動画 縁結びの神が60年ぶりに“お色直し” 宮城 …|南朝方の拠点 福井県の三峯城跡を詳しく紹介 鯖江市北…|源氏物語 や 更科日記 など平安文学研究にご熱心な…|他

【動画】縁結びの神が60年ぶりに“お色直し” 宮城 加美町

2022/01/18 17:05
加美町の鹿島神社にある「おものめ様」の木像は、その昔、大蛇と恋に落ちたことを知り、命を絶った地元の娘を村人たちが縁結びの神としてまつったものと言い伝えられています。
着物をまとい台座に座ったほぼ等身大の女性の木像で、江戸時代の中期ごろに作られたとされています。
老朽化が目立ってきたことから去年、60年ぶりに修復され、お色直しを済ませた姿を見ようと地元の人などが参拝に訪れているということです。
神社の千葉國彦宮司は「女の神様なので、きれいになってよかったです。良縁に恵まれたい方はぜひ参拝してください」と話していました。
おものめ様は、加美町の鹿島神社でことしの8月末ごろまで公開されています。

南朝方の拠点、福井県の三峯城跡を詳しく紹介 鯖江市北中山地区、17年ぶりパンフ刷新

2022/01/18 17:00
 南北朝時代の南朝方の拠点の一つだった三峯城(みつみねじょう)の「縄張り図」などを紹介したパンフレット「三峯の歴史 伝説・浪漫」が、福井県鯖江市北中山地区の城跡保存会によって製作された。2004年の改訂版以来、17年ぶりの刷新。全国で城巡りを楽しむ人が増えている中、発信力を高めて地域活性化につなげていく。
⇒福井県内の城を学び楽しむ「ふくい城巡り」
 三峯城は、標高約405メートルの城山(しろやま)山頂にあった。山頂は金谷(かなだに)、西袋(にしぶくろ)、上戸口(かみとのくち)へつながる三つの尾根が合流する地点で、三峯の名前の由来になったといわれる。
 鎌倉末期から南北朝中期までの争乱を描いた太平記によると、三峯城は室町幕府が開かれる前年の1337年、勝山・平泉寺の僧兵たちが南朝方に寝返ったときに築城。新田義貞は弟の脇屋義助を派遣し南朝方の攻勢拠点としたが、3年後に北朝方に攻め落とされた。
 パンフレットには、こうした歴史とともに、城の設計を図解した「縄張り図」を掲載。土塁や堀、石垣などで囲った主郭が南北に並ぶ連郭式山城だったことが一目で分かり、斜面を利用して敵の侵入を困難にしていたことがうかがえる。
 また、城の北西約800メートルにあった三峯寺や三峯村も紹介。1937年に廃村となった三峯村は、養老年間(717~724年)にできた……

『源氏物語』や『更科日記』など平安文学研究にご熱心な愛子さま 目を輝かせてご覧になった三の丸尚蔵館の収蔵品

2022/01/18 16:30
「塩山蒔絵十種香道具」(江戸時代18世紀)平安時代初期に初めての勅撰和歌集としてまとめられた「古今和歌集」に収められている「塩の山 さしでの磯に 棲む千鳥 君が御代をば 八千代とぞ啼く」という歌にちなみ作られた香道具で、「葦手」という手法により、文字が散りばめられています。
いわれは分かっていませんが、使った痕もあると言うことです。
「古今和歌集」に納められている歌にちなんで作られた香道具「葦手」という手法により、文字が散りばめられている「源氏物語画帖」(江戸時代17世紀) 伝土佐光則筆「源氏物語画帖」は、源氏物語54帖のそれぞれの物語をモチーフに色絵を描き、親王や公家が寄り合い書きをした色紙を貼り一冊の画帖にしたもの。
源氏物語54帖のそれぞれの物語をモチーフに画帖にされている女性が源氏物語にまつわるものを婚礼の調度としてもっていったものと考えられています。昭和天皇の后・香淳皇后も大切にされていたということです。
親王や公家が寄り合い書きをした色紙を貼り一冊の画帖に「更級日記」(鎌倉時代13世紀) 藤原定家筆平安時代中期に菅原孝標の娘が、幼少期から40年にわたり記した回想記です。
源氏物語に憧れる少女期の様子や各地に赴任する旅の様子など、当時の女性の生活の様子をうかがい知ることが出来る平安期の女性日記の最高峰の一つとされています。……

浮世絵にみる、江戸の色恋 @太田記念美術館:朝日新聞デジタル

2022/01/18 16:30
読まれています昨日のトップ5【写真まとめ】トンガの海底火山、噴火の瞬間 衛星写真や各地の様子
米国の5Gが機体に影響? ANAが計20便を欠航
トンガの火山島、陸地の大部分が消失か 噴火前は東京ドーム61個分
未知の感染力に悩む自治体 重点措置と経済活動の両立、手探りの判断
海底ケーブル、総延長は地球30周分 世界有数シェア誇る日本企業も
1【写真まとめ】トンガの海底火山、噴火の瞬間 衛星写真や各地の様子
29歳で逝った息子、残ったランドセル 27年たっても自分を許せない
3【写真まとめ】女性皇族たちとティアラの歴史
4「津波だ、逃げろ」トンガの五輪選手に送られた動画、映っていたのは
5「1人だけ助けられなかった」…母のことを知った日 何かが変わった

