明治時代にアメリカから来たもう一人のクラーク 親友へ…|調布・深大寺開創1300年記念 白鳳院 建立へ 寄進…|“織田信長”演じる鈴木伸之 かまいたちとのCM撮影で…|他

Contents

明治時代にアメリカから来たもう一人のクラーク。親友への手紙で綴った日本への思い(FNNプライムオンライン)

2022/01/20 11:42
明治時代にアメリカから来たもう一人のクラーク。親友への手紙で綴った日本への思い(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

調布・深大寺開創1300年記念「白鳳院」建立へ 寄進者に海洋堂フィギュアも

2022/01/20 11:27
 同寺は2023年に開創1300年を迎えることを記念して、深大寺通りの南側に白鳳院を建立する。安置する本尊は7世紀後半~8世紀初めに造られた全高83.9センチの金銅仏で、「みずみずしい白鳳仏の特色をよく示した飛鳥時代後期を代表する作品である」として2017(平成29)年、国宝に指定された。関東の寺院所在の国宝仏では鎌倉大仏に次ぐ2例目で、東日本最古の国宝仏。現在は釈迦堂に安置されている。
 同寺では、2023年の落慶を目指して広く寄進を呼び掛けている。寄進額に応じて、特別限定御朱印や特別カードお守り、無料拝観券を授与する。10万円以上の寄進者には白鳳院敷地内に氏名を顕彰し(希望者)、落慶後3年間有効の無料拝観証(随時同伴者1人無料)を進呈。さらに、世界的なフィギュアメーカーの海洋堂が製作する「国宝 白鳳仏御分身像」(縮小複製・全高約9センチ)を返礼品として贈る。「阿修羅像」のフィギュアなどで知られる造形作家・木下隆志さんが製作する作品で、限定300体。同像の複製制作は初めてで、希望者に早めの寄進を呼び掛けている。
 同寺の釈迦堂では現在、建築勧進の一環として特別拝観「古代のみほとけ」を公開している(9時30分~16時)。国宝の釈迦如来像のほかに、深沙大王の化身で調布七福神の一つでもある毘沙門天像(平安時代後期・調布市有形文化財)を参拝できる(2月3日……

“織田信長”演じる鈴木伸之、かまいたちとのCM撮影で好きだったシーンは?

2022/01/20 10:10
【画像】CM 別カットを見る(全8枚)
話が変わって、信長から「この冬何するか決めた?」と質問が出ると、家康は「俺スキーしてみたいなー」とつぶやくと、秀吉が「OK!ちょっと待ってなー」と言いながら、入るはずのない懐からスキー板を取り出し、2人を驚かせる。続けて、信長が「アイススケートもしたいなー」と言うと、秀吉が「信長、靴何センチ?」と聞き、「29センチ!」と返すと、またも秀吉が懐からスケート靴を取り出し、家康は驚きを隠せない。最後に、秀吉から「スノボもあるで」とスノーボードを取り出し、家康が秀吉の懐を「何そこの中!!」と突っ込むのだった。
撮影は丸一日を要する長丁場前回同様、今回のCM撮影も、丸一日を要する長丁場となった。テレビCMの他にWeb CMやSNS広告、PRコメントなど、数多くの撮影があるなか、鈴木、かまいたちの濱家、山内はもう役柄にも慣れた様子で、息の合った演技を披露。予定よりも早く進行していった。
テレビCMの撮影では、懐から道具を取り出すたびにドヤ顔を決める濱家や、驚きのリアクションをする鈴木や山内の演技が絶妙で、現場スタッフの多くが笑いをこらえるのに必死だった。Web CMでは、鈴木が書道に挑戦。TVCMで演じるコミカルさとは違い、真剣な表情で何度も書き上げてくれた。また、濱家や山内は、かまいたちのコント「サーフショップ」の……

