新型コロナ 猫感染しやすい? 排除の動き懸念 米科学…|アフターコロナの新習慣!!ペットのライフスタイルショ…|おうちで猫と遊んでネコ助けするニャ!猫好きがネコと遊…|他

Contents

新型コロナ 猫感染しやすい? 排除の動き懸念 米科学誌の論文に反響 保護活動する人ら /奈良

2020/05/21 17:53
 米科学誌「サイエンス」(電子版)に、新型コロナウイルスが犬や鶏に比べ猫やフェレットに感染しやすいとする論文が掲載された。また、東大などの研究チームは猫同士で感染が広がる可能性があると報告。海外では「特殊なケース」として人から猫への感染も確認されており、動物愛護関係者の間で「野良猫を排除する動きにつながりかねない」と不安が広がっている。【稲生陽】
 現時点で猫から人に感染したという報告はなく、厚生労働省によると、国内でのペットや野良猫への感染例は確認されていない。

アフターコロナの新習慣!!ペットのライフスタイルショップ「ローズマリー」が愛犬・愛猫との心のつながりを深める3つの「…

2020/05/21 17:17
新型コロナウイルスの影響化で、緊急事態宣言が徐々に解除されてきた今も、withコロナで新しいライフスタイルが求められる事に戸惑いを感じる皆様も多いかと思います。私達ローズマリーもペットのライフスタイルショップとして、フードや用品の販売の他に、わんちゃんとの旅行を楽しむワンバスツアーやペットと一緒に遊べる夏祭りなど、様々なイベントで皆様とわんちゃん・ねこちゃんとの暮らしをサポートしてきましたが、この状況下で、なかなか集まって実施するイベントは難しいためWEB上でママさんパパさんの皆様と楽しめる企画を実施いたします!
【おうち時間】で愛犬、愛猫との心のつながりを深める3つの「イベント」を開催いたします。
心つなげるイベント1
わんちゃん、ねこちゃんの心の声を聞く「アニマルコミュニケーション」SORA先生が無料でweb診断いたします。
ローズマリーで大好評の企画の1つ、「アニマルコミュニケーション・イベント」をweb上にて開催いたします。アニマルコミュニケーターSORAさんによる愛犬・愛猫ちゃんから伝わってくる感情、言葉を飼い主様にお伝えします。飼い主様からもペットに聞きたい事、ペットに対する思いも同じように伝える事が出来ます。1日5組限定(LINE@からの友達登録にて申込抽選)となりますが、今回はおうち時間の応援のため無料にて開催させて頂きま……

おうちで猫と遊んでネコ助けするニャ!猫好きがネコと遊ぶことで保護猫支援ができるイベント、ホゴネコの日特別企画「ねこも…

2020/05/21 16:55
おうちで猫と遊んでネコ助けするニャ!猫好きがネコと遊ぶことで保護猫支援ができるイベント、ホゴネコの日特別企画「ねこもぐらたたき大会」を開催  時事通信

亡き愛猫「テト」は永遠に“うちの子”。たとえ肉体がなくなっても…

2020/05/21 15:46
【お知らせ】
本日未明、猫ケーキでお馴染みのウチのテト姐さんが他界致しました。去年の年末に口腔扁平上皮癌との診断を受け、闘病生活を送っておりましたが、残念ながら力尽きてしまいました。享年10歳(推定)と決して長くはない猫生でしたが、彼女は最後まで全力で甘えて全力で生き抜きました。 https://t.co/rsmMKXXcz1 pic.twitter.com/By1xqo0inA
— サイガ@下手の猫好き (@johndog_saiga) 2020年2月11日 「テトは私にとって相棒であり、彼女であり、奥さんでした。常に人間の側にいたい甘ったれだったので、いつでも一緒にいて、会話もたくさんしました。お互いがお互いを必要としていた。人生イチの絶望を味わったときも、彼女がずっと側に居てくれたお陰で乗り切れたんです。私たちはペットと飼い主という関係を超えた絆で結ばれていました」 サイガ(@johndog_saiga)さんは今年の2月に亡くなったテトちゃん(推定10歳)との生活をこう振り返ります。 2人の出会いは、とても運命的。当時、サイガさんは元配偶者と猫を飼うため、ペットショップへ行こうとしましたが、付近に野良猫がいないか気になり、試しに庭先にご飯をセット。すると、骨と皮だけのようなガリガリに痩せた猫が現れました。 生きるために意を決して出てきたその猫は……

外出自粛中、究極の暇つぶし!? みんなが作っている猫戦車が話題に、なんだそれ?

