シニア猫が喜ぶ! 快適に過ごせるおすすめグッズ6|巨大プチプチに歓喜の表情の猫ちゃん えっ! これを…|毎朝5時に発報アナログ猫アラーム 脳髄に響く重低音|他

シニア猫が喜ぶ! 快適に過ごせるおすすめグッズ6

2019/11/17 11:30
 飼い主の愛情や食餌、医学の進歩などにより、犬猫の寿命も延びており、一般社団法人ペットフード協会の「全国犬猫飼育実績調査」(2017年)によると、猫の平均寿命は15.33歳で犬は14.19歳。猫のほうがちょっと長寿なのだ。
【写真】ごはん、寝どこ、トイレ…シニア猫が快適に過ごせるおすすめグッズはこちら
 猫も人間同様、年を取ると若い頃のような俊敏さがなくなってきて、寝ている時間が多くなってくる。まぁ、猫(寝子)だから、寝てばかりでいいのだが、老猫の体にできるだけ負担をかけない生活をさせてあげたいと思うのが飼い主の心情だ。
 ペットショップに行ってみると高齢の猫にとって使いやすい(であろう)商品が結構販売されている。
 野良だった猫を20年飼い、看取った経験を元に、老猫が毎日快適に過ごせるグッズを5つ紹介したい。
 1つ目は食餌台と水飲み容器。
 犬食いといわれる姿勢(猫でもその姿勢は犬食い)、老猫にとってはなかなかつらいもの。快適な姿勢で食餌ができる食餌台はなんでもいいというわけではない。快適な食餌台の8つの条件を挙げてみた。
■快適な食事台 8つのポイント
(1)高さ。個体差があるので食べやすい高さに調節できるものがベター。
(2)安定。動かないようある程度の重みが必要。安すぎるモノはガタガタするという指摘……

巨大プチプチに歓喜の表情の猫ちゃん 「えっ! これを……私に……!?」 人間みたいなポーズがかわいい

2019/11/17 10:00
 こんなに幸せそうな表情を見せてくれたら、猫ちゃんが喜ぶものを買ってあげたくなっちゃいますね。「猫ちゃん、今度は何が欲しい?」なんてついつい聞きたくなってしまう、かわいさあふれる表情でした。
 へる(@heltune)さんのTwitterアカウントには、早朝に「お水出してにゃーん」とおねだりする猫ちゃんの表情や、一緒に暮らす猫ちゃんとのショットが投稿されています。表現力豊かな猫ちゃんのお顔は、こちらの顔までにやけてしまうかわいさです。

毎朝5時に発報アナログ猫アラーム、脳髄に響く重低音

2019/11/17 09:15
 JRは乗務員の定刻起床用に、これを直ちに採用すべきではないでしょうか。これまでにも、猫ジャーナルはあらゆる手段で飼い主を起こそうとする猫を報じて来ましたが、飼い主に人指たりとも触れないのに、ほぼ確実に起こされるという、最強と目される起こし方を駆使する猫を見つけました。さっそく、スマホかPCの音量をほどほどに上げまして、その派手な響きをご堪能ください。アラートの主の名は、茶トラ猫のBoo君。敬意を込めてMr.Booと呼びましょう。さてそのMr.Booは飼い主と一緒に眠りたいのですが、何らかの理由でそれは叶わず、夜は寝室の外へと出されてしまいます。そしてある日気付いたのです。ドアの下の隙間から手を出すと、スプリングドアストッパーに触れられることを。さらに毎朝5時ごろ、このドアストッパーのバネが奏でる重低音を活用すると、なぜか飼い主が起き出すことを…。ブゴォォォォォォンと響くバネの音。これには目覚めざるを得ないのも道理であります。天岩戸が開いたあとには、おいしいおいしい朝ご飯が待っているわけでして、朝のウォーミングアップとしては最高なんじゃないかと思われます。[Cat Alarm Clock/YouTube]
関連ニュース本日の美人猫vol.345簡易版猫専用のモグラ叩き、創意工夫と数百円で虎視眈々とおでんを狙う猫の顔に、おでんガーディアンの鉄拳がヒット

ペナン島水上の家で扇風機に当たる猫とおばあさん 世界遺産ジョージタウンをシッポを立てて案内してくれる猫たち(1/5)

2019/11/17 06:00
 こんにちは、世界を旅する犬猫写真家、新美敬子です。今回は「東洋の真珠」と呼ばれる、マレーシアの観光地ペナン島の猫たちを紹介します。
 前編では海岸沿いにあるいくつかの小さな村を訪ねました。
左右をちゃんと確認して道路を渡るペナン島の猫
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58211
 今回はいよいよ、ペナン島最大の都市ジョージタウンに行きましょう。

岩手)「猫目線」のものづくり 盛岡から発信

2019/11/17 03:00
1940アーカイブス天童の将棋駒、80年前の映像発見将棋名人戦の舞台の一つ、山形・天童。伝統を築いた80年前の子どもたちの映像が見つかった
be学び、出かけ、恋をするどれだけの絶望と向き合ってきたのだろうか。四肢がまひし、ひとりでは動くことも話すこともできない
T JAPAN生物学者・福岡伸一が語るドリトル先生『ドリトル先生航海記』の新訳を手がけた生物学者、福岡伸一。彼が語る、本著の新しい読み方
&AIRPORTエバー航空、たゆみない挑戦の軌跡最高評価の5つ星を4年連続で獲得した台湾のエバー航空。その歴史と魅力を探る
&w「ヒュッゲ」なライフスタイルを神奈川・鎌倉で暮らすイェンス・イェンセンさんに、デンマークの「ヒュッゲ」についてうかがいました
J・デップ泥沼裁判中「あの男で4年も耐えられぬ」「相武台前」の由来は吉田鋼太郎の実生活は?ナスカの地上絵143点発見俳優の滝口幸広さん死去