魅力あふれる観光コンテンツがスタート

2022/01/18 15:38
奈良市の観光については、滞在時間の延長・宿泊の促進が課題でした。この課題を解消し観光消費額の増加を目的とし、令和3年10月に奈良市観光コンテンツ造成補助事業として、企画実施事業者を募集したところ、審査の結果12事業者が決定しました。事業者から課題解消に向け新しい視点から様々な企画の提案があり、今後、各観光コンテンツが実施されます。
コロナウイルス感染症により、本市の観光産業は大きな影響を受けており、今後、失われた観光需要を回復していくためには、新しい生活様式に対応した安全・安心な奈良旅のスタイルの普及・定着とともに、変化する観光客のニーズに合わせ、本市の持つ多様な歴史・文化という大きな魅力をより一層磨き上げていく必要があります。
来年度以降も事業が安定して継続出来るような事業体制の構築や自走に向け、今回の補助事業によって行われたモニターツアーや体験に参加頂いた方々の行動分析やアンケート調査などを行い観光コンテンツの磨き上げを行っていきます。
奈良市の観光課題
コロナ禍により、2020年の観光客は724.2万人(前年41%減) 滞在時間の延長 奈良県への滞在が約5時間と少ない 宿泊者数の増加 奈良市への観光客の90%が日帰り 観光消費額の増加・域内消費の促進 観光消費額が全国平均よりも少ない
1 募集要件(事業内容)
奈良市……

【週末、山へ行こう】年の初めに山の古刹を訪ねてみてはいかが? 大山社寺めぐり(神奈川県) 標高約700メートル(阿夫…

2022/01/18 15:30
大山阿夫利神社下社の前から相模湾を望む新年最初の山歩き、今年1年健康で気持ちよく山歩きが楽しめますようにと願いを込めて、山の社寺を訪ねてみてはいかが。山が御神体であったり、山頂に祠のある社寺は日本各地にある。今年はどこに行こうかと考えて、思い浮かんだのは丹沢、大山だった。
古くから山岳信仰の山として知られ、江戸時代には信仰と行楽を兼ねた「大山詣り(まいり)」で多くの人々が大山を訪れたという。美しい三角形の山容は遠くからでもよく目立つ、丹沢のランドマークともいえる山だ。山頂には大山阿夫利(おおやまあふり)神社の本社がそびえ、ケーブルカーの山頂駅付近には下社が立つ。さらに、ケーブルカーの途中には関東三大不動のひとつである大山寺がある。

「なぜ愛子天皇ではダメなのか」国民の支持がない象徴天皇制は絶対に維持できない

2022/01/18 15:16
■女性の推古天皇が「最初の天皇」だった? 
 保守派が常に振りかざす「天皇は万世一系」という言葉も、多くの歴史研究家たちから疑問が投げかけられているようだが、それはさておき、千数百年、125代という皇位継承の歴史の中には、10代、8人の女性天皇が登場することはよく知られている。
 私のような無学な者でも、神話の中で頂点に君臨した最高神は“太陽の女神”である天照大御神で、伊勢神宮に祀られ、歴代天皇が崇拝していることは知っている。
 中でも推古天皇は、強いリーダーシップを持っていたという。
 『女性天皇の成立』(幻冬舎新書)を上梓した皇室研究家の高森明勅氏によると、「現在にまでつながる『天皇』という君主の称号が、この天皇の時代に成立した事実だ。これは、日本の歴史上、すこぶる重大な意義をもつ“飛躍”だ。推古天皇は厳密な意味で『最初の天皇』だった」可能性が高いというのである。
 雑誌『青鞜』の創刊号に寄せた平塚らいてうの言葉、
 「元始、女性は実に太陽であった。真正の人であった。今、女性は月である。他に依って生き、他の光によって輝く、病人のやうな青白い顔の月である」を思い起こす。
 さらに高森氏は、日本という国号の制定は689年で、持統天皇の即位は翌年だから、最初の天皇も、“日本初”の天皇も「女性」だった可能性が高いといっている……