2020/05/21 15:30
関西でも緊急事態宣言が解除に。それでもまだ外出自粛の日々は続きます。そんななか、猫を飼っている人の間でブームになっているのが…。
ダンボールの戦車から凛々しいお顔をのぞかせるトロくん
「夫が急にダンボールで何か作り始めたと思ったら」というコメントと共にツイッターに投稿されたこちらの画像。戦車の窓からちょこんと猫さんが顔を出した、勇ましくも可愛すぎる写真に、なんと9.3万リツイートと41.3万いいねがつき、「猫が、可愛すぎてつらいんだけど!」「破壊力抜群。いろんな意味で」「可愛いね~!戦闘力ゼロ!」という絶賛コメントのほか、「うちのも見て下さいと」同じく猫戦車を作った人からの写真も多数寄せられるなど、大きな話題となりました。
この猫戦車を作った人に話を聞きました。
──作ろうと思ったきっかけは?
コロナウイルスのため外出できない人たちの間で、猫用ダンボール戦車を作るのが密かに流行っているという海外のネット記事を偶然見かけたのがきっかけです。作ったのは確か5月4日の午前中だったかと思いますが、それ以前からコロナの影響で外出自粛していて暇な日々を過ごしていました。外に出ない分通販で……

「妻がボコボコにされてた…」 猫のいる家での在宅ワークが過酷すぎた(笑)(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

2020/05/21 15:05
そのときのお写真がこちらです! 「妻が猫どもにボコボコにされてた」と、コンドリア水戸さんは衝撃的な表現を使っていましたが……ほんとうにボコボコにされているー!?(笑) 肩の上に猫ちゃんが乗り、もう1匹は奥様に頭をグリグリと押し付けています。奥様、ちょっぴりぐったりとしちゃっているような……?(笑)
ちなみに、肩の上に乗っているのは「ことちゃん」で、スリスリしているのは「マナくん」というコみたい。

「今は毛づくろいの気分じゃにゃい」生放送中、レポーターの背後で猫が喧嘩を勃発させる

2020/05/21 14:53
喧嘩の被害にあったのは、ジャーナリストのドリス・ビゴニアさんだ。
アンカーを務めるABC-CBSのニュース番組でゲストをインタビュー中に、飼い猫のベラとナラが喧嘩を始めた。
その時の様子をビゴニアさんの娘ニッキさんがSNSに投稿すると、多くの人がいいね!し動画が拡散した。
ニッキさんは、喧嘩が勃発した時に別の部屋で番組を見ていたが、どうしたらいいかわからなかったとBoredpandaの取材に話す。
「赤ちゃんを一生懸命あやしていたのですが、その時に母がパニックになっているのが見えました。しかしありがたいことに、母は冷静さを保てていました!」
喧嘩勃発の理由は、ベラがナラの毛づくろいをしようとしたものの、ナラがその気分ではなかったことだそう。
ちなみに二匹は、その後に仲直りしたようだ。

店内はぜ~んぶネコ型×お取り寄せも 大人気「ねこねこ」シリーズだらけのファクトリー1号店が愛知県にオープン

2020/05/21 13:00
高級食パン専門店「ねこねこ食パン」、チーズケーキ専門店「ねこねこチーズケーキ」など、人気の「ねこねこ」アイテムを集めたスイーツ&ベーカリー「ねこねこファクトリー」が誕生♡
5月22日(金)愛知県・東浦町に1号店がオープンします!
「ねこねこ」づくしのファクトリー1号店ねこねこファクトリーは、「ねこねこ食パン」や「ねこねこチーズケーキ」を展開するオールハーツ・カンパニーが、新型コロナウィルスでつらい時だからこそ「美味しいスイーツ&ベーカリーでハッピーと癒しをお届けしたい!」という思いを込め誕生した新店舗☆
店内には、ネコ好きさんにはたまらない「ねこねこ」シリーズが大集合するそうですよ♡
ぜ~んぶネコ型!ねこねこアイテムをチェック『ねこねこ食パン』(500円~)は、お水を一切使わずミルク100%で生地を仕込んだ生食パン☆
プレーンだけでなく、チョコ、あずき、チーズ(680円~)もお目見え♡
かわいいネコ型だからオリジナルのデコレーションを楽しむことも♪
『ねこねこホットサンド』(580円~)は、ホットプレスした「ねこねこ食パン」でたっぷりの具材をサンド!
優しい甘さに仕上げた『フレンチトースト』(250円)
ミルク仕立ての特製ドリンク『ねこねこタピオカ』(370円~)は黒糖ミルク、ミルクティー、抹茶ミルクの3種類……

