黄金の島に眠る開かずの金庫…日本最大の金山を持つ…|田んぼ1年分のお米のリターンも!過疎化が進む農村に人…|丘の上に ポツンと一軒 なぜ? 古墳時代の竪穴建物…|他

田んぼ1年分のお米のリターンも!過疎化が進む農村に人を呼ぶ体験型クラウドファンディングを「Zenes」で開始:時事ド…

2021/11/25 17:17
田んぼ1年分のお米のリターンも!過疎化が進む農村に人を呼ぶ体験型クラウドファンディングを「Zenes」で開始:時事ドットコム  時事通信

丘の上に「ポツンと一軒」、なぜ? 古墳時代の竪穴建物跡発見 松江

2021/11/25 17:01
 切り立った丘の上に「ポツンと一軒」の建物跡、その用途やいかに。松江市東出雲町揖屋(いや)の崎田(さきだ)遺跡で、1棟の古墳時代の竪穴建物跡が見つかった。尾根に立地するのは珍しく、煮炊きした形跡も見つかっていない。何の目的で崖に接する所に建てたのか、市埋蔵文化財調査室の担当者は首をかしげる。
 市道整備に伴い、8月中旬から発掘調査し、9月上旬に標高約25メートルの尾根で25平方メートルの建物跡を確認した。炉の跡がなく、熱源によって地面が固まった様子もないことから、煮炊きしながら住居として使ったとは考えにくいという。担当者は「眺望がいいので監視あるいは祭事などに使ったのだろうか」としている。

君ケ畑を木地師の聖地に 東近江、資料展示や懇談の交流館開く

2021/11/25 15:08
 同町は平安時代、文徳天皇の第一皇子・惟喬(これたか)親王(八四四−八九七年)がろくろの技術を伝えたとされる地域。八五九年には、親王が当時「小松畑」と呼ばれていた同町に逃げ込み、現在の君ケ畑の名が付いたとされ、住まいにした金龍寺は「高松御所」と呼ばれた。また大皇器地祖(おおきみきじそ)神社では惟喬親王をまつり、...

もうすぐ20歳の愛子さまの実像は? 関心事には両陛下からの意外な影響も(つげのり子)

2021/11/25 14:02
もうすぐ20歳の愛子さまの実像は? 関心事には両陛下からの意外な影響も(つげのり子) - 個人 - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

いいことあるかも 畑にひょっこり、白い鳥 キジの白化個体? 鹿児島・指宿

2021/11/25 12:15
 指宿市山川小川の農業永吉久美子さん(40)が畑に真っ白な鳥がいるのを目撃し、スマートフォンで撮影した。県立博物館によると、キジの白化個体とみられ、目が黒いことなどから、突然変異で色素が欠如するアルビノとは異なるらしい。
 10日午前に見つけた。撮影後に近づくと素早く林へ去ったという。同博物館の上舞哲也学芸主事は画像から「断定できないがキジだろう。頭部や脚の皮膚は正常な色。羽毛の発色に何らかの異常があったのではないか」としている。
 白いキジは、吉兆として飛鳥時代の元号「白雉(はくち)」にもなった。永吉さんは「近所の人も見たと言って、話題になっている」と話す。次男で山川小学校3年の快成君は「写真を見てニワトリかと思った。本物を確かめたい」と畑通いを始めた。

北網圏北見文化センターで土器の復元過程紹介する企画展

2021/11/25 12:08
遺跡から出土した鍋などの土器をどのように復元しているかを紹介する企画展が北見市で開かれています。
北見市にある北網圏北見文化センターでは、市内にある中ノ島遺跡を中心に出土した5000年前の縄文時代後期から900年前までの土器など200点あまりを展示しています。
今回の企画展では、バラバラの状態で出土した土器を復元する過程を紹介していて、土器の破片に付いた土をブラシや水で落とす工程や、番号がふられた土器の破片をパズルのように組み合わせ、石こうで固めていく作業を実物と一緒に展示しています。
復元された土器の多くは、煮炊きに使われていた鍋やお墓のお供えものを入れる器だということで、表面には縄文土器特有の縄目模様が施されています。
北網圏北見文化センターの市川岳朗学芸員は「ふだん展示されている土器がどのように復元されていくのか見てもらい、子どもからお年寄りまで別の角度から見た博物館を楽しんでもらいたいです」と話していました。
この企画展は12月26日まで開かれています。