イエネコ(アメリカンショートヘア種)の高精度な全ゲノ…|ダイヤモンドの原石 だ 野良猫→完全室内飼育になっ…|便秘騒ぎで目が開いた? 赤ちゃん猫 エンマ すくすく…|他

「ダイヤモンドの原石」だ 野良猫→完全室内飼育になった猫の変貌に驚き!(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

2020/05/22 15:05
ネムちゃんの姿を見ていると、ほんとうに愛情をたくさん注がれて幸せな日々を過ごしてきたんだなというのが、伝わってきますよね。
ふくてん@猫垢さんはコメントで、「野良っ子との出会いは一つ一つがミラクルだと思います」「野良っ子を保護すると初めはハラハラの連続ですが、大人になった立派な姿に幸せを感じますね」「野良っ子でも愛情とお金(病院代)をかけるとピカピカになります」などと、思いを話していました。
このネムちゃんの変貌ぶりを見たTwitterユーザーからは、「神の使いかと見まごうほどの美しさ!!」「素敵に変身」「愛情いっぱい受けて育ったのが伝わる。こちらまで幸せな気持ちにさせてくれる美猫ちゃん」「野良とは思えぬ優美さですね」「とってもフォトジェニックな子に育ちましたね」「ダイヤモンドの原石ですにゃ~」と、たくさんの反響の声が寄せられています。

便秘騒ぎで目が開いた? 赤ちゃん猫「エンマ」すくすく成長(sippo)

2020/05/22 13:20
「急いで帰ろう。エンマのミルクがもう終わっちゃって。お腹すかせてるはずなんだ」
 それは大変、と夫はさっそく車を発進させます。膝の上のエンマを入れた昆虫ケースがごそごそ動きました。
「よしよし。寒いよね。お腹すいたね。ちょっと待っててね」
 子猫を抱きしめると、エンマは服に爪を立てて(子猫の爪は引っ込まないので痛いです!)、思いのほか力強く、がしがしと顔のほうに向かって上ってきます。首筋までのぼってきたので手で支えながらほおずりしていると、
「クツクツクツクツクツ……」
 小さくて規則正しい音。時計か何か、機械の音のようです。一体何だろう?
「あ!」
 それが初めて聞いた、エンマがのどを鳴らす音でした。感激に浸っていると、さらに顔のほうへとよじ登ろうとします。細い爪でがりがり引っ掻くから痛い痛い!
「こら、エンマ、なにしてんの?」「ちゅっ」
 エンマが私の唇に吸い付きました。何ごとかと思っていると、一生懸命手でまさぐって、下唇に吸い付いているのです。お腹がすいて、おっぱいを探していたんでしょう。
 いつもは下道で帰るところを、夫は高速を使って車を飛ばしてくれました。

紙袋に入れて高架下に捨てられていた子猫、後輩猫の面倒をよく見る姉御肌の猫になる

2020/05/22 13:20
夏ちゃんは、白サバの女の子。高架下に捨てられていた。生まれてからさほど月日が経っておらず、まったく汚れていなかった。たまたま仕事帰りに通りかかった奥内さんが発見して保護した。夏ちゃんは保護された先で飼われていた柴犬とも仲良くなり、成長すると後から来た保護猫たちの面倒をよく見る姉御肌の猫になった。
  子猫時代、たまらなくキュート
紙袋に入れて捨てられていた子猫 小さいけど、あくびは大あくび
大阪府に住む奥内さんは、仕事の帰り道、17時頃に自転車を走らせていた。自転車と歩行者しか通れないほど細い高架下に差し掛かると、ケーキ屋の紙袋が落ちているのが見えた。何かと思ってのぞいてみると、紙袋の中には片手に乗るくらい小さな子猫がいた。
「仕事に行く時、紙袋はありませんでした。目が開いたばかりのようで、被毛はきれいでした。お腹を触るとパンパンで、お腹がいっぱいなのが分かりました。紙袋に入っていたし、誰かが飼いきれなくて捨てたんだと思います」……

意外と知らない猫の換毛期にまつわる豆知識(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

2020/05/22 12:05
換毛期には、毎日のお掃除やブラッシングなどのお手入れで、抜け毛対策をすることが大切です。
毛玉や病気、猫アレルギーの対策になるだけでなく、こまめにブラッシングをすることで、愛猫とのスキンシップにもつながります。また、お部屋がきれいだと、人も猫もきっとうれしいはず。
にこにこ笑顔で、春の換毛期を乗り切りましょう!
参考/「ねこのきもち」2017年4月号『猫もお部屋もスッキリ!抜け毛の活用法も!? 換毛期にすること』(監修:ちば愛犬動物フラワー学園講師 猫専用トリミング&ホテル「CATオアシス」オーナー 花島秀俊先生)
文/朱音
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

室内で飼育するネコのストレスを減らすには 15個のアドバイス

2020/05/22 12:00
ネコによる野生動物の被害は世界中で報告されており、北米では年間300億匹もの野生動物が外飼いのネコによって殺されているとの調査結果もあります。こうした状況から、各国ではネコを室内で飼うことが推奨されているわけですが、外に出られない状況というのはネコであってもストレスを溜めてしまうもの。そんな室内飼いのネコの幸せを保つための15のアドバイスを、獣医学者であるAndrea Harvey氏とRichard Malik氏が挙げています。
Don't let them out: 15 ways to keep your indoor cat happy
https://theconversation.com/dont-let-them-out-15-ways-to-keep-your-indoor-cat-happy-138716
Harvey氏らがアドバイスする、「ネコの幸せを保つ15のヒント」が以下。
◆01:ネコ用トイレの猫砂はできれば土に近いタイプがよく、1日に2回は糞便や尿で汚れた砂をすくって捨て、トイレのトレーは1週間に1回交換する。また、飼っているネコ1匹につき1個のネコ用トイレを設置した上で、さらに屋内の静かな場所にもう1つ余分なトイレを設置する。そして、一方のトイレは周囲を囲って見えないようにして、もう一方のトイレは囲いをなくして……