あす春日井市で猫の譲渡会|沖昌之 魚と格闘するお母さん猫 ママもいろいろ大変…|にゃんこ大戦争 5000万ダウンロード突破!記念イ…|他

あす春日井市で猫の譲渡会

2020/02/14 11:31
 令和2年2月の「にゃんにゃん」の語呂合わせから、愛知県春日井市のJR勝川駅北口から続く勝川駅前通商店街で15日、「勝川弘法市ニャンコイベント」が開かれる。
 弘法市は毎月第3土曜日に開いており、今回は猫グッズの販売や、全国の猫好きが集まる会員制交流サイト(SNS)上のグループ「キジ白レディース」によるオフ会を行う。
 市内で地域猫活動に取り組む団体「春日井さくら猫の会」による保護猫のパネル譲渡会も開催。同会が保護している猫約30匹が写真で紹介され、気になる猫がいたら、スタッフに猫との面会を申し込む。
 同会の岡嶋利香さん(58)は「パネル譲渡会はもちろん、猫グッズの出品もたくさんあるので、猫ファンはぜひ足を運んでほしい」と来場を呼び掛けている。
 雨天決行。(問)勝川駅前通商店街=0568(31)9282
 (高岡涼子)
(2020年2月14日)

【沖昌之】魚と格闘するお母さん猫 ママもいろいろ大変なんだニャ……

2020/02/14 11:30
 主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気の猫写真家・沖昌之さん。「今週の猫しゃあしゃあ」では、そんな沖さんが出会った猫たちを紹介します。今回は「いつもより多くいつもより長く回しております。」をお届けします。
【写真】必死すぎる?「餌やり禁止」の看板を撤去しようとする猫
*  *  *
 魚と果敢に格闘するお母さん猫と、それを冷めたまなざしで見守る子猫。お母さんはテンション上がりすぎて、放り投げた魚が鼻の上に乗って、少しご立腹気味でした。格闘といっても、この魚、生きてないんですけど……(笑)。
 この間、初めて行った島で出合った猫の親子です。どの猫も人に慣れてなく、カメラを出すと逃げてしまうので、こちらも必死になりながら撮った一枚です。
<沖昌之>
猫写真家。主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気。写真集に『ぶさにゃん』『必死すぎるネコ』など。最新刊の写真集『残念すぎるネコ』が発売中。インスタは@okirakuoki。新刊『俳句ねこ』(共著)が発売中
※AERA 2020年2月17日号
トップにもどるAERA記事一覧

『にゃんこ大戦争』5000万ダウンロード突破!記念イベント開催のお知らせ

2020/02/14 11:01
・記念イベント開催期間(予定)
2020年2月14日(金)11:00 ~ 3月2日(月)10:59
5000万ダウンロード記念ログインスタンプキャンペーン開催!5000万ダウンロードを記念して、期間限定の豪華ログインスタンプキャンペーンを実施いたします。
イベント期間中に合計14日間ログインで、最大レアチケット14枚がゲット可能!
この機会にぜひ忘れずにログインしてくださいね。
新たなる期間限定レアガチャ「超極ネコ祭」開催!「超ネコ祭」「極ネコ祭」の限定キャラクター達が集結した新たなるレアガチャイベント「超極ネコ祭」を開催いたします。
その他各ガチャシリーズの超激レアキャラクターも全員参戦! さらに超激レア出現率も最大アップします。
・期間限定レアガチャ「超極ネコ祭」開催期間(予定)
2020年2月14日(金)11:00 ~ 2月17日(月)10:59

5000万ダウンロード記念!にゃんこからのお願いを聞いてプレゼントゲットのチャンス!期間限定イベント「にゃんこからのお願い」を開催いたします。
ネコ基地でにゃんこからのお願いを聞くと、プレゼントゲットのチャンス!
にゃんこのプレゼントとは何なのか、ぜひお確かめください。
5000万ダウンロード記念ステージ登場!5000万ダウン……

猫の島を歩く プロカメラマンに同行して福岡・相島へ【後編・インタビュー】

2020/02/14 09:26
せめて写真に残してあげたい ――10年ほど前に福岡に拠点を移したと聞きました。
 自分は旅行の中でも、離島に行くのが好きなんです。九州は離島が多いですから、そういう場所へのアクセスも良く、都会でいろんなものがコンパクトに集まっている福岡市がいいなと思い、こちらに来ました。
――相島に通うようになって作品に変化はありましたか?
 相島もそうなのですが、日本の離島の猫は警戒心があまりないと感じます。あおむけになっている猫も、ずっとダラダラしている猫もいる。身の危険が都会ほど多くないからでしょうね。そんな様子が面白いと思い、そこに暮らす猫の自然な姿にフォーカスした写真を撮り始めました。海外の猫はきりっとした雰囲気のような気がします。