拾ったゴミもいつかは遺物に? 天理で成果展

2022/01/20 10:00
 遺跡などからの出土品が並んだように見える写真に写るのは、市内で見つかったゴミだ。古墳の前で食事する映像も。奈良県天理市で、滞在しながら作品をつくる、アーティスト・イン・レジデンスの成果展「I was you, you will be me」が開かれている。写真家の倉谷卓さん(38)は「200、300、500年後の人にどう見えるか想像してもらいたい」。
 山形県出身で千葉県を拠点とする倉谷さんは、昨年10月から90日間、天理市に滞在。まちの人や考古学者らと話し、まちをめぐった。歴史の積み重ねを意識すると、落ちているものが特別に見えてくるという同市の面白さや点在する古墳に着目した。
 「奈良はその辺を掘ったら絶対何か出てくるで」と聞いていたという倉谷さん。「落ちているものを見つけたら、『もしかして』という気持ちになる。ゴミもいつか遺物になるかも」。博物館などのサイトを参考にゴミを並べ、「出土品」として撮った。額縁も同市の文化センターの倉庫で眠っていたもの。汚れもそのままに展示している。
 スマートフォン約20台も並ぶ。天理市や近隣の市の古墳の前で、近くの店でテイクアウトしたものを食べる映像が流れる。被葬者に食物を供え、それを食したという儀式を現代的に再現した。古墳が、「遊ぶ小山」や「その辺の丘」と受け止められている感覚が面白かった。「お墓に戻して……

新聞で振り返る団子山古墳 福島県須賀川市 福島民報の記事で発掘調査を紹介

2022/01/20 09:16
団子山古墳の発掘調査に理解を深める来場者  福島県須賀川市の市指定史跡「団子山古墳」を福島民報の記事などで紹介する企画展「新聞で知る 団子山古墳の発掘調査」は19日、須賀川市役所1階で始まった。26日まで。
 福島大考古学研究室(菊地芳朗教授)による発掘調査の過程を新聞記事を元に振り返っている。同市の福島民報ふるさと記者・横田忠さんが調査の節目を取材執筆した記事や、研究室が発行した「団子山古墳新聞」などを展示した。
 団子山古墳は古墳時代前期後半(4世紀中~後葉)に築造されたとみられ、埴輪(はにわ)を持つ中通り唯一の前期古墳とされている。同研究室が2012(平成24)年4月から2021(令和3)年8月までに行った調査で、普通円筒埴輪(はにわ)と朝顔形埴輪を持つ前方後円墳だと分かった。
 時間は午前9時から午後5時(最終日は午後4時)まで。問い合わせは市文化振興課へ。

2022年「ビックリ予想」で学ぶ 新型コロナ、株価、遷都、岸田政権、平均余命(日刊ゲンダイDIGITAL)

2022/01/20 09:06
2022年「ビックリ予想」で学ぶ 新型コロナ、株価、遷都、岸田政権、平均余命(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

斎宮歴史博物館の新映像展示完成 来月津でおひろめと講演

2022/01/20 09:00
【津】斎宮歴史博物館は20日から、3月12日に三重県津市一身田上津部田の県男女共同参画センター「フレンテみえ」1階多目的ホールで開く新映像展示完成記念「おひろめと講演会」の参加者を募集する。参加費無料。定員160人で、定員を超えた場合は抽選する。締め切りは2月24日。
同館は映像展示室で流す2種類の映像のうち「今よりがえる幻の宮」に替わる新作を3月26日から公開する。新映像は発掘ドキュメンタリーとアニメーションで斎宮が始まる時代を紹介する。
上映後、歴史小説家の澤田瞳子さんが「私と奈良時代」と題して講演し、同館の榎村寛之さんと「飛鳥・奈良時代の斎宮の姿を求めて」のタイトルで対談する。
申し込みは往復はがきに住所、名前(ふりがな)、電話番号を書き、〒515―0325明和町竹川503斎宮歴史博物館おひろめ講演会係へ。

