人体文様付有孔鍔付土器」。
高さ54センチほどの樽型をした土器です。
名前の「有孔」とは、土器の縁にある小さな穴で「鍔」は出っ張りのこと。
有孔鍔付土器は出土量も少なく、使用目的も謎に包まれた、希少価値の高いものです。
これほどまでにはっきりと全身が描かれ、大きな土器は他に例がないといいます。
そして、2位も山梨県の出土品。
韮崎市の石之坪遺跡の土偶・愛称「ミス石之坪」です。
きれいに磨かれた肌と、見る角度によって表情が変化するところに、古代の作り手の息遣いを感じます。
1位の土器は、南アルプス市ふるさと文化伝承館で、2位の土偶は、韮崎市民俗資料館で展示されています。
ドキドキ総選挙での快挙は、山梨に埋もれていた魅力を再発見することに……

工芸品「薩摩ボタン」師弟作品展(MBC南日本放送)

2021/11/23 19:28
工芸品「薩摩ボタン」師弟作品展(MBC南日本放送) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

山鹿市のさくら湯で薬湯祭(熊本)(TKUテレビ熊本)

2021/11/23 18:40
山鹿市のさくら湯で薬湯祭(熊本)(TKUテレビ熊本) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

43年ぶりに実施…初の「墳丘」発掘調査も 国の史跡「こうもり塚古墳」 結果公開【岡山・総社市】

2021/11/23 18:12
総社市にある国の史跡「こうもり塚古墳」で、43年ぶりに行われた発掘調査の成果を紹介する現地説明会が開かれ、訪れた人たちが古代ロマンに思いをはせました。
総社市上林にある「こうもり塚古墳」は、古墳時代後期に造られたとされる大型の前方後円墳で、吉備を代表する実力者の墓と考えられています。
2021年9月から行われている発掘調査では、古墳の正確な規模や構造を調べていて1978年以来3回目の調査になります。
説明会には、120人が参加し調査の結果を聞きながら発掘した場所を回りました。
過去2回の調査は、主に埋葬のための石室に関するもので、土などを積み上げて作った「墳丘」の発掘調査は今回初めてということです。
調査の結果、「墳丘」の盛り土が場所によって異なる方法で行われたことなどが明らかになりました。
(参加した人は)
「埴輪や葺石が見つからなかったのは残念だが当時盛った土の部分などが残っていて良かった。」
「専門家に分かりやすく説明してもらい直接間近でトレンチ(調査)の跡を見られて身体で感じることができた。」
(岡山県古代吉備文化財センター 金田善敬総括副参事)
「こうもり塚古墳は、いわば最後の大型前方後円墳となっている。どうして前方後円墳というのが作られなくなったのかなどを歴史的に解明することで、こうもり塚古……