鎌倉殿の13人 山本千尋VS山本耕史の死闘 第38…|あ゛ は進化した日本語なのか? 文献を紐解いて日本…|鎌倉殿の13人 来週はトークスペシャル 応援感謝…|他

「あ゛」は進化した日本語なのか? 文献を紐解いて日本語の謎に迫る~注目の新書紹介~

2022/10/02 21:00
こんにちは、書評家の卯月 鮎です。言葉の表記って難しいですよね。今はどうかわかりませんが、昔紙媒体がメインだったころは出版社や雑誌ごとに表記統一のルールがありました。さらっと軽く「バイオリン」と書きたいのに「ヴァイオリン」と直されて、まるでベートーヴェンの重厚なソナタのようになってしまったり……(笑)。「バイオリン」と「ヴァイオリン」では感じ方もかなり変わりますよね。
濁点でいえば、ネットでは俳優の藤原竜也さんのセリフに「゛」をつけるのがお約束のようで、「な゛ん゛て゛た゛よ゛お゛」と表記されているのを見ると笑ってしまいます。自分では発音できないですが、のどをつまらせて苦しそうな雰囲気がありありと伝わってきて大発明だなと。濁点にはまだ発掘されていない力があるのかもしれません。
文献学者が考える、日本語の可能性とは?
さて、今回紹介する『あ゛ 教科書が教えない日本語』(山口 謠司・著/中公新書ラクレ)は、濁点を出発点に日本語の変遷と可能性に迫る一冊。著者の山口 謠司さんは、文献学者で大東文化大学文学部中国文学科教授。専門は文献学、書誌学、日本語史など。『ん: 日本語最後の謎に挑む』『日本語の奇跡―〈アイウエオ〉と〈いろは〉の発明―』『日本語通』(いずれも新潮新書)など、日本語に関する著書もヒットしています。
「あ゛」の衝撃の裏にある歴史第1章……

【鎌倉殿の13人 来週はトークスペシャル】「応援感謝!ウラ話トークSP ~そしてクライマックスへ~」 最…

2022/10/02 20:05
北条義時は父・時政を乗り越え鎌倉幕府の二代執権に就任し、姉・政子とともに政治の実権を握りました。物語は日本中世史の大きな謎“三代将軍・源実朝の死”、そしていよいよ、江戸時代まで続く武家政権樹立を決定づけた義時と朝廷との戦いである“承久の乱”を描く最終章に入ります。

NHK「上陽賦~運命の王妃~」第7話あらすじと見どころ:賀蘭箴の復讐計画、閲兵式と橋の対決

2022/10/02 20:00
逃亡しようとした王儇(おうけん)を賀蘭箴(がらんしん)は自ら見張り…NHKBSプレミアム(日曜よる9時から)で10月9日放送予定の「上陽賦~運命の王妃~」(全42話)第7話のネタバレあらすじと見どころ、豆知識を紹介、本作はDVD-BOX1~3も好評発売・レンタル中でDVD公式サイトで予告動画など視聴できる。
※以下、全68話版を視聴してあらすじ紹介をしているために、あらすじや見どころが前後したり、カットした部分の紹介などあることご理解ください。放送後、調整します。また本作は架空の時代設定、豆知識などは古代、漢、南北朝時代などを参考にしています。
「上陽賦~運命の王妃~」は、帝位を巡る陰謀と策略のなかで、気高く生きる王妃の波乱に満ちた人生を描く壮大な歴史大作。【「上陽賦」を2倍楽しむ】では、架空の国・成(王朝)を時代設定や、押さえておくべき人物と俳優の紹介、放送にあわせて各話のあらすじと見どころ、豆知識をまとめて紹介する。
■キャスト⇒押さえておくべき5人
王儇(以下、王ケン)/豫章王妃役:チャン・ツィイー(章子怡)/声:魏涼子
蕭綦(以下、蕭キ)/豫章王役:ジョウ・イーウェイ(周一囲)/声:阪口周平
馬子澹(したん)役:トニー・ヤン(楊祐寧)/声:庄司然
賀蘭箴(がらんしん)役:ユアン・ホン(袁弘)/声:伊東一人
……

北陸の信仰と彫刻の町を訪ね、名水の物語に触れる【古都の名水散策 第26回】

2022/10/02 19:00
日本各地には多くの湧水がありますが、その中で、何故か名水と呼ばれる水があります。
ただ、美味しいというだけではなく、その水が、多くの恵みをもたらし、人々の命に深く関わり、生活を支えてきたからに他ならないからでしょう。それぞれの名水からは、神秘の香りと響きが感じられます。
名水の由来を知ることは、即ち歴史を紐解くことであり、地域の文化を理解すること。名水に触れ、名水を口にすれば、もしかすると、古の人々の想いに辿り着くことができるかもしれません。
歴史ある水を訪ね古都を歩きます。
日本各地の名水を探し訪ねておりますと、幾つかの共通点があることに気づきます。
例えば、神々への信仰に繋がる「御手洗(みたらい)」とか、弘法大師ゆかりの「弘法水」、歴史上の人物の誕生に纏わる「産湯の水」であるとか、茶人ゆかりの「井戸」など。それぞれが、歴史との繋がりが深く興味深く取材をさせていただいております。
名水の名前にしても、その由来を調べるのも面白さの一つで、摩訶不思議な出来事とか、歴史上の事件、人名や地名に由来しているものなど様々で、一つ一つ調べることは「名水の物語」を読んでいるような感じさえいたします。

都城市の寒天工場跡地で見学会

2022/10/02 18:20
江戸時代末期に薩摩藩が製造していた寒天の歴史について学ぶ見学会が都城市山之口町で開かれました。これは、地元の食や歴史について知ってもらおうと、県地域づくりネットワーク協議会北諸県ブロックが開いたもの…