ペットとインテリア 149 幼少期編4―猫 中田か…|1142匹アートな猫 筑豊の作家8人が企画展 直方谷…|思わず笑顔に…オバカワな猫がネットで話題に|他

【ペットとインテリア 149】幼少期編4―猫 中田かおり インテリアコーディネーター・愛玩動物飼養管理士一級

2020/08/12 11:41

 今回も開口部の続きから入ります。
 室内を繋ぐドアは平坦な材料であれば、傷つけられる問題は少ないですが、飾り窓や装飾が施されたドアは爪とぎなどで引っかかれることがあります。引き戸の取っ手となる凹みや、レバータイプのノブの場合は飛びついて開けられます。
 小型犬サイズでも猫はジャンプ力があるので、注意が必要です。トイレや洗面所など出入りして欲しくない部屋へのドアは握り玉タイプのノブをまず提案してください。
 出入りに関しては、入室可能な部屋への扉でもリビングなど冬や夏に暖房やエアコンを効かせることが多い所は、取っ手を握り玉式にした上で下部に猫専用の扉をつけると良いでしょう。
 そうすることで、猫が出入りする度にいちいちドアを閉めて、冷気や暖気が逃げるのを防ぐ面倒をなくせます。また、壁もそうですが、扉本体では、猫が身体を擦り付けるので、地味に汚れがついていきます。白系は汚れが目立ちやすくなります。こまめな掃除が出来ない時は、色を木目調や模様入りにすると良いかもしれません。

1142匹アートな猫 筑豊の作家8人が企画展 直方谷尾美術館

2020/08/12 06:00
絵、写真、ブローチ…197点
 福岡県直方市殿町の直方谷尾美術館で夏の企画展「猫の室内楽」が開かれている。筑豊在住の画家や写真家ら8人が猫をテーマに制作した197点を展示し、作品中の猫は合わせて1142匹。表題の猫の室内楽には「猫をテーマにした芸術の重奏。のびのびと暮らす猫のように、作品の共鳴を自由に楽しんでほしい」とのメッセージが込められている。9月6日まで。
 出品作家は、画家=河村陽介さん(川崎町)、小川政敏さん(田川市)、浅田敏子さん(直方市)▽写真家=前田和美さん(同)▽造形作家=渡邊玲子さん(嘉麻市)、毛利憲治さん(田川市)▽版画家=原田美佐子さん(直方市)▽デザイナー=佐土嶋文香さん(川崎町)。浅田さんは「8人それぞれの作品から、皆さんが猫が好きなこと、猫がどんな表現でもできることが分かる」と話す。
 浅田さんが出品した8点の作品のうち「remember1」は2014年の太平洋展で文部科学大臣賞を受賞。東日本大震災をモチーフに、津波に襲われる2匹の猫が板につかまりながら生きようとする姿をイメージし、「多くの猫や犬が命を奪われたと思う。震災の悲劇を忘れてはいけないとの訴えを込めた」。
 河村さんは筑豊の民話などを題材にしたデジタル紙芝居「筑豊物語」を動画サイトで公開しており、その中から宮若市の民話「追い出し猫」にまつわる作品「……

思わず笑顔に…オバカワな猫がネットで話題に

2020/08/12 06:00
見た人が思わず笑顔になってしまう、おもしろ可愛い猫さんの写真が話題となっている。
ラムネソーダ (@houkouonchii) さんがツイートした「あまりにもオバカワだったので見て欲しい…」という一枚の写真。
あまりにもオバカワだったので見て欲しい… pic.twitter.com/mF2oAmfuj2
— 🌊ラムネソーダ🌊 (@houkouonchii) August 5, 2020
猫用ケージなのか、網の部分にひっかかっている様に見える猫さん。マズル(口元)やお目目がギュッとなって笑っている様な表情になっていて、お腹もポンポン、あまりにもおバカで可愛い瞬間をとらえている。
この一枚に、
・どうやったらそんなことにw
・腹がたったときに見たい画像
・ωもしっかり写ってますね
・子猫のあれってなんでそんなにかわいいんでしょう
と、絶賛の声。特にあの部分に注目が集まっていたようである。
飼い主・投稿者のラムネソーダさんはガレージキットディーラーとして、様々な作品を発表しているのでこちらにもご注目を。
https://houkouonchi7.wixsite.com/ramunesoda
※写真はラムネソーダ (@houkouonchii) さんのTwitterより使わせていただ……

CPU負荷に応じて走る速度が変化。タスクバーにネコを表示するアプリにWindows版登場

2020/08/12 06:00
 タスクバーにネコを表示するミニアプリ「RunCat」のWindows版が登場し、早くも話題になりつつある。
 RunCatはもともとMac向けにリリースされているアプリで、CPUの負荷に応じてメニューバー上のネコの走るスピードが変わるという、キュートさと実用性を兼ね備えていることが特徴。今回のWindows版はその主要機能をそのまま移植したもので、インストールすることでWindowsのタスクバー上に表示され、マウスオーバーすればCPUの使用率(%)もポップアップ表示されるギミックが用意されている。アプリケーションアイコンが上向きの△の中に隠れてしまう場合は、アイコンをドラッグしてタスクトレイに移動させればOKだ。なお、本家のMac版はネコ以外にさまざまな動物、さらには非生物に至るまでアイコンを差し替えることができるが、Windows版はいまのところ非対応で、将来的なアップデートを期待したいところだ。
Windowsのタスクバーでもネコ走らせてみた🐈(Qiita)
https://qiita.com/Kyome/items/47aac4979933dac12263Releases · Kyome22/RunCat_for_windows(GitHub)
https://github.com/Kyome22/RunCat_for_wi……