映像あり!大型犬と同じレベルの 巨大な黒猫 が発見さ…|職人ネコの朝の仕込みに密着 熟練された肉球さばきでお…|ペットと暮らせる老人ホームが急増! 愛する犬や猫が高…|他

映像あり!大型犬と同じレベルの「巨大な黒猫」が発見される!

2019/09/10 15:51
猫といえば人間に比べ遥かに小さく、可愛らしい生き物で、危害を加えることはあるのかもしれませんが、決して生命までを襲われることのない安全性高いペットです。しかしながら、この猫が巨大化すれば話は別で、ある意味ライオンなんかは人間はひとたまりもありません。そんな巨大な猫がいるかも知れないという話です。
巨大過ぎる猫が発見される!ということで今回は、巨大過ぎる猫が発見されたという話です。大きな猫はたまに見ることができるわけですが、まさか「大型犬」と同じレベルの猫がいるとなればちょっと見てみたいものです。
そもそも、犬は大型・小型といるのに、なぜ猫は大型猫がいないのか、不思議なものではありますが、巨大な猫は人間のペットというよりも、猫が人間を飼いならすぐらいの攻撃力があるのでしょう。そう考えると小さくてよいのですが、そんな巨大猫ついに発見されたとのことです。
その写真がこちらになります。
Big black cat 'the size of a large dog' spotted roaming Yorkshire countryside https://t.co/fmJk684GDP pic.twitter.com/haAq5dzwaB
— Virall Newss (@VirallNewss) September 8, 2019
……

職人ネコの朝の仕込みに密着 熟練された肉球さばきでお菓子を砕くネコが渋い

2019/09/10 15:00
 カメラがりおんくんに寄るも動きは止まらず、職人のような鋭い目つきはそのまま。丹念にふみふみして“仕込み”を終わらせた後は、スナック菓子の袋を寝かせ、その上でりおんくんも寝てしまいました。毎朝5時からのりおんくんの日課だそうです。さすが、職人の朝は早い……!

ペットと暮らせる老人ホームが急増! 愛する犬や猫が高齢者の心身にもたらす「小さな奇跡」の数々

2019/09/10 14:47
今、ペットと入れる高齢者施設が急増している。最愛の犬や猫などと一緒に暮らすことで、入居者の身体に変化が見られることもあるというが...。「とくダネ!」は、ペットと入居できる特別養護老人ホーム「さくらの里 山科」で3人の入居者に密着した。
入所して2年になる81歳女性は、進行性核上性まひという原因不明の難病を患い、ほぼ寝たきりの状態だ。言葉を発することも難しいが、愛犬ナナがベッドに上がったときは自分から懸命に手の先を動かし、ナナを探り、なでる。「頑張っています。ナナちゃんの存在が大きいです。私たちだけでは無理だと思います」とスタッフは話す。愛犬がリハビリのパートナーとして重要な役割を果たしているのだ。
また、認知症改善を期待する声もある。認知症を患う73歳の女性は、大腿骨折で入院している間に、一緒に入居した愛犬ココちゃんのことを忘れてしまったが、施設に戻り触れ合ううちにココちゃんの名前を思い出し、呼びかけるようになった。
幸せホルモン「オキシトシン」が心身にいい効果それには母親が子どもと触れ合うときに分泌される、幸せホルモン「オキシトシン」が関係しているのでは、という見方がある。愛犬と見つめ合うと、オキシトシンが通常の3倍に増えるとされ、それと認知症改善の因果関係が研究されているのだ。赤坂動物病院の柴内裕子総院長は、「事象としては必ず効果を発揮し……

【茨城新聞】猫との同行避難 役立つ情報満載 防災手帳出版

2019/09/10 14:01
災害時、猫と同行避難するにはどうすればいいの-。昨年12月に発売され、4刷されたベストセラー本「猫と一緒に生き残る 防災BOOK」を基にした、手帳「猫と一緒に生き残る防災手帳」(辰巳出版、1404円)が全国発売された。9月始まりの手帳機能ととも…

【衝撃事件の核心】ネコ、カッパ…着ぐるみの選挙運動はどこまでOK?

2019/09/10 13:00
 7月の参院選で、着ぐるみ姿で投票を呼びかけた運動員に報酬を支払ったなどとして、大阪府警捜査2課が8月、公職選挙法違反(事後買収など)容疑で、名古屋市の広告代理店や人材派遣会社の社員ら8人を書類送検した。ゆるキャラ人気の中、マスコットキャラクターを用意して親しみやすさをアピールする政党や政治家は増加。SNSなどでの拡散を狙い、選挙運動にマスコットの着ぐるみを使う陣営もみられるようになったが、着ぐるみによる選挙運動はどこまで許されるのか。
 7月中旬、大阪府松原市内の駅前で通行人らに握手を求める男性の傍らで、ネコ型の着ぐるみが子供たちと写真を撮っていた。男性は、参院選大阪選挙区に国民民主党から立候補し、落選したタレントのにしゃんた氏。着ぐるみは、同党大阪府連が制作したマスコット「にゃん太」だ。
 府連によると、にしゃんた氏が出馬表明したのは1月。府連は3月ごろ、党勢拡大のため、広告代理店にマスコットキャラクターの制作を依頼。提案されたのがにしゃんた氏と似た名前で、同じ水色をイメージカラーとするにゃん太だった。
 府連はにゃん太を5体準備し、参院選の公示前に党のPR役として起用。代理店側は着ぐるみに入る「中の人」の確保も請け負い、25人を用意した。府連は制作費など計数千万円を政治資金から支出したという。
報酬の有無が分かれ目
 ここまで……

日本には「ネコ島」だけではなく、ウサギに囲まれた島もあった!=中国メディア

2019/09/10 12:12
 中国メディア・東方網は9日、日本にはネコがたくさん生息する「ネコ島」だけではなく、上陸すると大量のウサギに囲まれる「ウサギ島」もあること、その悲しい歴史とともに紹介する記事を掲載した。
 記事が紹介したのは、瀬戸内海に浮かぶ広島県竹原市の無人島・大久野島だ。この島を訪れると、まるで「アリスがウサギの穴に迷い込んだよう」にさまざまな毛色のウサギたちが出迎えてくれるとし、その規模は「もはや『・・・・続きを読む