豊橋市の古墳で全長 10 メートルの大型横穴式石室を確認

2022/01/20 09:00
口明塚南古墳に石室があることは平成21年(20年度)に確認されていましたが、今回の調査は石室の規模や構造を確認したうえで馬越長火塚古墳群の整備基本計画を策定するために行われました。
調査の成果として大きく2点が挙げられます。
1 全長10メートルもの大型横穴式石室を確認
全長10m、最大幅2mの大型横穴式石室で、1mを越える大きさの石材が使われるなど、7世紀前半の石室としては極めて大型の部類です。東三河地方では長火塚古墳に次ぐ規模を誇り、6世紀後半から7世紀前半にかけて東三河一帯を支配していたと考えられる豪族「穂国造(ほのこくぞう)」の墓にふさわしい古墳といえます。
2 長火塚古墳の伝統を受け継ぐ構造と石材を使用した石室を確認
「立柱(りっちゅう)」と呼ぶ柱状の石材を立てて石室の内を区分した、「三河型横穴式石室」です。石材には付近で産出される石灰岩を選んで使用しており、チャートなどその他の岩石が多く使われる付近の古墳とは対照的です。築かれた当時は白く美しかったことでしょう。同様の特徴は長火塚古墳や大塚南古墳にも見られ、馬越長火塚古墳群の三代にわたる有力者がこだわり、守り続けた墓の伝統です。古墳時代の豊橋市北部の古墳に、石灰岩が特別な意味を持っていたことが分かり、当時の人々の横穴式石室の石材に対する観念(思い)がうかがわれます。……

大洲領総鎮守 八幡神社 宮司 常磐井守道さん

2022/01/20 08:31
大洲領総鎮守 八幡神社 宮司 常磐井守道さん  愛媛新聞

メイクアップブランド“fucica(フシカ)” 使い続けるほどに風合を増す、真鍮容器をしつらえた、椿油のリップバーム…

2022/01/20 08:02
日本の伝統色をテーマとしたメイクアップ化粧品ブランド“fucica(フシカ)”を展開する、株式会社UCO(本社:東京都足立区日ノ出町5-12、代表取締役 林 由布子)は、2021年3月にスティックで直接唇に塗るのではなく、筆にとり唇に差す「所作の美」と、丁寧に手入れをしながら中身をレフィルし使い続けることで風合を増す真鍮容器の「用の美」をテーマに、日本の伝統色をベースとした8色の口紅をリリースしました。
今回、メインテーマはそのままに、日本で古くから美容のために使われてきた椿油を主として、食品グレードの成分のみで作られた、体に優しく、唇をトリートメントする「fucica BENI リップバーム」を2022年2月1日 (火)に発売いたします。また、これに先立ち、2022年1月25日(火)より伊勢丹 新宿店 本館7F 呉服 和装小物で先行販売いたします。

装うためのいつくしみ
食べ物の熱・空気の乾燥・口紅を洗い流す習慣。
その人の魅力をあらわす場所でありながら、
気付けば、たくさんの負担を与えている唇。
美しく装うために、自身で慈しんであげたい。

【商品概要】
fucica BENI リップバーム
1000年以上昔の平安時代から、美容のために使われてきた椿油。
奇跡的にも、唇のケアに理想的な……

古墳時代 鈴の音色 かみつけの里博物館で19点の動画上映 来月28日まで 県内出土の埴輪も紹介

2022/01/20 07:41
 映像と音の展示は同館で初めて。同館によると、丸い金属の鈴は五世紀ごろ、朝鮮半島から伝来したとされる。古墳時代は馬具や装身具、飼っていた動物にも鈴を付けていた。日本各地の古墳から出土しているが、出土地はやや東日本に偏り、中でも群馬県は質、量ともに豊富という。

柴崎浅間山古墳が90件目の市史跡に 高崎市教委が指定

2022/01/20 07:41
 高崎市教育委員会は十九日、古墳時代前期の四世紀ごろの築造と推定される柴崎浅間山古墳(同市柴崎町)を市史跡に指定したと発表した。指定は十八日付で、市指定史跡は九十件目。   ...

南部町郷土カルタの原画展

2022/01/20 07:21
南部町の歴史や伝統文化などを伝える郷土カルタの原画の展示会が開かれています。
「南部ふるさとカルタ」は、南部町教育委員会が町の歴史や伝統文化などを子どもたちに遊びながら学んでもらおうと作りました。
作画は南部町在住で絵画教室などを開く前田幸子さんがおよそ1年かけて町内を取材して手掛けたもので、「近藤浩一路記念南部町立美術館」で開かれている展示会には前田さんの原画40点あまりが展示されています。
このうち江戸時代から受け継がれる伝統芸能の内船歌舞伎のカルタはりりしい顔立ちの若者が見栄を切る姿が描かれています。
また、夏の風物詩でお盆に行われる南部の火祭りのカルタは、大きなたいまつと花火を見上げる人たちの様子を描いたものです。
そして、明治時代に町の産業振興などに尽力した近藤喜則も歴史的な人物としてカルタに描かれています。
会場を訪れた女性は、「絵が本当に優しい印象で、絵に吸い込まれるようです。どの作品も素敵で今日はカルタを購入しにきました」と話していました。

