奥嵯峨に清々しい青紅葉を求めて(山村純也)|出土した剣や勾玉から 祭祀 の移り変わりを知る 古墳…|田上町の寺で 子育て地蔵 が特別公開|他

出土した剣や勾玉から『祭祀』の移り変わりを知る 古墳時代の歴史を学ぶ講座<福島県郡山市>:ニュース

2022/06/05 17:00
福島県郡山市の大安場史跡公園で開かれたのは、古墳時代について理解を深める歴史講座。講座のテーマは、人々が祈りを捧げ神を祭った形跡がみられる『祭祀遺跡』
講座では、遺跡から出土した剣や勾玉を調べることで『祭祀』の行い方が変わっていったことを学んだ。
また、出土品が特に多く発見されている福島県白河市の建鉾山祭祀遺跡の特徴も紹介され、参加者は古代の生活に思いを馳せていた。
参加者:「遺跡群をこういう見方をするのは初めてだったので、非常に勉強になりました」
次回は、江戸時代の非常食「めくり餅」の調理と試食を楽しむ講座が開かれる。

田上町の寺で「子育て地蔵」が特別公開

2022/06/05 16:25
田上町の定福寺では、子どもの無病延命に御利益があるとされる「子育て地蔵」が特別に公開されました。
田上町羽生田にある曹洞宗の寺院、定福寺は、子どもの無病延命に御利益があるとされる「子育て地蔵」で知られ地域の信仰を集めています。
5日はこの地蔵が特別に公開され、午前、行われた法要にはおよそ50人の檀家などが参列しました。
寺によりますと、地蔵が広く公開されるのは数十年ぶりだということです。
住職の桑原真龍さんが無病息災や家内安全を祈りお経を読み上げたあと、参列者が1人ずつ地蔵に手を合わせていました。
地蔵は平安時代の僧、満米上人の作とされ、住職がいわれなどを説明すると参列者は興味深そうに聞いていました。
子ども2人と訪れた40代の女性は「檀家なので、イベントがあると聞いて訪れました。子どもが健康に育つよう、お願いしてきました」と話していました。
また、70代の夫婦は「ご開帳を見るのは2回目ですが、何十年かぶりです。家内安全と長生きをお願いしました」と話していました。

松前城天守 復元までの歴史

2022/06/05 16:00
松前城天守 復元までの歴史|ニフティニュース  ニフティニュース

摂関家の実力者・九条兼実が辿った生涯に迫る

2022/06/05 15:02
九条兼実の足跡と主な出来事九条兼実は、久安5年(1149)に生まれ、承元元年(1207)に没しています。その生涯を出来事とともに紐解いていきましょう。
有力貴族・藤原忠通の子として生まれる九条兼実は、平安時代中期から後期に権勢を誇った「藤原北家」の氏長者で関白を務めた、藤原忠通(ただみち)の三男として生まれました。母は、藤原仲光(なかみつ)の娘・加賀局(かがのつぼね)です。
第一期:平氏政権下にて兼実の政治的生涯は、三期に分かつことができるとされています。第一期は16歳から34歳まで、平氏政権下にあったときです。
九条兼実は保元3年(1158)、10歳で元服すると順調に昇進し、16歳には右大臣にまで進みます。その頃、台頭してきた平氏は、摂政の近衛基実(もとざね)と血縁を結ぶなど、公家政権との協調に努めました。また、同じ触手を弟・松殿基房(まつどのもとふさ)、そして、兼実にも及ぼそうとします。しかし、後白河院との権力争いの中で公家との協調関係が崩れ、独裁化していった平家は、治承3年(1179)には後白河上皇を幽閉し、クーデターを起こしたのでした。
摂関家の誇りに生きた兼実は、極力平氏との接触を警戒するようになりました。ただ、その非協力的な姿勢から、政局の中枢部から疎外され、政治情勢に対する影響力はほとんどなかったとされています。
その……

『鎌倉殿』の時代には“常駐スタッフ”もいた……文献から読む“陰陽師の史実”

2022/06/05 15:00
 では、歴史のターニングポイントに関与していた陰陽師とは一体どんな存在だったのだろうか。
 『鎌倉殿と呪術 怨霊と怪異の幕府成立史』(島崎晋著、ワニブックス刊)では、平安時代から鎌倉時代初期の陰陽師たちの活躍を、歴史書『吾妻鏡』をもとにしながら探り、これまで見過ごされがちだった方面から動乱の時代を見直していく。
鎌倉で陰陽師たちはどんなことをしていたのか? 鎌倉幕府が編纂した『吾妻鏡』は、1180年4月9日から1266年7月20日までの出来事を編年体で記した歴史書だ。この『吾妻鏡』には、天文・陰陽道に関する記事が800以上、陰陽師の所見が100以上あり、およそ48種類の陰陽祭が見られるという。
 本書によれば、鎌倉で行われた陰陽道の祭祀は大まかに4つのグループに分けられるという。
1.病気その他身体の障害や危険を取り除き祟りを防ぐもの
2.宿星の信仰を中心とし、自然の異変に対する祈祷的なもの
3.建築物の安全祈願のもの
4.祓を中心にしたもので神祇の作法に近い部分
 天変地異や怪異が起きたら、陰陽師の占いによって原因を突き止め、適切な祈祷を行わせる。しかし、見立てを間違えることもあったという。
 陰陽師がミスをした例としては、『五妻鏡』の1216年閏6月24日条に見られる。
 幕府では、密教験者の忠快に……

日本三古湯、道後、有馬、白浜温泉。聖徳太子が病気療養のために滞在した道後温泉は、約3000年の歴史の日本の温泉で最も…

2022/06/05 14:28
日本三古湯、道後、有馬、白浜温泉。聖徳太子が病気療養のために滞在した道後温泉は、約3000年の歴史の日本の温泉で最も古い(婦人公論.jp) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース