江戸東京博物館 令和4年 江戸東京博物館 正月特別…|今城塚古墳の太鼓形埴輪 奏でたのは歌舞か軍楽か|茶器の歴史物語 碗で触れてみて 県陶磁美術館|他

Contents

【江戸東京博物館】令和4年 江戸東京博物館 正月特別開館「お正月は江戸博へ」開催のお知らせ:時事ドットコム

2021/12/02 11:48
【江戸東京博物館】令和4年 江戸東京博物館 正月特別開館「お正月は江戸博へ」開催のお知らせ:時事ドットコム  時事通信

今城塚古墳の太鼓形埴輪、奏でたのは歌舞か軍楽か

2021/12/02 11:30
 真の継体大王の墓といわれる今城塚古墳(大阪府高槻市)で、全国2例目となる太鼓形埴輪(はにわ)が見つかった。バラエティーに富む埴輪群で知られるこの古墳ならではの発見。古代の太鼓が奏でた音の役割とは――。
 6世紀前半築造の今城塚古墳は1997年から10カ年にわたって調査が実施された。墳丘に隣接する祭祀(さいし)場から人や動物、器財など230点以上もの形象埴輪が出土し、現在も整理中だ。その過程で、これまで謎だった複数の破片をつなぐと3個体分の太鼓の埴輪が現れた。宮崎県の百足塚(むかでづか)古墳の出土例に次ぐ太鼓形埴輪だという。
 樽(たる)みたいな胴に革をかぶせ、それを鋲(びょう)で留めた表現が施されている。大刀や盾などと同様、祭祀儀礼で重視された器物だったようだ。
 さて、太鼓の音色は当時の古代社会で、どんな役割を担っていたのだろうか。
 歌舞飲酒の祭りに色を添えただろうことは容易に想像できるし、埴輪の対象になったことを考えれば、埋葬までの一定期間、遺体を仮安置するもがりなどの葬送儀礼や権威の継承イベントに使われたのかもしれない。それに加えて意外な機能を、前今城塚古代歴史館特別館長で高槻市文化財アドバイザーの森田克行さんは考えている。進軍のリズムをとる軍楽に使われたのでは、というのだ。
 「軍楽は太鼓と角笛が基本の…

茶器の歴史物語、碗で触れてみて 県陶磁美術館

2021/12/02 11:14
 茶器の変遷をたどる展示「喫茶の碗(わん)の物語−中国陶磁への憧れ、そして…」が、瀬戸市の県陶磁美術館で開かれている。十二日まで。

江戸時代の科学者のみなぎる熱気と活力を描き尽くす。その純粋さと熱量と闘志を明日への糧としよう―吉田 光邦『江戸の科学…

2021/12/02 11:02
江戸時代の科学者のみなぎる熱気と活力を描き尽くす。その純粋さと熱量と闘志を明日への糧としよう―吉田 光邦『江戸の科学者』橋爪 大三郎による書評(ALL REVIEWS) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

別格の伊勢詣、よみがえりを願う熊野詣、森の石松もお参りした金毘羅詣。庶民の憧れだった参拝の旅

2021/12/02 11:00
江戸時代、京都六条にある東西本願寺とならび「丸金か京六か」と参拝客を集めたのが、「こんぴらさん」で知られる讃岐丸亀に鎮座する金毘羅宮だ。四国にあるから、瀬戸内海の船旅ができるのも魅力だっただろう。
1847年に刊行された暁鐘成によるガイドブック『金毘羅参詣名所図会』には、牛窓港や満濃池など、旅程の名所が詳しく紹介されている。
浦川公佐の挿絵も入っており、金毘羅詣をする人の参考になったようだ。ただし金毘羅宮についての解説はなく、周辺の名所の歴史や見所、金毘羅宮からの道程などが説明されている。たとえば、「多度の津は丸亀の船着き場から一里少し西にあり、ここから金毘羅山へは三里ある」と説明されている。さらに「船の便がよく、宿屋が並び、酒や煮物を食べさせる店、饂飩や蕎麦、甘酒などを売る人々の往来が絶えない」と説明があり、金毘羅詣が栄えていたことを裏付けている。
しかし金毘羅宮は伊勢よりもさらに遠く、旅をするのも大変だったため、代理をたててお参りさせた人々もいた。
清水の次郎長親分の代参で、森の石松が金毘羅宮に参り、刀を奉納したことが知られている。犬が代理を務めることもあり、「金毘羅戌」と呼ばれた。代理の犬には、飼い主が誰かわかる木札と道中の食費、お賽銭を入れた「こんぴらまいり」と書かれた袋を首にかけているのでそれとわかる。金毘羅参りをする人々は、代……