【倭の国誕生】前方後円墳は卑弥呼の都「纒向」で誕生した

2022/01/20 07:00
国内最古の前方後円墳ともいわれる纒向石塚古墳(破線は前方部の推定ライン)=平成元年古墳文化の象徴的な存在が前方後円墳。国内最大の仁徳天皇陵古墳(堺市、墳丘長486メートル)は世界文化遺産となり、海外でも「KOFUN」として知られる。前方後円墳はいつ、どこで生まれたのか。
「纒向(まきむく)=奈良県桜井市=以外に考えられない」というのが、寺沢薫・纒向学研究センター所長。纒向遺跡は奈良盆地東南部に位置し、邪馬台国(やまたいこく)の有力候補地。女王・卑弥呼の墓ともいわれる箸墓(はしはか)古墳(3世紀後半、同約280メートル)をはじめ、3世紀の最古級の前方後円墳が集中する。
なかでも箸墓古墳は、国内最初の巨大前方後円墳とされながら、なぜ突然出現したのかが謎だった。奈良では2世紀まで、5~10メートル規模の方形周溝墓しかほぼなかったからだ。
寺沢さんが着目したのが、纒向遺跡にある墳丘長100メートル近い前方後円墳。纒向石塚古墳(同99メートル)、ホケノ山古墳(同80メートル)などは発掘調査で、箸墓古墳より古い3世紀前半の可能性が高まった。

<たてものがたり>(23)七山の賀茂神社

2022/01/20 06:35
 唐津市七山は旧石器時代から縄文、弥生、中世にかけての遺物が出土する地です。中でも賀茂神社が建つ藤川は七山の中心地。ここは奈良・平安期には大宰府から松浦郡衙(ぐんが)への通路となっており、厳木、北山への道と筑前への道との分岐点となっています。
 七山村史には『諸家系譜類集』に賀茂神社家・岡本氏は光仁(こうにん)天皇より賀茂県主(あがたぬし)を賜り、山城国(京都)に住んでいたと記されています。平安時代が始まり、防人が廃止された翌年の796年に岡本前山城守(やましろのかみ)長種(ながたね)は肥前守(ひぜんのかみ)に任ぜられ都から下向(げこう)。万葉集が成立した延暦年間のことでした。
 長種は肥前国を巡視した後、鳴神山(なるかみやま)の一角に館を築き、賀茂神社を勧請(かんじょう)しました。御社殿には御祖である賀茂別雷命(わけいかずちのかみ)が祭られています。806年、任を解かれた後、長種はこの地に残ることにしました。岡本氏は新羅の賊が松浦沿岸を襲ってきた際も刀伊(とい)の寇の際も防衛に務めており、郡司クラスの地位にあったのではないかとの指摘もあります。
 元寇の際、岡本長繁は草野氏、加茂氏と共に夜襲をかけ活躍しましたが、戦死。末裔(まつえい)は波多氏の重臣となります。波多氏改易の後、岡本氏は浮嶽(うきだけ)の麓に居を移し、江戸後期に野井原(のいばる)……

【深読み「鎌倉殿の13人」】ぜひ行ってみたい。大河ドラマゆかりの伊豆の関連史跡4選(渡邊大門)

2022/01/20 06:02
【深読み「鎌倉殿の13人」】ぜひ行ってみたい。大河ドラマゆかりの伊豆の関連史跡4選(渡邊大門) - 個人 - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

小豆粥で無病息災を センリョウの庭見ながら 妙心寺東林院「初春祝う会」31日まで /京都

2022/01/20 05:26
 臨済宗大本山・妙心寺の塔頭(たっちゅう)、東林院(京都市右京区)で小正月の15日、「小豆粥(がゆ)で初春を祝う会」が始まった。赤い実をつけたセンリョウの庭を見ながら味わえる。31日まで。【中島怜子】
 小豆粥は平安時代から伝わる習わし。新年に邪気・万病を払い、1年の無病息災を願う。東林院でも、精進料理として小豆粥を食べている。
 初日の15日には一般の参加者を招き、「散飯式(さんはんしき)」も行われた。西川玄房住職(82)が、新型コロナウイルスの終息などを願って読経。その後、参加者の椀(わん)から取り分けた少量の小豆粥を庭の木の枝に置き、感謝の意を表した。

