砂丘で見つかったもの 鳥取砂丘ビジターセンターで企画展|熊本弁 あとぜき 由来は… 日葡辞書 戸をせく ? …|鎌倉殿 北条時政とりく 実朝廃立事件 の真相 まる…|他

Contents

砂丘で見つかったもの 鳥取砂丘ビジターセンターで企画展

2022/09/26 11:59
鳥取砂丘で発見された縄文時代の土器や江戸時代の貨幣、それに50年ほど前の飲料水の瓶などを通して砂丘にまつわる歴史を知ってもらおうという企画展が鳥取市で開かれています。
鳥取市の「鳥取砂丘ビジターセンター」で開催されている企画展には、砂丘を訪れた観光客やセンターの職員が発見した縄文時代の土器から50年ほど前の炭酸飲料の瓶まであわせて50点が展示されています。
このうち江戸時代の貨幣「寛永通宝」は、鳥取砂丘にあった旅行者の休憩所「茶屋」で使われていたものと見られ、当時、砂丘を行き来する人がいたことを示しています。
また1960年代に販売されていた飲料水の缶は、砂の中に埋もれていたため一部がさびているものの缶にプリントされたオレンジのイラストが今でもはっきりと残っています。
鳥取砂丘ビジターセンターの職員の石川瑛代さんは、「たくさんの観光客が訪れる前の鳥取砂丘にはどんな歴史があったのかを砂からでてきたものから感じてもらいたい」と話していました。
この展示会は今月30日まで行われています。

熊本弁「あとぜき」由来は… 日葡辞書「戸をせく」? 古墳時代の「閉塞石」?

2022/09/26 11:35
 熊本県民にはおなじみの方言『あとぜき』。「ドアや扉などを開けたあと、しっかり閉めること」の意味を指すが、そもそもの語源はどこから来ているのだろうか。「SNSこちら編集局」(S編)取材班で調べてみた。
 『あとぜき』は、2020年にS編が実施した「一番好きな熊本弁アンケート」で断トツの1位。2位の『むしゃんよか(格好いい)』を265票離す498票を得た。県内の学校や職場で、扉に『あとぜき』の貼り紙を見るのは定番の風景だ。
 日本語教育に詳しい県立大の馬場良二名誉教授(67)=熊本市東区=は、ポルトガル人宣教師が学んでいた日葡[にっぽ]辞書(1603年発刊)にヒントがあるとみる。辞書の中に九州地方の言語として、「戸をせく」という言葉が紹介されている。「せく」が動詞で「閉める」という意味で使われていたという。
 馬場名誉教授は「『あとぜき』の使い始めがいつなのかは分からないが、『せく』自体は17世紀初頭には間違いなく使われていた」と話す。「開けた後をせく」から転じて『あとぜき』になったのではないかと推測する。
 一方、郷土史家の毛利秀士さん(80)=中央区=は、地道な研究の末にたどりついた自説をアピールする。
 毛利さんが着目したのは、中央区の第一高グラウンドに面している古墳時代の遺跡「古城横穴墓群」で出土した石のふた「閉塞[へいそく]……

『鎌倉殿』北条時政とりく「実朝廃立事件」の真相 まるで“失楽園”のような鎌倉追放 歴史学者が語る(よろず~ニュース)

2022/09/26 11:05
『鎌倉殿』北条時政とりく「実朝廃立事件」の真相 まるで“失楽園”のような鎌倉追放 歴史学者が語る(よろず~ニュース) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

憧れの十二ひとえに笑顔 「斎宮行列」主役が衣装合わせ 京都(毎日新聞)

2022/09/26 10:17
憧れの十二ひとえに笑顔 「斎宮行列」主役が衣装合わせ 京都(毎日新聞) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