「飛ぶ鳥が見える」 本紙連載を書籍化 神を祭る場所と山並み解明 三重

2021/12/02 10:00
【出版された「飛ぶ鳥が見える」】伊勢新聞社報道部の奥山隆也次長兼松阪紀勢総局長(47)は30日、本紙連載をまとめた「飛ぶ鳥が見える 神を祭る場所と山並み」(税別1万円、164ページ)を同社から自費出版した。神社や古墳からは、鳥が羽を広げて飛び立つような3つ並びの山容が見える事実と意味を明らかにしている。山並みの写真を見開きで大きく載せるためA5判横に造本している。
連載は「飛ぶ鳥が見える」と題し、今年1月1日から6月20日まで20回にわたり掲載。県内を中心に伊勢神宮や熊野三山、宝塚古墳など約40カ所の神社や古墳、遺跡を取り上げた。旧石器、縄文、弥生、古墳時代から飛鳥時代の斎宮跡まで及ぶ。書籍は連載記事の20章に、序章と終章を加えている。
写真は連載に比べ10点ほど多い約50点を載せ、全てカラー印刷。鳥の形を意識すると、山並みが今にも飛び立ちそうに見えてくる。
序章で、「神は『隠れる』、祭るは『待つ』が元の意味なので、『神を祭る場所』は、この世から隠れてあの世にいるものを待つ場所だ。そこでは、あの世とこの世を往還する霊や魂を示す飛ぶ鳥の山並みが見える。彼岸と此岸の言葉通り、間に川が流れている。海の場合もある。分かりやすい」と説明している。
前方後円墳は前方部の先に見え、松阪市の宝塚古墳は鳥羽市の答志島を指す。内宮は五十鈴川越しに前の前山を中……

【本郷和人の日本史ナナメ読み】中世の公私概念㊤権力者の私宅=役所

2021/12/02 10:00
これと同じことが、実は幕府にも当てはまります。幕府という役所がとくにあるわけではない。あくまでも将軍の私邸。これが幕府の建物を兼ねる。御家人は将軍の邸宅にやってくる。ある者は、ここで執務をする。ある者は中で会議を重ねる。ある者はそうした建物に不審者がいないか、警備する。これが幕府といわれるものの実態です。
将軍のことを鎌倉殿、と呼びます。幕府が出す重要な文書の下知状(大切さは下文(くだしぶみ)につぐ)の締めの文句は「鎌倉殿の仰せによりて、下知くだんのごとし」となります。文書の差出人は執権と連署。この2人が将軍の判断にしたがって、幕府の意思を文書の受取人に伝達する。実のところは鎌倉殿=将軍はお飾りで、執権と連署が差出人ではあるのですが。でも、ともかくここで「鎌倉殿」というのは、鎌倉の将軍という人格と、その将軍が住んでいる殿舎をひっくるめての命名なんじゃないか。

【プレビュー】松岡美術館が年明け1月再開 時を超え、洋の東西を越えた美の世界を―― 再開記念展「松岡コレクシ…

2021/12/02 09:33
所蔵作品の修復調査、設備点検のため、2019年6月から長期休館していた松岡美術館。約2年8か月ぶりの再開を記念する本展は、美術館を代表する名品を「東洋陶磁」「日本画」「西洋彫刻」の3企画で展示する。「松岡コレクション」は、美術館の創設者であり初代館長の松岡清次郎氏が生涯を通して収集したもの。1894年、東京・築地で生まれた松岡氏は貿易商として成功をおさめ、私費を投じて集めたコレクションを広く美術愛好家にも楽しんで欲しいと考えて、1975年に美術館を開館した。
《青花龍唐草文天球瓶》 明時代 永楽期 景徳鎮窯美術館開館を松岡氏が決意したのが、明代に作られた《青花龍唐草文天球瓶》、元代の《青花双鳳草虫図八角瓶》の入手。最初の企画「東洋陶磁名品選 松岡清次郎の志をたどる」で、その2品が同時に展示され、入手時のエピソードも紹介される。コレクションの約3割を占める陶磁器作品の中から、松岡氏のお気に入りであった古九谷などの日本陶磁をはじめ、唐代から清代までの中国陶磁など、40件余りが出展される。
《青花双鳳草虫図八角瓶》 元時代 14世紀 景徳鎮窯《三彩馬》 唐時代2番目の企画は「館蔵 日本画 花鳥風月」。横山大観の《梅花》をはじめとして、室町時代の水墨画から、江戸時代の酒井抱一、近現代の渡辺省亭、川合玉堂、鏑木清方、山口蓬春にいたるまで、花鳥風月に美を見いだし……

