ハンモックでお昼寝をする猫ちゃんとワンちゃん ぴった…|死者を慕って 葬儀に現れた猫|荒汐部屋の愛猫 ムギ が死去…福轟力の引退目前に天国へ|他

ハンモックでお昼寝をする猫ちゃんとワンちゃん ぴったりくっついて離れない2匹の姿がいとおしい

2019/09/08 15:00
関連記事絵のように美しい景色の中にたたずむワンちゃんと猫ちゃん 幻想的な雰囲気に魅了される
おはよう、カモさん。イヌとネコを一緒に飼ってケンカしないんですか? 疑問に答える仲良し家族写真があったかい
イヌでもネコでも家族であることに変わりはないようですよ。犬と猫のラブラブカップル うらやましいくらいイチャイチャする2匹の姿に癒やされる
愛情あふれるって、こういう感じか。幸せはここにあったんだ……! 仲良しな柴犬と猫ちゃんの「理想の添い寝」姿がいつまでも見てられるかわいさ
思わず幸せのため息が漏れる光景です。デレデレな仲良しハグがたまらない……! 甘えたがりな猫ちゃんと優しい柴犬お兄ちゃんの添い寝が癒やされる
甘えん坊な猫ちゃんに捕まった柴犬お兄ちゃんです。関連リンク「Henry Baloo」Instagramアカウント

死者を慕って 葬儀に現れた猫

2019/09/08 13:51
「その白猫は明らかに飼い猫ではありませんでしたが、おそらく寺院の近くで飼われている町の猫でしょう。葬式の列席者が帰ろうとしても、猫は墓を離れようとしませんでした。猫好きだった生前の父を知っているかのように見えました。私たちが立ち去った後も猫が墓に戻ってきていたと、村の人たちから聞きました」とソフアンがフェイスブックに投稿しています。
インターネットに2016年から出ている、主人を失った別の猫の話です。Heartbroken cat misses her dead owner so much she has spent a year living on her GRAVE in Indonesia https://t.co/mqkKZO4Q0G pic.twitter.com/hVSsVMghaV
— Daily Mail Online (@MailOnline) October 31, 2016
インドネシアの老婦人に買われていた猫が、老婦人が亡くなり、彼女の墓で鳴いていました。通りかかった近所の住人が、可哀そうに思って自宅に連れ帰って飼おうとしたところ、いやがって、元の飼い主の墓に戻っていきました。猫は、毎晩亡き飼い主の墓で眠りにつき、起きるとかつての家に帰り、元の飼い主の子どもたちに餌をもらっていました。そして、食べ終わると、また主人の墓に……

荒汐部屋の愛猫「ムギ」が死去…福轟力の引退目前に天国へ

2019/09/08 13:08
9月7日、大相撲力士の福轟力(31)が《突然ですがムギについてのご報告です。是非御一読下さい》とTwitterに投稿。福轟力が所属する荒汐部屋の飼い猫「ムギ」が、5日に他界したことを報告した。ムギの突然の訃報に、ファンからは悲しむ声が続々と寄せられた。
福轟力は《9/5AM3:00頃、ムギが息を引き取りました。肺の腺癌でした》と切り出し、《7月にムギに異変が見られ、すぐに病院へ連れて行き、入院や検査をしてのちに悪性腫瘍だとわかりました》とつづった。
続けて《更なる精密検査や獣医さんと今後どうケアしていくか相談しているうちに容態がどんどん悪くなり、4日に再度入院となったその日の出来事でした。最期は獣医さんに看取られて眠るように亡くなったそうです》と、ムギが亡くなるまでの経緯を説明した。
もともとムギは、同部屋近くの駐車場で拾われた保護猫だった。08年から飼われ、麦色の毛並みから「ムギ」と名付けられたという。そんなムギは力士達から愛されて暮らしていた。
福轟力といえば、大の猫好きで知られている力士だ。福轟力はそんなムギと、もう一匹の飼い猫「モル」との日常をTwitterにつづっていた。その可愛さや相撲部屋で猫が飼われていることの珍しさから、2匹は瞬く間に大人気に。“ニャンドル”として雑誌やテレビでも広く紹介され、多くの猫ファンを魅了した。……

動物病院が大嫌いな愛猫に、飼い主が『最終手段』 罠にかかった猫は…!?