重忠展示で郷土史を知る 図書館・公文書館で開催中

2022/01/20 00:00
 今年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に登場する旭区ゆかりの武将・畠山重忠を紹介する展示コーナーが、旭図書館=白根=と県立公文書館=中尾=で現在開催されている。
 旭図書館では7月18日(月)まで、「畠山重忠と鎌倉時代を知る本」と題した展示を玄関ホールで実施中。史跡紹介のパネル展示をはじめ、重忠の本や紙芝居、関連する鎌倉時代や重忠の故郷である埼玉県深谷市の本などが常時100点以上配架されている。石原孝館長は「重忠の関連本は展示を始めてからよく借りられている。二俣川合戦や重忠、さらに同じ県内にある鎌倉市に幕府が置かれた鎌倉時代への関心を高めてもらえたら」と話す。
 県立公文書館の1階ロビーでは3月31日(木)まで、ミニ展示「畠山重忠と二俣川」を開催。19年前に行われた企画展をベースに再構成したもので、様々な施設で所蔵される重忠の史料をもとに人となりなどを6枚のパネルで紹介している。また、閲覧室には重忠関連の専門書や絵本、漫画などを配架し読めるようにしている。今部一良館長は「地元で親しまれてきた重忠を、より知っていただく機会になればと企画した。配布している資料には史跡マップもあるので街歩きも楽しんでもらえたら」と語る。

本牧 気まぐれ歴史散歩 53 『池袋 豊かな水が湧く灌漑設備』

2022/01/20 00:00
 根岸七曲りを登って右に進むと、池袋という地名があります。かつてこの高台に灌漑用の池があったことが由来です。東京の池袋の名の由来も同じともいわれますが、東京の池袋が「袋池」とは呼ばれなかったのは「井戸+袋」が語源だからという説もあります。

 本牧や根岸・山手は、今も数多くの湧水に恵まれている地域です。横浜開港後に、外国船が貯蔵用の飲料水を横浜で買い求め、ビール工場が山手や本牧に造られたのも、かつてこの辺りで非常に良質な水があちこちで湧いていたからであり、おそらくは根岸の池袋にも良質の水が湧き出ていて灌漑用に蓄えられていたのだろうと思われます。

 大きな川がない地域では、日照りが続くと田畑を潤す水が不足し飢饉となってしまうことから、鎌倉時代ころから人々は協力して谷戸の奥から湧き出る水を人工的に堰止め、池を造り、灌漑設備を整えるようになりました。根岸の池袋がいつの時代に築かれたものなのかは定かではありませんが、江戸時代の本牧・根岸の絵図には、池袋の池をはじめ、他にも灌漑用の池がいくつか描かれています。現在そのほとんどの池は埋められ宅地となりましたが、原富太郎が農業用の灌漑設備を活用して造りあげた三渓園の大池は、かつての美しい灌漑用の池の名残りとして、今も私たちの目を楽しませてくれます。

 池袋の坂を登りきると、グ……

東儀秀樹コンサート 秦野市で3月5日

2022/01/20 00:00
 小田急線東海大学前駅南口のタウンニュースホール=秦野市=で3月5日、雅楽師の東儀秀樹さんを招いた「東儀秀樹 with Shikinamiコンサート」が開催される。
 東儀秀樹さんは奈良時代から1300年続く楽家に生まれ、宮内庁楽部在籍時は宮中儀式などに出演した他、海外公演にも参加するなど日本の伝統文化を国内外に広めた。雅楽の持ち味を生かした独自の音楽制作に取り組んでいる。
 公演は午後2時からと5時からの2回。料金は全席指定、各前売り9千円、当日9500円。座席数を半分の約80席に減らして実施する。
 チケット購入などの問い合わせはタウンニュース・エンターテイメント【電話】0463・77・0025。