"ネコ屋敷"から出火…早朝の住宅街 火柱6メートルに「人の出入りないのに」放火可能性も視野に捜査

2020/05/21 12:33
 5月21日早朝、北海道釧路市の住宅街にある空き家で火事があり、警察は放火の可能性もあるとみて調べています。
 火事があったのは、北海道釧路市昭和町の住宅街にある木造平屋建ての空き家です。
 5月21日午前5時20分ごろ、新聞配達をしていた女性が屋外の石炭や廃材などが置いてある場所から出火しているのを見つけ、知らせを受けた近所の住民から「建物から火が出ている」と消防に通報がありました。
 消防の消火作業で火は約1時間後に消し止められましたが、建物の内部を焼きました。
 空き家の内部には、大量のごみが堆積していて鎮火まで時間を要したということです。
近所は空き家トラブル危惧…数年前から“ネコ屋敷”に
 付近住民:「6メートルほど火柱が立っていた」「人の出入りはなく、ネコばかり…ネコ屋敷だった」
 付近の住民によりますと、建物には5年ほど前まで70代とみられる男性が住んでいましたが、体調を崩して以降、空き家となっていたといいます。
 その後は人の出入りはなく、ネコが出入りする"ネコ屋敷化"していて、建物周辺では多くのネコが目撃されていました。
 2年ほど前には強風で建物のトタン屋根が飛び消防が出動するトラブルもあったといい、付近住民は不安に感じていたといいます。
 消防によりますと、現場周辺の空き地などでは……

風を知らない生後1か月の元保護ねこ “見えざる敵”と戦うかわいらしい仕草が話題に 「いつまでも見ていられる」(Hin…

2020/05/21 12:28
 遊び盛りの子ねこの動きは奇想天外! 扇風機の風を追いかけ回し、戦う子ねこの姿が話題となっています。飼い主のコジマイクヤ(@ikojima1983)さんに話を聞きました。
【動画】風を知らない生後1か月の子ねこ「純子」ちゃん “見えざる敵”と戦うかわいすぎる実際の姿
 ◇ ◇ ◇
 コジマさんは長野県伊那市でシェアハウス「ウチワ」を運営しています。そこで、ねこを飼いたいと知人に相談していたところ、親ねこからはぐれてしまったと思われる2匹の保護ねこ情報をSNSで知り、近場だったこともあって引き取りに行くことに。生後1か月ほどの子ねこ、「純子」ちゃんと「愛」ちゃんをお迎えすることになりました。
 お迎えから10日ほどが経ち、すっかり新しい環境にも慣れてきた2匹。愛ちゃんよりも少々おてんばな純子ちゃんが、ある日1匹で何かを追いかけ回していました。その姿は「見えざる敵」と戦っているかのよう。
 何と純子ちゃんはまだ「風」という現象を認識していないようで、扇風機の風と戦っているようなのです。小さい身体を目一杯使って風を追いかける様子は、何とも言えないかわいらしさ。「いつまでも見ていられる」「いいぞいいぞその調子」「可愛すぎるやばい」など、たくさんのコメントが寄せられました。小さな子ねこたちは、こうして1つ1つ身をもって学び成長していくのだとほ……

思わずヒヤリ…愛猫に「脱走されそうになった」飼い主さんの経験談(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

2020/05/21 12:05
ドアの開け締めの際に愛猫がスルリと外に出てしまいそうになったり、窓がしっかり閉まっていなかったり。愛猫が脱走しそうになる状況は、日常のあらゆる場面であるみたいです。なかには、自分でドアなどを開けちゃうという強者も!
「洗濯をしてベランダへのドアを開けたら出ていきそうになった。猫がいないことを確認してから行うようになった」
「脱走というか、私がベランダに出ようとしてドアを開けたとき、こちらに向かって走ってきた。そのときは慌ててドアを閉めて、手でガードしましたが、その後はベランダに出る際は別の部屋から出るようにしていて、しかもその部屋の出入り口ドアは必ず閉めてからベランダに出ます」
「脱走まではいかないが、一瞬ベランダや廊下に出そうになったときはある。開ける場所の対角で家族がおやつで猫の気を引いている」
「玄関が開いたとき、脱走しそうになりました。荷物や足でガードしてから開けるようにしています。内扉も付いているので、必要時は、閉めるようにしています」
「外に出ようとしたとき、スルリと出ようとした。なので、窓に柵をつけました」
「ドアノブのドア、引き戸のドアを開けることができるので、鍵と突っ張り棒で対策してます。玄関と廊下の間に柵をつけてます」
「買い物から帰り玄関で荷物を屈んで取ったら、背中に乗られた。驚いたが声も出さず、あ……