堺で妖怪?江戸時代の怪談本をもとに妖怪芸術祭

2021/12/02 09:30
 【大阪】妖怪の隠れた名所として堺を知ってもらおうというイベント「沙界(さかい)妖怪芸術祭 鋼と妖怪展」が今月上旬、堺市堺区の開口(あぐち)神社周辺で催される。江戸時代に書かれた堺の怪談本の読み聞かせ会のほか、古典怪談の落語や講談などが楽しめる。
 江戸時代中期、堺で起きたとされる怪異現象をまとめた「沙界怪談実記」。格子戸に挟まった鬼の手が見つかって騒ぎになった話や、大ナマズの死体が古墳の濠(ほり)で見つかった話などが場所や日時とともに記されている。長らく所在不明だったが、転載された冊子が見つかり、イラストレーターがイラストを付けて、現代語訳した。
 今回のイベントはこの怪談本をPRしようと市民団体が企画した。
 3日午後7時から開口神社である怪談会では笑福亭純瓶さん、旭堂南湖さん、宇津呂鹿太郎さんが落語や講談、現代怪談をはなす。木戸銭3千円。先着30人。
 芸術祭は4、5の両日午前10時~午後5時。両日とも午前11時過ぎから神社内の建物で「沙界怪談実記」の読み聞かせ会がある。琵琶の演奏などもあり、入場料は500円。
 4、5日とも妖怪に扮した人たちが神社近くの商店街を練り歩いたり、妖怪伝説が残る徳島県三好市の物産や妖怪に関するグッズを販売したりする。
 主催者は「怪談本は50話ある。年に1回、10話ずつ現代語訳を披露し、堺で……

\観光DXで、鳥取県倉吉市への来訪意欲増進/「南総里見八犬伝」のモデル“八賢士”の伝承をモチーフに現代の倉吉を舞台に…

2021/12/02 08:58
■歴史と伝統とポップカルチャーが融合する白壁の街を、観光DXで世界へ発信!
鳥取県の中心部に位置する倉吉市は、かつて伯耆国の国庁が置かれており、室町時代には打吹城の城下町として栄え、江戸時代になると、陣屋を中心に武家屋敷が建てられました。そのため現在でも江戸後期から明治初期の建物が多く残り、白壁土蔵群は散策コースとして観光客に人気の地です。
また、地元のシンボルとして親しまれた日本最古の円形校舎を活用した「円形劇場くらよしフィギュアミュージアム」や“倉吉×ひなビタ♪”など、最近ではポップカルチャーのまちとして、聖地巡礼の人気が高まっています。
本プロジェクトでは、倉吉に伝わる、「南総里見八犬伝」のモデルとなった里見忠義と八賢士の伝承をモチーフに、倉吉オリジナルのストーリー開発、さらにオンラインドラマツアーの実施などを皮切りに、様々なコンテンツを提供し、新たな世代や世界へむけて倉吉の魅力を発信する取り組みです。
『倉吉八犬伝』今年度取り組み概要
◆オンラインドラマツアー
第1話配信日:2021年12月26日(日)
ご視聴URL:https://www.youtube.com/
【channel/UCoDIOUTwDXgqTfHCMVKpVbw】
※以降1月末まで毎週日曜日更新
◆ノベルティプレゼントキャン……

地名の歴史、人形劇で披露 鬼塚小3年、ふるさと学習

2021/12/02 06:00
 地元校区の地名の由来となった伝承を題材にした創作人形劇を通じて、ふるさとを学ぶ取り組みが、唐津市の鬼塚小(多貝利彦校長)で12年間続いている。3年生59人が11月26日、学校の体育館で人形劇「なして、おんつか?」を保護者らを前に発表した。大きな声ではっきりとセリフを語って人形を操り、2カ月間にわたる練習の成果を見せた。
 人形劇は2010年度から、学校評議員だった川原俊宏さん(68)が地域探索の延長で人形劇にすることを提案し、市内の作家白石すみほさんが伝承を基に台本を執筆、学習の一環として始まった。19年までは5年生対象だったが、教科数を考慮し、昨年から3年生に移行した。コロナ禍で地域の文化祭ではなく、学校でのお披露目となった。
 「鬼塚」の地名は、平安時代半ばに松浦党の祖・源太夫久(みなもとのたいふひさし)が村人に鬼と恐れられた盗賊の大将を討伐し、塚に埋めたことが由来とされている。
 子どもたちは10月から週4時間練習、3人1組で人形を操り、ナレーションや照明役もこなした。
 渡辺宏仁(ひろと)君は「緊張したけど、練習より大きな声が出た。セリフもスムーズに言えた」、渕上乃愛(のあ)さんも「最初の頃より倍以上の声が出せた。間が空きすぎないよう頑張った」と感想を語った。担任の牧山明弘教諭(25)は「不安はあったが、物おじせず堂々とできてい……

桜井市立埋蔵文化財センターで上之宮遺跡特別展

2021/12/02 06:00
 桜井市芝の市立埋蔵文化財センターで特別展「上之宮遺跡~飛鳥時代の豪族居館~」が開かれている。上之宮遺跡は聖徳太子(厩戸皇子)が若年期に住んだ「上宮(かみつみや)」の候補地。これまでに実施された発掘調 ...

大阪府と堺市 G7閣僚会合の誘致表明

2021/12/02 06:00
発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
教育ネットワーク読売新聞の教育プログ……

かるたで知るなら:春日若宮おん祭(奈良市) 平安時代から900年 /奈良

2021/12/02 05:47
<若宮おん祭生きた日本の芸能史>
 奈良の人々にとって、春日若宮おん祭は年末の大きな楽しみです。春日大社若宮神社のこの祭礼は、平安時代の保延2(1136)年に関白、藤原忠通(ただみち)が五穀豊穣と国民安寧を祈願して始めたとされます。連綿として続いており、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
 若宮神社の祭神、若宮様は正式には天押雲根命(あめのおしくもねのみこと)で、春日大社本殿の第三殿の天児屋根命(あめのこやねのみこと)と第四殿の比売神(ひめがみ)の間に生まれたとされます。本殿の南に若宮神社本殿があります。大和(やまと)士(ざむらい)がこもって精進潔斎をしたという大宿所(おおしゅくしょ)が餅飯殿(もちいどの)センター街の中にあり、毎年12月15日には御湯立(みゆたて)の儀など神事…

心晴れる、加賀の「雨紋様」 山代・山中・片山津温泉 変わりやすい天候活用、伝説の鳥など地面に /石川

2021/12/02 05:41
 雨の日も観光地を楽しんでもらおうと、加賀市は加賀温泉郷のうち市内にある3温泉(山代、山中、片山津)で、それぞれにゆかりのある伝説の鳥などの模様が地面によみがえる大規模なレインアート企画「加賀雨紋様~KAGA RAIN ART~」を開催している。【日高七海】
 「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるほど天候が変わりやすい北陸の特性を生かした取り組みで、コロナ禍で客足が落ち込んだ温泉地を盛り上げようと企画した。
 レインアートは、山代温泉の服部神社▽山中温泉の山中座前広場▽片山津温泉の柴山潟遊歩道――の3カ所に描かれた。山代温泉では、羽の傷を癒やしているところを奈良時代の高僧・行基が見つけたことが温泉発見の起源と伝わる八咫烏(やたがらす)をはじめ、同温泉にある薬王院温泉寺が50音の基礎を作った平安時代の僧、明覚(みょうがく)ゆかりの地であることに関連した模様が楽しめる。

国史跡指定 鈴鹿関の役割や運用 亀山市歴博で企画展 12日まで /三重

2021/12/02 05:12
 亀山市関町で見つかった鈴鹿関跡(すずかのせきあと)の国史跡指定を記念した企画展「鈴鹿関―奈良時代の国家戦略―」が、同市若山町の市歴史博物館で開かれている。12日まで。
 鈴鹿関は、日本書紀などの記述から7~8世紀に存在したとされ、不破関(ふわのせき)(岐阜県)、愛発関(あらちのせき)(福井県)とともに「律令三関(さんげん)」と呼ばれている。平常時は交通管理施設として機能し、非常時には都と地方とを遮断する…

「貼石」出土出雲と関連か

2021/12/02 05:00
発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
教育ネットワーク読売新聞の教育プログ……

サバゲーでまちおこし 松江の公園に「サバゲー場」が出現(Sデジオリジナル記事)

2021/12/02 04:01
 試合開始のブザーが鳴ると、迷彩服に身を包んだ参加者が、広場のあちこちに立つベニヤ板に身を隠したり、しゃがんだりしながら敵に向かって少しずつ前進する。ほどなくして、広場中の至る所から発砲音が響いた。のどかな公園はゲームの緊迫感に包まれた。
 弾が当たった参加者は「ヒット」と声を上げ、手を挙げながら退場する。全員ゴーグルを着け、肌が出ない服装のため、けがの危険はないという。自己申告で失格を宣言するのがルールで、紳士的な一面もある。
 ゲームの進行は想像より早く、両チームの生き残りは1分ほどで2、3人になった。最終的には、身を投げ出して果敢に攻め込んだ黄チームが勝利した。
 
 ▼愛好家たちの評価は?
 愛好家から見て新設された会場はどうだったのか。参加した、島根大サバゲー部の宮崎翔部長(19)は「市街地から近いことが何よりもうれしい」と立地の良さを一番に挙げた。
 宮崎部長はサバゲーの魅力について「自然を肌で感じながら、仲間たちと直接声を掛け合い、助け合いながら勝利を目指せる点」と話した。外遊びをする機会がなくなっていく中、サバゲーは童心に帰れるという。学生生活であまり接しない40~50代の愛好家と対戦し、対戦後は交流できる。サバゲーの技術だけでなく、社会についても教わることが多いと言い、室内で遊ぶテレビゲームとは違った特別なつ……