猫と一緒に参加! 交通にゃん全クイズ が公開 イエロ…|大奥で猫が人気者だった!? あの篤姫は無類の猫好きだ…|室井滋 やっぱり 猫が好き! 別府で猫とふれあい…|他

猫と一緒に参加!「交通にゃん全クイズ」が公開 イエローハット

2021/02/20 17:30
「交通にゃん全クイズ」は、猫が聴覚的に興味を持つ「子猫の鳴き声」や、視覚的に興味を持つねずみやねこじゃらし等の「猫の狩猟本能を活かした画面の動き」、猫自身で問題を解くことができる「肉球タッチ方式」を採用するなど、随所に猫が参加したくなる仕掛けが盛り込まれている。さらに、クイズに参加すると「CIAO ちゅ~る」がもらえるチャンスも用意。答えやすい質問や動くイラストを用意することで、実証実験での猫の正解率は約85%(スタッフ感覚値)と、様々な猫が参加しやすい内容になっているのだそう。
また、2月19日21時からの日本テレビ系列「金曜ロードショー」内のCM枠では、「交通にゃん全クイズ」が番組になった「交通にゃん全番組 金曜ドーロショー」の放映が決定した。同番組は猫が参加できるように、猫の視覚や聴覚に合わせて見続ける仕掛けを入れて制作されており、猫と飼い主とで一緒に観てほしいという。
「交通安全」への願いから、通学時に児童がかぶる“黄色い帽子”が社名の由来であるイエローハットでは、自動車社会に携わる企業として以前より交通安全への取り組みを行っている。しかし、“猫の交通事故”は、今もなお日本各地で被害が絶えない。そのため同社では、「猫の日」をきっかけに、2019年の「猫専用の交通安全動画」、2020年の「猫専用フォトスポット」に続き、事故に遭いやすい猫でさえも……

大奥で猫が人気者だった!? あの篤姫は無類の猫好きだったという事実(FRaU編集部)

2021/02/20 16:57
ちなみに、ヨーロッパ諸国にも猫を祝う『World Cat Day』という日があり、こちらは2月17日。他にも、国際的な動物愛護団体が定めた『International Cat Day』は8月8日で、どんだけ猫、愛されちゃってるの?ってぐらいいろんな国で猫の日が設定されている。
中世ヨーロッパでは、魔女狩りの犠牲になり受難の時代もあったが、熱心に働くわけでもなく、ツレナイ性格であるのに、世界中で愛される猫。なぜそんなにもヒトは猫に惹かれてしまうのか? 猫沼にハマった歴史上の人物とともに、江戸時代の猫愛を題材にした漫画『猫奥』をご紹介しよう。

<室井滋>「やっぱり、猫が好き!」別府で猫とふれあい パワースポットや農家の暮らしが楽しめる民宿も訪問(毎日キレイ)

2021/02/20 16:35
<室井滋>「やっぱり、猫が好き!」別府で猫とふれあい パワースポットや農家の暮らしが楽しめる民宿も訪問(毎日キレイ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

可愛いうえに便利なんて!100円ショップで人気の猫グッズ3選(東京バーゲンマニア)

2021/02/20 14:47
可愛いうえに便利なんて!100円ショップで人気の猫グッズ3選(東京バーゲンマニア) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

「いてくれるだけで幸せ」サビ猫2代目店長がいるまちの不動産屋さん 2歳半で突然死した初代を引き継ぐ

2021/02/20 14:30
わさび。店の受付でお客さんを出迎える
 福岡県行橋市のJR新田原駅から徒歩すぐのところにある「不動産工房ゆくはし株式会社」は、土地や建物、相続のことなどを気軽に相談できる〝町の不動産屋さん〟。代表の岡本公美恵さん(49)と、不動産関連の電子書籍を多数出版している夫の朗さん(58)夫婦の飼い猫でサビ柄の「わさび」(メス、1歳)は、昨年(2020年)突然死した初代店長「さんたろにゃん」(オス、2歳半で没)の後を継ぎ、2代目店長として活躍中だ。わさびは「おとなしかった初代とは対照的なやんちゃ娘」だそう。公美恵さんに話を聞いた。
初代店長のさんたろにゃん(岡本さん提供)
 公美恵さん 店内だけでなく、店のインスタグラムでも人気だったキジ白の初代猫店長・さんたろにゃんは、店の床下に迷い込んで鳴いていたところを助け出した子。私にとって初めて飼った猫でした。お客さんがやってくると体をスリスリして出迎え、とても人なつこい子だったんですよ。「さんたろにゃんに会いたくて」とわざわざ店に立ち寄ってくださるファンもいたほどでした。
……