猫が電話で通報、ライオンが誘拐阻止……人命救った動物たち、意外な行動25選

2020/02/14 09:01
 愛らしいペットやワイルドな野生動物たちが、意外な場面で知性や忠誠心を発揮することがある。ペットとして人気の犬や猫から野生のイルカやライオンに至るまで、動物たちが事件や事故などから人命を守った貴重な25件の事例を見てみよう。
1.ライオンが誘拐事件を阻止
 動物たちはさまざまな事件の解決に一役買っている。2005年のケニアで、3人の男たちが少女を誘拐した。するとライオンの群れが少女を守るように取り囲み、警察の到着まで誘拐犯たちから守り通したという。実は当初、ライオンたちは少女を捕食しようとしていたという見方もある。専門家らは、少女の泣き声がライオンの赤ちゃんの声に似ていたため、途中で親心が湧いたのだろうと分析している。

水音に猛ダッシュ! コップに注がれる水を見つめる猫の真剣なお顔がかわいい

2020/02/14 08:00
 水の音にダッシュで駆け付け、コップに注がれる水を見つめる猫さんの動画がInstagramに投稿され、不思議なかわいさに動画再生数13万回を超える人気になっています。
 ちょっと気まぐれなところがある猫さんは、呼んでも来てくれないことが多いのではないでしょうか。動画に映る、猫のレオくんを呼ぶのはとっても簡単! 飼い主さんがコップにお水を注ぎ始めると……その水音を聞きつけたレオくんが、猛ダッシュで駆け付けてきました。途中にあった箱もひょいっと飛び越えて、コップに一目散! 

火災における犬と猫の救急医療判断と治療

2020/02/14 06:00
救急医療に携わる消防隊員として住宅火災に対応する際、おそらくこれまでに体験したことのない状況に接することによって、われわれは一度にいろいろな判断を迫られることがあります。こういった状況で第一に考えるべき要素が二つあります。それは、風下など周囲への延焼や火災のリスクそのものです。
しかし、他にも考慮すべき多くの要素があります。家の中に人がいるかどうか? けがをしてはいないか? ありがたいことに、多くの場合、到着したときには、家に住んでいる人、つまり人間の居住者は、けがもなく安全に避難しています。
では、次のようなシナリオを考えてみましょう。住宅火災の現場に、あなたが最初の応急処置を行う人として到着したとします。消防隊は順調に消火活動を行っています。家の持ち主は無事に避難しており、救急医療を必要としていません。家族は消防指揮所のそばで心配そうに事態を見守っています。
突然、消防士がぐったりした犬と一緒に家の玄関から出てきました。消防士は、あなたを見て、こちらへまっすぐに向かってきます。
それと同時に、家の持ち主も急いで消防士に駆け寄ります。消防士があなたのところにたどり着くのと同時に、家の持ち主も消防士のもとにたどり着きます。消防士は、息はあるものの瀕死の状態の犬をあなたに手渡します。さあ、どうしたらよいでしょう?

新型肺炎禍の中国で「猫ブーム」の理由、人間に翻弄されるペットの悲劇

2020/02/14 05:20
新型肺炎で厳戒態勢の中国では、「感染を拡大する」というデマが流れて猫や犬が虐殺されたり、逆に「猫を飼うと感染しない」という誤った情報が広がったりしている。中国のSNSやインターネットでは、ペットについてどんな情報が飛び交っているのか。(日中福祉プランニング代表 王 青)
誤った情報やデマで
殺される猫や犬たち 中国では新型コロナウイルス肺炎の感染拡大が続き、終息が見えない。政府が外出禁止などの厳しい規制措置を取り、国や専門家が「自宅にいるのが自分の安全のためだけではなく、国への協力である」「国民の皆さんは自宅にいるが、この行為自身がウイルスとの戦いだ、皆さんが立派な戦士だ」などと呼びかけている。マスク不足が深刻化している中で、1回の外出で1枚のマスクを使ってしまうので、節約するためにも外出しないのが一番の得策であると皆が思っている。
 1月25日の春節から、もうすでに2週間がたつ。人々は自宅に閉じこもり、外の世界とつながるにはSNSしかない。先が見えない中で不安と恐怖は増す一方だ。いやおうなく情報には非常に敏感になる。どんなささいな情報でも反応して飛びつき、混乱してしまう。デマか、真実かがすぐに分別できないことも多い。
 武漢政府は初期の情報隠蔽や対応の遅れで、ウイルスを封じ込むタイミングを逃し、今日までに世界へ拡がる事態に発展させてしま……