“うまうまモグモグ”みんなオヤツが大好き!柴犬と猫の…|“涙活”にも“癒活”にもぴったり おじさまと猫 に…|あっ!やっちゃった…並べたドミノに猫がズカズカ(テレ…|他

“うまうまモグモグ”みんなオヤツが大好き!柴犬と猫の4姉弟の可愛い食べっぷり♪

2020/11/19 23:00
@saki.ibuki.hazuki/anicas
ママさん、まずは長女のさきちゃんに…と思ったら、、
末猫のキキくん、お姉ちゃんのオヤツを奪おうとすかさず横入り!(笑)
でも、弟にとっても優しいさきちゃんは決して怒りません♪
お次は次女のいぶきちゃん♪

“涙活”にも“癒活”にもぴったり。『おじさまと猫』に心を奪われました #深夜のこっそり話 #1343

2020/11/19 22:30
「もしこの子が喋れたらなあ」なんて、動物と一緒に暮らす人ならば、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。かくいう私も幼少期からずっと愛犬と一緒に生活をしていたので、幾度となく思いました。もちろん会話がなくとも意思疎通は取れるし、いま何を思っているのか、何をしたいのかなどはとても分かりやすいのですが、それでももし会話ができたら……と想像する時もありますよね。なぜこんなことを改めて思ったかというと、来年1月に実写ドラマ化も決まった漫画『おじさまと猫』の沼にどっぷりとハマってしまったからです。
ペットショップで売れ残っていた一匹の成猫、のちに“ふくまる”と名付けられる猫と、その飼い主・神田冬樹(おじさま)の日常を描いた作品なのですが、私の“涙活”にも“癒活”にもなってくれています。日に日に値段が下げられ、誰にも見向きもされずにいたふくまるを「うちの子におなり」と迷うことなく、ひと目見て迎え入れることにしたおじさま。このペットショップでの出会いからストーリーが進んでいくのですが、冒頭から涙腺は大崩壊。ふくまるとおじさまが直接的に会話をすることはないものの、ふくまるの心からの叫びや切ない思い、そしておじさまと出会ったことで知る「幸せ」という気持ちが、表情だけでなく文字でも表現されているから、ストンと心の中に入ってきます。もしかしたら自分の愛犬もこんな風に不安にな……

あっ!やっちゃった…並べたドミノに猫がズカズカ(テレビ朝日系(ANN))

2020/11/19 20:11
あっ!やっちゃった…並べたドミノに猫がズカズカ(テレビ朝日系(ANN))  Yahoo!ニュース

自宅に50体の動物の死骸 動物愛護法違反で54歳の女逮捕 京都・八幡市(ABCニュース)

2020/11/19 19:12
自宅に50体の動物の死骸 動物愛護法違反で54歳の女逮捕 京都・八幡市(ABCニュース)  Yahoo!ニュース

うちのかわいい愛猫を“ネコ神様”にできちゃう!衝撃のダンボールハウス「ネコ神社ハウス」

2020/11/19 19:05
ああ、うちのかわいい猫が…ネコ神様に!(提供写真)
かわいいかわいいお家の猫ちゃん。かわいすぎて…もう神様みたい。毎日拝んでいたいし、素敵におまつりできないかしら…と思い悩んでいたら、とんでもないものがクラウドファンディングになっていました。ダンボールでつくった「ネコ神社ハウス」です。こんなのあったら、本当にうちの猫がリアルに神様!招き猫!になっちゃうじゃない!どうしよう…SNSでもただいま話題沸騰中です!
(提供写真)
保護猫カフェなど保護猫にかかわる事業を展開している「ネコリパブリック」が、創業67年の老舗ダンボールメーカー「豊栄産業株式会社」との共同プロジェクトとして始めたもの。「猫はダンボールが好きなこと」「なぜか神社にはよく猫がいて相性がよいこと」「飼い主にとって飼い猫は神様のように尊い存在であること」といった理由から、ダンボールをつかった「ネコ神社ハウス」が発案されたといいます。
(提供写真) ……