伝統芸能「太神楽」を3Dでつなぐ。後世に伝えたい技術をKDDIがボリュメトリックで映像化

2022/09/26 10:11
当時は「太神楽」という言葉も、またその演目も、歌舞伎の題材になるほど誰もが知っている芸能でしたが、今では傘回しや獅子舞の芸は見たことあるけれども、それが太神楽であることを知っている人が少なくなってしまいました。
―――今では浅草演芸ホールなど、寄席が活動の中心なのでしょうか。
味千代さん:はい、当時は江戸の家々を廻っていたと言われていますが、関東大震災や空襲などでまわる家そのものがなくなってしまったことがきっかけで、時代とともに活動の場がだんだん変わっていきました。戦後、盛んだったのは、キャバレーと呼ばれるナイトクラブやショーなど、ステージでの娯楽です。そういう時代の流れのなかで、太神楽も獅子舞中心の演目からショーとして曲芸に重きがおかれるように変化。そしてまた時代が変わってキャバレーもなくなり、少しずつ寄席の世界の活動へと移って今に至ります。
―――芸の目的も、厄払いから見て楽しむものにだんだん変わってきたんですね。
味千代さん:その変遷とともに、今の課題としては芸の継承問題が出てきています。戦前は300人ほどの太神楽師がいましたが、今では太神楽曲芸協会に登録している人数も22名。そのなかでも師匠と呼べる「芸を教えられる人」の数が少なくなってきました。

飛鳥期の斎宮解き明かせ 27日から速報展示 明和町の博物館

2022/09/26 10:00
【近鉄線路横の発掘調査現場(斎宮歴史博物館提供)】【多気郡】斎宮歴史博物館は27日から、三重県多気郡明和町竹川の同館常設展示室Ⅱ速報展示コーナーで速報展示「解き明かせ!飛鳥時代の斎宮」を始める。会期は来年3月26日まで。
速報展示は、発掘調査の最新成果や、過去の発掘調査記録の整理・再検討結果を紹介する。1年に2回開いている。
今回は平成29年度から令和3年度にかけて実施した、飛鳥時代の斎宮中枢域と推定される範囲での発掘調査成果を解説。短辺約40メートル、長辺約55メートル以上の堀立柱塀に囲まれた区画や、正殿と想定される南北面に庇(ひさし)が付く建物の存在が明らかになっている。
土師(はじ)器の杯や甕(かめ)、須恵器の高坏や鉢、円面硯(けん)など12点の出土品に写真パネルを交えて説明する。
観覧には常設展の観覧料が必要。一般340円、大学生230円、高校生以下無料。問い合わせは同館=電話0596(52)3800=へ。

905人が選んだ洋菓子人気ランキング!

2022/09/26 10:00
9月29日は洋菓子の日です。
洋菓子の先進国ともいえるフランスでは、サン・ミシェル(大天使ミカエル)が菓子職人の守護聖人とされています。ミカエルの祝日が9月29日であることに由来して、三重県洋菓子協会が2002年に洋菓子の日を制定しました。
日本に初めて洋菓子が伝来したのは、さかのぼること1543年の室町時代。種子島にポルトガル船が漂着した際、鉄砲やキリスト教の伝来とともに、カステラやボーロ、金平糖などが伝わったのがきっかけです。
今となっては洋菓子一つとっても、あらゆる商品がデパートやスーパーの店頭に並ぶようになりました。
今回はそんな長い歴史を持つ洋菓子に関するアンケートを実施。905人のボイスノート会員に好きな洋菓子を選んでもらった結果をランキング形式でご紹介します。
是非チェックしてみてください。
※本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「ボイスノートマガジンによる調査」である旨の記載
・「ボイスノートマガジン」の該当記事(https://magazine.voicenote.jp/140667/)へのリンク設置
・株式会社NEXER(https://www.nexer.co.jp)へのリンク設置
洋菓子に関するアンケート
調査期間:2022年……

【夢二郷土美術館】2022年秋の企画展「夢二と大正時代の文学」異国文化と伝統が織りなす夢二作品を展示

2022/09/26 09:00
夢二郷土美術館 本館企画展「夢二と大正時代の文学」
竹久夢二の作品 左より《邪宗渡来》、《麻利耶観音》(「婦人グラフ」より)、《生ける屍》
■夢二郷土美術館本館企画展
「夢二と大正時代の文学」
会期:2022年9月27日(火)~12月4日(日)
概要:
大正浪漫の旗手である夢二は文芸誌や文学作品の装幀を数多く手がけ、作家たちとも親しく交流するなど文学と深いつながりがありました。異国や江戸の趣を感じられる作品も数多く制作しており、エキゾチックなモチーフの描写や歌舞伎などを題材とした江戸情緒あふれる芝居絵からは、夢二が持つ遠い世界への憧れが感じられます。
大正時代には、近代化によって過去となりつつあった江戸時代の文化を新鮮な気持ちで見つめ、その魅力を再発見することで新たな文化を生みだしました。1912年の大正元年から110年の時を経た2022年、「大正」という時代に目を向けてみると新たな発見があるかもしれません。
本展では「異国趣味」や「江戸趣味」を表現した夢二作品をご覧いただくとともに、夢二と同時代の文学者との交流にも焦点をあて、ブックデザインの世界でも活躍した夢二のデザイナーとしての仕事もご紹介します。
作品点数:
127点(内初公開11点)※予定     
屏風作品4点、油彩画3点、スケッチ・水……

