こころから好きだよ 猫 でもね…|猫の呼び名は 18万8000円 …拾った子猫のあまり…|KIITO ネコ市ネコ座 神戸市中央区|他

こころから好きだよ、猫 でもね…

2020/01/14 17:33
いずれもよくわかるのですが、例えば1、ペットと一緒に眠るのって幸せですよね。
そんな人向けに荒島さんは「どうしても一緒に寝たいという人は、口をなめられないよう、せめて就寝時にマスクを着用するなど対策を講じてほしい」とアドバイス。
一方で、原因の分からない体調不良や発熱、気持ち悪さがあった場合は、きちんと医療機関にかかり、その際は、ペットを飼っている期間や、傷を負った時の状況をメモや図表にして、きちんと伝えることが大切だと指摘しました。

猫の呼び名は「18万8000円」…拾った子猫のあまりのかわいさに祖父がつけた名前が斬新すぎる

2020/01/14 16:53
無料だなんて信じられない…!
この猫さんは、数カ月前にずぃさんが拾ってきたという。しかしあまりのかわいらしさに、「この猫は野良じゃないペットショップにいる猫だ」とおじいさんは主張し、「18万8000円」と呼び続けている。
投稿を見たTwitterユーザーは「うちも拾ったスコチャン40万円って呼んでます」「わが家の保護したにゃんこも、いちおくまんえん分位の癒やしをくれてます~」などと、元野良猫が持つ価値に共感していた。
拾った子猫がとっても可愛いので祖父が「この猫は野良じゃないペットショップにいる猫だ」と言い続け妙な名前で呼んでいる「斬新www」
なお、こちらの猫さんとの出会いは2019年の台風の前日だったそう。飼い主さんとその家族にとって、値段では示せない価値のある出会いだったに違いない。
台風の前日、落ちてるダンボールの中に雑巾があるなあと思って見たら生後1週間程の掌に乗るサイズの子猫でした。動物病院に行っても小さすぎて診れないという驚愕の診断結果で家族全員大爆笑でしたが私は今日もこんなにかわいい猫を捨てたやつの気がしれません。私が貰ったぞ!!!わっはっは!!!! https://t.co/IkPXd0Nhnj
— ずぃ (@pipipi_gst) 2020年1月9日

KIITO『ネコ市ネコ座』神戸市中央区

2020/01/14 16:00
 デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO、神戸市中央区)で3月21日と22日に“楽しみながら、猫助け”をテーマにした『ネコ市ネコ座』が開催される。
 保護猫活動や保護猫に関する知識を発信するイベントで、「ネコ市」では猫雑貨の手作り作家や猫グッズショップ、メーカーなどが出店。キャットフードや猫のおもちゃなども販売。似顔絵やオリジナル作品作りといったワークショップも多数実施予定。
「ネコ座」では猫に関する映画が上映されるほか、セミナー、トークショーなどユニークな催しも行われる。また、会場にはフード・ドリンクブースも登場。これまで、猫の肉球をデザインしたスイーツや本格的なカレー、どて煮丼などが販売された。
 収益は保護猫活動の推進のために使用。関係者は「猫が大好きな人が、猫のために集まり、楽しむ事で、猫助けができる。そんな“ハッピーネコサイクル”を体感してください!」と話している。

保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」が3周年! 審査制マッチングで日本一に

2020/01/14 15:45
保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」が3周年! 審査制マッチングで日本一に  時事通信

ワンコ「!?」 ネコちゃんの毛づくろいに形容しがたい顔をしてしまうワンコが面白かわいい

2020/01/14 15:00
 なめられたり、摺り寄せられたりする度に、ムキッと歯を見せるわんこ。ネコちゃんは、毎朝わんこの毛づくろいが必要と考えているのかもしれませんが、わんこの方はそうは思っていないのかもしれませんね。
 苛立っているようにも見えますが、表情以外変化はなく移動する気配もありません。さほど嫌というわけでもないのかな? とも思えてしまいますが、それにしては印象深い表情を見せてくれるわんこに、思わず笑みがもれてしまいますね。