筋肉モリモリマッチョ猫さん現る……! ムキムキな後ろ…|フッサフサで大きなシッポがワイルド! モデルみたいな…|猫と100歳まで生きるニャ!! 週刊朝日 丸ごと1冊…|他

筋肉モリモリマッチョ猫さん現る……! ムキムキな後ろ姿が「肩幅広過ぎ」「鬼神が宿ってそう」と人気に

2019/12/01 15:00
 そんな経緯があり、試しにトリミングして投稿すると「ムキムキ猫」としてたちまち話題に。気付くと世界中でファンアートが描かれるほどになっており、中にはアニメーション付きのものも。これには飼い主さんも「うちの子ずいぶん遠いところまで行ったもんだという感じです…」と、展開のスピード感に動揺している様子。みんなマッスル動物が好きすぎる。
 ちなみに普段のサスケくんは、どちらかというとムチムチでかわいい姿を披露してくれており、また以前にはキリッとした表情で立ったままトイレで踏ん張る姿が話題になりました(関連記事)。お家では女の子のサクラちゃん、ハチミツお嬢、男の子のとげまるくんと一緒に暮らしており、モフモフな癒やされる日々が投稿されています(関連記事)。

フッサフサで大きなシッポがワイルド! モデルみたいなイケメン猫にほれぼれしちゃう

2019/12/01 15:00
 大きくてフサフサの尻尾に目が奪われてしまう、猫ちゃんの画像がInstagramに投稿されています。
 米カリフォルニアに住む、サイベリアンのスターリングくん。トレードマークはその大きくてモフモフとした尻尾です。胴体と同じくらいの長さがある尻尾は、ボリュームたっぷりの毛で覆われており、見るからにフッサフサ。頬ずりしたくなっちゃいますね。

猫と100歳まで生きるニャ!!「週刊朝日」丸ごと1冊猫特集が2大特別付録でパワーアップ

2019/12/01 13:58
 週刊朝日12月13日増大号(12月3日発売、定価410円)は猫特集号。猫好きを満足させる1冊。買って損はさせません!!
 前回、前々回と全国で売り切れが続出した猫特集号が、さらにパワーアップ。今年の猫特集号も、表紙から、グラビア、特集記事、連載まで猫だらけ!特別付録で、岩合光昭さんの猫カレンダーに猫ポストカードもついてきて通常号と同じ410円。はやくも売り切れの予感がしている出来映えです。
*  *  *
 猫好きならば、ひとまず手に取ってみたいこの号の週刊朝日。猫特集の内容の一部を紹介すると……
 まずは、表紙。印象的な子猫の表紙は、猫撮影の第一人者で動物写真家の岩合光昭さんが撮影しています。猫好きなら悶絶すること間違いなしのかわいさで、猫好き以外もつぶらな瞳に吸い寄せられます。
 今年は付録もパワーアップ。圧倒的な人気を誇る岩合さんの猫の写真を、昨年と同様に綴じ込みのカレンダーに仕立て、さらに今年は子猫の写真を雑誌の表紙風のオリジナルポストカードにして特別付録でつけました。ちなみに、今年のカレンダーのテーマは「よりそう」。雪の白川郷で、初夏の小樽で、オス猫とメス猫が仲睦まじく寄り添う様子を捉えたショットが満載で、読者をほっこりさせてくれます。
 グラビアでは、猫好きの著名人と愛猫を取り上げました。飼い猫への溺愛ぶりで注目……

サービス終了した猫アプリが復活!

2019/12/01 12:30
 本作は、サービスを終了したアプリ『キャットバスターズ』のメモリアルアプリです。
 いつものように実験に失敗してマシンを壊してしまったネコ博士。そんなネコ博士と一緒に、ガーデンに友だちのネコたちを呼んで、修理のお手伝いをしてもらいましょう。
 本作では、一部を除き、『キャットバスターズ』のほぼすべてのネコが登場します。さらに、本アプリのための新規描き下ろしキャラクターも多数登場します。すべてのマシンを修理して、たくさんのネコをガーデンに呼びましょう。