2019/09/08 12:48
動物病院で保護された子猫を引き取ったAKR(@bou128)さん。
子猫を『ろん』と名付け、暮らし始めて知った予想外な出来事を『ろんの絵日記』として描いています。
ろんの絵日記
大きく2つに分けて、ペットには『動物病院に行くとテンションが上がるタイプ』と『動物病院をすごく怖がるタイプ』がいます。
ろんちゃんは後者であるため、AKRさんは動物病院に用事があるたびに大変な思いをするのだとか…。
動物病院が大の苦手なろんちゃんと飼い主のバトルねこ、病院つれてくのメチャクチャ…大変なんや…
勝負はキャリーバッグを押入れから出すときから始まっとるんや…… #ろんの絵日記 pic.twitter.com/Ug7TXBVYIE
— AKR (@bou128) September 7, 2019AKRさんがペット用のキャリーバッグを持つと、動物病院に連れて行かれるということをろんちゃんは理解しているのでしょう。
開脚をしてキャリーバッグに入るのを拒む姿からは「意地でも入らん!」という心の声が聞こえてきそうです。
そこで、AKRさんは散歩のふりをして動物病院へ連れて行く作戦を決行!そのことに気付き、ろんちゃんの眉間のシワが徐々に増えていってしまうのでした…。
【ネットの声】
・我が家の猫は9kgなので、3人がかりで……

『デキる猫は今日も憂鬱』の魅力 助かるし癒やされる"完璧な黒猫"が大活躍!

2019/09/08 12:02
突然ですが、独り暮らしの皆さんに質問です。毎日の生活の中で、思わずこう考えてしまった経験はないでしょうか。
「誰か代わりに家事をやってくれ!!!!!」
ご飯を作るのが面倒になったとき、食器を洗うのが億劫になったとき、散らかった部屋に見て見ぬふりをしているとき、私たちは誰かの助けを求めてしまうものです。
しかも、独り暮らしに寂しさはつきもの。自分のやりたいように生活できるのが独り暮らしのいいところですが、それでもやっぱり誰かと話したりしながら、今日あったこと、嬉しかったこと、つらかったこと、いろいろ共有したくなるときがありますよね。
そんな皆さんが、間違いなく「この子、ウチにもほしい……!」とため息を漏らすであろう“ある方”をご紹介しましょう!
それはこの方……「諭吉さん」です!!!
猫が立ってる!?
エプロンしてる!?
掃除してる!!?
この大きな黒猫はいったい何者なんだ!?!?
そう思った皆さんに、“デキる猫”こと諭吉さんのデキるところを紹介していきます!
1.おいしいご飯を作ってくれる!
諭吉さんの朝は早い。飼い主よりも早く起きて、朝ごはんだけでなく、お昼の弁当まで準備してくれています。
独り暮らしをしていると、朝ギリギリまで寝ていたくて、朝ごはんを作る余裕がない人は多いはず。最高……

玄関に置きたい「猫グッズ」、ちょっと足を置ける猫足型クッション、盛り塩の招き猫など

2019/09/08 12:00
 自由で勝手気ままなイメージのある猫は、時間に追われ多忙なる毎日を過ごす現代人の心にうるおいをもたらしてくれる存在だ。今回は、多くの猫関連グッズの中から、玄関周りのアイテムをいくつか紹介したい。
突然の来客でも、片足をちょんと置ける「玄関のちょい乗り ねこふんじゃった!」 コジット(本社:大阪府大阪市)の「玄関ちょい乗り ねこふんじゃった!(1,280円・税別)」は、玄関のたたきに設置する猫の足型を模した飛び石ステップ。足をのせる面はやわらかいクッション地で踏み心地が良く、裏面は滑りにくさを考慮してラバー素材を採用している。これがあれば玄関のドアを開けるときも、足の裏を汚すことなく対応が可能。サイズもコンパクトなので複数並べておけば、見ているだけでほっこり和む、猫グッズならではの楽しみもある。
何かいいことがありそうな、猫型の盛り塩が簡単に作れる
「はぴねこにゃんでも招き猫メーカー」
 一方、ドリーム(本社:愛知県名古屋市)が考案した「はぴねこ にゃんでも招き猫メーカー」は、魔除けや開運を願う習慣である「盛り塩」を、ラッキーアイテムである“招き猫”の形でつくることができるアイテムだ。玄関に盛り塩はちょっと……という人も、かわいい猫の形をした盛り塩なら、開運アイテムとしても楽しめる。玄関先だけでなく、料理で塩を提……