奈良の春日大社の摂社 若宮神社で お砂持ち行事|きらめく国宝短刀も 名古屋・熱田神宮の名品展示|鎌倉殿の13人 37話 オンベレブンビンバ の切な…|他

Contents

奈良の春日大社の摂社 若宮神社で「お砂持ち行事」

2022/10/01 11:55
20年に一度、社殿を大規模に修復する「式年造替」が行われている奈良市の春日大社の摂社、若宮神社で、修復が終わった本殿の周囲に、参拝者が新しい砂を敷き詰める「お砂持ち行事」が始まりました。
若宮神社の本殿などの修理は、去年4月に始まり、先月、完了しました。
これにあわせて、参拝者が新しい白い砂を本殿の周囲に敷き詰める「お砂持ち行事」が1日から始まりました。
江戸時代から続く行事だとされ、参加した人たちは、神職の説明を聞いた後、ふだんは入ることができない本殿の周囲に、丁寧に敷き詰め、静かに手を合わせていました。
また、修復が終わったばかりの本殿を間近に見ることができる貴重な機会とあって、参拝者たちは、鮮やかな朱塗りの本殿をじっくりと見ていました。
奈良県斑鳩町から参加した20代の男性は「20年に一度の貴重な機会なので参加しました。神聖な気持ちになりました」と話していました。
春日大社の広報担当の阪本祐佳理さんは「美しくよみがえった本殿を近くで見ることができるので、多くの人にお参りいただきたい」と話していました。
若宮神社の「お砂持ち行事」は今月10日まで行われ、参加費として2000円が必要です。

きらめく国宝短刀も 名古屋・熱田神宮の名品展示

2022/10/01 11:49
蒲郡、岡崎、西尾の食を巡って楽しもう スタンプラリー始まる
 NHK大河ドラマ「どうする家康」が来年に放送されるのを前に、蒲郡、岡崎、西尾各市の飲食店を巡ってスタ...
10月1日

『鎌倉殿の13人』37話「オンベレブンビンバ」の切ない正体、亡き者たちの記憶が巡る(NEWSポストセブン)

2022/10/01 11:15
『鎌倉殿の13人』37話「オンベレブンビンバ」の切ない正体、亡き者たちの記憶が巡る(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

キラキラの金銀箔押し×水彩の極彩御朱印!4面ひと繋ぎとなる秋の限定御朱印の授与を開始

2022/10/01 10:33
この秋の実りに感謝し、舞楽を奉納する様子を描いた特別御朱印を奉製致しました。
本御朱印は、繊細な水彩調の絵柄に極細の金銀箔をあしらい、うららかな秋の彩りを描いた特別な仕立てとなっております。
▼全体図
▼拡大
秋の光に照らされキラキラ輝く、極細で繊細な金銀箔が特徴です
触れると、絵がまるで浮き上がるような特殊なあしらいに仕立てています
4面続きの「実りの秋」を寿ぐ特別御朱印
10月1日より授与を開始するのは紅葉がモチーフの「秋奉 -紅葉-(しゅうほう -もみじ-)」、
11月1日より授与する、銀杏がモチーフの「秋奉 -銀杏-(しゅうほう -いちょう-)」と、
2つの御朱印の絵柄がつながる【4面の特別御朱印】という形で奉製を致しました。
​それぞれの御朱印に、当社の御祭神であります小野篁(たかむら)公の漢詩と、御配神である菅原道真公の百人一首にも撰された和歌を題材に奉製。帳面への押印の後「透かし紙」を貼り合わせる二層式の特別な御朱印になっております。
「透かし紙」には、それぞれの和歌・漢詩のストーリーになぞらえた、秋の実りに感謝をして舞楽を捧げる様子を極細の金銀箔をあしらって描いております。また2つの御朱印をつなげると、4面続いた豪華な秋の「舞楽絵図」が完成します。

「秋奉 -紅葉……

お茶結びプロジェクトが古のお茶遊び「九州茶歌舞伎(ちゃかぶき)」を体験できるイベントを10月29日(土)-大濠テラス…

2022/10/01 10:31
ただ飲むだけじゃない、昔から続く、禁断のお茶遊び
室町時代、大流行しすぎて幕府に禁じられたお茶遊び【茶歌舞伎(ちゃかぶき)】 お茶結びプロジェクトが九州茶を使用して10月29日-大濠テラスにて再現イベントを行います。 いざ、利きお茶当ての勝負、勝負!

