謎に包まれた聖徳太子の死と超人伝説の始まり(歴史人)|昨年 数百年ぶりに復活した演目 和田酒盛 が東京初演…|不比等 律令国家を建てる (1)大宝律令の編纂 遷…|他

Contents

謎に包まれた聖徳太子の死と超人伝説の始まり(歴史人)

2022/05/24 11:30
謎に包まれた聖徳太子の死と超人伝説の始まり(歴史人) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

昨年 数百年ぶりに復活した演目「和田酒盛」が東京初演 『復曲能を観る会〈和田酒盛〉東京公演』上演決定 カンフェティで…

2022/05/24 10:30
カンフェティにてチケット発売中
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=66289&
公式ホームページ
https://hukkyokunouwomirukai.amebaownd.com/
公式Twitter(@hukkyokunou)
https://twitter.com/hukkyokunou
 多くの人々に愛され続けてきた『曽我物語』に題材を得た能〈和田酒盛〉が昨年、数百年ぶりに復活しました。この度、東京初演となります。
 〈和田酒盛〉は鎌倉武将が大勢登場する華やかな能。一方で、曽我十郎の恋人・虎御前が十郎を慕い、時の権力者に媚びることなく自分に正直に生きる姿も描いています。公演のサブタイトルは「能の世界から思いを馳せる ~中世の女性たちの生き方~」。現代の私たちの生き方を考えるきっかけにもなるのではないでしょうか。
 能楽界を代表する演者も多数出演。復曲能を観る会だけでご覧いただける〈和田酒盛〉をぜひお楽しみください。
【予定演目/あらすじ】
仕舞「巴」
一人の僧が、木曽義仲の愛妾で女武者・巴御前の幽霊に出会う。仕舞では、敵に囲まれた義仲の自害を前に、長刀を携えて奮戦する巴御前の戦いぶりを描く。
仕舞「班女 クセ」
愛する吉田……

【不比等 律令国家を建てる】(1)大宝律令の編纂、遷都の実行… 国の基礎築いた辣腕政治家

2022/05/24 10:30
一方、平城京は東西約4・3キロ、南北約4・8キロの長方形の北東部に、東西約1・6キロ、南北約2・1キロの区画が張り出す。藤原京と同様の条坊がめぐらされるが、宮域(平城宮)は藤原宮と違い北端に置かれている。京の南端にある羅城門から平城宮の正門にあたる朱雀門まで、幅74メートルのメインストリート・朱雀大路が通り、その西側を右京、東側を左京とされていた。
遷都をめぐっては、「続日本紀」の慶雲(きょううん)4(707)年2月の条に、「(文武天皇が)諸王・諸臣の五位以上の者に詔を下し、遷都のことを審議させた」とある。遷都について、朝堂内でも賛否が分かれていたことを推測させるが、その4カ月後に文武天皇が死去。後を受けて即位した元明天皇(文武天皇の母)は翌年の和銅元(708)年、平城京への遷都の詔を出している。造営工事はここから始まったとみられる。こうした一連の動きは、右大臣の不比等が主導していたとされる。

水田に映える早乙女姿、丁寧に手植え 飛鳥時代の史実再現

2022/05/24 10:30
 飛鳥時代の朝廷に米を献納していたという史実にちなんだ「恵奈の里 次米(すきまい)みのりまつり」の御田植え祭が、岐阜県恵那市長島町の水田で行われた。
 みのりまつりは、史実を再現するイベントで、地元住民でつくる実行委員会が毎年開いている。
 岩村城女太鼓の演奏と、趣味で年に数回コンサートやミュージカルを開いている市職員の市川太一さん(48)の豊作を願う歌声が響く中、早乙女姿の地元女性や長島小学校子ども会の1~6年生らが、マスク姿で苗を手に水を張った田んぼに横一列になり手植えした。恵那農業高校1年の女子生徒(15)は「小学5年生の時から参加している。いろんな年代の人と一緒に田植えができて楽しい」と話した。
 みのりまつりでは9月に収穫の「抜き穂祭」を行い、10月に薬師寺(奈良市)と天武天皇陵(奈良県明日香村)へ米を献納する。

企画展「阿弥陀如来 浄土への憧れ 」根津美術館で

2022/05/24 10:15
企画展「阿弥陀如来 ─浄土への憧れ─」が、東京の根津美術館にて、2022年5月28日(土)から7月3日(日)まで開催される。
阿弥陀如来の華麗な美術世界《阿弥陀三尊来迎図》日本・鎌倉時代 14世紀 根津美術館蔵企画展「阿弥陀如来 ─浄土への憧れ─」は、根津美術館が所蔵する仏画を中心に、日本における阿弥陀信仰の歴史と展開を紹介する展覧会だ。
重要文化財《善光寺縁起絵》(中幅) 日本・鎌倉時代 13~14世紀 根津美術館蔵人びとに広く知られているほとけ・阿弥陀如来は、日本ではすでに飛鳥時代から信仰されており、平安時代に密教が伝わったのちにも崇敬の対象であった。そして、平安時代後期に浄土信仰が盛んになると、極楽浄土へと導く救いのほとけとして国中で崇められた。日本の仏教の展開とともに多様な様相を示した阿弥陀如来は、仏教美術の柱のひとつとして、数多くの仏画や仏像としてもあらわされている。
《当麻曼荼羅》(部分) 日本・南北朝時代 14世紀 根津美術館蔵根津美術館のコレクションの礎を築いた初代 根津嘉一郎は、数多くの仏教美術の作品を蒐集した。そのコレクションのなかでも、阿弥陀如来にまつわる収蔵品は豊富であり、重要文化財や重要美術品に指定されている優品も存在する。
重要文化財《阿弥陀如来像》朝鮮・高麗時代 1306年(大徳10・忠烈王32) 根津美術館……

