飼い猫は外に出さないで! 野良猫繁殖防止で 常滑市が…|猫とは思えない貫禄と存在感を放つ まめすけ 西田敏行…|守山にネコ型食パン ねこねこ食パン とチーズケーキ …|他

飼い猫は外に出さないで! 野良猫繁殖防止で、常滑市がポスター:中日新聞Web

2020/10/17 10:29
 常滑市は、市環境美化条例を九月に改正し、飼い猫を自宅で飼育するよう努めると定めたことに伴い「飼い猫は外に出さないで」とPRするポスターを五十枚つくって市内に掲示した。...

猫とは思えない貫禄と存在感を放つ「まめすけ」西田敏行に似てると話題

2020/10/17 09:00
写真拡大
猫とは思えない貫禄と独特の存在感を放つ、スコティッシュストレートのまめすけくん(3歳・♂)。とある出来事をきっかけに、Instagram上で「俳優の西田敏行に似てる」と話題になり、今やフォロワーは2.4万人を突破。新しい写真が投稿されるたびに、「『もしもピアノが弾けたなら』って歌ってるみたい!」「大御所感がすごい」といったファンの声がコメント欄をにぎわせている。今回はそんなまめすけくんの飼い主さんにインタビューし、その出合いや普段の様子、フォロワーからの反響について話を聞いた。
【写真】あごの“タプタプ感”と、あふれ出る“西田敏行み”がすごいと話題の一枚
――まめすけくんとの出合いについて教えてください。
「たまたまWEBサイトを見ていたら、昔飼っていた猫にそっくりな子がいて、『会いにいくだけ…』と、実際に施設へ足を運びました。生で見てみると本当に似ていて、すごく愛着がわいちゃったので、『これはもう飼うしかない!』と決意。これがまめすけとの出合いなのですが、今では出合った頃の面影は一切なく、おっさん化してしまいました(笑)」
――まめすけくんの自宅での様子は?……

守山にネコ型食パン「ねこねこ食パン」とチーズケーキ 滋賀県初出店

2020/10/17 09:00
 同店の石井大介さんは「ハートブレッドアンティークをオープンして3年がたち、新しいものを提供しようと思った。従業員にも『ねこねこ食パン』のファンがいて、お客さまからのご要望もあったので、店をリニューアルして販売することにした」と話す。
 開店の日は朝から多くの客が並び、「ねこねこ食パン」とチーズケーキを買い求めた。石井さんは「オープン前から問い合わせも多く、『ねこねこ食パン』を買いに来たというお客さまがたくさんいた。今までより、さらによいサービスとおいしいものをご提供したい」と話す。
 16日・17日・18日は「ねこねこ食パン」とチョコペンをオリジナルのトートバッグに入れた福袋を100個限定で販売する。ねこねこ食パン(500円)のほか、スライスした三毛猫(キャラメルとブラックココア)、チョコ、レーズン(190円)なども提供する。
 「NEKO NEKO CHEESECAKE」では、「ねこねこチーズケーキ」(1,800円)をはじめ、肉球をデザインした「ニャめらかプリン」(350円)、ストロベリーやマンゴーなど4種類のソースをのせた「ちびねこチーズケーキ4個アソート」(1,100円)などを取り扱う。
 営業時間は10時~21時。

【マンガ】夜、電気を消した瞬間に、正反対の行動をとる「犬と猫」がヤバすぎる

2020/10/17 05:04
作者の松本ひで吉さんのツイッターを覗いてみると、「どっちも飼っていると、毎日本当に楽しいです。毎日新たな発見ばかりです」とフォロワーからのリプライが。実際に犬や猫を飼っている飼い主たちから、「共感」の声が次々に寄せられているのが分かります。
本作品の魅力はなんといっても、犬くんと猫さまの「ギャップ」。担当編集は次のように話します。
「天使のように可憐な犬くんと、悪魔のようなお顔の猫さま。読めば犬派も猫派もなかよくトリコになってしまうこと間違いなしの実話エッセイです」
今回紹介する第2話は、犬くんの「天使ぶり」と猫さまの「悪魔ぶり」が、特に顕著に描かれています。冒頭のように、あらゆる出来事に対して、真逆の対応をとる犬くんと猫さま。猫さまの厳しすぎる対応に、なんとも言えないシュールな表情を浮かべる松本さんの顔にも思わず笑ってしまいます。
累計1000万いいね&300万リツイートを達成した「犬と猫」。天使と悪魔に翻弄される飼い主の日々にほっこり癒やされてください!
アニメ公式サイトはこちら:https://dog-and-cat.com/
過去のエピソード