●【九州茶歌舞伎】について
10月29日(土) 1日限定開催
60分3部制 各限定10名様 (事前予約制)
会場は大濠公園内にある大濠テラス2F
主催は九州茶の普及活動を進める「一般社団法人お茶結びプロジェクト」
日本茶インストラクター今村由美氏により厳選された九州茶葉5選を使用
■【茶歌舞伎】とは?
聞き慣れない言葉の茶歌舞伎。
闘茶ともいいますが、一言でいうと「5種類のお茶の飲み当て勝負」です。
「花・鳥・風・月・客」と割り当てられた5種類の茶葉を最初に出し、見た目、香りを確認したあと、それぞれの茶葉でお茶を淹れて産地や銘柄を当てるゲームです。


■「九州茶歌舞伎」とお茶結びプロジェクト
実はこの「茶歌舞伎」
単なるお茶当てゲームではないんです。
中国の宋から「闘茶」として日本に伝わり、歴史は鎌倉・室町時代まで遡ることが……

「観光人文学への遡航(27)」 空海と最澄①

2022/10/01 09:31
2022年10月1日(土) 配信
 中学1年生になる次女が今ちょうど歴史を習っていて、平安時代の仏教は最澄の開いた天台宗と、空海の開いた真言宗の2つの宗派があり、最澄と空海は意見の食い違いから不仲になったと習っていた。
 まだ中学生だから、歴史の大まかな流れを押さえることにとどまっているからこれでもいいのだろうが、空海と最澄の関係性もまたドラマがある。
 最澄は767年に生まれた。両親とも京の有力者であった最澄は幼いころから陰陽、医方、工巧に才能があり、7歳で仏道を志した。18歳から比叡山に籠り、修行を始める。24歳で修行入位という僧位を受け、順調に僧としてのキャリアを積む。
 ときの天皇である桓武天皇は、乱れた政治を正すため、平安京に遷都し、勢力争いの絶えない奈良仏教とも一線を画した。その桓武天皇に最澄は重用され、既得権益化した奈良仏教ではない、すべての国民が救われる新たな仏教を構築するよう指示した。
 そもそも奈良仏教の南都六宗は中国では比較的新しい宗派であり、それよりも先に成立した天台宗に伝わる法華経を学んでくることが求められた。最澄は当初弟子を唐に派遣しようとしたが、桓武天皇は最澄自身が唐に入り、直接学んでくることを求めた。その当時の遣唐大使よりも倍以上の旅費をもらったことからも、桓武天皇の最澄に対する期待の高さが……

・第1回 令和4年(2022年)11月 4日(金) 食事で目指そう!健康寿命 ~あなたの食生活を見直してみましょう~…

2022/10/01 09:14
・第1回 令和4年(2022年)11月 4日(金)
食事で目指そう!健康寿命 ~あなたの食生活を見直してみましょう~
・第2回 令和4年(2022年)11月11日(金)
子どものこことの育ちと養育者への理解 ~被虐待児とその養育者に寄り添うために~
・第3回 令和4年(2022年)11月18日(金)
健やか生活 秋・冬編 ~「くらしかた」について一緒に考えてみませんか?~
・第4回 令和4年(2022年)11月25日(金)
出産と平安時代の文学 ~そこには喜び、苦しみ、憎しみ、そして悲劇があった~

東大王★10月5日(水)よる7時は…生き残りをかけた新クイズが登場![字]

2022/10/01 09:00
番組内容10月5日(水)は…日本の良さを再認識する2時間!▽漢字オセロは人気観光地の名称!クイズに答えながら、名所を旅した気分に!▽SP企画は「姫路城」&「天ぷら」の歴史から超難問!▽名店料理人が安土桃山時代の天ぷらを完全再現!▽生き残りをかけたサバイバルQが登場!東大王VS芸能人軍!最後まで残る強者は?▽早押しは大波乱!伊沢&ふくらPが襲撃!さらに意外な展開?狩野英孝が活躍で大ピンチ!?

東急プラザ銀座で土器や土偶など140点公開 土器、勾玉づくりも 縄文時代体験イベント (日刊スポーツ)

2022/10/01 08:56
東急プラザ銀座で土器や土偶など140点公開 土器、勾玉づくりも 縄文時代体験イベント (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

【ジョンロブ、オールデン、レッド・ウィング】秋の衣替え時期にピッタリな名作ブーツ5選!(FORZA STYLE)

2022/10/01 07:01
【ジョンロブ、オールデン、レッド・ウィング】秋の衣替え時期にピッタリな名作ブーツ5選!(FORZA STYLE) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

ミスiD生ハム子さんと寧々や戦国の女性を語る!

2022/10/01 06:45
そこで、今回は、私の「令和太閤記 寧々の戦国日記」に書いてあることの中から、戦国時代の女性について書いたものを紹介しておきます。
西洋の女性より元気だった戦国の女たち× 儒教精神で日本の女性は昔から控えめだった。
○ 女性不信の家康が儒教を日本に持ち込んだ。
日本の女性の地位についてはいろんな意見がある。たしかに社会進出については、世界でももっとも遅れた国である。だが、日本の女性が不幸なのかと言えば、「もう一度生まれるなら女かどちらがよい」というアンケートへの回答で、世界でもっとも女性がやっぱり女がよいと答えている国でもある。
そんなわけで日本の女性が不幸だとはいえないのだが、儒教的精神に基づいて男性と違う役割を果たすべしというのが日本の伝統的な美徳だという考えは根強い。
だが、そもそも儒教国に日本がなったのは、德川家康の女性不信の結果だ。ともかく、家康は幼くして母が実家に去り、妻や長男と対立して殺すはめになり、天下を取るために淀殿らと戦わなければならなかったのだから、女性が出しゃばるとろくなことはないと信じて疑わなかったに違いない。
また、戦国時代のバブリーな気分が嫌で、「厭離穢土欣求浄土」を旗印に変化のない世の中こそ理想だと考えた人物である。なにしろ、江戸300年で京都と江戸の所要日数がまったく短縮されなかったのだから、家……

