子犬との初対面で猫が見たことない姿になった 第95話…|猫さま占い 最強運となる猫さまは? 9月14日~9…|夏目漱石 吾輩は猫である の奥深さ *禍を猫目線…

子犬との初対面で猫が見たことない姿になった。第95話「猫、犬と触れ合う」原田ちあきのやばみ系猫マンガ!

2020/09/13 09:06
原田ちあき(はらだ・ちあき)1990年、大阪府生まれ。イラストレーター、漫画家、キュレーター。Twitterフォロワー11万人。2014年「よいこのための悪口メーカー」を名乗り、悪口イラストを本格的に書き始める。自らの創作活動のかたわら、キュレーターとしても活動。著名アーティストとの「きみでおめかし」展などを開催。またアイドルやアーティストとのコラボも多数。ブログ「ハラダチ日記」をはじめ、WEB連載やテレビ番組出演など幅広く活躍している。著書に『原田ちあきの挙動不審日記』(祥伝社)、『誰にも見つからずに泣いてる君は優しい』(大和書房)がある。大和書房のWEBサイトでエッセイ「しぶとい女」を連載中。
オフィシャルサイト
http://cchhiiaakkii8.wixsite.com/chiaki
ブログ「ハラダチ日記」
http://cchhiiaakkii8.blog.jp/
Twitter
@cchhiiaakkii
Instagram
cchhiiaakkii9

【猫さま占い】最強運となる猫さまは? 9月14日~9月20日運勢ランキング

2020/09/13 07:00
猫さまを愛する者にはおなじみの”猫さまポーズ”を8つのタイプに分類し、あなたの月秘数で今週の運勢を占ニャいます! 9月14日(月)~9月20日(日)までの運勢は? 占い・監修 章月綾乃 / 原作・イラスト 犬養ヒロ
【猫さま占い】vol. 66
あなたの月秘数を、猫さまの行動やしぐさで表した8つのタイプに分類して運勢を占います。
※月秘数とは、数秘術にバリエーションを加えた猫さま占い独自の占術です。
あなたの猫さまタイプは?
まずは、あなたの猫さまタイプを調べましょう。
タイプの出し方はこちら!
あなたはどの猫さまタイプかにゃ?
にゃんと幸運! ラッキー猫さまランキング!
今週、9月14日(月)から9月20日(日)までの運勢はこちら。
今週のラッキー猫さまはこちら!
またたびを味わうぐらいの幸運週間です!
1位 よこ座り猫さま
ボス猫ミックスでうまくいく一週間です。もともと、貫禄とカリスマ性はバッチリのよこ座り猫さまですが、今週は、リーダーっぽく振舞ってみると、バッチリ決まります。「ニャー(みんなはどうしたいの?)」と取りまとめたり、「ミャ!(私に任せなさい)」とカバーやフォローに入ったりすると、人気とツキが爆上がりするはず。
恋は、熱烈ラブコールを受けるかも? た……

夏目漱石『吾輩は猫である』の奥深さ、コロナ禍を猫目線で見つめて気づくこと

2020/09/13 05:15
文豪といえば、誰を思い浮かべるだろうか。おそらく、日本人の多くが真っ先に想起する人物の一人が、夏目漱石だと思う。代表作は、『三四郎』『それから』『こゝろ』など。没後100年を超えた今でも漱石を語る、論じる言説は編み出され続けている。
『吾輩は猫である』も有名な作品の一つだ。今回は彼の処女作であり、しかし意外にも“漱石論”で触れられることが比較的少ない同書について、解題してみよう。(ライター 正木伸城)
猫から見ると、
人間の慣習はおかしいことだらけ「吾輩は猫である。名前はまだ無い」。この書き出しは、私の中では川端康成『雪国』の出だし「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった」を超える印象深い名句だと思っている。この作品の妙味は、当時の文芸界においても「この一編の作品によって、わが国の文壇に初めて世界に誇るべき風刺とユーモアとの文学を得た」と評され、これまで日本文学界で希少だったユーモリスト(=ユーモア文学の作家)が誕生したとたたえられた。
 それもそのはず、主人公は猫である。「何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している」というくらいしか情報がない、親兄弟も出自もわからない捨て猫である。猫そのものに私たちは自由奔放なイメージを抱くが、猫もまた属性にしばられるところがない(そのことを漱石は冒頭か……