エラズー地震 地震から12日後に猫救出 安全を確保|キュートな猫グッズも! 猫好きクリエイターの暮らしを発信する POMPOMCA…

【エラズー地震】 地震から12日後に猫救出、安全を確保

2020/02/11 20:38
トルコ災害緊急事態管理庁からの発表によると、トルコ東部のエラズー県で1月24日にマグニチュード6.8の地震が発生してから12日後に、1匹の飲まず食わずの猫が発見され、救出・保護された。
トルコ災害緊急事態管理庁の職員のドウシュ・オクさんは、この猫について「猫を見つけた人から連絡が入った。猫は全く何も食べたり飲んだりしておらず、目がただれた状態だと言われた。わたしたちは猫の状態を確認してすぐに自治体に知らせた。獣医が猫を引き取って保護センターに連れて行った」と話した。
道端で暮らす動物もトルコ災害緊急事態管理庁に託された大切な預かりものであると語るオクさんは、「私たちは預かりものを守る。人間だけでなく、動物も自然災害の被害を被っている。人間も道端で暮らす動物も、その安全の責任は私たちトルコ災害緊急事態管理庁にある」と話した。
獣医のキュブラ・ヤズグンさんによると、猫は上気道感染症にかかっていることが判明し、治るまで保護センターで治療を受ける。
ヤズグンさんは、「自然災害において、人の命が大切ならば、それと同じ分だけ『声なき友』の命もとても大切だ」と話す。

《エラズー地震》
トルコ時間の1月24日20時55分、トルコ東部のエラズー県シヴリジェ区でマグニチュード6.8の地震が発生した。
捜索救助活動により45人が救出さ……

キュートな猫グッズも! 猫好きクリエイターの暮らしを発信する「POMPOMCAT」の展示が「COMINGSOON」に…

2020/02/11 19:00
「POMPOMCAT」を主宰するのはLA在住のフィルムディレクター、木之村美穂。ファッション、ビューティー分野で活躍、海外のアーティストを日本に紹介するプロジェクトも数多く手がける彼女は、業界内では大の猫好きとして知られている。
展示作品に登場する、個性豊かな猫たち。見ているだけで癒されること必至! 今回の「POMPOMCAT ネコのいる暮らし展Vol.7」では、これまで彼女が撮りためてきた60匹の猫とクリエイターの暮らしの写真から選りすぐったものと、今回のために撮りおろした東京のクリエイターと猫のライフスタイルを切り取った写真をあわせて展示。
また、刺繍アクセサリーとグッズで大人気の「KEORA KEORA」、ペットの写真を使ってぬいぐるみなどのオーダーメイドグッズを手作りしている「zero&mami」、保護猫モコとコトと暮らしながら“ザビエル首輪”を作り、約14万人のフォロワーをもつ「Mai/mocoto」、山形の伝統工芸のこけし工人 ・猫こけし作家として活動する梅木直美、バリの職人がハンドメイドで手がける木彫りのオブジェのブランド「KOPI PANAS」、動物の保護活動を行う「一般社団法人 動物愛護団体 ランコントレ・ミグノン」のオリジナルグッズ、それにLAで買い付けた猫アイテムなどを展示・販売する。
会場に登場する猫アイテムの……