鎌倉武士、一族に迫る!! 研究者らによる講演や討論 8日・金剛三昧院でシンポ 高野 /和歌山

2022/10/01 05:18
 鎌倉武士をめぐる文化と宗教をテーマにしたシンポジウムが8日、鎌倉幕府と縁の深い高野町高野山の寺院、金剛三昧院で開かれる。NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が放映され、鎌倉時代への関心が高まる中、中世史の研究者らによる講演や討論がある。寺の建立を発願した北条政子や、運営に当たった御家人の安達景盛をはじめとした一族らに焦点を当てる。
 寺が経蔵の屋根修復の落慶法要に伴って主催するもの。高野山大准教授の坂口太郎さんが代表を務めて寺を調査している研究グループが共催する。

連続講座・奈良へ:/19 「失敗できない緊張感」 春日大社・花山院弘匡宮司 若宮神社・本殿遷座祭 28日 /奈良

2022/10/01 05:18
 西山厚・帝塚山大客員教授がゲストと語る連続講座「奈良へ」(東アジア仏教文化研究所、奈良市生涯学習財団主催、毎日新聞奈良支局後援)の第19回が9月24日、奈良市立中部公民館であった。春日大社(奈良市)の花山院弘匡(かさんのいんひろただ)宮司を迎え、20年に一度社殿を修理する式年造替(ぞうたい)の「本殿遷座祭」を10月28日に迎える摂社・若宮神社の魅力などについて語り合った。
 若宮神社の祭神は本社の四つある本殿のうち、第3殿の祭神・天児屋根命(あめのこやねのみこと)と第4殿の比売神(ひめがみ)の子どもとされる。長雨や疫病が続いた1135年に社殿が建てられ、翌年には今も奈良を代表する祭礼の一つ「春日若宮おん祭」が始まった。

よみがえる“水の路” 宇治川 Eボート下り 歴史や文化体験も 今月、参加募集 宇治~大阪 魅力発掘 /京都

2022/10/01 05:16
4市区とカヌー会社企画 かつて京都-大阪間の交通の大動脈だった淀川と宇治川を大型のカヌー型ボート「Eボート」で下り、沿岸の歴史や文化を味わう体験ツアーが開かれる。宇治市、京都市伏見区、八幡市、大阪府枚方市の4市区が、カヌー販売会社「アオキカヌーワークス」(枚方市)と共に企画。4コースの参加者を募集している。【鈴木健太郎】
 淀川は、奈良時代に恭仁宮(木津川市)から難波宮(大阪市)に都を移した際の輸送にも使われ、「源氏物語」には光源氏が現在の大阪まで下る描写がある。江戸時代は伏見-大阪間を三十石船が結び、明治以降も鉄道・道路が整備されるまで蒸気船が活躍した。

古墳群をはしご車から堪能 消防体験、納税返礼品に

2022/10/01 05:00
発言小町 「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクター yomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI 「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea market idea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ 読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト 文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸……

「神在月(かみありづき)」と呼ぶ場所も!? たくさんある"10月の異称"とは(ウェザーニュース)

2022/10/01 04:58
「神在月(かみありづき)」と呼ぶ場所も!? たくさんある"10月の異称"とは(ウェザーニュース) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

《いばらき御朱印めぐり》城里・徳蔵寺 目の前で筆勢力強く(茨城新聞クロスアイ)

2022/10/01 04:00
《いばらき御朱印めぐり》城里・徳蔵寺 目の前で筆勢力強く(茨城新聞クロスアイ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

【開幕】「大蒔絵展 漆と金の千年物語」三井記念美術館で11月13日まで

2022/10/01 01:53
東京国立博物館が所蔵する国宝 尾形光琳作《八橋蒔絵螺鈿硯箱》(江戸時代)や《片輪車蒔絵螺鈿手箱》(平安時代)は「国宝 東京国立博物館のすべて」でも見られますが、ここでじっくりと予習しておくのも良さそうです。
国宝 尾形光琳作《八橋蒔絵螺鈿硯箱》江戸時代(17~18世紀)東京国立博物館蔵 展示期間:10月1日~23日国宝《片輪車蒔絵螺鈿手箱》平安時代(12世紀)東京国立博物館蔵 展示期間(10月1日~23日)目玉展示の徳川美術館(名古屋)の国宝《源氏物語絵巻》(平安時代)は、長期の修復を経て絵巻に戻されてから東京では初のお目見えです。2巻(宿木一、柏木一)がそれぞれ10月1日~9日、10月25日~30日と短期間の展示になります。源氏物語絵巻については昨年の徳川美術館での取材動画もご覧ください。
リニューアル効果大!三井記念美術館は今年4月にLED照明やガラスケースの変更などバージョンアップしてリニューアルオープン。その効果は、緻密な作品が多い蒔絵の鑑賞で大いに感じることができました。
会場風景会場風景