猫コタツ はじめましたにゃ! 猫用コタツを満喫す…|強面過ぎでも憎めない“ヴァンパイア”ネコがSNSで大…|一体何が起こったニャ…目の前からおもちゃが消えて困惑…|他

「猫コタツ、はじめましたにゃ!」 猫用コタツを満喫する猫ちゃん ご満悦な表情がかわいい

2019/12/04 22:00
 猫のむぎくん(関連記事)、むぎくん専用コタツを前にご満悦な様子です。一緒に入ってモフモフしたいなぁ……!
 猫用コタツを前にうれしそうな表情のむぎくん。電源不要の猫用コタツは、猫ちゃんにちょうどいいミニサイズ。机の部分は段ボール箱になっており、中に入ると適度な狭さで居心地がよさそうです。「フワフワ毛布×ちょっと狭い段ボール箱=暖かい」。この方程式、猫ちゃんの好きなものが詰まってる! 

強面過ぎでも憎めない“ヴァンパイア”ネコがSNSで大人気(米)<動画あり>

2019/12/04 21:20
長い牙を持つ“ヴァンパイア”ネコがSNSで人気を博している。“ロキ(Loki)”と名付けられたこのネコは飼い主にはべったりだが、他の人が近寄ると噛みつくこともあるようで、まさにヴァンパイアそのもの。じっとしているとまるで怒っているかのような面持ちにも「憎めない」「可愛い」などと黄色い声があがっているようだ。
米ワシントン州シアトルに住むケイトリン・コークさん(Kaetlyn Koch)は今から約6年前、シャムネコのミックスの“ロキ”をバーモント州チッテンデン郡の動物保護施設から迎え入れた。美しく青い目が印象的なロキだが、同施設にやって来た当初は、他のネコに攻撃されたため事務所に隔離されていた。また2、3人のスタッフだけにしか懐かなかったが、同施設で仕事をしていたケイトリンさんはどこか憎めないロキに一目惚れし、自宅に引き取ったのだった。
当時8歳だったロキにはもともと“エンジェル”という名前が付いていたのだが、ケイトリンさんは2本の牙を持つ強面の風貌にはそぐわないと、北欧神話に出てくる気まぐれで悪戯好きの神の名前に改名したのだという。
見事な2本の牙を持つロキには“ヴァンパイア”というニックネームがあり、自身のInstagramを持っている。ケイトリンさんがロキの写真を多数投稿するようになったのは2015年頃で、それからロキファンが徐々に増え始め……

一体何が起こったニャ…目の前からおもちゃが消えて困惑する猫がかわいい(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

2019/12/04 19:45
動くモノについつい反応してしまう猫。無我夢中で追いかけ回している猫のかわいい姿を見た、という飼い主さんも多いことでしょう。では、もしも動いたモノが目の前から消えてしまったら……猫はどんな反応をするのでしょうか? 
Twitterユーザー@motikiro2さんの愛猫・どんくさちゃんは、飼い主さんと遊ぶのが大好きなコなのですが、遊んでいる途中に起こった出来事にキョトンとなってしまったようです。
そのときの様子をおさめた投稿が、4.4万件のリツイート、14.3万件の「いいね」がつく(10月30日時点)など、多くのTwitterユーザーさんから反響を呼んでいます。
飼い主さんと遊ぶどんくさちゃん。飼い主さんがおもちゃを「投げるフリ」をしても、「投げてないのは知ってるよ」というように、まったく動じる様子はありません。

猫が秋田犬を丹精込めてモミモミ 互いにとっても幸せそう

2019/12/04 19:00
 白い秋田犬の柊くんが横になって寝転んでいるところに乗っかって、耳の後ろから首のあたりをモミモミしているのは、お兄さん猫の梅ちゃん。丹精込めて、モミモミしている梅ちゃんのマッサージがよほど心地よいのか、柊くん、軽く目を閉じて気持ちよさそうにされるがまま。
 そんな様子を「至れり尽くせり猫」と、動画とともにツイッターに投稿したのは、先代秋田犬である椿兄さんとその後輩となる柊くんの様子を「秋田犬の椿と柊」というアカウントで投稿している飼い主さん。
 動画を見た人たちからは、「優しさに包まれている……」「眼福」「もふもふが もふもふを もふもふしている」などなど、癒やされている人が続出。私にも、そのモミモミ、頭皮にお願いできないかしら……。
至れり尽くせり猫。#柊と梅#秋田犬と猫 pic.twitter.com/useSizNBQQ
— 秋田犬の椿と柊🌺Instagramメイン (@cherry_3579) November 30, 2019
 柊くんととっても仲良しな梅ちゃんは、しょっちゅう一緒。あまりにも仲睦まじい様子はLINEスタンプにもなっているほど。梅ちゃん、弟分の柊くんが可愛くて仕方ない、って感じです。
 そんな梅ちゃん、実は先代の椿兄さんが命の恩人。2015年、約1歳の梅ちゃんがカラスに襲われていたところを椿兄さんが助……

人間はネコの表情を読み取れるか? あなたも試せる......調査結果が発表される

2019/12/04 18:15
<カナダの大学の研究チームが、85カ国6329人を対象に、ネコの顔の表情から、精神状態がポジティブなのか、ネガティブなのかを推測させるオンライン調査を実施した......>
ネコは、一見、ポーカーフェイスで、どこか謎めいているのも魅力のひとつだが、実は、微妙な表情で、ポジティブな気持ちやネガティブな気持ちを表現している。では、私たちは、ネコの気持ちをその表情から読み取れるのだろうか。
女性、若い人のほう正答率が高かった......カナダ・ゲルフ大学の研究チームは、85カ国6329人を対象に、ネコの顔の表情から、精神状態がポジティブなのか、ネガティブなのかを推測させるオンライン調査を実施し、2019年11月4日、その調査結果を科学雑誌「アニマル・ウェルフェア」で公開した。
この調査では、ネコの顔の部分のみが映し出されたショートムービーが用いられた。回答者は、設問ごとにショートムービーを再生し、ネコの表情から、「ポジティブな気持ち」、「ネガティブな気持ち」、「わからない」のうち、いずれかの答えを選ぶ。
平均正答数は20問中11.85問で、正答率は60%未満にとどまった。女性のほうが男性よりも正答率が高く、若い人のほうが年長者よりも正答率が高い。一方、ネコを飼っているなど、ネコとの接触があるかどうかによって、正答率に違いは認められなかった。……

むぎ(猫)のルーツを掘って掘って、命の大切さを語り合う

2019/12/04 18:05
むぎ(猫)のルーツを掘って掘って、命の大切さを語り合う  DIGLE MAGAZINE

君はネコなの……? ブラッシングでほっぺの毛がペタンとしたネコちゃんが謎の生き物に進化してしまう

2019/12/04 18:00
 むく君は「まるか」(@s_sekko)さんの愛猫。ブラッシングをしていたらほっぺの毛が寝てしまい、お耳だけが飛び出している謎フォルムの生き物が完成していたそうです。リプライ欄には「別の子みたい」「角刈りしたら目つきもかわるの?」「声出して笑ってしまいました」といったコメントが。中には「シュッとしましたね」という声もありましたが、一般的な「シュッとした」とは違う意味のような気がします。
 この後、逆毛を立てて修復してもらったというむく君。愛らしい猫ちゃんの姿に戻ったようです。こちらのお宅には6歳の「もろみ」さんも同居中。別の日の投稿では、並んでオヤツをおねだりしたり、真剣勝負に挑んだり、楽しそうな姿を披露しています。