琵琶湖博物館の総合研究の成果が『自然・生業・自然観―琵琶湖の地域環境史―』として発刊されました

2022/05/24 10:00
本書は、自然への働きかけである生業(せいぎょう)と、自然に対する価値づけ、自然観(しぜんかん)に注目し、琵琶湖地域の自然と人間との関係性を明らかにしようとしたものです。歴史学・地理学・動物生態学など分野の異なる12人の共同研究者などにより多角的側面から執筆されています。現実の自然観は極めて多様であり、そのなかからもっとも人間にとって都合の良い特定の自然観が取捨選択されていたことなどが明らかになりました。これらのことは、これから地域を新しく創造する際の参考となると考えています。

・書 名:『自然・生業・自然観―琵琶湖の地域環境史―』
・編 者:橋本道範(琵琶湖博物館専門学芸員)
                        <目次>  *サブタイトルは省略
はじめに 橋本道範
第1部 自然と自然観
 第1章 繰り返された平安時代の近江地震 保立道久
 第2章 幕末期における琵琶湖周辺の植生景観 小椋純一
 第3章 近代琵琶湖漁業の漁獲量の長期的な変遷 藤岡康弘
 第4章 琵琶湖のヨシ(葭)地をめぐる近世人の自然観  東幸代
 第5章 森林を介した地域住民とカワウとの歴史的関係の地域差
     前迫ゆり・牧野厚史・藤井弘章・亀田佳代子
第2部 「ムラ」と自然観
 第6章 先史……

江戸時代の遊郭「吉原」の由来とは?巣鴨、蒲田…地名と植物の深い関係(bizSPA!フレッシュ)

2022/05/24 08:45
江戸時代の遊郭「吉原」の由来とは?巣鴨、蒲田…地名と植物の深い関係(bizSPA!フレッシュ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

非常食の定番「カンパン」の起源は奈良時代にアリ?ヒットの理由を聞いてみた(ウォーカープラス)

2022/05/24 08:00
非常食の定番「カンパン」の起源は奈良時代にアリ?ヒットの理由を聞いてみた(ウォーカープラス) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

炒めてから出汁で煮る。淡泊な冬瓜をおいしく食べる調理法を教えます(家庭画報.com)

2022/05/24 07:52
炒めてから出汁で煮る。淡泊な冬瓜をおいしく食べる調理法を教えます(家庭画報.com) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

「泣きながら母に連絡」日本一かわいい女子高生・福田愛依、大河『鎌倉殿の13人』に出演決定(Lmaga.jp)

2022/05/24 07:45
「泣きながら母に連絡」日本一かわいい女子高生・福田愛依、大河『鎌倉殿の13人』に出演決定(Lmaga.jp) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

三国祭、江戸時代から変わらない熱気 迫力ある人形山車が見せ場【若越画報】

2022/05/24 07:00
 三国祭は三國神社の例大祭。初日は神事が営まれ、地元の女児が厳かに「浦安の舞」を奉納、新型コロナウイルスや争乱に揺れる世界の安寧を願った。
 祭り本番の中日。神社に奉納される今年の当番区の山車が旧市街地を勇ましく練り歩いた。神社前に集結した山車7基。男衆の熱気は最高潮に達し、大神輿とともに順に動き出した。山車が方向転換で急旋回すると、見物客から歓声が上がった。威勢のよい掛け声とにぎやかな囃子。夜遅くまで祭りは続いた。

「静の舞」「大姫」「実朝」…バラ見ごろ 鎌倉黎明期テーマに特別展も 鎌倉文学館 /神奈川

2022/05/24 06:17
 鎌倉文学館(鎌倉市長谷)の庭園にある202種245株のバラが見ごろを迎えている。鎌倉、静の舞、大姫、実朝など当地ゆかりの名を持つバラが多く植えられており、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」関連の隠れた人気スポットになっている。
 青屋根が谷戸の新緑に映える本館では、歴史の転換点になった鎌倉時代のはじまりに焦点を当てた特別展「鎌倉時代黎明(れいめい)」が開かれている。展示品は「吾妻鏡」、「愚管抄」などの歴史史料と、「平家物語」などの古典から、太宰治の「右大臣実朝」、永井路子の「北条政子」など近現代までの文学作品。
 「歴史書の中に文学を見いだし、文学に歴史を見る」(古川元也・日本女子大教授)という趣向で、歴史書と文学の境界領域を感じながら、中世のはじまりに迫るユニークな企画になっている。

長林寺跡出土「長倉寺瓦」お披露目

2022/05/24 06:12
 奈良県河合町指定文化財に新たに指定された長林寺跡出土瓦が、同町池部2丁目の町中央公民館ロビーで公開されている。31日まで。
 長林寺跡は同町穴闇(なぐら)にあり、聖徳太子建立寺院の一つと伝わる。1987~88年度の発掘調査で飛鳥時代から奈良時代、中世までの瓦が出土。町の歴史を見る中で貴重だとして今年2月、町指定文化財では6件目の指定を受けた。

新指定の文化財展示 長林寺跡出土、瓦類112点 河合町 /奈良

2022/05/24 05:32
 河合町は、聖徳太子建立と伝わる長林寺跡(同町穴闇(なぐら))から出土した瓦類112点を町指定文化財に指定した。文字瓦や軒丸瓦など約10点を31日まで、町中央公民館ロビーの「町の文化財ちょっと見て!展」で紹介している。
 瓦類は1980年代の発掘調査で出土した。飛鳥時代から中世まで年代が長く、穴闇地域…