映画「瞽女 GOZE」が観客賞 第23回ハンブルク日本映画祭 人間国宝・故小林ハルさんの生涯描く

2022/09/26 09:00
左から渡部勇夫町長、瀧沢監督、国見さん、渡部等さん  「最後の瞽女(ごぜ)」と呼ばれ、国の重要無形文化財保持者(人間国宝)だった故小林ハルさんの生涯を描いた映画「瞽女 GOZE」は第23回ハンブルク日本映画祭で観客賞を受けた。小林さんは新潟県を中心に活動し、何度も福島県只見町に訪れたことがある。
 ハンブルク日本映画祭は6月にドイツ・ハンブルクで開催された。映画「瞽女 GOZE」の制作委員会によると、観客賞は同映画祭に出品された多くの日本映画の中から観客の投票数が最も多い作品が選ばれ、同映画祭の中では監督にとって最も栄誉な賞の一つとされる。
 瞽女とは、三味線を手に山あいを回り唄を聞かせた目の不自由な女性旅芸人のことで、少なくとも室町時代から存在した。
 滝沢正治監督は20日、只見町役場を訪れ、渡部勇夫町長に受賞を報告した。滝沢監督は「観客に選ばれるという監督として最もうれしい賞を受けることができてうれしい」と喜びを語った。
 町長就任前から町内での同作品の上映会開催に携わるなど滝沢監督を支援してきた渡部町長は「今の時代に忘れかけているものを思い出させてくれる作品。海外で評価を受けたことは素晴らしい」とたたえた。
 滝沢監督を支援している只見町の画家の渡部等さん、新潟県妙高市の詩人の国見修二さんが一緒に訪れた。
 映画「……

「能を習う」その魅力とは?宝生流第二十代・宝生和英さんに聞く

2022/09/26 08:46
今、能を習う人が増えている。しかも、下は3歳ほどから上は80代、90代の人まで、幅広い年齢層の人たちが学んでいるという。実は、能楽は健康に非常によいと言われている。なぜ健康によいのか、能が生まれた歴史や背景から紐解くと能楽の奥深さが見えてくる。日本を代表する能の流派のひとつ、宝生流の第二十代宗家・宝生和英さんに能に関する話をうかがった。ややもすると敷居が高く感じてしまう、能という伝統芸能について楽しい話や意外なことを知ることができるはずだ。
幅広い年齢層の人たちが学ぶ
起源は奈良時代能は伝統芸能として、自分を観客として捉える方が多いだろう。だが、今、多くの人が能を習っているという。
何が魅力なのか、また健康にもよいといわれている所以を、宝生流第二十代宗家・宝生和英さんにうかがった。
宝生流宗家・宝生和英さん
摺り足走法が動きの基本
腹式呼吸で発声、健康増進に効果――まず、能が健康に良いということを聞きましたが、どんなところが健康につながっているのでしょうか。
宝生さん「能の種はおよそ1000年以上前、奈良時代に生まれました。当時の日本は土を踏みしめるということを大切にしていて、土を(足で)掴む感覚で歩く摺り足という独特な走法が生まれました。当時は足場が悪いところで何かをすることが前提だったということもありますね。
……

ぐるぐる「車田」稲刈り 岐阜・高山市、保存協力会に最年少入会(岐阜新聞Web)

2022/09/26 08:24
ぐるぐる「車田」稲刈り 岐阜・高山市、保存協力会に最年少入会(岐阜新聞Web) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

国内で初めて金採取 <よみがえれ!宮城の鉱山>(6)黄金山産金遺跡(涌谷町) (河北新報)

2022/09/26 08:16
国内で初めて金採取 <よみがえれ!宮城の鉱山>(6)黄金山産金遺跡(涌谷町) (河北新報) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

