中型犬 大型犬は60代 猫の飼育率が最も高いのはどの…|アンモナイトならぬ“アンモニャイト”な寝姿を披露する…|ドラマ おじさまと猫 猫のふくまる役に神木隆之介 と…

中型犬、大型犬は60代、猫の飼育率が最も高いのはどの年代?

2020/11/25 10:31
60代、70代以上は「中型犬」の飼育率が上昇犬や猫の飼育には、お金も世話をする時間もかかる。加えて、ペットの寿命は、獣医療やフードの発達などによって延びており、老後を迎えると人間と同様に介護が必要だ。
では年代別に飼われている犬種を集計すると、どのような結果が出るのか?
今回ペットメディカルサポートがペット保険「PS保険」の被保険者と被保険動物の犬種分類と猫に関する集計を行った結果、年代が上がるにつれて、小型犬および中型犬の飼育率が増加することが明らかになった。
小型犬の飼い主の年代割合小型犬は、すべての年代で飼育率が高く、半数を超え、小型犬の飼育率が最も多い70代以上は、70%に迫る割合だった。ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」の被保険者を対象にまとめた人気の小型犬として、トイ・プードル、チワワ、ミニチュア・ダックスフントが挙げられる。
小型犬の飼育率が高い理由は、中型犬や大型犬と比べて、広い家や庭でなくても飼育しやすいことが理由として考えられる。
中型犬の飼い主の年代割合中型犬の飼い主で最も多い年代は、60代、続いて、70代以上という結果に。また、全年代別に見て、若年層よりも中高年にしたがって、飼育率が高くなっている。
同社のペット保険の被保険者さまを対象とした飼育個数上位の中型犬種として、柴犬、フレンチ・ブ……

アンモナイトならぬ“アンモニャイト”な寝姿を披露する猫さん…これは完成度が高すぎ!

2020/11/25 09:28
みなさんは『アンモニャイト』をご存じでしょうか? 猫が頭とお尻をくっつけ、体をまん丸にして寝ている状態を意味するのですが、その姿がまるで化石の『アンモナイト』に似ていることから、そう呼ばれるようになりました。
この猫のアンモニャイト化は、より丸であればあるほど完成度が高いとされていますが、普通に寝ているだけでは、きれいなまん丸になかなかなってくれないですよね。しかしサラ(@funkeyta)さんの飼っている猫のふーちゃん(メス・6歳)が、インスタグラムで限りなく完成形に近いアンモニャイト姿を披露してくれました。
  綺麗な円を描いていてこれぞアンモニャイトの完成形(提供:サラさん)
頭やしっぽまできれいに収まっていて、まるで型に流し込み、スポッと抜いたような丸形ですね。サラさんに詳しくお話をうかがいました。
──とってもまん丸ですね。よくこういう形になるんですか?
猫は手足やしっぽが冷えやすいらしく、寒い時期になるとそれをカバーするためによくアンモニャイト化します。私の今までの経験上、おそらく寝はじめの寒い時はぎゅーっと丸まってボールのようになるのですが、しばらくするとあったま……

ドラマ「おじさまと猫」猫のふくまる役に神木隆之介「とにかく、キュートな物語です」

2020/11/25 07:00
台本を読んだとき、すごく心が暖かくなり、そして可愛らしいストーリーだなと思いました。
主人公の”おじさま”は、すごくキュートな方でどんどん心が溶けていく、おじさまの時間が動いていく様が気になりますが、対して、ふくまるは、純粋でまっすぐな子だと思いました。最初は卑屈な子なんですがおじさまと同じようにキュートな子という印象でした。
そんなふくまるを声で演じるということで、どのくらいキャラクターとして喋るのか、実写との温度差、ふくまるの動きなどを見つつ、声のトーンや言い回しを、フィクションなんだけど、すっと受け入れてもらえるような、ノンフィクションさを出せたらいいなと思って演じました。
ペットショップで不遇な想いをしていた猫、ふくまるを救ってくれたおじさま(神田冬樹)という存在は、何か、直感で通じ合うものがあったのかな~と思います。それは心の穴の開き方なのか、どこか根底にある同じ時の進み方なのか、そこの直感でふくまるだと言ってくれたおじさまは、本能的であり動物的直感で選んでくれたのかなと。
「紳士でお茶目なおじさまと、お供できてよかったね!ふくまる」って気持ちです。
このドラマは、とにかく、キュートな物語です。
ただ、それだけでなく、ヒューマンドラマでもあり感動もある家族のお話なので、ぜひ心温まっていただけたら嬉しいです。
テ……