臙脂(えんじ)とは?~日本の伝統色 Japanese…|鈴木伸之 スキーが苦手な理由は 高い所がダメ :時事…|五大老と五奉行の上下関係に疑問符!? 実は五奉行の方…|他

臙脂(えんじ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

2022/01/24 17:46
牡丹色(ぼたんいろ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~
【牡丹色(ぼたんいろ)】とは、牡丹の花から名付けられた、紫がかった紅色を指しています。日本の伝統色である【牡丹色】にどのような由来があって、どのように愛されてきたのか、子どもにそのまま教えてあげられるよう、やさしい言葉で解説します。海外の方に英語で説明できるよう、英語での解説も紹介しています。

鈴木伸之、スキーが苦手な理由は「高い所がダメ」:時事ドットコム

2022/01/24 16:45
鈴木伸之、スキーが苦手な理由は「高い所がダメ」:時事ドットコム  時事通信

五大老と五奉行の上下関係に疑問符!? 実は五奉行の方が偉かった!【後編】(歴史人)

2022/01/24 16:34
五大老と五奉行の上下関係に疑問符!? 実は五奉行の方が偉かった!【後編】(歴史人) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

東京藝術大学大学美術館、“天平美術”に着目したコレクション展

2022/01/24 16:20
東京藝術大学大学美術館では、展覧会「藝大コレクション展 2022 春の名品探訪 天平の誘惑」を、2022年4月2日(土)から5月8日(日)まで開催する。
天平にまつわる古代〜現代の美術を紹介《浄瑠璃寺吉祥天厨子絵》「弁財天及び四眷属像」1212年(建暦2) 重要文化財 東京藝術大学蔵「藝大コレクション展 2022 春の名品探訪 天平の誘惑」は、古美術や近代美術、現代美術など、約3万件の作品や資料から構成される東京藝術大学の収蔵品から、選りすぐりの名品を紹介する展覧会だ。藝大と8世紀の天平美術の繋がりに焦点を合わせ、古代から現代に至る天平にまつわる作品や貴重な資料を公開する。
古美術から現代美術まで、選りすぐりの名品を展示《月光菩薩坐像》奈良時代 東京藝術大学蔵国際色豊かな唐の影響のもとに花開いた奈良の天平文化は、後世にも多大な影響を及ぼした。本展では、藝大コレクションから選りすぐった名品を展示。なかでも、奈良時代の《月光菩薩坐像》は、天平の威風をたたえる優品であるとともに、損傷部から当時の造像技法を観察できる貴重な資料でもある。
狩野芳崖《悲母観音》 1888年(明治21) 重要文化財 東京藝術大学蔵さらに会場では、《小野雪見御幸絵巻》(重要文化財)や狩野常信《鳳凰図屏風》をはじめとする古美術から、長原孝太郎《入道雲》や初公開の白川一郎《不空羂……

江戸時代に庄屋らが造った池、世界かんがい遺産に(読売新聞オンライン)

2022/01/24 14:19
江戸時代に庄屋らが造った池、世界かんがい遺産に(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

世界的にも貴重な諏訪湖「御神渡り」578年の記録 幕末から明治に観測の切断が起きたのはなぜか(森田正光)

2022/01/24 13:10
世界的にも貴重な諏訪湖「御神渡り」578年の記録 幕末から明治に観測の切断が起きたのはなぜか(森田正光) - 個人 - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

今どきの歴史:現代社会を映す「荘園制」 ふるさと納税の中世版?

2022/01/24 12:39
 日本史の中でもわかりにくさでは突出する荘園を描いた本が、なぜか読まれている。『荘園』(中公新書)。昨年9月下旬に刊行され、現在、7刷・5万4000部。「今も引き続き好調。意外です」と編集者も話す。「ふるさと納税は、荘園制みたいなものですよ」と説明する著者の伊藤俊一・名城大教授(日本中世史)に聞いた。
 「荘園は中世社会の基幹的制度である」と、序文にある。こう聞いて違和感を覚えた方は、昔の知識が更新されずにいる可能性がある。