【イベント】「META:Time:Trials JAPAN Series」決勝大会 男子5000mは上野裕一郎が圧勝

2022/09/26 07:22
「今日の結果はほぼ目標タイム通りでした。アシックスのシューズは現役時代に愛用していましたが、METASPEED SKY+(メタスピード スカイプラス)は楽に走れて、後半も思ったよりもペースが落ちませんでした。それでいて、次の日にダメージが残らない印象です」と話し、「自分で立てたトレーニングメニューを学生とともにこなしていて、僕は今のウチの学生の上位層と同じぐらいの力。学生のプラスになるための体力づくりとして走っていますが、来年の日本選手権に出場できるように13分30秒台を目指したい」と意気込んでいた。
 女子優勝の松本(旧姓・小島)も、田原本中(奈良)時代には全中の800mを制し、立命館宇治高(京都)、立命大、豊田自動織機と活躍した元トップランナー。2017年に第一線を退き、結婚、出産後を経ても走り続けている。大塚製薬の現役選手である夫・葵さんにトレーニングのアドバイスをもらっているが、この大会は全日本実業団対抗陸上(岐阜)と日程が重なって徳島の家を留守にしており、3歳になる双子の愛娘を奈良の実家に預かってもらったことで参加できたという。
「いろいろな人の支えや応援によって出場できたので、いい走りをして恩返しがしたかった。3番以内と17分を切ることが目標でしたが、優勝できて、タイムも16分59秒とギリギリ17分を切れたこともうれしい」と感想を述べ、「……

縄文時代に思いはせ 曽利遺跡発掘の説明会 – Nagano Nippo Web

2022/09/26 06:01
富士見町教育委員会は25日、同町池袋の井戸尻考古館周辺にある縄文時代中期(約5500~4500年前)の「曽利遺跡」発掘現場で、現地説明会を開いた。地域の歴史に関心を持つ人や考古学ファンら約80人が参加。出土した土器を間近で見たり、竪穴住居の構造を聞いたりして、5000年前の生活に思いをはせた。
同遺跡は5年計画で史跡整備に向けた発掘を行っており、今年で2年目。7月中旬に調査を始め、2本の試掘溝から6軒の住居址、柱や墓とみられる竪穴55基、縄文中期初頭から中期中葉にかけての土器などが見つかった。
調査した学芸員の副島蔵人さんが解説を担当。「赤土のローム層に黒土が混ざっている部分が縄文人の暮らした跡」とし、囲炉裏の形や土器の模様を説明。「中期初頭の住居址や墓穴を見つけられたのは、集落の広がりを考える上での成果だった」と話した。参加者は出土した土器を興味深そうに見ながら、熱心に話を聞いていた。
親子で参加した岡田将彦さん(46)=木島平村=は「石が並んだ囲炉裏や土の色が変わっている住居址と一緒に土器を見て、ここに生活があったと実感できた」。娘(11)は「初めて掘っている所を見られて、楽しかった」と目を輝かせていた。

見るコトバ:岡山・林原美術館収蔵品から 調和、最高の演奏 三拍子そろう 小鼓、大鼓、太鼓の楽器3種 /岡山

2022/09/26 05:42
 「走攻守の三拍子そろったいいプレーヤーだ」。野球選手について、こんな言葉を聞くことがある。
 「三拍子」は「三つの重要な条件。重要条件の全部」(角川新国語辞典)。「三拍子そろう」は、これらの条件が整っていることをいう。
 語源は能楽。暮らしのことば新語源辞典(講談社)によると、「小鼓、大鼓、笛(または太鼓)の三種の楽器を三拍子という。三拍子がそろうことで調和がとれることから、必要な条件が整っているの意に転じた」のだという。
 岡山・林原美術館に収蔵されている「三拍子」を見せていただく。「紫陽花(あじさい)蒔絵(まきえ)大鼓胴」「柴(しば)蒔絵小鼓胴」「梨子地(なしじ)秋草蒔絵太鼓胴」(いずれも江戸時代。岡山藩池田家伝来品)。

藤ノ木古墳 3年ぶり石室特別公開 11月12、13両日 完全予約制 /奈良

2022/09/26 05:41
 斑鳩町は11月12、13両日、金銅製馬具など豪華な副葬品(国宝)で知られる国史跡・藤ノ木古墳の石室特別公開を3年ぶりに実施する方針を決めた。新型コロナウイルスの感染対策で、事前に時間帯を指定する完全予約制とし、石室内での解説は控える方向で検討している。10月中ごろに町ホームページなどで申し込み方法を公表する予定。
 藤ノ木古墳は6世紀後半の円墳。1980年代の発掘調査で、横穴式石室(全長約14メートル)や石棺から、副葬品が多数見つかった。石棺は未盗掘で、合葬された2体の人物が埋葬当時の状態で見つかり、注目された。

