元刑事 片目を失った隻眼の画家・番洋 世界遺産で 皆…|アトリオン 秋田ゆかりの作家の美術工芸作品が一堂に(…|茶道具と薩摩の歴史を振り返る 鹿児島市で企画展(鹿児…|他

元刑事 片目を失った隻眼の画家・番洋 世界遺産で『皆と共に』展を成功させたい!200万円を開始わずか10時間余りで目…

2022/09/22 19:48
元刑事 片目を失った隻眼の画家・番洋
世界遺産で『皆と共に』展を成功させたい!クラウドファンディング
200万円を開始わずか10時間余りで目標金額を達成!NEXTGOAL次の目標金額は500万円を目指します!
【募集期間】2022年9月15日~10月31日/クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて募集
警察時代の襲撃で片目を失いハンデがある中、隻眼(セキガン)の画家として国内外で50以上の賞を受賞。戦争やコロナ禍の中、アートの力で明るいニュースを世界へ届ける為に1200年の歴史、世界遺産の高野山・無量光院で『皆と共に』展を開催!新たな挑戦の活動資金が必要でクラウドファンディングを立ち上げ、その運営資金をクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて募集を開始しました。募集期間は2022年9月15日(木)から10月31日(月)で、募集金額は200万円を目指しましたが開始わずか10時間余りで目標金額を達成し、NEXT GOAL 次の目標金額は500万円を目指します。
URL: https://camp-fire.jp/projects/view/617998?list=search_result_projects_popular

「元刑事 片目を失った隻眼の画家・番洋 世界遺産で『皆と共に』展を成功させた……

アトリオン 秋田ゆかりの作家の美術工芸作品が一堂に(秋田県)(ABS秋田放送)

2022/09/22 19:32
アトリオン 秋田ゆかりの作家の美術工芸作品が一堂に(秋田県)(ABS秋田放送) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

茶道具と薩摩の歴史を振り返る 鹿児島市で企画展(鹿児島ニュースKTS)

2022/09/22 19:29
茶道具と薩摩の歴史を振り返る 鹿児島市で企画展(鹿児島ニュースKTS) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

秋分とは?

2022/09/22 19:01
野菜・果物秋分に旬を迎える野菜は松茸(まつたけ)です。香りや味わいが良く、高価であることから「茸の王様」のような存在感を放ちます。松茸ごはんにするときは、加熱しすぎると香りが飛んでしまうため、炊き上がる直前に入れるのが良いでしょう。他にも土瓶蒸しや焼き物など、旬の香りを楽しみながら食べられます。
また、旬を迎える果物としては、栗が挙げられます。甘さは控えめで栄養豊富な栗は、秋の味覚には欠かせない食べ物の一つです。栗はブナ科クリ属の落葉樹になる果実の総称で、縄文時代の遺跡から出土しているほど、歴史の古いことでも知られています。旬の栗を栗ご飯や甘露煮などで楽しみましょう。
魚秋分の頃に旬を迎える魚は、鯖(さば)です。秋から冬にかけての鯖は脂がのり、非常に美味しい時期になります。味わい方も、塩焼き、みそ煮、しめ鯖、刺身などバリエーションが豊富です。
ちなみに「鯖」の字の右側にあたる「靑」という漢字は、「青」の旧字体になります。そのため「さば」の漢字表記を「円」を使用する「靑」としても、「月」を使用する「青」のどちらを使用しても間違いではありません。ただ、厳密には旧字体の「靑」を使用した場合が、正しい漢字と言えます。
秋分の季節の花とは秋分、つまり毎年9月23日〜10月7日頃は、段々と日が短くなり、秋へと向かい始める時期です。ここからは、そんな秋……

【東京以外の在住者が選んだ】「東京以外で首都にふさわしいと思う道府県」ランキング! 第1位は「大阪府」!(ねとらぼ)

2022/09/22 18:20
【東京以外の在住者が選んだ】「東京以外で首都にふさわしいと思う道府県」ランキング! 第1位は「大阪府」!(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

「家の畳」と「柔道場の畳」は何が違う? 「違いの分かる人」になれる畳の豆知識

2022/09/22 18:18
 
畳はかつて本当に畳んでいた畳とは、板状の芯にイグサで織って作った敷物を張り付けて作る日本の伝統的な床材であり、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。
その語源は、畳むことから。実は、かつての畳は、むしろやゴザなど薄い敷物の総称であり、使用しないときは畳んで、部屋の隅に置いていました。
平安時代に入ってから厚みが加わってクッションのような使い方になり、室町時代の書院造の登場によって、部屋全体に敷き詰めて使うようになりました。
 
「畳」と「帖」の違い敷き詰めるようになってからは、畳の枚数が部屋の広さを示すものとして使われるようになりました。
かつては畳のサイズで年貢が変わったため、関西で多い「京間」(955mm×1910mm)、静岡より東に多い「江戸間」(880mm×1760mm)など、さまざまな寸法の畳があります。
また、畳に合わせる「畳割り」ではなく、江戸時代から主流となった柱に合わせる「柱割り」では、畳の枚数や、柱の寸法によって畳の寸法が違ってきます。
このような畳の違いによる誤解を防ぐため、また洋室を図る単位としても使えるよう、近年では「畳」に変わって、元々は屏風などを数えるときに使っていた「帖」を使うようになりました。
1帖の広さは1.62平米以上と、「不動産の表示に関する公正競争規約及び施行……