尾上菊五郎、自分の出番減っても若手起用「早く育ってほしい」…国立劇場で「南総里見八犬伝」出演中

2022/01/18 14:00
 昨年、文化勲章を受章した尾上菊五郎(79)は今月、東京・国立劇場で初春歌舞伎公演「通し狂言 南総里見八犬伝」(27日まで)に出演中だ。「八犬伝」は“菊五郎劇団”の当たり狂言としても知られている。今作の手応えや製作上の狙いを聞くとともに、歌舞伎役者を束ねる立場としてコロナ禍の今、何を考えているのかを聞いてみた。(内野 小百美)
 不思議な因縁でつながる「八犬士」の奮闘が、壮大に描かれる曲亭馬琴の大作。冒頭、尾上菊之助(44)の以下のような解説から始まる。「時は室町時代、関東の地に戦乱を起こし、暴虐の限りを尽くした扇谷定正。これはその暴君に立ち向かった8人の男たちの物語である」。菊五郎は監修者として演出、脚本も手掛ける。名作だが内容を知らない人にも明快に分かるようにした。
 「プロローグで説明しておけば“八犬伝”がどういうものか、誰が悪者か分かって頭もすっきりするしね。膨大な長編を3時間半にまとめること自体、無謀。でも力を合わせて何かを討ち取るテーマは忠臣蔵にも似ているな」
 菊五郎は八犬士の中で「忠」の“珠”を持つ犬山道節を演じ、貫禄ある存在感を出している。新型コロナウイルスで客足に影響が出ているが、全席解放された初日(3日)は満員で開幕。拍手の大きさも違った。「コロナがまた怪しくなっているが、お客さん……

【全文紹介】「歌会始の儀」皇室の方々の歌

2022/01/18 13:04
皇居で新年恒例の「歌会始の儀」が行われました。今年のお題は「窓」です。
共通の題で歌を詠む歌会は、奈良時代には始まっていたとされ、鎌倉時代には行われていた「歌御会始」に一般の応募が認められたのは明治7年。皇室と国民を結ぶ長い歴史を持つ行事です。
「年の初めに~」という古式ゆかしい節回しで、伝統のままに歌が披露されました。天皇皇后両陛下と皇族方の歌を紹介します。(歌の背景については、宮内庁の説明をもとに編修しました)
【天皇陛下:御製】
「世界との往き来難(がた)かる世はつづき窓開く日を偏(ひとへ)に願ふ」
「As our contacts with the world Remain difficult, I earnestly hope for a day When the window opens to the world」
(背景)
陛下は、昨年に続き新型コロナウイルス感染拡大の収束を願う気持ちを歌に詠まれました。昨年は、人々の努力が実を結び、収束していくことを願う気持ちを詠まれました。今年は、コロナ禍が収束したその先に、今大きく落ち込んでいる世界との人々の往来が再び盛んになる日の訪れを願う気持ちを詠まれました。
【皇后さま:御歌】
「新しき住まひとなれる吹上の窓から望む大樹のみどり」
「Looki……

真鶴で頼朝ゆかりの地を 「鎌倉殿」機にハイキングコース

2022/01/18 12:50
追う!マイ・カナガワ横浜・有隣堂本店に謎の絵(上)手掛かりは「Tociau」 追う!マイ・カナガワ横浜・有隣堂本店に謎の絵(下)ついに判明「父の絵です」 追う!マイ・カナガワ横浜・港北の歩道に3メートルの擬木 これって何のため? 追う!マイ・カナガワピンクのバッタ見~つけた 小学生歓喜、でもなぜピンク色? ……

京都・柳谷観音、江戸時代から続く厄除け・招福祈願の伝統行事「眼の厄除け 開眼大護摩供」2月17日開催へ

2022/01/18 12:15
眼病平癒の祈願所として、平安時代より天皇家公家を初めとする眼病に悩む人々に信仰されてきた京都府長岡京市の柳谷観音(日下 俊英住職)では、2月17日(木)に江戸時代より続く伝統行事「柳谷観音 眼の厄除け 開眼大護摩供(かいげんおおごまく)」を行います。
開眼大護摩供の様子(1)
【「柳谷観音 眼の厄除け 開眼大護摩供」について】
この行事は江戸時代より続く伝統行事で、人の分身として扱う人形(ひとがた)とよばれる紙に、家内、縁者の願い事と氏名を書き、それをお焚き上げすることにより、厄除けと招福の祈願を行う古来よりの法要です。柳谷観音では五色のオリジナルの人形をご用意しております。それぞれ願い事に合わせて人形をお選びいただくことができます。
当日は、吉野の大峰山より山伏様を招き、聖域に祭壇を設け、山主や僧侶と共に御祈祷を行ないます。また遠方の方は郵送での申し込みも可能です。お申し込みをされた方には17日以降にご祈祷済みの「七難即滅七福即生」のお札をお送りいたします。詳細はホームページでご覧いただくことができます。
また厄除け木札(授与料3,000円から。郵送も可)や、当山オリジナルの「慧方朱印(えほうしゅいん)」(授与料500円)も限定でご用意しています。柳谷観音の「慧方朱印」は、柳谷大悲殿という文字を皆様の開運を願い、その年の慧方に向け……

楽しく学ぶ カルチャー+(プラス) 誰でもできる真言密教の祈り(2)坐り方・呼吸法:中日新聞Web

2022/01/18 12:00
北川宥智(きたがわ ゆうち)
愛知県一宮市の在家生まれ。高野山大学、大学院で密教を学び、当時学長だった松長有慶師(真言宗元管長、総本山金剛峯寺第412世座主)に師事する。環境省登録環境カウンセラーでもある。