つわものどもが夢の跡 春日大社国宝殿で秋季特別展 奉納品ずらり、豪華な金細工も 奈良 /奈良

2022/09/26 05:41
 奈良市の春日大社国宝殿で、夏・秋季特別展「春日大明神に祈る 時代を変えた兵(つわもの)」が開かれている。鎌倉から江戸時代にかけて武士たちが納めた武具などが並び、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物ゆかりの宝物も展示されている。前期は10月2日、後期は12月13日まで。
 貴族文化が栄えた奈良時代に創建された春日大社には、武家が権力を持つようになった鎌倉時代以降もさまざまな武具などが奉納されてきた。展示品の一つで源義経のものと…

関西各地の5古墳 古代ロマンに大興奮 /京都

2022/09/26 05:40
 歴史的価値の高い古墳の中には、木々に覆われた小山のようになったり、放置されて荒れ地のようになったりし、外から見ても判別できないものも多い。一方で、建造当初の姿に整備、復元された古墳も関西各地にあり、歴史ファンを魅了し、観光資源としても注目されている。大阪、兵庫、京都、奈良の5カ所を紹介する。
 大阪府河南町の金山(かなやま)古墳は全国でも珍しい双円墳で、上空から見ると巨大な緑のダルマだ。復元整備された墳丘の全長は85・8メートル。北側の墳丘には横穴式の石室が残り、2個の家形石棺を外から見ることができる。整備は1995年10月に完了し、史跡金山古墳公園として歴史教育の場や、地域住民の憩いの場になっている。
 神戸市垂水区の五色塚(ごしきづか)古墳は全長194メートルの前方後円墳で兵庫県最大の古墳。65(昭和40)年から10年をかけて調査、整備されて復元された。多くの船舶が行き交う明石海峡を見下ろす場所に造られた古墳の墳丘からは、大阪湾を一望でき、遠くは和歌山県の友ケ島まで見える。墳丘は葺石(ふきいし)に覆われ、建造当時の古墳の雰囲気を味わえる。

恒例の南北朝「合戦」 浜松・尾奈小で運動会

2022/09/26 05:05
 全校児童四十一人が、厚紙やビニールで手作りしたよろいなどを身に着けて参加。北朝と南朝に分かれ、手裏剣に見立てたフライングディスクを避けながら相手の陣地から取ってきた玉の数で勝敗を競った。結果は、北朝が南朝に二個差で勝利した。

<すっきりさせます> (83)奈良時代の駅にルーツ 「相当変わった名前」下呂の由来は?

2022/09/26 05:05
 げろ、ゲロ、下呂、GERO…。日本三名泉の一つ、下呂温泉で全国的に有名な下呂市は、一度聞いたら忘れられない特徴的な響きをしている。由来を探ると、奈良時代の8世紀にさかのぼる。それだけでなく、市内には上呂と中呂という地名もあり、「上中下」がそろう。どうしてこんなユニークな名前になったのだろうか。 (上田千秋)

宝物守り継ぐ資金を 展示ケース新調へ CFに初挑戦 武蔵御嶽神社

2022/09/26 05:00
発言小町 「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクター yomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI 「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea market idea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ 読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト 文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸……

極楽往生願う「布橋灌頂会」5年ぶり開催 富山 立山町

2022/09/26 04:39
立山町芦峅寺で行われた儀式には県内から31人の女性が参加し、はじめに閻魔堂で、けがれをはらい心身を清めました。
白装束姿の女性たちは白い布で目隠しをしてかさをかぶり、僧侶の先導に続いて長さおよそ45メートルの朱色の橋「布橋」に向かいました。
そして、雅楽の音色が響く中、極楽浄土への道を表すとされる3列の白い布が敷かれた橋の上を手を合わせながらゆっくりと歩いて渡り、極楽往生を願っていました。
富山県滑川市から参加した55歳の女性は「30年来の願いがかなって参加することができました。昔の女性は本当に立山に登りたかったんだなと感じました」と話していました。