友人宅に迷い込んだ子猫を保護 甘えん坊で超かわいいが「イヤなことはイヤ」と主張する猫だった

2021/02/20 13:30
ルナくんは生後1か月の時に庭に迷い込んできたところを保護された。保護主の友人である池田さんは、動物が好きだったが、飼うといつか別れがやってくる。ペットロスには耐えられないと思い、ペットを飼わなかった。しかし、まるで運命の糸を手繰り寄せるように話が舞い込んできた。
  どう?ハンサムでしょ
突然猫を引き取ることに ぐっすり眠る子猫のルナくん
大阪府に住む池田さんは、友人から子猫の里親を探しているという連絡を受けた。実家の庭に子猫が迷い込んできたという。捨てられたのか母猫とはぐれた野良猫なのかは分からないが、まだ生後1カ月くらいだった。
池田さんは猫を飼いたいという人を紹介して、お見合いするはずだったが、譲渡にはいたらなかった。子猫を保護した友人はもともと長期旅行に出る予定で困っていた。
池田さん自身は大の動物好きではあったが、それゆえにペットロスに耐えられる自信がなく、ペットを飼うつもりはなかった。猫アレルギーも持っている。……

2月22日は「猫の日」…一緒に暮らすための「ストレスのない」リフォーム

2021/02/20 13:23
◆目次◆1:ふとした隙に「脱走」、防ぐには?2:キャットウォーク設置で注意したいことは?3:トイレの配置替えで猫のストレス軽減4:キャットウォークを簡単DIYしてみよう!
1:玄関前に扉。脱走を防ぐ
画像はイメージです 一昔前まで、猫は家の中と外を自由に行き来していましたが、現在は「完全室内飼い」が環境省から推奨されています。猫が野外に出ると交通事故や伝染病の感染など、いろいろなトラブルに巻き込まれる危険があるからです。
 猫は臆病ですが、好奇心が旺盛な生き物です。隙を見て外へ脱走しようとする猫もいます。愛する猫が外に出てしまい、行方不明になってしまったら心配ですよね。
 まず、猫を迎えたら脱走防止の対策を考えましょう。宅配便が来て玄関を開けた途端、ドアの隙間からダッシュしたり、子どもの友達が遊びにきてドアを開けっ放しにして脱走したり。日常生活では思いがけず、いろいろ危険な場面があります。
 玄関前の廊下に脱走防止用の扉をオーダーなどで作ることがオススメです。最近はDIY(日曜大工)をする人も多く、インターネット上で検索してみると、作り方が公開されています。高さ80センチくらいのゲートを玄関ドアの前に付けてもよいと思います。
 窓の対策としては、ペット用にコーティングで強化した網戸に張り替え、ホームセンターなどで販売している網……

人生には忘れがたい猫がいる 小学生だった私の世界を、ちょっぴり広げてくれた「パン屋の黒猫」

2021/02/20 13:00
人生には忘れがたい猫がいる。その猫の存在が、今の猫愛に繋がっているのかもしれない。そして、その猫を想う時、思い出す懐かしい風景がある。
あの日に出会ったからこそ、今も大切にできる想いがあるのかも(写真はイメージです)
私が小学生の頃、町内にはたくさんの駄菓子屋があった。一丁目の駄菓子屋はアイドルのカードやおもちゃもある、二丁目の駄菓子屋はお菓子の種類が豊富、三丁目の駄菓子屋はポットが置いてあるので、店内でブタメンが食べられた。
家の近所には、パンやタバコの他、お菓子やアイスクリーム、ジュースや牛乳、少しの雑貨を売るお店があり、おばちゃんとその母親のおばあちゃんが営んでいた。息子さんはいたが、会社勤めをしているらしくお店で見かけることはあまりなかった。
懐かしい思い出がよみがえる場所、駄菓子屋(写真はイメージです)
いつの間にかタバコを売っていたおばあちゃんがいなくなり、おばちゃん一人でお店を切り盛りするようになった。……