たまごかけごはん には発案者がいたって本当!?TK…|陰陽師・安倍晴明ゆかりの 晴明神社 に村田らむが行っ…|川崎大師 遊山慕仙詩碑(ゆうざんぼせんしひ) 市文…

「たまごかけごはん」には発案者がいたって本当!?TKGの聖地の白米&生たまごは誕生秘話込みで美味しかった

2019/08/12 17:00
たまごかけごはんを「思いついた」偉人たまごかけごはんを最初に考えた人物がいた──。
と言われると、ほとんどの人が「まさか」と思うに違いあるまい。あんなシンプル極まりない食べ物、発案者もなにもないだろう、と。
ところが「いた」……らしい。明治時代に活躍したジャーナリスト「岸田吟香(きしだ ぎんこう:天保4年生〜明治38年没)」という人物である。
▲岸田吟香(提供:美咲町役場)
 
ジャーナリストのほかにも目薬の販売など実業家や教育者などとしても功績を残した岸田は、画家の岸田劉生(きしだ りゅうせい)や、宝塚歌劇団の演出家でラインダンスの考案者である岸田辰彌(きしだ たつや)らの父親でもあった。
そんな岸田吟香が生まれた場所が、現在の岡山県 久米郡 美咲町の栃原(とちばら:かつての久米北条郡 中垪和谷(なかはが たに)村)。
実は現在、美咲町はたまごかけごはんで町おこしをしており、町内にある基幹店舗「食堂かめっち。」は全国からたまごかけごはん好きが押し寄せ、休日には行列が出来るほどの盛況ぶりとなっている。
一部では「TKGの聖地」とまで言われる岡山県美咲町を訪れてみた。
 
地元民すら知らなかった偉人の意外な一面山陽自動車道の岡山インターチェンジから、国道53号線を車で北上すること約1時間。
美咲町の……

陰陽師・安倍晴明ゆかりの「晴明神社」に村田らむが行ってみた! 五芒星、式神、九字、呪符…陰陽師アイテムが超カッコいい!

2019/08/12 14:03
 安倍晴明は平安時代の陰陽師だ。
 陰陽師と言えば、いつの世にも中二病的な人たちの気持ちをくすぐり続ける職業ナンバー1である。
 そもそも陰陽師とは、中国発祥の陰陽五行思想に基づいて占いをする国家公務員みたいなものだ。ただし、安倍晴明は超能力者としても有名で
『葉に呪文を唱えた後、その葉をカエルに向けて投げると、草の葉はカエルに覆いかぶさってカエルを潰した』
『十二神将という式神を自由自在に使って様々な、お茶をいれたり、洗濯をしたりできた』
『一条戻り橋にて殺された父親を、同じく一条戻り橋にて蘇生させた』
 となかなかにすごい逸話が揃っている。
 五芒星(星型のマーク)、式神、九字(臨兵闘者皆陣列在前)、呪符、人形……と一つ一つのグッズもカッコいい。
 そしてライバルとして蘆屋道満という陰陽師もいる。シャーロック・ホームズにはジェームズ・モリアーティという敵ライバルキャラがいてワクワクさせるが、そのはるか昔にそんな燃える設定を生み出しているのだからすごい。
 安倍晴明は昔からとても人気が高かったようだ。
 今回紹介する本命の施設に行く前に、『京都市考古資料館』に足を運んだ。
 財団法人京都市埋蔵文化財研究所がその成果を展示公開する施設だ。京都の、先土器時代、平安時代、安土桃山時代、と時代別の考古資……

川崎大師「遊山慕仙詩碑(ゆうざんぼせんしひ)」 市文化財に指定

2019/08/12 12:05
 市教委によると、遊山慕仙詩碑は高さ約二メートル、幅約一・二メートルの石碑で、江戸時代後期の書家寺本海若(かいじゃく)が建立した。一八三四(天保五)年、寺がまつる空海の入定(没後)一千年目法要に際して奉納された。碑には三筆の一人に挙げられる空海の書法(大師書法)で、空海が作詞した漢詩「遊山慕仙詩」が刻まれている。